引越し相場。 引越し料金の相場 [引越し] All About

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引越し相場

【裏ワザ! それは5社以上のの引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 「引越し業者の一括見積もりサービス」です。 そんなことは知ってるよ、と言わないでください。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 8月に引っ越すなら、お盆前の8月1日〜12日がオススメ 【サカイ引越センター お得日カレンダー】 「赤字覚悟」と書いてあるピンクの日は、引越し料金が安くなる日になります。 その中でも 特に安いのが、お盆が始まる前の8月上旬(1日〜12日)です。 8月上旬は、繁忙期の3月と比べると 単身引越しで約5,000円、家族引越しで約2万円ほど安くなります。 お盆が始まる8月の13日〜(後半)になると、引越し業界の繁忙期に突入しますので、おおよそ10%ほどの値引きが適用されます。 8月1日〜12日の上旬(お盆前)までに比べると値引き率が下がってしまいます。 どうしてもお盆中にしか休みが取れなくて、お盆中にしか引っ越せない人は、早めに業者を探して予約しておきましょう。 予約が取れなくても最安値の料金がその場でわかる、下記の料金一括見積もりサービス「引越し達人」を使う事をオススメします。 しかし、料金相場と一言で言っても業者ごとに料金に差があるので、 引越し料金を比較しないと、5万円以上損をします。 今回、8月引越しの料金相場を• サカイ引越センター• アート引越センター• アーク引越センター• ハート引越センター の計4社から、「同一県内の単身・家族引越し」「同一県外の単身・家族引越し」と 同じ引越し条件で調査したところ、約55,000円以上も料金差がある事がわかりました。 【8月引越し 同都道府 県内 】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 45,127円 76,337円 アート引越センター 42,097円 77,463円 アーク引越センター 37,595円 61,218円 ハート引越センター 34,548円 56,953円 県内の引越しだと、大手のアートと中小のハートで 20,510円も料金に差があります。 【8月引越し 同都道府 県外 】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 78,132円 141,469円 アート引越センター 71,383円 124,423円 アーク引越センター 43,598円 86,354円 ハート引越センター 57,681円 108,473円 一方、県外への引越しにもなると大手のサカイと中小のアークで 55,115円も料金差が出ています。 県内・県外どちらも大手引越し業者が高くなっていますね。 大手の引越し業者が高い理由は、従業員が多く人件費がかかる事、CMなどの広告費が引越し料金に転嫁されている事が挙げられます。 「信頼度でいうと、やはり大手の方がサービスがいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、 実は8月の引越しは一概に大手がサービスが良いと言えません。 なぜなら、 8月は一時的なアルバイト従業員が増えるので引越し作業に不慣れなスタッフに当たる可能性があるからです。 したがって8月の引越しは、 壊れてしまうと困るものは自分で運ぶなどの工夫が必要になってきます。 中小の引越し会社の中には、アルバイトを雇わずに少数精鋭で引越し作業をしていくスタンスの業者もいます。 それならば、手っ取り早く安い料金を比較しておきたいものです。 次に、料金を比較する際に便利なツールや引越し料金を安く済ませる方法をお伝えしていきます。 面倒な業者とのメールなどのやりとりをする前に、スマホやPCで見積もりを依頼してすぐにその場で料金がわかる事が最大のメリットです。 また、見積もりをとった引越し業者の口コミも合わせて見る事ができますので安かろう悪かろうの業者に引っかかる心配もありません。 管理人が「引越し達人」を使った際、都道府県内の家族引越しで 6万円ほどの値段だったのですが、結果的に2万円引きの4万円で引越しする事ができました。 ・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較 引越し達人を使うと 引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスや口コミ評判もその場でチェックできます。 引越しが決まったらまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね! 8月3日• 8月4日• 8月5日• 8月6日• 8月11日• 8月12日 が引越し料金が安くなる狙い日です。 実際には仏教などで 8月の引越しを禁忌といて扱っているわけではありません。 風習(お盆でご先祖が帰ってくるので引越してはならない)• 夏土曜(お盆の頭は農業などに影響するから土を動かしてはならない) 「8月に引越してはいけない」という縁起話は、このような理由からくるものでしょう。 もし気になるようであれば、「お盆(8月13日〜15日)は避けておく」くらいの気持ちで良いでしょう。 エアコンの取り付けは早めにお願いしましょう 8月に引越しを決める際、 自分が依頼する引越し業者にあらかじめエアコンの取り付けが同時に行えるのか必ず聞いておきましょう。 もし別途エアコン取り付け専門業者にお願いする場合、8月はエアコンの取り付けの需要が高まるため工事が非常に混み合います。 新しいエアコンに買い換えたりして手配が遅れると 2週間以上待たされる事があるので注意しましょう。

