マラガ 観光。 ピカソをうんだリゾート地・スペインのマラガを訪ねる!おすすめ観光スポット

マラガのおすすめ観光スポット クチコミ人気ランキング【フォートラベル】

マラガ 観光

時間旅行 マラガにはアンダルシア地方でもっとも大きなアラブの要塞の一つ アルカサバといったな歴史的な場所が点在し、 ヒブラルファロ城からは街全体を見渡す美しい景色を眺めることができます。 城のふもとには 古代ローマ劇場と散歩に最適な旧市街地が広がっています。 ベルモットを飲むには最高な アタラサナス市場や「ラ・マンキータ」と呼ばれる未完の右塔で知られる 大聖堂といったモニュメントを至る所で見ることができます。 ぜひその屋根に注目してみてください。 忘れられない体験となることでしょう。 この ピカソの街には、この画家の作品を集めた美術館が数々あり、 生家を訪れることもできます。 またマラガは過去の栄光だけではなく、近年、 カルメン・ティッセン博物館やフランス外では唯一の ポンビドゥーセンター(多色のキューブはすでにシンボルになっています)、さらには ロシア・サンクトペテルブルク美術館コレクションがオープンしました。 その他、アンダーグラウンド文化がお好きな方には 現代美術館や正面のアーバンアート、ソーホー地区の店舗なども必見です。 マラガのエッセンシャル マラガを唯一無二の存在にする要素は数々あります。 たとえば、モニュメント以外にも天気の良い日には伝説ともいえる マラゲタのシティービーチが賑わいます。 伝統的な味を楽しみたい方は海辺にある ペドレガレホ地区で、伝統的な エスペトスというイワシの網焼きがおすすめです。 ラ・マラゲタに戻る道には多くの店やレストランが立ち並ぶ ムエジェ・ウノという港の散歩道があり、街のシンボルにもなっている ラ・ファロラ灯台まで夕暮れ時の散歩に最高です。 その他のマラガの象徴は。 マルケス・デ・ラリオス歩行者道路は絶対に外せません。 花で飾られた賑やかな散歩道は、マラガを訪れた際は必ず訪れる場所となっています。 また、夜になるとこのエリアと周辺の道はタパスを楽しむには最高の場所となり、 ボデガ・エル・ピンピといった店が有名で、ぜひアホブランコをお試しください。 この他にもマラガは 映画祭や 聖週間、前衛的なレストランで知られています。 何よりもマラガは喜びに他なりません。 人々に伝わっていきます。

