幻獣戦争 最強。 【FFBE幻影戦争】最強キャラ(ユニット)ランキング|7/15新キャラ対応【最新版】|ゲームエイト

伝説の生物一覧

幻獣戦争 最強

この記事では、 にゃんこ大戦争での ガチャ当たりランキングをご紹介していきます! にゃんこ大戦争は、個性的なにゃんこたちが登場するスマホゲーム。 ネコと聞くと可愛らしいイメージを持つ人が多いかと思いますが、『にゃんこ大戦争』に登場するネコは『にゃんこ』にして『ネコ』に非ず。 見たまんまネコというものもいれば、どこをどう見てもネコに見えないものまで、たくさん存在しています。 ネコという枠を飛び越えて様々なキャラクターが活躍する様は、揃えるだけでも面白いものばかりですね。 大戦争の名の通りそういったネコたちを使役して戦闘を行うわけですが、かなりシンプルです。 しかし、にゃんこ召喚のタイミングを計ったり、スキルを組み合わせたり、奥深い戦略を楽しむことができます。 特に、にゃんこ大戦争で最高レアを誇る超激レアキャラクターをゲットできれば、高難易度ステージでも優位に戦うことができ、より一層攻略を楽しむことができます。 しかし、ガチャを引いて超激レアキャラクターを揃えたいところですが、超激レアキャラクターもすでにたくさん登場しており、どれが最強なのかは判断しかねると思います。 最高レアリティの超激レアが最強なのは勿論ですが、その中での強弱となると、更に困惑してしまうのではないでしょうか。 そんな時のためににゃんこ大戦争におけるガチャ当たりランキングを作成してみました! そこで今回は、にゃんこ大戦争のガチャ当たりランキングを紹介しますので、是非参考にしてみてください! Contents• にゃんこ大戦争ガチャ当たりランキングは? 第5位:美女神アフロディーテ 当たったときに二度見してしまうこと間違いなしのにゃんこらしくないアフロディーテの特徴は、その長い射程距離です。 遠方範囲攻撃という攻撃を繰り出すことができ、何と城の後ろに居る敵でさえも攻撃できるのです! この射程距離の長さを活かせば、前線に壁を作っておいて後方から援護攻撃をするという形で敵の進軍を妨げることにも繋がり、多数の敵を一気に薙ぎ払うことができます。 また、エイリアンという敵に対して威力を発揮する特殊能力も持っており、ギャラクシーニャンダムや破壊生物クオリネンといった強敵のエイリアンにも対抗することができます。 美女神アフロディーテが登場するまでにゃんこ大戦争における長射程キャラは銀河戦士コスモでしたが、コスモと違い移動速度も適度に遅いので、戦場に長く生き残り続けて、バトルの勝利に貢献してくれます 美女神アフロディーテは、『究極降臨ギガントゼウス』ガチャで入手可能なので、狙ってみてはいかがでしょうか。 第4位:キャットマンダディ キャットマンダディは、『ダークヒーローズ』というガチャで手に入る超激レアキャラクターで進化すると『キャットマンブラック』へと変化しますが、ステータスの増減はなく、特殊能力が変化します。 また、ステータスもかなり高く、『体力67150、攻撃力42500』と、数値だけ見れば他の超激レアよりも高いものとなっています。 射程距離も440という長さを持っているので広範囲の敵にダメージを与えることができ、幅広いステージで活躍できるでしょう。 キャットマンダディさえ手に入れておけば、相手によって使い分けられてお得というわけです。 第3位:古代軍船ガレース 古代軍船ガレースは、にゃんこ大戦争でも新しいガチャシリーズである『革命軍隊アイアンウォーズ』に登場する超激レアキャラクターで、進化後の見た目は超巨大戦艦ということでかなり派手なのも特徴の1つ。 そんな古代軍船ガレースは体力81,600・攻撃力64,600・射程距離440と3拍子揃って高く、生産コストも超激レアの中ではそれほど高価ではないので使いやすく、ステージに関係なく安定した活躍を魅せてくれます。 にゃんこ大戦争では新しくゾンビという敵が登場したのですが、これが倒しても倒しても蘇生で生き返るので非常に厄介。 しかし、古代軍船ガレースは、そんなゾンビの体力を一気に削る特殊能力だけでなく蘇生を無効にさせる特殊能力もあるので、ゾンビ対策にとても役に立ちます。 今後ゾンビステージが増加していくとも予想されているので、ますます古代軍船ガレースの人気は高まっていくでしょう! 第2位:巫女姫ミタマ 巫女姫ミタマは、にゃんこ大戦争で開催される全てのレアガチャイベントに登場する超激レアキャラクターが集結した『超ネコ祭』に限定で登場するキャラクター。 この巫女姫ミタマの特徴は、特殊能力の豊富さにあり、1体で以下の特殊能力を持っています。 33秒動きを遅くする• 遠方範囲攻撃• 波動無効• ふっとばす無効• 動きを止める無効• 動きを遅くする無効• 攻撃力減少無効 これだけの特殊能力があれば、どんなステージでもサポート役として活躍でき、にゃんこ大戦争の攻略をかなり楽にしてくれます。 また、波動を始め相手が付与してくる効果も無効に出来るので、前線においておけば味方を相手の効果から守ることができ、強力な壁として活躍してくれます。 ここまで特殊能力が揃っている超激レアキャラクターは他にいないので、超ネコ祭開催中は巫女姫ミタマを狙ってみてもいいでしょう! 第1位:幻獣ガオ にゃんこ大戦争ガチャの当たりランキング第1位はにゃんこたちの中のにゃんこであり、頂点でもある『幻獣ガオ』であるといえるでしょう。 恐らく、どのような情報サイトでも当たりランキングを掲載していれば『幻獣ガオ』をトップに挙げるはずです。 この幼獣ガオも『超ネコ祭』に限定で登場する超激レアキャラクターで、他のガチャでは登場しないあたりが、幻獣と呼ばれる所以でしょうか。 気になる性能ですが、まず基礎能力が圧倒的に高くなっており、その圧倒ぶりは進化前でさえ他の超激レアにゃんこの進化後の性能とほぼ同等といえるほど。 もちろん、進化後の『皇獣ガオウ』になると、その性能は更に圧倒的なものとなります。 進化前でも強力だったステータスはなんと『体力64600 攻撃力27200』。 その上、白い敵と無色の敵以外へのダメージ効率50%上昇・日ダメージ50%カット・5%のクリティカル率・波動ダメージ全カット』という、まさに最強と呼ぶに相応しい特殊能力を持っています! 攻撃力のステータスも上記のように高いので、ほぼすべてのステージで大活躍するまさに『最強キャラ』です。 なので、超ネコ祭が開催されたときは、是非幼獣ガオを狙っておきたいところですね。 まとめ 今回は、にゃんこ大戦争でのガチャ当たりランキングをご紹介しました。 ランキング付けはしたものの、とにかく『幻獣ガオ』を持っておけば安泰といえるでしょう。 超ネコ祭では幻獣ガオも含め、ほぼ全てのにゃんこが当たるので、それまでに大量のネコ缶を貯めておきたいところですね。 とはいえ、幻獣ガオを狙おうとするのはなかなか大変なもので、排出確率は 1%を下回るとも言われています。 そうなると、レアガチャから引き当てるには相当な回数挑戦しないといけないことになります・・・。 特に、無課金攻略で進めていればガチャを引くのに必要なネコ缶があっという間になくなってしまうかと思います。 そこで、ここまで読んでくれたあなたには特別にネコ缶を無課金のまま大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します!.

