クルーズ 運航中止 新型コロナウイウス。 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型

ダイヤモンド・プリンセス (客船)

クルーズ 運航中止 新型コロナウイウス

5人目の感染者が確認 世界中で猛威を振るっている新型肺炎。 新型コロナウイルスは人を介して中国から世界各国に飛散しており、アメリカでも警戒が強まっている。 1月28日現在、アメリカで5人目の新型コロナウイルス感染者が確認された。 感染者は、アリゾナ州テンペ市のアリゾナ州立大学に在籍する学生ということだけわかっており、中国への渡航歴やウイルスの感染経路については発表されていない。 アメリカでは先週、イリノイ州シカゴ市、ワシントン州シアトル市でそれぞれ1人ずつ、また週末以降は中国に渡航歴のあるカリフォルニア州ロサンゼルス郡とオレンジ郡でそれぞれ1人ずつの計4人の感染が確認されており、アリゾナ州の学生で感染者は5人となった。 は、中国当局の発表による新型コロナウイルスによる死者は27日の時点で81人だったのが翌28日106人に急増するなど、症例数が一晩で60%近くも跳ね上がったことに警鐘を鳴らしている。 渡航者へのスクリーニングは、これまでの5つの空港から20の空港に増やして強化されるという。 ニューヨークタイムズ紙による、現在の症例数がわかる(アップデート中) ユナイテッド航空、米中を繋ぐ便が欠航に 新型コロナウイルスにより中国への旅行需要が大幅に減少していることから、米ユナイテッド航空は一部のフライトスケジュールを変更するとなど各米メディアが28日に報じた。 2月1日から8日までの間、アメリカの主要都市と北京、上海、香港間を繋ぐ一部のフライト計24便を一時的に停止し、その後については状況によるとしている。 CNNのでは、武漢市には約1,000人のアメリカ人が在住しており、チャーター機利用者にはフライト代金が請求されるという。 アメリカのどの空港にいつ飛ぶのかについては、まだ発表されていない。 ただし10人がウイルスの検査を受けており、7人が陰性判定されている。 アンドリュー・クオモ州知事による27日の発表では、残り3人は依然隔離された状況だという。 (アメリカ疾病管理予防センター)の発表では、17日に武漢市からニューヨーク市のJFK国際空港へ最後の直行便が到着したが、その時に来米した数人の乗客も大事をとって、自宅に隔離されている。 上記ニューヨークタイムズ紙の中で米保健福祉長官のアレックスM. アザール(Alex M. Azar)氏は、「(新型コロナウイルスが)非常に深刻な公衆衛生の脅威であることを知っておくべきだが、現時点でアメリカでは自分にふりかかるものとして特に心配することではない」と言及した。 アメリカ人は普段から日常生活でマスクを着用しないが、新型コロナウイルス騒動になった後もニューヨーク市内は特に変わった様子はない。 ただし、公共の場で何度も咳をしている人に対して、人々が敏感にはなっていると感じる。 状況により、今後もアップデートしていく。 Text by Kasumi Abe 無断転載禁止.

次の

新型コロナウイルス 感染者5人、ユナイテッド機欠航など米国の状況(1/28現在)(安部かすみ)

クルーズ 運航中止 新型コロナウイウス

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 自治体からの情報 地域 選択.

次の

【7/21現在】新型コロナウイウス影響による各クルーズ船の中止期間・運航再開の時期

クルーズ 運航中止 新型コロナウイウス

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき) 国際政治経済学者。 前参議院議員。 米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。 『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。 総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。 日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。 歴史は繰り返す?「食べられるものは何でも食べる」という習慣 危機管理の欠如 中国の武漢で発生した新型コロナウィルスは、変異と「人から人への感染」を重ね、感染者や死亡者の拡大をもたらしている。 武漢の病院では医者や看護師も感染し、どこの病院も大混雑のようだ。 こうした緊急事態に直面し、人口1,100万人の武漢では、地下鉄やバスなど全ての公共交通機関が運行停止となった。 武漢からウィルスを外に出さないためであろうが、「時すでに遅し」の感を免れない。 なぜなら、中国では4億人が国内で移動する春節を迎えており、国内に限らず、中国人旅行者を介して日本、韓国、タイ、香港、そしてアメリカでも感染が確認されているからだ。 武漢市の周先旺市長は新年に3万人の市民を集めた食事会を主催し、その参加者からも多数の感染者が出たため、「危機管理の欠如」を指摘され、辞任は時間の問題であろう。 発生源は非合法に売られていたコウモリ? 2002年に発生し、多くの犠牲者を生んだSARSの悪夢が蘇ってきたと言えそうだ。 何しろ、発生源は「非合法に売られていたコウモリ」らしいが、まだ特定はされていない。 しかも、治療薬の開発には数年かかるという。 お陰で、予防用のマスクは売り切れ続出で、生産が間に合わない。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の