画像 に モザイク 加工。 モザイク

Facepixelizer

画像 に モザイク 加工

こんにちは。 最近は、ペイントやアルパカなどのソフトが使えるようになりました。 ブログをやってると、どうしても写真の加工が必要な場面がでてきますよね。 自分は物を撮ったつもりでも、周りにいる人が映り込んでいるとブログにそのままのせる訳にはいきません。 そういう時に有効なのが 「モザイク加工」です。 また、個人情報が入っているカードの写真や書類の写真をのせる時にも必要になってきます。 今までは、その部分を切り抜いたり、塗りつぶしたりしていましたが、画面の仕上がりが不自然で不満でした。 他のブログを拝見してモザイクがやりたかったのです。 Windowsのパソコンであれば、初期から導入されている「ペイント」を利用して、簡単にモザイク加工をすることができるので、 その方法を紹介します。 すると、アクセサリのフォルダが開きます。 その中から「 ペイント」を選択します。 「 開く」をクリックして写真を選択します。 写真のモザイクをかけたいところを 範囲指定します。 すると、下の写真のように、点線で囲まれます。 四角の中に「100」と書いてあるので、「 10」と入れます。 上の四角に数字を入れると下の四角は自動的に数字が入ります。 入らないときは、自分で「10」と入れます。 傾斜はそのままで、「 OK」を押します。 下の写真は、3回くりかえしました。 かなりモザイクが大きくなりました。 この辺でいいかなというところまで作業をしたら、範囲指定を解除します。 1500~2000位だと、うまくモザイクになりません。 その時は、500~1000位数字のを入れて、「OK]を押し、1回全体の解像度を下げます。 下げたら上書き保存してください。 ブログにのせる写真は、解像度が1000以下におさえます。 スマホで撮った写真の解像度はかなり大きいので解像度を下げる必要がありますが、下げて上書きしてしまうと大きく戻せませんから、必ず「名前をつけて保存」にしておきます。

次の

PCで写真にモザイク加工を簡単にする方法 ペイント

画像 に モザイク 加工

モザイク処理の範囲を選択 そして、モザイクをかけたい箇所をマウスでドラッグして選択します。 ここでは、チャーリーブラウンの顔の部分を選択します。 もし、範囲選択を間違えた場合は、画面の左上にある[元に戻す]ボタンをクリックして、再度、ドラッグで範囲選択してください。 モザイクの範囲を縮小 そして、右下でマウスポインタが矢印の形になったときに、左上に向かってドラッグします。 下のように画像が縮小されます。 一度、マウスから指を離します。 範囲を元に戻す そして、再度、元の位置までドラッグします。 マウスポインタの形に気をつけてください。 参考もし、ドラッグ操作でうまくできないという場合は、数値で設定することもできますので、以下の記事を参考にしてトライしてみてください。 ペイントで写真にモザイク(ぼかし)をかける方法は、モザイクをかけるにはペイントで で解説していますが、モザイクをかけるとき、マウスのドラッグ... モザイク処理をした写真を名前を付けて保存 クリックして確定して、名前を付けて保存します。 [ファイル]タブをクリックして[名前を付けて保存]をクリックします。 注意上書きしないように気をつけてください。 上書きしてしまいそうな方は、最初に写真をコピーして操作されることをお勧めします。 参考キーボードから[F12]キーを押すと、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを表示できます。 ペイントの使い方は、一通り知っておかれたほうが良いと思います。 いざというときに便利です。 ペイントを頻繁に使用される場合は、[新規]や[開く]ボタンはクイックアクセスツールバーに登録しておくと便利です。 で解説しています。 参考ホームページビルダーの[ウェブアートデザイナー]を使ってモザイクをかける方法は以下の記事で解説しています。