次の

FFBE幻影戦争 攻略まとめGS

幻獣戦争 最強

com ギリシア神話でアルゴス近郊の沼地に住んでいた9つの頭をもる大蛇です。 首のうちの1つは不死の力をもっていて、首の数には5本から一万本などいくつもの説があります。 ヒドラは強力な毒をもっていて、ヒドラの息や通ったあとの臭いを嗅ぐだけでも死んでしまうほどです。 ヒドラはギリシア神話の英雄ヘラクレスによって退治されました。 炎を使ってヒドラを巣から追い出したヘラクレスでしたが、斬ってもすぐに再生する首に手を焼きます。 一緒にいた従兄弟のイオラートスの妙案で、首を斬った切り傷を炎で焼くことで再生を止めることができ、やっとのことでヒドラを仕留めることができました。 このとき、ヒドラの傍にいた蟹がヘラクレスによって踏み潰され、ヒドラ共々哀れに思った女神ヘラによって、この二匹は「うみへび座」と「かに座」になりました。 日本ではうみへび座のことを「ヒドラ座」と呼んでいた時代もあります。 pinterest. jp ギリシア語ではキュクロプスと呼ばれ、「丸い目をした」という意味の、一つ目の巨人です。 頭部には髪がなく、火山を擬人化したものともいわれます。 大地の神ガイアと天空神ウラノスのあいだに生まれた最初のサイクロプスは、あまりの醜さのためにウラノスによって一度は地底に閉じ込められましたが、ティターン族との戦いに貢献したことにより、シチリア島に住むことを許されます。 サイクロプスは岩山などに居を構え、棲み処は自らのねぐらと大きな石板で入り口に蓋をした家畜小屋からなっています。 サイクロプスは家族を持たず、家も仲間とは離れたところに作りますが、仲間が助けを求めているのを聞きつけると、必ず手を貸しに行きます。 好物は人間ですが、シチリアにはその頃人が住んでいなかったため、普段は牧畜を行い、まれに漂流してきた人間がいると、それを食べていました。 サイクロプスは鍛冶の名人で、造船や建築などにも優れた能力を発揮します。 シチリアのエトナ火山の地下にサイクロプスの仕事場があり、鍛冶の神ヘパイストスの監督のもと、ゼウスの武器である電光やアポロンの弓、アテネの鎧などギリシア神話に登場する数々の武具を手がけました。 thefotosgratis. eu オークはトールキンの有名な長編小説である『指輪物語』に登場する怪物の種族ですが、神話や伝承の中にはほとんど現れません。 オークの語源は、ローマにおいて死と冥府を司る神オルクスとされます。 オルクスは、髭を生やした巨人で、攻撃的な戦士で刃向かう敵はすべて打ち倒し、逃げる相手は臆病者として蹴り倒しました。 中世の民間信仰ではオルクスは豚の顔をした黒い羽の悪魔と信じられていました。 オークは、オルクスと同じ豚の頭をもち、分厚い皮膚と短い足、細長い手を持ち、口からは牙を生やしています。 夜行性のため日中の活動を苦手としており、他の種族、特にエルフを憎んでいます。 何事にも満足せず、食事と戦闘の時以外はいつも不機嫌で、残虐性が尊ばれるオークの世界ではしばしば共食いさえ起こります。 オークの寿命は短く、戦闘で命を落とす者も多くいますが、繁殖力は異常に高く、種が滅びることはありません。 時には人間の女性を犯すこともあり、こうやって生まれた者はハーフオークといわれ、人間とオークのどちらからも蔑まれ、疎外されるという悲しい運命が待ち受けています。 net マンティコア マンティコラス は紀元前にギリシア人医師クテシアスによって書かれたインドの地誌に登場する怪物で、古代ペルシア語の「人食い」を語源としています。 マンティコアはインドからマレーシア、インドネシアなどアジアに広く分布していますが、アフリカのエチオピアにも多く生息していました。 ライオンの体に老人の顔をしていて、尻尾にはサソリのような針があり、笛とトランペットをあわせたようなとてもよく響く鳴き声をしていて、人間の肉が大好物です。 マンティコアは砂漠や密林を棲み処とし、砂漠でライオンの毛は保護色となり、鼻からは恐怖を、口からは疫病を吐き出し、軍隊一個を食い尽くすほど旺盛な食欲を持っています。 密林に住むマンティコアは、ウバスニキなどの速効性の毒を尻尾の針に塗り、人間に忍び寄って毒針の雨を降らせて殺し、骨ごと跡形もなく食べてしまいます。 そのため、付近の村では誰かがいなくなると、マンティコアのせいだといわれます。 1zoom. me ケンタウロスはギリシア神話に登場する、上半身は人間で下半身は馬という、半人半馬の怪物です。 通常、足は4本とされますが、一部には足は2本とする文献もあります。 ケンタウロスというと、知的で勇敢で、美しい見た目を創造するかもしれませんが、多くのケンタウロスは短気で粗暴で大酒呑みで好色とされています。 昔、あるケンタウロスがテッサリアに住むラピタイ族の結婚式に招待されたときに酒に酔った挙句、花嫁を襲おうとして、怒ったラピタイ族によって追放されたという話もあります。 ケンタウロスの中にもケイローンという優れた知性をもつ例外も存在します。 賢者ケイローンは音楽、医術、狩り、スポーツ、予言など多彩な能力をもっていて、ギリシア神話で多くの英雄たちを導く役割を果たしました。 ケンタウロスは山岳地帯に住み、人間と同じように剣や槍、棍棒、弓などの武器を使います。 ラテン語ではケンタウロスという言葉が槍などの武器を表す代名詞になりました。 人と馬の半身半獣はケンタウロスですが、人と何かがあわさった生き物は他にも種類があり、人と竜ならドラコケンタウロス、人と牛ならブロンケンタウロス、ロバはオノケンタウロス、獅子はレオンケンタウロス、魚はイクテュオケンタウロスというぐあいで、普通のケンタウロスはこれらと区別するためにヒッポケンタウロスと呼ばれます。 