次の

引越し費用・料金相場

引越し相場

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】 CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は 電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。 申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。 ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ 85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。 業界唯一! 電話番号入力が任意で無料見積もり• 大手のリクルートが運営• 東京から沖縄に引越しをするときには、その引越しの方法と荷物の多さ、そして作業員の数によって引越し料金が決まります。 家族で引越しの場合は大体3t程度のトラック使用になります。 また作業員2名つくと、それだけでトラックチャーターの引越しは30万円を超えてきます。 また少しだけ時間はかかりますが コンテナやフェリーを利用すると20万円程度からとなります。 これはあくまで通常料金。 繁忙期には1. 5倍程度になることもありますし、閑散期は値切ってもう少し安くなることも可能でしょう。 東京-沖縄間の引越しを単身パックを利用するといくら? 東京から沖縄まで単身パックを利用すると、その価格は 約8万円を超えるくらいの価格になります。 単身パックはそのサイズ規格が決まっているから、詰め込んでしまえば安いと思いがちですが、沖縄の場合はやはり距離が遠いということもありますし、フェリーを利用したりするので費用が掛かります。 また沖縄の島になると別料金になることもあるので、更に1万円位費用が掛かります。 東京-沖縄の引越し!人気の格安大手引越し業者 東京から沖縄の引越しと沖縄から東京の引越しでは人気の引越し業者が異なってきます。 ここではそれぞれの人気の格安業者を紹介したいと思います。 東京から沖縄で人気の引越し業者BEST2 沖縄から東京で人気の引越し業者BEST2 1位 サカイ引越センター アート引越センター 2位 ハート引越センター アリさんマークの引越社 東京から沖縄で人気の引越し業者【No. 以前引越しした時は学生だったし同じ東京都内だったので友人の車で荷物を運んでもらい、引越し業者さんにはお願いしなかったんです。 サイトで見積りしてだいたいの金額を抑えてから、いくつかの引越し業者さんに連絡しました。 2社の営業マンさんが見積りに来てくれましたが、値段の妥当性や段ボールが無料で追加もOKで、時間帯も朝イチでやってくれる、ということでサカイ引越センターさんにお願いしました。 サカイさんは口コミの評判も良かったですし。 当日の業者さんは男性二人で来てくれました。 すごく元気で礼儀正しくて安心しておまかせ出来ました。 自分のベッドは木製の組み立て式なんですが、解体も組み立ても業者さんがすごい早さでやってくれました。 自分は組み立てとか苦手なので助かりました。 家具の養生もキチンとやってくれましたし、引越し先のマンションの階段や共用の廊下、入り口の養生もちゃんとしてくれました。 値段も16,2320円でまあまあ妥当だったと思いますし、またお願いしたいと思っています。 東京-沖縄の引越し!おすすめの格安地域密着の引越し業者 東京から沖縄で人気の地域密着引越し業者BEST2 沖縄から東京で人気の地域密着引越し業者BEST2 1位 アップル引越センター 沖縄配送株式会社 2位 琉球トータル引越サービス 中村引越センター 沖縄から東京の地域密着引越し業者【No. 沖縄配送株式会社を那覇市内で引越した時に以前利用したこともあったので今回も依頼することにしました。 3月という引越し業者が忙しい時期もあって料金は248,000円と少し高い印象も受けましたが、日程的にもほかの引越し業者を探すのが面倒だったのでお願いしました。 作業員の方がとても手際がよくテキパキと働いていて思っていたよりも早く荷積みが終わったので良かったです。 沖縄配送株式会社は口コミでも評判がよく選んで本当に正解でした。 コンテナを使い沖縄から東京の新しい住居に着いて荷卸しをするときに、私の部屋は二階で階段しかないのでとても大変そうだと感じました。 冷蔵庫や洗濯機やタンスなどの重たいものでもキズをつけないように慎重に運び入れてくれていたので、信頼会社だと改めて感じました。 今後も利用したい引越し業者ですが、多忙時期だとなかなか日程を抑えることができないのと料金が高いことに不満を感じました。 東京-沖縄間の引越しでかかる時間や日数・距離は? 沖縄といえば、日本の南に位置する島。 そのため引越しの荷物を運ぶには、東京から鹿児島までは陸路で行けますが、そこからは海を渡らなくてはいけません。 その膿を葉たる方法は、東京から飛行機で一気に運ぶ方法、そして港からフェリーを利用するという方法があります。 飛行機の場合は一気に運んでしまうので、引越しにかかる日数は4日程度。 また フェリーを利用する場合には6日位かかるとみておけば間違いないでしょう。 その場合の高速代金は、全長約1400キロにも及び普通車の場合でも 2万7千円程度高速代がかかります。 これが荷物を運ぶので、中型車になれば 3万3千円程度の高速代になります。 また鹿児島までいかなくても神戸からも沖縄へのフェリーが出ているので神戸までの高速代だと更に安くなります。 東京-沖縄の引越しを安くする裏技!「引越し一括見積もり」 東京から沖縄への引越しは決して安いものではありません。 そこで少しでも引越し代を節約する方法としては、 無料の引越し一括見積もりを利用することです。 これで、引越しの安い業者を見つける、そして複数の引越し業者で値切って費用の相談をするという方法を撮れば、必ず一番費用の安いところを見つけることが出来るはずです。 引越しもシーズンがあるので、繁忙期にはなかなか値切りが出来なこともあるでしょう。 この時は引越し業者も需要が高いので、強気です。 しかし閑散期は、少しでも営業して顧客獲得に力を入れているので、値切りに応じてくれることもよくあるのです。 そのため、相見積もりをすることによって、引っ越し料金を安くすることも可能なのです。 引越しというのは、荷物を運んだだけに終わりません。 それ以外にも出費がかさむことがたくさんあるのですね。 そのため少しでも節約できるところを選べると安心です。