次の

2020年 マラガで絶対外さないおすすめ観光スポットトップ10【定番から穴場まで!】 トリップアドバイザー

マラガ 観光

アクセス 3. 09 アルカサバから歩いて行ける。 by ハンマークラヴィーアさん コスパ 4. 03 アルカサバと共通券で5.5ユーロ。 by ハンマークラヴィーアさん 人混みの少なさ 3. 55 広いので気にならず。 by ハンマークラヴィーアさん 展示内容 3. 79 眺望がメイン。 by ハンマークラヴィーアさん• 満足度の高いクチコミ(23件) マラガ市内と地中海が一望できる。 城壁内部はかなり広く,一周するだけでも一時間程度はかかる。 かなり遠いように言われるが,アルカサバから坂道を上がっていけばものの20分程度で着く距離。 さん(男性) マラガのクチコミ:9件 アクセス 3. 60 カテドラルのすぐ目の前。 by ハンマークラヴィーアさん コスパ 3. 82 共通チケットで5.5ユーロ。 by ハンマークラヴィーアさん 人混みの少なさ 3. 65 それなりに人は多い。 by ハンマークラヴィーアさん 展示内容 3. 59 アルハンブラとの共通点も多数。 by ハンマークラヴィーアさん• 満足度の高いクチコミ(17件) それなりに見ごたえのある要塞。 アルハンブラやセビリアのアルカサルとの共通点も多い。 ここからヒブラファロ城までが14世紀マラガの繁栄を忍ばせる見ごたえのある遺跡。 さん(男性) マラガのクチコミ:9件• 満足度の低いクチコミ(1件) 入城券は買ったのですが……。 もりでいたのですが、城に上がり見学した後、隣り合っているところから入れるのだと思ったら入り口は別。 回るのがおっくうになり 何せシニアの軟弱もの……)パラドールでお茶してここには入らず眺めたのみでした。 下調べが不十分を反省。 ) 写真は別の日に食事に行った場所の近くで撮りました。 やっぱり何事も事前の準備がが大事ですね。 さん(女性) マラガのクチコミ:20件 アクセス 3. 80 中心部のシンボル。 by ハンマークラヴィーアさん コスパ 3. 64 展望台に上ることを考えると安いかも。 by ハンマークラヴィーアさん 人混みの少なさ 3. 53 閉館間際は大行列。 by ハンマークラヴィーアさん 展示内容 3. 67 スペインを代表する絵があります。 by ハンマークラヴィーアさん• 満足度の高いクチコミ(13件) 未完成だが美しい。 しかし,... ゴシック様式とルネサンス様式が融合した美しいたたずまいで,スペインを代表する「無原罪の御宿り」や「ロザリオの聖母」などの有名画がずらり。 日曜日午前中ならミサに参加できます。 さん(男性) マラガのクチコミ:9件• 満足度の低いクチコミ(1件) ライトアップの大聖堂と月 2. )を見た後の夕方に街中を歩いていて偶然、大きなカテドラルに辿りつきました。 中から人が出てくるので入ろうとしましたが、閉館時間で警備員に止められてしまい入れませんでした。 日曜日でした。 ライトアップされていたので、裏側から外観だけ鑑賞しました。 月が大聖堂の背景に見えていい感じでした。 さん(女性) マラガのクチコミ:7件 アクセス 3. 64 マラガ市内は治安もよく徒歩でゆったりめぐれます。 by mamigameさん コスパ 3. 73 人混みの少なさ 3. 29 11月に行きましたが、オフシーズンの平日のためか?ゆったりしていました。 by mamigameさん 展示内容 3. 82 生涯を通してのピカソの作品に触れる事ができます。 by mamigameさん• 満足度の高いクチコミ(15件) 作品の変遷を見れる 4. 名ですが、このマラガのピカソ美術館ではそうした作品の変遷を見ることができます。 また、一枚の絵を仕上げるまでに、何度も塗り重ねて描き直し、絵の題材となる対象をつきつめる姿勢は終わりがないものでしたが、そうした作品を間近で見れるのは非常に興味深いものがありました。 