youtube. com ミノタウロスは、ギリシャ神話に登場する有名な怪物で、ラビュリントスと呼ばれる迷路の中に住んでいます。 ミノタウロスはクレタ島の王妃パシパエと雄牛の間に生まれた子供で、牛の頭に人の体をもっています。 ミノタウロスという名前は「ミノスの牛」という意味で、クレタのミノス王に飼われていたことからきています。 ミノタウロスには人を好んで食べるという悪癖があり、非常に凶暴で、興奮すると手がつけられなくなり、頭の鋭い角を向けて突進してきます。 ミノタウロスは、戦斧や棍棒といった武器も扱え、力任せに振り回すのを得意としました。 ミノス王に疎んじられたミノタウロスは一度入ったら出られないという迷宮の中に閉じ込められ、アテナイ アテネ から連れてきた子供や、犯罪者などを生け贄と与えられていました。 この話を聞いたアテナイの王子テーセウスは、クレタへ乗り込み、迷わないよう迷路の入り口に毛糸を括り付けておき、帰りはそれを手繰ってもどってくるという方法で、ラビュリントスに侵入し、寝ていたところのミノタウロスを退治することに成功しました。 blogspot. com グリフィン グリフォン はラテン語で「曲がったくちばし」を意味するグリュブスを語源とし、ライオンの体に鷲の頭と翼、爪をもつ怪鳥です。 尻尾が蛇であったり、頭がハゲタカ、体が牛だとか、豹のような斑点を持つとされることもあります。 ギリシアのグリフィンはたてがみと馬の耳をもっていますが、アジアのグリフィンにはトサカがついています。 グリフィンは砂漠や山間部の洞窟などに住んで黄金を守っているといわれ、金を狙ってくる巨人族アリマスポイ人と戦っています。 金脈のある場所によく現れるというので、もしグリフォンを見かけたら、近くに金鉱が眠っているかもしれません。 酒の神ディオニッソスが酒蔵の番人として飼っていたといわれ、ゼウス神とその息子アポロンの空飛ぶチャリオットやアレクサンダー大王の馬車を引いたという伝説もあります。 pinterest. fr ラミア レイミア はギリシア神話に登場し、上半身は人間の女性の姿で、蛇の下半身をもっています。 下半身は獣とされることもあり、中世ヨーロッパでは魔女や妖女のこともラミアと呼ばれました。 ラミアはアフリカの砂漠のオアシスやジャングルなどに生息していて、群れを成し、子供や若い男の生き血が好物です。 ラミアは自分の眼を取り外すことができ、遠くの物事を見ることができました。 旅人などが通りかかると、誘惑して近づいてきたものを喰ってしまいます。 もとはリビアにおける愛と戦いの女神だったという話や、アダムと最初に結婚したリリスという女性がラミアになったのだという説もあります。 alphacoders. com イギリスに伝わる有名な伝説の1つで、地獄の猟犬と言われるのがヘル・ハウンドです。 ヘル・ハウンドは闇のような漆黒の毛並みをもつ巨大な犬の姿をした魔物で、目は炎のように赤く燃え、口からは硫黄の臭いのする炎を吐きます。 ヘル・ハウンドは地域によってブラック・ドッグ 黒犬 、モーサドゥーグ、バーゲスト 妖犬 、デヴィルズ・ダンディ・ドッグ 悪魔の愛犬 とも呼ばれます。 ヘル・ハウンドは夕暮れ時に十字路や教会の墓地などに出現し、その姿を目にした者は死んでしまうとされています。 ヘル・ハウンドの姿を見ても、触ったり声をかけたりしてはいけません。 声を潜めて息を殺し、死んだようにしてヘル・ハウンドがいなくなってくれるのを祈るしかないのです。 悪魔の化身といわれるヘル・ハウンドですが、一部では妖精の仲間とされ、子どもの守り神として大切にされている地域もあります。 mysteriesrunsolved. com ウェンディゴはカナダの森林地帯に住む伝承に登場する雪男のような怪物です。 吹雪の夜、森の中で迷子になった者は、ウェンディゴにさらわれてしまったのだと言われました。 ウェンディゴは身長5mを越える巨人で、骸骨のような顔をしています。 その巨体からは考えられないような俊敏さをもち、深い雪の中でも見えないほどのとんでもないスピードで移動するため、まるで飛んでいるように思えますが、ウェンディゴの通ったあとには巨大な足跡がくっきりと残されています。 ウェンディゴは冬の怪物で、吹雪の中を永遠に彷徨っていると言われますが、雪山の洞窟に住んでいるとも伝えられます。 さらってきた人間を氷漬けにしておいて、腹が減るとその魂を奪って食べると言われます。 ウェンディゴは先住民たちにとって厳しい冬の象徴であり、冬を無事に乗り越えられるよう、若い娘たちをウェンディゴへの生け贄に捧げることもありました。 creature-ya. com ゲームの敵モンスターなどでお馴染みのガーゴイルですが、実はガーゴイルという生き物が登場する伝説があるわけではありません。 ガーゴイルはもともと、キリスト教寺院などの屋根に備え付けられている彫像のことで、翼をもった獣の姿をしています。 雨樋から流れてきた雨水が出てくるところに取り付けて、ガーゴイルの口から雨水が地面に流れ出るという仕組みになっていました。 ガーゴイルはフランス語で「喉」を意味するガルユイグ gargouille からきていて、雨水がガーゴイルの喉に溜まってから流れてくることに由来します。 悪魔のような見た目をしているのは、これがもとは異教の神々で、キリスト教の支配によって悪魔という地位に貶められてしまったからだといわれます。 