ソフトバンク から ワイ モバイル に 乗り換え。 【すべての疑問を解決】ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える方法・注意点・メリットなど

SIMのみソフトバンクからワイモバイルMNP(乗り換え)全手順!実録

ソフトバンク から ワイ モバイル に 乗り換え

ソフトバンクからワイモバイル に乗り換えようと思ってショップに行ったら発覚したことです。 愚痴まじりになると思いますが相談させてください。 二年前に主人とソフトバンクショップへ行き、 機種変更をしました。 その時、結婚して1年以上経ってましたがお互いソフトバンクだったのに家族割の設定をしてなかったので ついでにその手続きをしてもらったはずでした。 が、今日2年前とは別のソフトバンクショップへ行ったら主人とは家族割引き適用されてなかったのです。 マイソフトバンクに表示されていた家族割の相手は 結婚前から組んでたわたしの妹だけでした。 ソフトバンクの店員さんの対応はいつもどの店舗でも好感を持てたことないし、諸々の手続きでも二度手間になることが多々あるので 絶対謝罪がない、愛想わるい、店員により言ってることが違う 他キャリアに変更しようかとも思います。 でも今ソフトバンクでPayPayの特典やヤフーショッピングの特典があるのは魅力的だし Wi-Fiもソフトバンク光で契約してるので その契約し直しなども面倒そうだし 乗り換えに踏み切れません。 気持ち的には今すぐでもソフトバンクは解約したいですが 今使っているiPhoneの本体代もまだ残ってるし 現実的に考えたら悩みどころです。 今の状況から 他キャリアに乗り換えるメリット、デメリットを教えてください。

次の

ソフトバンクからワイモバイルの乗り換えについて解説【MNP】

ソフトバンク から ワイ モバイル に 乗り換え

私もそう思ってたわ。 ただ…実は、 ソフトバンクからYモバイルに乗り換えることで出来なくなることがいくつかあります。 事前に確認しておけばそこまで問題にはならないことばかりですが、 乗り換えてから気づくと後悔する可能性大です。 私はかつて大手携帯会社で働いていたのですが、その際に、解約後に「これは知らなかった、あれは知らなかった」と文句をつけ契約を戻そうとしているお客さんをたくさん見てきました。 ただ、一度解約となってしまった回線は戻せないのが現実です。 だからこそ、 乗り換え前に注意点をしっかり確認しておくことがとても大事なんですね。 ということで、本記事では元大手携帯会社社員、現格安SIMオタクの私が、 Yモバイルに乗り換えることで出来なくなることと、その対策をまとめました。 この記事を事前にチェックしておけば後から「しまった!」という状況になることもありません。 もちろんですが、ソフトバンクを解約したからといって本体代金の残債は免除にはなりません(笑) ソフトバンクで端末を購入した際に「月月割」を利用した方も多いでしょう。 月月割はその名の通り、毎月の利用料から一定額を割引するサービスですね。 この月月割があるおかげで、端末代の実質負担額が少なくなっています。 しかし、ソフトバンクを解約するとこの月月割は適用されなくなり、端末代の残債を全額自己負担しないといけません。 そのため、月月割りをマックスで活用するにはできる限り、端末代を支払い終わってから乗り換えたいところです。 しかもYouTubeやTwitter、Instagramといった動画・SNSはデータ通信量を消費せず使い放題です。 一方、Yモバイルのプランは最大でもスマホベーシックプランRの「13GB」しかありません。 正直、普通に使う分には13GBもあれば十分かと思いますが、動画視聴やアプリのダウンロードなどを頻繁に利用する ヘビーユーザーだと足りなくなる恐れがあります。 そのため、 ワイ吉 Yモバイルでは利用料に応じてTポイントは貯まりません。 しかし、月額料金はYモバイルのほうが圧倒的に安いので、結果的にはYモバイルに乗り換えるほうがお得ですのでご安心ください。 逆にソフトバンクからYモバイルへ乗り換えても変わらないこと ここまでソフトバンクからYモバイルへ乗り換えるとできなくなることを確認してきました。 意外とたくさんありましたが、いずれも事前にチェックして対策を立てれば、ほとんど困ることはないです。 また、同様に、ソフトバンクからモバイルへ乗り換えても変わらず使えるものもたくさんあります。 とくにYモバイルはサブブランドなので、他の格安SIMでは使えない機能やサービスも利用できることが多いです。 ここからは 「ソフトバンクからYモバイルに乗り換えても変わらないこと」を確認していきましょう! Yahoo! プレミアム for Y! mobileは利用可能 Yモバイルに乗り換えてからもYahoo! プレミアムは無料で使えます。 Yahoo! プレミアムはYahoo! の月額会員サービスです。 プレミアム会員になるとYahoo! 通常、Yahoo! プレミアムは462円の月額料金がかかりますが、ソフトバンクユーザーは無料で使うことができます。 アドレスは変わるが、Yモバイルでもキャリアメールは利用可能• 最新のiPhoneは取り扱っていないが、アップルストアで購入可能• 本体代の残債がある場合は全額自己負担になるので要注意• Yモバイルには大容量プランがないがよほどヘビーユーザーでなければ困らない• 長期割引やTポイント付与はなくなるが、それを考慮してもYモバイルのほうがお得• 家族間通話はないが、スーパーだれとでも定額で代用できる• Yahoo! プレミアムはYモバイルに乗り換えてからも無料で使える• 格安SIMと違い、LINEのID検索ができる• おうち割光セットはYモバイルも対象• 海外でも電話やデータ通信がそのまま利用できる ご紹介してきたように、Yモバイルに乗り換えると出来なくなることが全部で7つありました。 こうして一覧にしてみると「あっそんなこともあるのか」と気付いた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?.