次の

Windows標準装備のペイントで、画像にモザイク処理・加工をする方法【動画有】

画像 に モザイク 加工

またPhotoShop フォトショップ での加工は出てくるのですがIllustrator イラストレーター はありません。 もしかしたらイラレで画像の一部のモザイク処理という機能は付いていないのかもしれません! という事で僕なりに工夫を加えて画像の一部にモザイクをかける方法を考えてみましたので紹介します。 ) モザイク加工までの流れ 説明を始める前にどんな流れで進めていくか、その手順を記しておきます。 画像を配置する。 画像をコピーして2つにする。 片方にモザイク処理をし、モザイクにしたい部分を切り抜く。 切り抜いたモザイクを元の画像に乗せる。 グループ化して完了。 以上が大雑把な流れです。 どうしても1つの画像だけ使ってモザイクをかけたいんだという人はブラウザバックしてください。 まあグループ化して書き出しすれば1つの画像になりますけどね。 画像の一部にモザイクをかける方法 では実際にやっていこうと思います。 画像を配置する まずはモザイク加工したい画像を開きます。 ファイルを開く画面が出てきますので、モザイク処理したい画像を選択します。 この時、リンク・テンプレート・置換・読み込みオプションを表示のチェックボックスが空になっているか確認してください。 確認したら(配置)をクリックしてください。 すると画像がアートボードに表示されました。 アートボードの上側にドラッグして画像をずらしておきます。 画像をコピーする 次に画像をコピーして同じ画像を2つ表示させた状態にする作業をします。 するとアートボードに同じ画像が貼り付けられました。 こちらの画像もドラッグして下に寄せておきます。 あとは、このうち片方をモザイク処理し、もう片方の画像にのせる作業を行っていきます。 片方の画像にモザイク加工を施す 次に実際にモザイクをかけていきます。 するとパネルが出てくるので、タイル数を適当に幅・高さ50くらいにして、ラスタライズデータを削除にチェックをいれたらOKをクリックします。 モザイク処理がされました。 適当にアートボードの余白部分をクリックするとモザイクの選択が取れ、よりモザイク化されているのが分かりやすくなったのではないでしょうか。 先ほどのパネルにあるタイルの数やタイルの幅の数値を変えると色んなモザイクが作れますのでいじって調整してみてください。 モザイクにしたい部分を切り取る 片方の画像がモザイク処理されたので、ここからさらに不要な部分を切り取っていきます。 今回、切り取る部分の形を長方形にしたいので、長方形ツールを選択します。 色は適当に選択しておいてください。 始点をクリックし、対角線上にドラッグしていけば長方形を簡単に作ることができます。 目の部分をモザイクかけたいので目にかかるような長方形を作りました。 ここで長方形ツールから選択ツール変更します。 この時点では長方形が選択されている状態であるので、さらに(Shift)を押しながら画像(矢印の部分辺り)をクリックしてください。 すると長方形と画像が両方同時に選択されている状態になりました。 すると目の部分が長方形の形に切り取られました! さらにこれをドラッグしてもう片方の画像のほうにもっていきます。 ちょうど目のあたりにピッタリ合うようにします。 まるで画像の一部にモザイクをかけたかの様になります。 グループ化して書き出し ここまで来たらほぼ完成なのですが、書き出すところまでやっていきたいと思います。 グループ化した画像の上で右クリックをすると、色々とメニューが出てきますので一番下の(選択範囲を書き出し…)をクリックします。 書き出しの際の設定が出てきますので、適当に設定したら(アセットを書き出し)をクリックしてください。 できました!!モザイクがかかっています。 イラストの顔ではなく写真の顔でやってみました。 じゃん! ちゃんとモザイク処理をすることができました。 今回のより簡単に済みます。 終わり 以上が『イラストレーターで画像の一部にモザイクをかける方法』でした。 イラストレーター初心者の僕が考えた渾身のテクニックです! イラストレーター業界で常識だったらすみません… そして、他にもっと簡単な方法があったとら、そちらでやってください! 笑 そんな感じでイラレ備忘録はこれにて終了です。 では! 他にもイラストレーターシリーズがありますので興味が御有りであればご覧ください。

次の