ガーゴイルを屋根に置くことには悪霊を寄せ付けない魔除けの意味があり、日本でも屋根の鬼瓦が同様の目的をもっています。 その姿が恐ろしければ恐ろしいだけ、その力も強力になるとしてありがたがられました。 youtube. com バジリスクは北アフリカの砂漠に棲んでいるとされ、その名はギリシア語の「バジリスコス 小さな王 」に由来し、蛇の王という意味をもっています。 コブラのように体の半分を立てて進む体長30㎝ほどの蛇で、吐く息には毒があり、視線でだけで人を殺す力がありました。 槍で突けば、毒が槍を伝って持ち主と乗っていた馬を殺してしまうほど強力な毒をもっていました。 しかし、バジリスクもイタチの毒には弱く、イタチを巣穴に放り込むとお互いの毒で2匹とも死んでしまいました。 バジリスクにはコカトリスという別名があり、中世ヨーロッパでは、トカゲのような頭に蛇のような鋭い尻尾をもつニワトリの姿の怪物へと変化しました。 コカトリスはさらに強力な毒をもつようになり、飛ぶ鳥を落としたり植物を腐らせ、コカトリスの水飲み場だったところは、何世紀にもわたって汚染され砂漠化してしまいます。 毒は目からもまわり、見ただけで相手を殺す能力がありましたが、中には水に写った自分の姿を見て、死んでしまったコカトリスもいました。 目の見えない人はコカトリスの脅威に脅かされることがなく、ヘンルーダという薬草もコカトリスの毒では枯らすことができないとされました。 雄鶏の鳴き声が弱点で、これを聞くとコカトリスは死んでしまうといいます。 ほかに、フランスの伝承ではコカトリスはトカゲの姿とされ、夜に廃墟をさまよい、一晩で一気に大きくなり、口から疫病をまき散らすといわれます。 com ロックは別名ルフとも呼ばれ、マルコ・ポーロの『東方見聞録』のなかで、インド洋のどこかの島に生息するといわれる巨鳥です。 翼を広げると23mで、羽毛だけでも9mあり、象を軽々と持ち上げて地面に落とし、その肉を食べます。 シンドバットの冒険には、白いドーム状の建物があると思っていたら、ロックの卵だったという話があります。 自分の棲んでいる島だけでは獲物をまかないきれないため、遠くインドやアフリカまで狩りに向かいます。 マダガスカル島では、特定の時期になると、南からロックがやってくるとされていました。 ro 人魚やマーメイドといえば、誰もが知っている上半身が人間で、下半身が魚という伝説の生き物です。 人魚というと、人魚姫の話のように女性ばかりだと思われそうですが、中世ヨーロッパの版画には男の人魚も存在します。 マーメイドは正確には女性の人魚を指し、男の人魚はマーマンと言います。 ヨーロッパには、船乗りに妻であるマーメイドを捕えられた復讐に、港町を滅ぼしたマーマンの伝承などが残されています。 マーメイドはみな金の髪をもち、美しい姿をしているといわれますが、特に初期の頃は、醜い姿のマーメイドも多くいました。 東欧では人魚は川に現れ、不細工なマーマンがけっこういたようです。 海難事故で流れ着いた異民族が人魚とされることもありました。 昔のヨーロッパでは異民族との結婚はタブー視される傾向があり、異民族に対するエキゾチックな憧れがマーメイドの美しさに結びついていたようです。 反対に、東欧など異民族間の流入が比較的多かった地域で不細工な人魚が多いのも、こういったところが関係しているのでしょう。 マーメイドは海で死んだ者の魂を自分たちの宮殿へと連れ帰る死の女神でした。 マーメイドの好物は海の幸の魚貝類ですが、海で溺れた人間の生気を吸ってしまうという話もあります。 マーメイドは昔の人たちが、世界のどこであってもきっと人間が住んでいるに違いないと考えたことから生まれたといわれ、数多くの目撃例があります。 コロンブスの航海日誌にもマーメイドを見たという記述があり、19世紀イギリスの海上法では、イギリス領海内で捕縛された人魚はすべて大英帝国の所有物になるという規定がありました。 leagueoflegends. com ゲームやマンガ、ファンタジー小説などでお馴染みのスライムは、もとはアメリカの作家ジョセフ・ペイン・ブレナンの小説『スライム』 1953年 に登場したモンスターでした。 ここに登場するスライムは、太古の昔から海底に棲んでいるどろどろとした生き物で、どんな生物でも食べて吸収することができます。 スライムは黒く、魚の腐ったような異臭を放ち、底なしの食欲をもっています。 スライムには鋭敏な触角が備わっており、水や大気の微かな振動から周囲の情報を感知しています。 深海には存在しない光や火が弱点で、冷凍すれば一時的に動けなくすることができますが、解凍されればまた活動を再開します。 スライムのような粘液状の怪物は、誰によって考え出されたものか不明ですが、1930年代のアメリカで物語の中に広く取り上げられるようになりました。 ショゴス、ブロブ、アメーバ、ウーズ、ソッグなどと呼び名は様々ですが、どれもスライムに近い特徴をもったゼリー状の怪物です。 まとめ 以上、世界中の伝説の生き物たちを存在してきました。 フィクションのなかで何度も見たことのある生き物たちでも、もとの伝説を知れば、今まで聞いたこともないような話があったのではないでしょうか。 創作物の中では、実際の伝説とは少し違った脚色がされていることもあります。 ファンタジー作品の中でこうした生き物を見つけた時には、本来の伝承とどこか違うところがないかを探してみるのも面白いかもしれません。

次の

幻獣契約クリプトラクトの属性別最強人気ユニットランキングを紹介!!