写真撮影したかったのですが、禁止だったのが、とっても残念です。 さん(女性) マラガのクチコミ:21件• 満足度の低いクチコミ(1件) ピカソ好きなら楽しめるでしょう。 作品は家族の所蔵していたも... のを中心に240点ほど。 多くの有名作品はマドリードのプラド美術館などにあるようだ。 ピカソの絵は難解だが、若いころの絵にはわかりやすいものもあった。 ゆったりと展示はされていたが、静かすぎと言うか、ひんやりした雰囲気で私はあまり楽しめなかった。 さん(女性) マラガのクチコミ:20件 アクセス 3. 33 カテドラルから徒歩圏内。 by ハンマークラヴィーアさん コスパ 3. 42 3.5ユーロはやや高めか。 by ハンマークラヴィーアさん 人混みの少なさ 3. 50 それほど観光客は多くない。 by ハンマークラヴィーアさん 展示内容 3. 00 可もなく不可もなく。 by ハンマークラヴィーアさん• 満足度の高いクチコミ(3件) ピカソ美術館とセットで。 中の様子は当時の調度品がそのまま残してあったりするが,基本的に裕福な家庭だったようで,歴史的な観点から以外はあまり面白みのない建物かも。 さん(男性) マラガのクチコミ:9件 アクセス 3. 50 景観 3. 50 人混みの少なさ 3. 満足度の高いクチコミ(2件) ベンチに座ったピカソさんとTorrijos Monument 4. 紫色の綺麗な花、ジャカランタの咲いた木に囲まれています... ベンチに座ったピカソさんの像と白い高いオベリスク、Torrijos Monument があります。 後ろにはピカソの生家があります。 公園にはそんなに人がいませんが、ピカソの生家の前は人が一杯でした。 マラガは美しい海沿いの街でこじんまりしていますが見どころが一杯なので時間を取って歩きまわるとよいです。 さん(女性) マラガのクチコミ:14件 アクセス 3. 30 コスパ 3. 50 人混みの少なさ 3. 17 展示内容 3. 満足度の高いクチコミ(3件) 1876年完成 4. のマラゲータ闘牛場をよく見ることが出来ました。 周りに林立したビル・マラガ港・大西洋の中に闘牛場があり、マラガの人々に闘牛が根付いていることを感じました。 さん(非公開) マラガのクチコミ:25件• 満足度の低いクチコミ(1件) 技術はいまいちと思いました 2. マラガの闘牛場は観光客向けに開... 催されると聞いたことがあるのですが、そのためか素人目にも技術があるようにはあまり思えませんでした。 たまたまかも知れませんが、上手だったのは6人中1人でした。 さん(男性) マラガのクチコミ:16件• 満足度の高いクチコミ(1件) マラガ駅からマリーナ広場へバスで行く時は一方通行に注意 4. で、バスに乗ろうとしたら、最初乗ったバスに違うと言われ、バス停を探し回りでした。 一方通行が多いです。 バスのチケットは1,30ユーロですが、無駄になりました。 近くのバス停待ちのスペイン人に聞いて、バスに乗るときもマリーナ広場で降りる、ことを確認してやっと乗れました。 こちらから、歩いてマラガ港に行けます。 広場には観光案内所くらいしかありませんが、綺麗な景色です。 頑張れば、マラガ駅から歩けますけど・・ さん(女性) マラガのクチコミ:14件 アクセス 4. 00 景観 4. 00 人混みの少なさ 4. 満足度の高いクチコミ(1件) マラガは、画家パブロ・ピカソが生まれ育った町です。 マラガは... 、画家パブロ・ピカソが生まれ育った町で、コスタ・デル・ソル(太陽海岸という意味で、スペイン南部アンダルシア州のマラガ県の海岸地域とカディス県のカンポ・デ・ヒブラルタル地区の地中海に面する地域)の中心都市になります。 マラガの観光案内所は、港近くのマリーナ広場にあり、ここ以外にも数カ所観光案内所はあるようです。 さん(男性) マラガのクチコミ:2件.

