ドクター x 今田 美桜。 今、もっとも注目が集まる若手女優今田美桜が『ドクターX』に初参戦!“福岡”で1番可愛い女の子が“青森”から上京した勤勉な看護師役に!|ニュース|木曜ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』|テレビ朝日

【ドクターX】今田美桜が可愛すぎる!!でも、眉毛が変って本当?画像で検証してみた!

ドクター x 今田 美桜

『ドクターX』への初出演が決まって、「びっくりしたのと同時に、すごくうれしい気持ち! 大門先生と一緒に働く看護師役にワクワクしています」と、コメントを寄せた。 今田が演じる大間正子(おおま・まさこ)は、青森から上京し、「東帝大学病院」で働く看護師。 まだ幼い弟たちを養うため、青森の実家に仕送りをするため、実は他の病院でも夜勤のバイトをしている今どき珍しい勤労少女。 感情が高ぶると、つい津軽弁が出てしまう、というキャラクター。 7月期に同局系で放送された『セミオトコ』では、博多から上京してデザイナーを目指す女の子を好演。 博多弁のせりふを随所に見せていた今田だったが、今回は青森出身の役。 「せりふの中にちょこちょこと津軽弁があるのですが、正直、まったく馴染みのない方言なので、すらすら言えるよう、いま勉強中です!」と、今田。 慣れない津軽弁をどのように繰り出してくれるのか、その変化にも注目だ。 大門未知子を演じる米倉との共演も「手術のシーンを近くで見られるのがすごく楽しみ」と心待ちにしている模様。 「働き者で真面目な正子の、しっかりした部分や向上心、まっすぐで真面目で一生懸命ひたむきに頑張る姿を皆さんにお見せできたらと思います」と、意気込みを語っている。 初共演となる二人がどのようなやり取りを見せるのか、期待して待とう。

次の

今田美桜、『ドクターX』初参戦、勤勉な看護師役「ワクワクしています」

ドクター x 今田 美桜

この姿を。 あまりにも可愛すぎますね。 『ドクターX』で看護師・大間正子役を務めるのは、人気女優の今田美桜。 劇中では、真面目過ぎる働きぷりを見せ、時代の潮流である「働き方改革」に逆行するような役を演じています。 今田美桜自身は福岡県の出身なのですが、『ドクターX』での役の設定は、青森県出身。 青森の実家に仕送りをすべく、他の病院でもバイトをして収入を得るという一面もありました。 青森出身の役柄と言うことで、感情が高ぶった際にはついつい津軽弁が出てしまうという演技も披露。 そのぎこちなさに「やられた!」と感じる視聴者も多くいたようです。 方言と言えば、水曜10時放送の『同期のサクラ』で高畑充希の読み上げる新潟弁も話題になっていますね。 個人的な意見ですが、女子は方言を喋るだけでその魅力が何割か増しますよね。 私は仕事柄、地方銀行の方などと電話でお話をすることもよくあるのですが、女性職員が微妙なイントネーションで喋ってくると、内容が頭に入ってきません 笑 普段慣れない言葉遣いをすることは、脳の刺激にもなりますし、役者として成長するためのきっかけにもなります。 若干、今田美桜の津軽弁に対しては、批判的なコメントもありましたが、少しずつ上達できるように頑張ってほしいですね。 『ドクターX』ドラマの人気理由はなぜ!? 初回の放送で20. 3%という高視聴率を記録した『ドクターX』。 その人気の理由は一体どこにあるのでしょうか。 『ドクターX』の主人公・大門未知子(米倉涼子)は、敏腕医師でありながら、特定の病院に属さない、いわばフリーランス医師を演じています。 このフリーランスという働き方、数年前までは「不安定」というネガティブな見方が多かったのですが、実は最近主流となってきているのですね。 それは、誰もが知る大企業がこぞって社員の早期離職を敢行するようになってきたことが大きな理由でしょう。 もはや、大企業で一生安泰という時代ではありません。 そんな時代だからこそ、「フリーランス」という生き方、つまり組織に頼らず自分の力で稼いでいくということが大切なのです。 実際、フリーランスで働く人も増えてきているということがあって、『ドクターX』が人気を博しているのだと考えられています。 医療現場でも、『ドクターX』の第1シリーズが放送された2012年以降、フリーランス医師が増えているようです。 単純に、収入は青天井になりますからね。 若者はお金に苦労する時代と言われているからこそ、「稼げる働き方」であるフリーランスへの憧れもあり、『ドクターX』は人気ドラマとなっています。 まとめ• 10月17日に放送を開始した『ドクターX』でナースを演じる今田美桜が可愛いと話題になっています。 初回視聴率20. 3%を記録した『ドクターX』。 米倉涼子演じる大門未知子のフリーランス医師という働き方に共感する人が多くいることが人気の理由と考えられています。 ニュースの見出しでは「今田美桜がかわいい!」等、ポジティブな感じでしたが、実際にコメントやSNSでの反応を見てみると、ネガティブ意見も多くありました。 ただ、人気ドラマだけに今田美桜も自然と見られる頻度も高くなるはず。 ドラマの中で成長しながら、批判の声を賛同の声に変えていってほしいですね。 以上「『ドクターx 』ナース役の今田美桜が可愛い!ドラマの人気理由はなぜ!?」でした。