幻獣戦争 最強

オルランドゥ自身もリミットバーストで 広範囲大ダメージ+自身にヘイスト効果と手数を増やす際にも優秀な性能を持つ。 剣聖は前衛アタッカーとして優秀なジョブで、 防御デバフや 十字範囲攻撃のスキルを習得可能。 ナイトまで開放すると 被ダメージ軽減も可能になるので前衛としては優れたキャラといえる。 FFTではゲームバランスが崩れる程の圧倒的性能だっただけあり、本作においても 火力だけでいえばトップクラスの性能を誇るキャラ。 に比べてHPが大幅にアップしており、弱点であった耐久値をカバー。 範囲光属性キラーのカタストロフィ等、刺さりやすいアビリティも嬉しい。 総合的に見てアタッカーとしての性能は文句無し。 宿命の王子 シュテル・リオニスの上位互換といって差し支えない性能といえる。 ただ、 移動力が相変わらずの3と コスト100のキャラなので育成難易度が高いのはネック。 と同等の育成難易度となっているので無課金が手を出す際には注意が必要なキャラ。 第一に、期間限定キャラとなっているので育成期間が短く無課金の人にはオススメ出来ない。 尚且つ、 パラディンジョブにて高耐久を獲得出来るのも嬉しい。 マスターアビリティは 素早さ+10%、さみだれ射ちに必中効果が付与とかなり強力な効果になっている。 唯一の懸念は 弓武器で良質なものが無い程度。 アタッカーとしても壁役としても実に優秀な性能を誇る。 火力は同時実装のに比べると劣るが、それでも 範囲ストップの不動無明剣などを習得出来たりと便利な技を保有。 耐久力が高く、敵の行動を制限出来る点から考えると対人戦での活躍を見込める。 味方へのバフ効果等も保有しており、サポート兼タンクとして運用可能。 対人戦は勿論のこと、白磁の塔などの高難度クエストで長期的にタンクを請け負える点が魅力。 移動力は低いものの、 シフトアタックなどで前線にも出やすくマスターアビリティで攻守アップを行えるなど防御のみに秀でているという訳でもないのがポイント。 攻守に復帰力と三拍子が揃っており、 トラストマスターで得られるアクセサリーも強力。 リセマラするタイミングで取れる機会があるなら是非とも狙っておきたいところ。 サポートアビリティでも 風属性攻撃アップの激成風のルーン、精神貫通率・命中アップのシャープマインドと火力を底上げする効果を豊富に持つのが特徴。 全体的にステータスも高水準に設定されており、非常に強力な性能を誇る。 激成風のルーンは氷属性耐性ダウンのデメリットがあるものの、最大レベルまで上げるとデメリットが無くなる点も嬉しい。 マスターアビリティは 精神貫通率+20、魔力+10%。 現環境で最高の盾役であるエンゲルベルトに対して高ダメージを狙える為、対人戦において活躍。 素早さも高く行動順が回ってくるのも早いので一気に距離を詰めて高ダメージを狙える性能。 育成段階では回避を盛り切れず耐久面に難を感じるが、育成を進めていくと解消される。 対エンゲルベルト用に獲得しておくのも有り。 過去に実装されていた槍使いは火力面は優れていたものの、機動力がお通夜状態であった為中々手を出しにくかった。 しかし、新ジョブのヴァルキリーで習得する「迅突の極意」は 刺突攻撃+素早さアップの優れもの。 火力面に関しても 攻撃アップ+防御貫通効果の「戦乙女の彗眼」や、マスターアビリティによる 攻撃力+20%など十分実用レベル。 さらに 「トリプルピアッサー」によるチェイン稼ぎや、 必中効果の「シュアリーバースト」で高難易度にも対応可能。 今から始める場合には入手しておくと使い勝手が良いキャラである事は間違いない。 遠距離攻撃&範囲攻撃に特化した性能を持ち、 アビリティボード&マスターアビリティ&サポートアビリティ等で大幅な火力アップが可能。 射撃ユニットの中ではトップクラスの火力を誇る為、遠距離から高ダメージを狙える優れたキャラ。 同時に 殲滅力も高く周回性能も高いので使いやすくオススメ。 マスターアビリティでは 氷属性キラーも同時に獲得出来たりと、対人戦でも刺さる点は魅力。 反面、 耐久値が低く物理アタッカーに近付かれるのは苦手。 壁役のヘイトを上げて狙われにくい環境を作っておく必要がある。 長距離攻撃+高火力のキャラであり、 防御貫通の補助アビリティ等を保有しており壁役に対して高い効果を発揮出来る。 尚且つ、マスターアビリティで 攻撃+10%土属性キラー+15%を獲得可能。 育成のしやすさから多用されているに対しては特に脅威。 勿論、同属性のに対しても同じ。 メインクエストでは勿論の事、PVPでも活躍出来る性能は是非とも獲得したい。 さらにマスターアビリティでも 魔力+20%と火力を底上げしつつ、 アビリティ発動時間-20%と詠唱短縮も可能。 魔法詠唱中は非常に不利な状況となる為、その点をカバー出来るのは大きなメリット。 火力枠としても採用出来る上に、 時魔道士をサブジョブにすればクイック等でサポートにも回れる。 物理攻撃全般に弱い点はネックだが、それを差し引いても狙う価値は十分。 その他、リミットバーストで 範囲麻痺など対人戦でも活躍出来る性能。 周回性能は永遠の魔女 メディエナに軍配が上がるが、対人戦はこちらの方が上。 12位:永遠の魔女 メディエナ キャラ性能&個別評価 魔力が高いので魔法アタッカーとして運用したいキャラ。 相手を深追いする必要もなく、安全に威力の高い攻撃を行える点はメリット。 忍者としてサブアタッカーで運用も出来たりと火力要員として幅広く使える。 若干射程が短い事で等に比べて前に出なければならず被弾は多め。 ただ 魔法職では珍しく耐久面に優れており、尚且つステップマジックによる移動後攻撃で距離も詰めやすいのが魅力。 攻守に秀でているだけでなく、回復能力も習得出来るので汎用性の高いキャラといえる。 攻守速が高く、MOV+1を習得する事でネックとなる移動力を補う事も出来る。 さらに、も所有している 範囲ストップ付与の不動無明剣を習得したりとジャマー要素もある強力な性能。 敵の行動を制限しつつ高い移動力で敵を撃破出来るなど、優れたアタッカー性能を誇る。 育成段階にもよるが、 近~中距離まで対応出来るので狙っておいて損はない。 ただ 火力を最大まで高める為には捨て身をセットしなければならず、そうなるとやはり耐久面に不安を感じる。 