次の

SIMのみソフトバンクからワイモバイルMNP(乗り換え)全手順!実録

ソフトバンク から ワイ モバイル に 乗り換え

ソフトバンクを解約した後にSIMロック解除しようとすると店舗でしか解除手続きができず、有料(3,000円)になりますので、契約中に手続きしましょう。 ワイモバイルで新たにスマホを購入する場合や、別途SIMフリー端末を購入する場合はこの手順は不要です。 Ymobileへの番号移行手続き 続いて、ワイモバイルで乗り換え手続きをします。 オンラインで乗り換える場合、 MNP予約番号の発行は不要です。 で手続きをする場合、最初の画面で出てくる契約方法の欄で「のりかえ」を選択します。 その下の「現在お使いの端末・プラン」で「ソフトバンク」を選択します。 すると、My Softbankへのログイン画面が表示されます。 ボタンをタップすると自動ログインされますが、ログインできない場合は携帯電話番号 or SoftBank IDとパスワードを入力してログインしてください。 その後は画面に従って手続きを進めていけばOKです。 回線切り替え SIMカードが届いたら、 回線切り替え手続きが必要です。 回線切り替えとは、ソフトバンクからワイモバイルに回線を切り替える作業です。 この作業を終えるとソフトバンクが解約され、ワイモバイルの通話やデータ通信ができるようになります。 同封されている用紙に記載されている電話番号に電話をかけ、音声案内の指示に従って回線切り替えを行ってください。 回線切り替えの電話の受付時間はAM10時~PM7時です。 回線切り替えの電話をするまではこれまで使っていたSIMが使え、回線切り替えするとワイモバイルのSIMが使えるようになります。 ただし、 SIM到着から6日をすぎると強制的に回線切り替えされます。 端末にSIMカードを挿入 ワイモバイルからSIMカードが届いて回線切り替えが完了したら本体にSIMを挿入します。 SIMの挿入の仕方は各端末の取扱説明書をご確認ください。 APN設定 スマホとワイモバイルのSIMカードが準備を挿入したら、 APN設定が必要です。 APN設定とは、他社で購入したスマホをワイモバイルの回線に接続するための設定です。 作業は非常に簡単です。 なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、手持ちのスマホはまだワイモバイルのデータ通信ができませんので、 Wi-Fiに接続した状態で作業をします。 Wi-Fiにつながったら、下記のサイトよりプロファイルをインストール、または各項目を入力します。 契約中のSoftBankのスマホ・SIM• キャッシュカードまたは通帳と印鑑(金融機関お届け印) または クレジットカード 口座振替で料金を支払う場合はキャッシュカードまたは通帳と金融機関お届け印、クレジット支払いの場合はクレジットカードを持参してください。 また、使用者が未成年の場合や代理人が手続きする場合は別途必要なものがあります。 詳細はこちらを確認してください。 詳細: MNP予約番号は必要? 店舗で番号移行する際、 MNP予約番号は事前に発行していく必要はありません。 公式サイトなどにはMNP予約番号も必要と記載がありますが、店舗で手続きする際にその場で発行可能です。 店員さんが短時間で発行してくれると思いますので、よくわからなければその場で発行しましょう。 ソフトバンクからMNP時の注意点 MNP予約番号は不要 ソフトバンクからワイモバイルに番号移行する際、MNP予約番号の事前発行は不要です。 オンラインサイトで番号移行する際、My SoftBankにログインすることで自動的に番号そのまま乗り換えできます。 店舗で番号移行する際にはMNP予約番号が必要ですが、ほとんどの場合で店員さんがその場で電話して発行をサポートしてくれます。 予約番号はその場で取得できますので、必ずしも事前に準備しない手続きしてくれないわけではありません。 よくわからなければ店員さんに聞いてみましょう。 番号移行はどこでできる? MNP転入はWEBのワイモバイルオンラインストアで ワイモバイルへの乗り換え手続きは主に以下で行うことができます。 ワイモバイル店頭• 家電量販店• 公式オンラインストア• その他携帯ショップ おすすめは断然です。 24時間受付可能で、PC・スマホで手続きできますし、操作は簡単であっという間に終わります。 MNP予約番号の発行も不要ですので、ぜひご利用ください。 MNP転入の受付時間 ワイモバイル公式サイトでMNP乗り換えをする場合、 手続きは24時間受付可能です。 申し込み内容に不備があればすぐに連絡があり、修正をしたうえで端末やSIMの発送準備がスタートします。 ただし、夜間に申し込んだ場合は申し込み内容の確認は翌朝になります。 店舗なら即日乗り換え可 オンラインストアでMNP手続きは来店の必要がなく、待ち時間も無いのがメリットです。 しかし、商品の発送まで時間がかかるのがネックです。 もし、 当日中にMNP手続きを終えたい場合は面倒ですが店舗にいきましょう。 ただし、夕方以降の遅い時間に来店すると受付が終了し、手続きが結局翌日になることもありますので、待ち時間も考慮し、早めに来店するようにしましょう。 電話でMNP乗り換えは不可 オペレーターとの電話によるMNP乗り換え手続きはできません。 