愛 を 止め て ここ から 逃げ て。 「愛を止めて、僕から逃げて。」

「愛を止めて、僕から逃げて。」

愛 を 止め て ここ から 逃げ て

オフコース、「愛を止めないで」です。 特に意味はなく、昨夜、歌っていたからです、自分が。 この歌。 歌はもちろん、間奏のギターだって歌えてしまう。 オフコースで最も好きな歌。 一時期、小田さんもこの歌が一番好きだといっていたと思います。 ここへおいで くじけた夢を 全てその手に 抱えたままで どうしましょう。 どうしましょう!! こんなこと歌われた日にゃ、もうもうもう! この歌詞を初めて聴いた時は、「ここでそれをいうか!!」とすっかり腰が砕けてしまったわけですよ!! 作詞家で天才といえば、もちろん松本隆ですが。 小田和正もなかなかやるんですよ、ええ。 でもこんなこといってくれる男なんて、いない。 それはきっと、少女マンガに出てくる男と同等なほどに、いない。 だから、宝塚の男役がかっこいいんですよ!(飛躍してませんよ? 日本古来の伝統芸能の歌舞伎とか能とか、あんまり詳しくないけど。 男が女形をやりますよね。 これが本当の女がやるよりずっと女らしい、ずっと色っぽい、美しい、ずっと繊細だったりしてる。 どうかしている、といいたくなるくらい、本物の女よりはるかに「女らしい」。 一方、宝塚の男役。 これは女性が男役をやる。 これがとんでもなく、ものすごーかっこいいと。 この男役を一度観てしまったら、多くの女性ははまるといわれている。 いや、わたしが観たことがないのだけども。 なぜなら、女が言ってほしい言葉や行動を、そうしてほしいタイミングでやってくれるから、くらくらもんだと。 これは、わかる気がする。 男ってたいてい気が利かないから。 ってことは。 女が演じる男役が超かっこよく。 男が演じる女形が超女らしく。 日本文化って、日本文化って。。。 「愛を止めないで」が出る前で小田さんが好きな歌はこれ、「愛の唄」ときいた気がする。 めぐりくる季節にも なつかしい匂いがして ふるえてた あなたのぬくもりさえ よみがえる この手に この繊細さ。 ああ、小田さんも女形のよう(え わたしもたぶん、「愛を止めないで」を聴くまでは、この歌が一番好きだったと思う。

次の

”愛を止めないで” by Off Course

愛 を 止め て ここ から 逃げ て

愛を止めないで 作詞 小田和正 作曲 小田和正 唄 aki 「やさしくしないで」 君はあれから 新しい別れを恐れている ぼくが君の心の扉を叩いてる 君の心がそっとそっと揺れ始めてる 愛を止めないで! そこから逃げないで! 甘い夜はひとりでいないで・・・ 君の人生がふたつに分かれてる そのひとつがまっすぐにぼくの方へ なだらかな明日への坂道を駆け登って いきなり君を抱きしめよう 愛を止めないで! そこから逃げないで! 「眠れぬ夜」はいらない もういらない 愛を止めないで! そこから逃げないで! すなおに涙を流せばいいから ここへおいで! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 akiさん『愛を止めないで』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 akiさん『愛を止めないで』の歌詞 アイヲトメナイデ words by オダカズマサ music by オダカズマサ Performed by アキ.

次の

愛を止めないで 歌詞 Off Course( オフコース ) ※ accounts.healthteacher.com

愛 を 止め て ここ から 逃げ て

愛を止めないで 作詞 小田和正 作曲 小田和正 唄 aki 「やさしくしないで」 君はあれから 新しい別れを恐れている ぼくが君の心の扉を叩いてる 君の心がそっとそっと揺れ始めてる 愛を止めないで! そこから逃げないで! 甘い夜はひとりでいないで・・・ 君の人生がふたつに分かれてる そのひとつがまっすぐにぼくの方へ なだらかな明日への坂道を駆け登って いきなり君を抱きしめよう 愛を止めないで! そこから逃げないで! 「眠れぬ夜」はいらない もういらない 愛を止めないで! そこから逃げないで! すなおに涙を流せばいいから ここへおいで! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 akiさん『愛を止めないで』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 akiさん『愛を止めないで』の歌詞 アイヲトメナイデ words by オダカズマサ music by オダカズマサ Performed by アキ.

次の