ハイト 高低差 が高いほど効果が増す魔法や、 レベルが4の倍数の敵に対してダメージ増加の魔法を持つ。 高火力を生むにあたって条件があるものの、むしろ条件を満たせば高い効果を望めるのはプラスポイント。 中でもサポートアビリティの 「レベル4をレベル3に」を習得する事で、レベルが3の倍数に対して大きな効果を発揮可能。 特に対人戦ではレベル99のキャラが豊富にいるので、確実にセットしておかなければならないアビリティといえる。 範囲も広く高低差のある地形でも対応出来る上、広範囲の敵を一掃出来る為周回性能はかなり高め。 回復能力も持ち合わせているのでサポートも担える優秀なキャラ。 レインと同じとはいえ、こちらのロールは斬撃アタッカーとなっており 武器に迷う心配が無いのが魅力の1つ。 さらに 命中率も高く、安定してダメージを与えられる安心感も併せ持つ。 ただ、 移動力が低く素早さも召喚獣や装備で盛らなければそこまで高いとは言えない。 尚且つ 射程も短く機動力をカバー出来るものが少ないのもネック。 アタッカー性能は高く優秀なので、最低でも行動順を早めるような装備編成で運用したい。 精神の高いタンクとなっており、魔法攻撃に強いのが特徴。 魔法ダメージ軽減&ヘイトアップのアストラルガードを習得出来る為、魔法攻撃が得意なへの対策としても運用可能。 さらに 自身の魔力も高く、魔法アタッカーとしても十分な火力を発揮。 機動力にやや欠けるものの、 攻撃範囲の広いスキルが多いのでそこまで気にならない。 同時期に実装された高難易度クエストである白磁の塔20階をクリアすることでほぼ専用武器であるクリムゾンセイバーを獲得出来るのも有難いところ。 狙うのなら武器も一緒に獲得しよう。 メインジョブが忍者のキャラはSSRののみとなっており、URでは初実装。 尚且つ ソルジャーで捨て身のアビリティを習得する事で火力アップも行える。 育成もしやすく、 時魔導士を開放する事で味方のサポートも可能。 尚、SSRのシャドウリンクスはレアリティの割にかなり優秀なので獲得しておく事をオススメする。 と同じメインジョブなので 安定した火力を誇る。 接近戦~遠距離までこなせるアタッカーとなっており宿命の王子 シュテル・リオニスを確保していないのなら狙うのも有り。 ただしシュテルを既に持っているのならそこまで優先する必要は無い。 ファイナルファンタジータクティクスの主人公で、コラボ記念で実装。 性能を度外視して獲得したいファンの方も多いハズ。 アタッカー兼サポート要員としての運用が出来るが、メインアタッカーとして運用したいなら育成を行って忍者まで早めにサブジョブを開放させたい。 育成に時間がかかる部分はある。 攻撃力が高く、斬撃攻撃に特化したユニット。 捨て身、バイキングの心得で火力を大幅に底上げ出来るのでアタッカーとしての運用がオススメ。 毒針を習得する事で直線だが、遠距離からの攻撃も可能。 ただ、 Moveアップ系のアビリティが無いので機動力に欠けるのがネック。 22位:宿命の王子 シュテル・リオニス キャラ性能&個別評価 火力が高いアタッカー枠。 HP消費で大ダメージを与えられたり、 HP吸収アビリティによって生存率も高め。 自身でのHP管理がしやすく他キャラに依存しない火力の高さが優秀。 火力を第一に考えるのであれば入手しておいて損は無い。 ただ、攻撃枠として運用するよりも味方のサポートを行いながら壁役としての使うのがオススメ。 パラディンを開放して耐久面を高めれば攻撃枠のキャラと前衛に出向き攻められる。 MOVが3とそこまで高くは無い。 リミットバーストは範囲が若干特殊ではあるが 3ターンの魅了付与。 魅了状態は味方を攻撃してしまう為、対人戦での活躍も視野に入る。 槍使いの足の遅さをカバー出来るジョブ構成になっている。 接近戦が得意なジョブは狭い場所で行動選択が出来ない場合もあるので遠距離攻撃用のキャラとして確保したい。 魔法特化のキャラも遠距離攻撃出来るが、 ガンナーはチャージ時間が無いのも利点。 移動以外の行動選択が出来なくさせるドンアクなども使える為、被ダメージ軽減にも有効。 サブジョブに忍者、狩人を持っているのもポイントが高い。 全てのアビリティを漫勉なく育成していけば高性能なキャラとして仕上がるが序盤ではの方が火力面では活躍出来るだろう。 長い目で見るのなら獲得しておくのも有り。 範囲攻撃+CTデバフを付与したりと、戦闘を優位に運ぶ能力も豊富。 配布武器であるエクスカリバーの装備も行える為、最初から武器にも困らない点も有難い。 汎用性の高い性能となっており、獲得しておけば非常に便利。 ナイトは火力がそこまで無い代わりに、耐性値が高く耐久面に特化している。 サブジョブの侍のアビリティである刀魂を習得する事である程度の火力を出せるものの、 メインはデバフ要員や味方の壁としての運用がオススメ。 火力が高いジョブが多く、初期からジャンプなどを使って高ダメージを出せるのが魅力。 竜騎士は高低差をカバーするjump+1も習得出来る為、移動もしやすいのがポイント。 ただ、 素早さが若干低めに設定されているのででカバーしたい。 特にURは素早さアップ+刺突攻撃アップの効果を得られる為、相性が良くオススメ。 ヒーラーは貴重だが、メインクエスト等で使う機会は少な目。 というよりも 敵数が多ければ回復が間に合わずに落とされてしまうケースが多い。 蘇生スキルに関しては有難いが、それなら力押しでガンガン攻めた方がおすすめではある。 高難易度では活躍する場はあるかも知れないが、優先すべきは火力枠。 ステージによって運用方法を変えたりと、2役こなせるのはメリット。 ただ、サポート役よりも回復役を求めるのであればの方が秀でているのでそちらを狙うようにしたい。 32位:鋼の守護者 エンゲルベルト キャラ性能&個別評価 貴重なタンク役のジョブを持つキャラ。 HPが高く敵の攻撃を引きつけられる為、味方を守るのに便利。 特に後衛からの攻撃魔法を得意とする黒魔導士などと編成すると活躍出来る。 序盤ではそこまで必要としないが、 中盤から活躍する機会も増えてくるキャラ。 とはいえ攻撃力がそこまで突出している訳でもなくの方が余裕で上。 ガンブレイカーや竜騎士、赤魔導士と火力だけでなく幅広く運用出来るジョブを保有しているのでステータスよりもジョブ目当てで獲得したい。 