次の

スペインのマラガ観光ポイント!現地人が教えます

マラガ 観光

歩行者天国になっているのですが道の幅が広く、両サイドにはびっしりとショップやカフェなどが並んでいます。 ストリートアーティストも多く1年中いつ行っても活気にあふれていますよ。 旧市街の一角で周りにはホテルや観光スポットが集中しているので、マラガの観光はまずここからスタートするのをおすすめしますよ。 夏の間は空に日差しを遮る幕が張られ、クリスマシシーズンは通りにイルミネーションのアーケードが設置されます。 ラリオス通りの西側にあるヌエバ通りにはファストファッションのショプびっしり並ぶショッピングスポットでもあります。 ラリオス通りの終着点はコンスティトゥシオン広場で、この広場にはマラガ発祥のパン屋さんであるラ・カナスタ la Canasta のカフェやコーヒーが美味しいことで知られるCafe Central Malagaというカフェがありますよ。 街の中心部から歩いていくこともでき、5月から10月まで地元の人や観光客で賑わいますよ。 リゾート感満載で開放感たっぷりではあるものの、カップルや友達同士それに家族連れまでいろんな人たちがのんびり楽しめるアットホームなビーチです。 マラゲータ・ビーチにいくつかある海の家 chiringuito は1日中開いていて、昼食時や夕食時以外はドリンクだけでも利用できます。 冬でも温かい日差しの中でのんびりカフェしていると本当に癒されるので、ぜひ利用してみてくださいね。 4、アルカサバ Alcazaba マラガの中心地の丘の上にそびえるアラブ支配時代のお城です。 アラベスク模様などイスラム美術が施された室内など、スペインの複雑な歴史を感じられる場所でもあります。 さらにマラガの海岸線や街なみを一望できる頂上からの景色は忘れがたいものですよ。 アルカサバのある丘のすぐ下にはローマ時代の劇場の遺跡もあるので、合わせて見学したいですね。 小さな美術館なのですがそれでも200点以上のピカソの作品を見ることができます。 天才画家の歴史の一部を垣間見れて興味深いですよ。 マラガにはピカソの生家も残っていて、美術館と同様に見学が可能です。 外部はゴシック様式で内部はルネッサンス様式やバロック様式が取り入れられています。 マラガが近世に入ってから急激に発展していった街であることもあり、この大聖堂はスペインの他の街にある大聖堂からかなり遅れて16世紀から建設が始められました。 その後何度も中断しながら18世紀には何とか今の形になったのですが、完成する前に資金が打ち切られたので正面の2つの塔のうち1つは未完のままになっています。 ただそんなこと言われない限り気が付かないほど外観・内部ともに見事なつくりになっていますよ。 毎年クリスマスの時期にはベレンと呼ばれるクリスマスの人形飾りが公開されます。 マラガの観光情報 マラガを観光する時に便利な情報も紹介しておきたいと思います。 マラガはマドリードやバルセロナに比べるとスリも少なく 油断は禁物 、のんびりと観光やビーチを楽しむことができますよ。 気候 マラガは1年を通して比較的温暖な地中海気候です。 冬は寒いことは寒いのですが、天気のいい日は日中日が照ると上着がいらないことも多いです。 かといって夏暑すぎるということもなく、日陰に入るだけで快適に過ごせます。 年2回ほど7月と8月に熱波がやってきた時だけは外に出れないくらい暑くなるものの、これを除くと1年中が観光シーズンといってもいいくらい過ごしやすいんですよ。 服装は日本で着ている服装と同じか、やや薄着くらいを目安にしてくださいね。 食べ物 マラガは海のすぐそばなだけあって魚や魚介類が豊富にあります。 そしてマラガを含むアンダルシアでは魚も魚介類も小麦粉をまぶして揚げて食べるのがスタイルです。 レストランや海の家のメニューを見ると魚やシーフードの名前がずらりと並んでいるのですが、頼むとまず間違いなく揚げた状態で出てくるんですよ。 どの魚も美味しいですが、マラガの魚というとボケロネス boquerones という一口サイズのイワシなのでぜひ試してみてください。 フライ以外ではエスペト Espeto という炭火焼きもマラガ特有の料理です。 海沿いのレストランや海の家に限るのですが、お店の外に舟を使った焼き場をつくりそこで魚やシーフードを焼いてくれます。 エスペトで一番よく食べられるのがサルディナス sardinas というボケロネスより2回りくらい大きいイワシです。 日本の焼き魚を思わせる塩が聞いたホクホクの身がとっても美味しいので、海沿いへ行かれるならぜひ食べてみてくださいね。 個人的にはフライもエスペトもイカ calamares が美味しいと思いますよ。 空港 マラガにはアンダルシア最大の国際空港があります。 しかも日本から最低乗り換え1回でマラガ空港まで到着するので便利なんですよ。 アンダルシアを周遊したいという場合も、マラガが日本からのフライトの玄関口になってくれます。 空港はそんなに大きくないので迷うことも少なく利用しやすいです。 マラガ空港から市内へのアクセス方法についてこちらの記事で詳しく紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。 観光のポイント マラガはアンダルシア第2の都市で見どころが多いものの、ラリオス通りを中心とした旧市街がコンパクトにまとまっていて徒歩で十分周れます。 観光に必要な日数は街とビーチ両方楽しむなら2日から3日、街だけなら1日か2日くらいですよ。 1週間以上マラガに滞在するなら日帰りで周辺の村や他のアンダルシアの街にも足を伸ばしてみるのをおすすめします。 マラガでショッピングも楽しみたい方はこちらの記事も見てみてくださいね。 まとめ マラガは何度も行ったことがあるお気に入りの街です。 何より気候がいいので冬なんかはそれだけで楽しい気分になるんですよね。 スペインを代表するリゾート地ではあるものの、決して気取っていなくて親しみやすい雰囲気なのも魅力です。 スペインのどこの街に行くか迷っているなら、ヨーロッパでも年々注目度が上がっているマラガに注目ですよ。

次の