小牧 工業 高校 マーチング バンド 部。 Chevron

“ともに愛知県出身。地元に恩返ししたい” ドラマ「翔べ!工業高校マーチングバンド部」監督 堤幸彦×主演 佐藤二朗 インタビュー公開|中京テレビ放送株式会社のプレスリリース

小牧 工業 高校 マーチング バンド 部

作業着とヘルメット姿で演奏する愛知県立小牧工業高校のマーチングバンド部が売れっ子になりつつある。 男子生徒のひたむきさと型破りのパフォーマンスが受けて、音楽祭やイベントに招かれる機会が増えている。 12日には、3年生にとって最後の舞台となる卒業演奏会があった。 授業で使う水色の作業着と黄色のヘルメット姿の男子部員20人が体育館に勢ぞろい。 「気合入れて頑張るぞ」。 主将の太田竣君(18)=自動車科3年=のかけ声に、部員たちは大声で「オス!」。 本番前、お決まりの腕立て伏せを始めた。 楽器を構え、緊張した面持ちで舞台にひざまずく。 「ドーン」。 ドラムの大きな音が、演奏会の幕開けを告げた。 部員たちが、楽器を演奏しながら舞台を降りてきた。 オープニング曲はミュージカル「ラ・マンチャの男」より「見果てぬ夢」。 トランペットの音が高らかに響くと、観客席から大きな拍手がわいた。 マーチングバンド部の名前は「ENGINEER REGIMENT」。 直訳だと「エンジニアの連隊」だが、「ものづくりを支える技術者を目指す」との意味が込められている。 2008年に赴任した自動車科の澤田直樹教諭(44)が、休眠状態だった吹奏楽部を再生させた。 7人でスタートしたが、初心者ばかりで音符も読めない。 澤田教諭は楽譜を簡単にアレンジし、楽器を押さえる指を「1、2」と書いて教えた。 最初のうちは座って演奏するのがやっと。 演奏がさまになってきた12年、「マーチングの方が見栄えもいいし、工業高校らしく作業着を着せたらおもしろいのでは」と、文化祭で初めて作業着姿でマーチングを披露した。 翌年には、同県小牧市の吹奏楽フェスティバルに初参加。 懸命なパフォーマンスに喝采が送られた。 うわさが広まり、市民まつりや自動車学校のイベントに呼ばれるようになった。 作業着姿がすっかり定着し、部員たちも「型にはまらない自由さが楽しい」と話す。 昨年11月、同県犬山市の病院….

次の

小牧工業高校マーチングバンド部はなぜ男だけ?題材にしたドラマも!|BUZZL

小牧 工業 高校 マーチング バンド 部

設置学科 [ ]• 1年次は以下の航空産業科 2019年入学生以降 、自動車科と共通のカリキュラム。 1年時終盤に科の選択を決める。 航空産業科• 3年次のカリキュラムで生産コースと整備コースに分かれて履修する科目がある。 座学、実習ともに3級 、、 習得の為の勉強、技術習得にあたる。 1年次は情報技術科と共通のカリキュラム。 1年時終盤に科の選択を決める。 化学工業科 沿革 [ ]• (44年) - 開校。 (30年) - にて創立50周年式典が執り行われる。 の祝辞、代表取締役氏による講演が開催された。 (31年)4月 - 機械科2クラスのうちの1クラスを改組して航空産業科が新設される。 (3年)4月 - 小牧工科高等学校に校名変更予定。 情報技術科を情報デザイン科に改称、化学工業科を改組して環境科学科を新設、環境科学科には生活コースを設置予定。 マーチングバンド部 [ ]• 2008年に赴任した自動車科の澤田直樹教諭が吹奏楽部を再生しマーチングバンド部を発足させた。 ヘルメットに作業服という他には見られないスタイルで活動。 小牧市内を中心に演奏を披露している。 中京テレビ放送の50周年企画によりマーチングバンド部をモデルにしたドラマの制作が決まっている。 主演・監督。 2019年12月に放送予定だったが急遽延期となった。 新たに決まった放送日時は2020年4月4日午後3時となった。 2019年8月6日に開幕したの開幕試合「対」で誉高等学校、と合同でで誉高等学校に対して応援演奏を行なった。 試合はと大阪ので放送された。 マーチングバンド部にとっては東海地方以外のメディアから初の全国デビューとなった。 所在地 [ ]• 愛知県小牧市久保一色3737-1 周辺 [ ]• 県営岩崎住宅• 最寄駅 [ ]• 下車 出身者 [ ]• (、)• () 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

“ともに愛知県出身。地元に恩返ししたい” ドラマ「翔べ!工業高校マーチングバンド部」監督 堤幸彦×主演 佐藤二朗 インタビュー公開|中京テレビ放送株式会社のプレスリリース

小牧 工業 高校 マーチング バンド 部

小牧工業は誉と学校が近く、もともと縁があったことから応援要請を快諾。 小牧工業のマーチングバンド部顧問の澤田直樹さんは、「小牧市から初めて甲子園に出る誉を応援させてもらえるのは光栄なこと。 断る理由はない」と話した。 同部は、作業着とヘルメット姿での演奏が注目されている。 「これが正装なので、甲子園でも要望があればぜひやりたい」と澤田さんは意気込む。 東邦は、同じ私立同士で学校関係者のつながりがあり、協力が実現した。 日程が合えば、総勢64人で阪神甲子園球場を訪れ、演奏するという。 今春の選抜大会では東邦のマーチングバンド部が米国遠征で不在の間、スタンドで大阪桐蔭の吹奏楽部員が友情応援を続けた。 東邦マーチングバンド部顧問の白谷峰人さんは、「選抜では大阪桐蔭に助けてもらった。 初出場で甲子園にいく誉にも、困ったことがあったら力になろうと思った」と話す。 強力な2校の「助っ人」について、誉の清水英仁教頭は「本当に心強い。 こうした助け合いが生まれるのも高校野球のよさだと改めて思った」と感謝した。 (村上友里).

次の