ただ、ガチャからは直接は排出されずガチャでメダルを獲得して交換の流れになる。 課金前提なら狙うのも有りだが、そうでない場合はスルーでOK。 34位:信念の女拳闘士 ジザ キャラ性能&個別評価 素早さが高いアタッカー。 シーフで盗むも出来、 槍術士で2マス貫通攻撃も出来たりと便利。 攻撃力は若干低めに設定されているものの、素早さが高いので使い勝手が良い。 HPも高めで生存率が高いのもポイント。 35位:赤き獅子王 エルデ・リオニス キャラ性能&個別評価 火力が高いアタッカー枠。 その他、 侍として味方へサポート効果を付与する事で戦闘を優位に出来る。 火力に特化しているだけでなく、 多岐に渡って使える便利な性能といったところ。 上位キャラに比べて優先度は低いが、優秀なキャラ。 ステータスも攻撃寄りとなっており、噛み合った性能が使いやすい。 ただ、 素早さがかなり低くなっているので行動順で先手を取る事は難しいキャラ。 優秀なアタッカーではあるが、それならの方が上。 37位:勇猛なる賢王 ロブ・ホルン キャラ性能&個別評価 火力よりもサポート能力が多めのキャラ。 ただ、序盤はサポート能力を求めるよりも個人火力を必要とするので優先度はそこまで。 後半の事を考えて確保するにしても他の上位キャラを確保しておいた方が便利。 序盤~終盤まで腐ることなく使える枠となっているので、序盤で獲得しておけば安泰です。 キャラを覚醒する事で使用出来るジョブが解放されるので、ジョブの組み合わせでキャラを選ぶのも1つの選択基準ともいえます。 のように貴重なジョブを持つキャラを優先するのもおすすめです。 どれも強力なジョブでそれぞれに強みがある為、どれを選んでも使いやすい。 SSRの中でもかなり使いやすく、強力なキャラ。 遠距離攻撃に特化しているだけでなく、素早さも高くシーフでの盗む系アビリティの運用も可能。 マスターアビリティでは 命中+30、暗闇・ドンムブ・ドンアク発動率アップを習得。 回避パーティに対して強みを発揮出来る事は勿論、高い素早さを活かして初手で行動制限を付与出来れば戦況は大きくこちらに傾くだろう。 素早さだけでいえばと同率という点から見ても実に優秀。 移動力の低さはネックだが、元々遠距離攻撃を行うジョブなのでそこまで気にならない。 忍者がメインジョブのキャラは貴重&優秀な部類に入るのでSSRといえども確保しておいて損は無い。 クリティカル発生率アップの3段攻撃、夢幻三段などを習得可能。 しかも難易度は低さの割に 壁役としては非常に優秀な為、最優先での育成をオススメ。 HPの高さ、そして固さは対人戦においても活躍してくれる上に キラーブレードによる人キラーも火力要素としては十分。 勿論、アタッカーと比べてしまうと火力は劣るが壁役としての性能はかなり高い。 どんな編成においても活躍してくれる汎用性の高さも魅力の1つ。 回避特化のタンクとして実装され、シーフの心得を習得する事で機動力も確保可能。 アビリティボードで 素早さアップも+10出来たりと、SSRの中では優秀。 さらにマスターアビリティでも 回避+10、消費AP-20%と回避能力を底上げ出来る。 火力が欲しい場合には刀魂をセットする事である程度カバー出来るのも有難い。 ただ火力面に重視するよりも長所を伸ばして、回避タンクとして運用するのがベスト。 足回りが速いタンクは貴重な為、獲得しておくと便利。 さらに 最大覚醒時に習得出来る「闇の剣」でHP吸収可能なので、低い耐久面を自身でカバー出来るのも有難い。 火力不足ならば入手しておけば活躍してくれる事は確実。 入手方法はログインだけ。 必ず入手しておきたい。 高威力の黒魔法に回復効果の多い白魔法を習得。 少ない移動力に関しては忍者で開放出来る「縮地」をセットすれば十分カバー可能。 の下位互換のようなものとなっており、周回性能が高い。 URキャラを育成するよりかは育成素材も少なく済むのでSSRキャラではオススメ。 耐久力が高く、タンクとしての運用をオススメ。 機動力に欠ける部分があるものの、 縮地を習得出来る為十分カバー可能。 魔力も割と高く、エアロガ剣等で火力を出せたりと汎用性が高く使い勝手の良いキャラ。 攻守共に秀でた性能を誇る為、UR育成が厳しいなら狙っても良いだろう。 バイキングの心得や集中アビリティによって火力を大きく上げられる遠距離アタッカー。 マスターアビリティでは クリティカル+50を獲得出来る為、数値以上のダメージに期待が出来る。 素早さを底上げするアビリティボードもある上に、 狙い撃ちによる必中攻撃も強力。 耐久値は正直紙なので、タンクの後ろから攻撃を行うように編成したい。 移動力の低さはネックとはいえ遠距離攻撃メインなのでそこまで気にしなくてもOK。 狩人の心得をセットする事で射程を+1出来る為、機動力のカバーとして使おう。 メインジョブが狩人のキャラではトップクラスの火力を誇る為、育成を視野に入れるのもあり。 全てのジョブが魔導士系となっており、攻撃+ジャマー+サポートを1人で補えるのが特徴。 マスターアビリティで 魔力+25%など、火力に関してもSSRキャラでは申し分ない。 長期戦にも対応出来る為、育成しても損にはならないSSRといえる。 その反面、 斬撃攻撃には弱くなっており、対人戦等では正直活躍の幅は狭い。 物理斬撃キャラは多くが高火力な為、太刀打ちするには荷が重い。 尚且つ同時開催されているFFコラボイベントによりヤ・シュトラの欠片も比較的簡単に集める事が出来るので、期間内であれば 限界突破も他キャラより簡単に出来るのもポイント。 性能面も魔法タイプのアタッカーとして序盤から活躍してくれるのでオススメ。 優先して 育成を行えば回復能力も覚えられる為、幅広く運用が出来るキャラといえる。 ただ、性能としては他でも十分代用の利く存在となっているのであえて優先して狙う必要性は少ない。 シーフジョブ持ちで手持ちに優れた性能のキャラがいないのなら狙うのも有り。 機動力に欠けるものの、配布キャラと考えれば攻守に優れた性能を誇る。 HPが高く、HP吸収のスキルを持つので長期戦にも対応可能。 ただ、素早さと足が遅すぎて前線に出るのにタイムロスがあるのがネック。 覚醒は見送るにしても最大まで限界突破出来る分の欠片だけは集めておきたい。 15位:命知らずの一番剣 シュゼルト キャラ性能&個別評価 高火力のアタッカー。 