どうしても説明を聞きながら手続きしたい場合は、店舗に行きましょう。 回線切り替えをするまではソフトバンクのSIMが使え、回線切り替え後にワイモバイルのSIMが使えるようになります。 回線切り替えは、到着したSIMに同封の書面に従って電話をかけてください。 SIM到着後6日以内のAM10時~PM7時であれば、好きなタイミングで回線切り替えができます。 ただし、 6日をすぎると強制的に回線が切り替えられます。 お得なMNP乗り換えタイミング ワイモバイルにMNPで乗り換えるのに最も好都合なタイミングは、月末です。 ワイモバイルは契約初月の基本料金は日割りで計算されますが、初月は「新規割」が適用されず、2ヶ月目以降より700円高くなります。 そのため、 できる限り契約初月の日数を減らしたほうがお得です。 ソフトバンクは解約月が全額請求の場合と、プランによっては日割りの場合もあります。 ご自分のプランにあわせて、最も料金が安くなるタイミングを選択してください。 MNP時の本人確認書類 で手続きをすると、本人確認書類を画像でアップロードするだけで本人確認が終了します。 非常に簡単です。 本人確認書類は以下のいずれかを準備しましょう。 運転免許証• 健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか• 日本国パスポート• マイナンバーカード(個人番号カード)• 身体障害者手帳• 療育手帳• 精神障害者保健福祉手帳• 特別永住者証明書• 在留カード 旧外国人登録証 + 外国パスポート 詳細: 事前に写真を撮影しておき、手続き時にアップロードすれば完了です。 よって、 SIMロック解除すればワイモバイルで使用できます。 ただし、使えるのはSIMロック解除ができる2015年5月以降に発売された端末です。 また、 2018年5月以前に発売されたAndroidはテザリングができない可能性が高いです。 動作確認端末一覧を確認してください。 詳細: SIMロック解除が必要 結論から言いますと、 ソフトバンクで購入したスマホ端末は、iPhoneもAndroidもワイモバイルで使用できます。 ただし、 SIMロック解除が必要です。 MNP転出手数料 ソフトバンクからワイモバイルに番号移行する場合、 MNP転出手数料3,000円がかかります。 これは、どこで手続きしても3,000円かかります。 契約解除料・違約金 ソフトバンクに2019年9月以前に契約した方が契約更新月以外にMNP転出する場合、 契約解除料(違約金/解約金)がかかります。 違約金はプランにより異なりますが、 おおむね9,500円です。 2019年9月以降の新プランでは最低利用期間・違約金はなくなりました。 端末代金の残債 ソフトバンクでスマホ端末を分割で購入しており、代金の支払いが終わっていない場合、MNP転出のタイミングで 端末代金の残り(残債)を一括返済する必要があります。 初期費用・契約事務手数料 ワイモバイルにMNP転入する際に、 契約事務手数料として3,000円(税抜)がかかります。 ただしなどにより公式オンラインサイトなら手数料が無料になる場合もあります。 しかし、 ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは少々損な部分もあります。 ワイモバイルで実施している多くのキャンペーンは、ソフトバンクからの乗り換え時は対象外の場合が多いです。 詳細: また、端末購入時の割引額も、ソフトバンクからの乗り換え時のみ減額されます。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えることで月額料金を大幅に下げることができるものの、少々損した気分ですね。 UQモバイルもおすすめ ソフトバンクからの乗り換えはワイモバイルと同じ料金体系でほぼ同じ通信速度が出るUQモバイルも検討しましょう。 にMNP乗り換えでSIMのみ契約すれば、現金キャッシュバックがもらえます。 ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合にも、必ず下記キャンペーンを適用させましょう。 エントリーで3,000円分還元 Yahoo! 上にあるワイモバイルストアでは、 「どこでももらえる特典」を実施しています。 このキャンペーンは、した後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、 3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。 オンラインだけでなく、 店舗で契約しても貰えるのが特徴です。 SIMのみ契約の場合も端末セット購入の場合も、から「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。 特典を受けるには、事前にYahoo! JAPAN IDでログインした後、でエントリーが必要です。 必ず契約前にエントリーしておいてください。 通常、ワイモバイルに新規契約・MNP転入・機種変更する際には税抜3,000円の事務手数料がかかりますが、 オンラインストアでの契約のみ無料です。 店舗で手続きすると手数料3,000円がかかりますので、必ずオンラインストアで契約しましょう。

次の