次の

今田美桜、『ドクターX』初参戦、勤勉な看護師役「ワクワクしています」

ドクター x 今田 美桜

以下、ネタバレがあります 青森出身の真面目な働き者!同ドラマは、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子 米倉 が孤高の戦いを繰り広げる人気シリーズの最新作。 第5話では、日本看護師連合会名誉会長・三原雅恵 岩下志麻 の手術エピソードが描かれた。 かつて未知子に孫を救われた雅恵だったが、自身の検査や治療は一切拒否。 その背景には衝撃的な秘密があり…という展開だった。 そんな第5話で注目を集めたのが、新人看護師・正子。 しかも、院内ではまだ新人でオドオドしたところのある正子だが、ガールズバーでは意外と積極的。 「大間さん!? 」と驚く3人に「ここではマサちゃんでいいですか…」と目くばせし、「もっと働いて実家に仕送りしたいんです。 はい、部長さん!血圧計りますよぉ」とサービス満点のおもてなしを見せた。 だが終盤の雅恵のオペシーンでは、未知子、博美と3人だけで極秘オペに挑み、機械出し看護師を立派に務めた。 術後、「大門先生、素晴らしいオペでした。 お疲れさまでした!」と頭を下げた正子。 未知子に「あんたもこれで一人前だ!お疲れ」とねぎらいの言葉をかけられ、輝く笑顔を見せた。 このほか、同じく青森出身の雅恵役・岩下志麻と津軽弁で会話するなど、ベテラン俳優陣を相手に多くの見せ場をこなした今田。 ファンからは「今田美桜ちゃんのナース姿、激カワ」「この病院に入院したい…!」「目がおっきくて顔が小さい!! 」「美桜ちゃん尊い」「美桜ちゃん見せ場いっぱい嬉しい!! 」といった声が続出。 昼は看護師、夜はガールズバーで働く正子には「昼も夜も可愛い!! 」「毎晩通いた~い!」「美桜ちゃんに注射されたい」といった歓喜の声のほか、「働きすぎ!! 」と正子を心配する声も上がっている。 未知子と博美に亀裂!? キッズビジネスで大成功を収めた若き実業家・六角橋翔太 平岡祐太 が、突然神原名医紹介所を訪ねてくる。 後腹膜原発胚細胞腫瘍を患うも、他病院で手術適応に至らなかった7歳の皆月むつみ 宝辺花帆美 の手術を、未知子に依頼したいという。 「お金はいくらでも払う」と大々的に宣言し、みずからのSNSにその過程を細かにアップする六角橋。 好感度は上がる一方だったが、実はそれらはすべて売名のための行為で、むつみの名前すら覚えていないのが実情だった。 数日後、未知子はむつみの手術を実施するが、例によって術中に術式を変更。 麻酔医・博美の対応により大きな問題もなく手術は成功するが、博美は未知子の独断を非難。 二人の間には不穏な空気が流れる…。

次の