SSRの中でもトップクラスの攻撃力を誇る為、URキャラが不足しがちな序盤に居れば助かる。 HPがやや低めに設定されているので、先を見て運用するのなら早めに育成を行って狩人にしておきたい。 高火力での援護射撃は強力の一言。 16位:白き光の礼拝者 祈り キャラ性能&個別評価 SSRの中でも屈指の回復性能を誇るキャラ。 しかし、必要性が高いのは回復能力よりも火力要素。 その為、いくら高い回復能力を持ち合わせていても正直優先度は低め。 但し、 蘇生能力を持っており味方が戦闘不能になった場合などには活躍してくれる。 ただ、 真っ先に落とされる可能性が高く壁役のキャラと同時編成は必須。 17位:慈愛の王妃 ヘレナ・リオニス キャラ性能&個別評価 SSRの中でも 魔力がトップクラスに高く、魔法アタッカーとして優秀。 ボスや雑魚相手にも運用出来る性能となっているので、獲得しておいて損は無いキャラ。 その他、時魔導士や白魔導士としての運用も出来る為パーティの足りない部分も補強してくれる。 18位:誇り高き竜騎士 ロレンツォ キャラ性能&個別評価 初期ジョブが竜騎士となっており、 ジャンプや竜血などで高火力を出せるキャラ。 攻撃力自体はそこまで高くは無いものの、高威力のアビリティを持つので序盤で入手出来れば重宝する。 槍術士のアビリティで刺突のダメージアップを行えたりと、ステータス値以上の火力を持つ。 序盤は火力が低くく、長期戦になりがちなので狙っておくのも有り。 火力が高く、移動力もカバー出来るのでSSRの中では割とシンプルに使いやすい性能。 SSRトップクラスのに比べると素早さは劣るが装備や召喚獣、ヴィジョンで盛れば普通に運用可能なレベル。 ただ、似た性能のキャラは他にもいるのでシムールでなければならない理由はない。 初期ジョブは侍で悪くは無いのだが、他アタッカーの方が火力も高かったりする。 その為、戦士や忍者のアビリティを習得出来るように早めに育成しておきたい。 弓での遠距離攻撃+回復能力で味方をサポートするのに秀でているキャラ。 ガンナーにもなれるが、 魔力が高いのでクレリックなど魔法系のアビリティをセットした方が便利。 攻撃系の魔法だけでなく、回復系の魔法を使用する事も出来る為 サブヒーラーとしての運用も可能。 ステータスでの魔力はそこまで高くは無いものの、汎用性が高く便利。 状況に応じて幅広い運用が出来るので入手しておけば様々な場面で活躍してくれるだろう。 23位:奈落の暗殺者 ライリュウ キャラ性能&個別評価 素早さが高く、遠距離から攻撃を行えるガンナー。 他にも シーフのアビリティを習得出来る為、盗むなどで周回にも便利。 攻撃力も割と高く、幅広く運用が出来るのでオススメ。 攻撃力特化のバイキングかガンナーで射程範囲をカバーするかで別々の運用方法が可能。 ただ、 MOVが3と移動力に欠ける為その分を補うガンナーを選択するのがオススメ。 とはいえ、ガンナーが3つ目のジョブに配置されている為ある程度育成しなければ開放されない。 SSRキャラをそこまで育成するメリットも無いので、狙う価値は低め。 ただ、壁役として運用するのなら育成のしやすさ等も含めてがオススメ。 パーティに2体も壁役は必要ないので、運用するのであれば竜騎士などで火力役として運用したい。 イベントクエストをクリアする事で獲得出来るキャラとなっているので入手難易度は高くない。 ジョブの組み合わせもそこまで特筆すべきものでは無い。 イベント配布のキャラなので獲得しておいて損は無いといったところ。 ナイトのサブジョブを開放出来れば耐久面も上がり接近戦を仕掛けやすくなるが、既に他に有能なキャラがいるのなら素材を捧げる価値は薄い。 27位:求滅の異邦人 ヴィストラール キャラ性能&個別評価 攻撃力が高く、初期ジョブがシーフのキャラ。 敵からアイテムを盗んだりも出来る為、周回等では役立つ性能。 HPが低く打たれ弱いので後半の運用では、先手必勝タイプのソルジャーにするのもおすすめ。 URキャラでシーフジョブを持つのはのみ。 その為、リセマラする場合はジザをあえて狙うよりもこちらを狙っておきたい。 28位:幻視する槍術士 ラマダ キャラ性能&個別評価 槍術士で 射程2マス範囲に攻撃可能なキャラ。 その為、 敵が並んでいる場合には同時攻撃も可能。 しかし、 味方と敵が横並びになっている場合には味方も巻き込んで攻撃してしまう場合もあるので注意。 攻撃系のアビリティが多いものの、 ステータス上の攻撃力が若干低めとなっているのでアタッカーとしてはやや不向き。 アタッカーはURキャラを狙うのがオススメ。 29位:戦場の赤き焔 リリシュ キャラ性能&個別評価 SSRの中でも 高い攻撃力を誇るキャラ。 HPも高く、前衛としてガンガン攻めていける性能となっており壁役としての運用も可能。 序盤では火力役が必要になるので、入手しておいて損は無い。 ただ、 アタッカーをURで確保するのであれば優先度は低め。 回復~状態異常回復まで様々な場面で活躍してくれる有難い性能。 クレリックとして与ダメージにも期待出来ない事も無いが、ヒーラーとしての運用がメインなのでそこまでオススメはしない。 31位:電光石火の格闘娘 メリルーク キャラ性能&個別評価 蘇生能力を持つアタッカーとして使えるキャラ。 ナイトとして運用する場合にはデバフ効果を敵に付与出来る為、戦闘を優位に運びたいならオススメ。 ただ、URの上位キャラを狙う場合なら優先度は低め。 32位:孤高の独裁王 クーリ・ウェズエット キャラ性能&個別評価 狩人として 遠距離攻撃を行えるキャラ。 攻撃力は低いものの、 竜騎士ジョブを保有しているので火力アップの要素などを豊富に持つ。 ジャンプはジャンプ中に対象が攻撃範囲からいなくなれば攻撃を行えないスキルだが、当たれば高火力。 ただ、URキャラを最優先にするのが第一なので器用貧乏なSSRキャラをあえて狙う必要は薄い。 総合評価 基本的にSSRキャラはURキャラよりも性能が劣る為、優先度は低めとなっています。 URキャラランキングの上位を狙う際に同時排出されたら有難い、程度に思っておきましょう。 とはいえ、序盤で役立つヒーラーやアタッカーは入手しておいて損はありません。 配布キャラや初期キャラもランキングに入っていますので、先ずはそちらを育成するのもおすすめです。

次の