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し相場

引っ越し費用をできるだけ安く抑えたいと思うのが当然のことです。 近場の引っ越しだとそれほど料金は高くならないだろうと油断していると、見積もり額を見てびっくり!ということも考えられます。 近場へ引っ越しをする際には引っ越し料金の相場を知ることが重要です。 引っ越しの基本料金はどうやって決まるの? 引っ越しにかかる費用は、基本料金に関しては国土交通省の引っ越し約款と呼ばれる法律によって定められています。 この法律によると、引っ越しに使うトラックの大きさ、作業員の人数、引っ越しにかかる距離によって値段が決まっていきます。 近場での引っ越しの場合は、距離による加算がすくないので長距離の引っ越しよりは安くすむことが多いでしょう。 しかし荷物の量や、エレベーターがあるかどうか、何階に住んでいるのか?などの項目によって追加料金が発生することもあります。 近場への引っ越し費用の相場とは? 近場に引っ越しをする際の費用の相場は、軽トラック〜2トントラックで荷物が入る場合には作業員は1〜2名でOKですので、基本料金は2〜4万円程度と言われています。 2トントラック〜3トントラックの荷物量の場合には、作業員が2〜4人、基本料金は4〜5万円、さらに3トントラック〜4トントラックの場合、作業員は4面以上、基本料金は5〜8万円でしょう。 この基本料金にプラスして、距離料金が追加されていきます。 2トントラックまでならば20キロ増えるごとに5000円前後の追加で大丈夫なのですが、3〜4トンとトラックを利用する場合には、20キロごとの追加料金も1万円前後はかかってしまうと言われています。 つまり近場で合っても、大きいトラックを使用するとその分ガソリン代も必要になってきますので、できるだけ引っ越しを安くすませたいのであれば、荷物の量を極力減らすことが重要になってくるでしょう。 この引っ越し費用料金にプラスして各社色々なプランを追加してきます。 例えば、梱包に使う材料やダンボール費用、さらにはエレベーターがあるかないか、何階に住んでいるのか?さらにエアコンの取り外しや、ウォシュレットトイレの取り外しなどの工事料金がかかる場合もあるでしょう。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金の相場 オフシーズンの引越し料金は、繁忙期と比べてやはり費用は安くなります。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 また以下の相場よりも安く費用を済ませるには、引越し見積もりを複数業者に依頼することで以下の相場よりグッと値下げできます。 例えば5万円の引っ越し費用であっても、ハイシーズンに引っ越しするだけで15万円もかかってしまうのです。 またハイシーズンは人手がたりませので、派遣社員やアルバイトなどを雇って引っ越し作業を行う業者がほとんどです。 つまりいつもの対応よりも悪くなってしまうことが多いのです。 慣れていないアルバイトの作業員が引っ越し作業を手伝うのではそれは仕方がありませんね。 しかし大切な家具や家電、荷物などに何かあったら取り返しがつきません。 引っ越しのハイシーズンを避けられるのでしたが、できるだけ引っ越し業者が暇な時期に引っ越しを行うのが理想的でしょう。 また引っ越し業者の中には、自分で荷物詰めを行ったり、当日の作業を手伝ったりすることで料金を安くしてくれる場合もありますので、見積もりを取る際に提案してみるのもよいかもしれませんね。 近距離が得意な引っ越し業者を見つけよう 近場へ引っ越しをする際には、まず近距離の引っ越しが得意な業者を見つけるのがよいでしょう。 引っ越し業者によっては遠距離が得意なところと近距離が得意なところがありますので、近場に慣れている引っ越し業者を探すとよいでしょう。 探し方の方法としてはインターネットなどの口コミを見たり、満足度ランキングなどをチェックしたりすると、実際に引っ越し業者を利用したユーザーからの生の声や評価を見ることができます。 また近所などで実際に利用したことがある人がいれば、その人に聞いてみるのもよいですね。 また近距離が得意な引っ越し業者を選定したら、複数の業者に見積もりを頼みましょう。 見積もりはとればとるほど安くなるといわれています。 2〜3社しかとらない人がいますが、これは非常にもったいないです。 最低でも6〜7社の見積もりは欲しいですね。

次の