マンション 騒音 警察。 マンションの騒音で警察を呼ぶ時一旦冷静に!体験談も確認を

【夜中の騒音通報】マンションの騒音問題で警察に通報した体験談

マンション 騒音 警察

Contents• マンションの騒音問題で警察を呼んでもいいの? マンションの騒音問題で困っているならば、 警察を呼んでも構いません。 騒音を発生させている人には問題のない音でも、聞かされている人の中には不快に感じることもあります。 人によって、音の種類や性質によって不快と感じることがあります。 騒音の発生源は次のように分けられると考えられます。 1.電化製品 エアコン、室外機、洗濯機、掃除機など。 こちらは時間帯と音量が問題になります。 近年は共働きの家庭が多いので、夜間に洗濯したり、掃除をするしかないこともあるでしょう。 だいたい 夜10時までに終了させることを目安にすると良いでしょう。 また、古いタイプの電化製品は音を抑える機能が低いですし、故障していると異常な音が発生することもあります。 新製品でもマンションの壁や床を伝わって、音や振動が響くことがありますので、せめて使用時間だけでも気を付けたいところです。 2.音響設備 テレビ、ラジオ、ステレオ、ピアノなどの楽器、風鈴など。 こちらで問題になるのは音量です。 音楽のジャンルに関係なく、大きすぎる音量は時間帯に関係なく問題になります。 誰でも騒音の発生源になりうるので、玄関の外まで音が漏れていないか確認しましょう。 ピアノなどの楽器はヘッドフォンを使っても、音が漏れたり、振動が伝わることがあります。 消音機能がない楽器の練習は極力明るい時間に行い、 夜9時頃までに終了させるようにしましょう。 また、風鈴の音色は好みがわかれます。 1つなら良くても大量になると問題ですし、1つでも風が強い日は出さない、普段でも暗くなったら家の中に入れるなどの心遣いが必要です。 3.生活音 キッチンやバスルームの給排水、ドアの開閉音、足音、イスやテーブルを動かす音など。 これは音を完全に消せませんし、悪意がないことがほとんどなので、厄介です。 キッチンやバスルームを使うのは 夜中の0時を目安とし、多すぎる給排水は騒音が出やすいので、注意します。 玄関ドアだけでなく、部屋の間仕切りのドア、クローゼットのドアも常に丁寧に扱い、自分の手で閉める習慣を付けましょう。 足音やイスをテーブルを動かす音も意外と下の階に響きます。 カーペットを敷いたり、イスやテーブルの脚用のクッションを使うことで、音も響きませんし、床にキズが付きにくくなります。 4.話し声、笑い声、泣き声、子供の騒ぐ声 こちらもゼロには出来ない上、当人たちに騒音の意識がないことが多いので、厄介です。 夜遅くに窓を開けたままだと、思いのほか声が遠くまで聞こえます。 暗くなったら窓を閉める、声の大きさにも注意します。 子供の騒ぐ声や音は日頃から交流があると不快に感じにくいです。 日頃から、隣や下の階の人に 「 子供がおります。 ご迷惑おかけしていませんか?」 と声を掛け、子供には、 「 騒ぐなら公園で、暗くなったら静かに過ごす」 ということを教えましょう。 5.車の音 必要以上のアイドリングや空ぶかし、クラクションの音などです。 言うまでもなく、夜間の住宅街では短時間の駐停車であっても、車のエンジンは切るようにしましょう。 以上のことを考えると、警察を呼んで構わない騒音問題とは下記2点に限られるでしょう。 1.事件性が疑われる 怒鳴り声や悲鳴などは、ケンカや虐待などの事件性が疑われますので、110番通報します。 2.常識を激しく超えている 騒音の音量がテレビが聞こえないほど、会話が成り立たない程の大きさである場合や、騒音が深夜や早朝などの場合も110番通報して構いません。 110番通報すると必ず警察官が出動します。 事件性がなければ、警察は民事不介入ですが、警察が来て注意を促すことで、騒音の発生源の人に対して抑制力はあります。 また、警察出動の記録が残りますので、度重なれば、マンションの管理会社も対応を考慮することになるでしょう。 「生活音が気になるから」といった、軽い気持ちで警察を呼んではいけませんが、あまりに常識を超えた迷惑行為の場合や、事件性が疑われる時は警察への通報を検討しましょう。 スポンサードリンク マンションの騒音の苦情は直接言いに行かないこと! マンションの騒音の苦情は 直接言いに行かないことが鉄則です。 騒音の発生源の人はその自覚がないので、逆恨みされてしまうこともあります。 被害にあっている人も長期間騒音にさらされることで、精神の安定を保つことが難しくなり、「あの人が私に嫌がらせをしている」「わざとやっている」などと思い込みがちです。 騒音問題をきっかけに傷害事件に発展したケースがたくさんありますので、苦情を直接言いに行ってはいけません。 加害者が逆恨みすることも、被害者が冷静さを失うこともあります。 苦情を口頭で言うのも、メモを置くのも、壁ドンや天井を叩くのもNGです。 事件性が疑われる場合や、常識から激しく外れている場合以外は管理人や管理会社などから言ってもらいましょう。 それでも騒音が収まらない場合は、繰り返し管理人や管理会社に連絡して構いません。 今すぐできるマンションの騒音対処法 マンションの騒音問題は、 誰もが加害者にも被害者にもなりうるところが厄介なところです。 騒音問題の加害者にも被害者にもならないために、すぐできる対処法をご紹介しましょう。 1.カーペットを敷く フローリングは人気がありますが、足音が響きやすいです。 スリッパではよけいに足音が響いてしまうので、カーペットを敷きます。 子供部屋の場合はコルクマットでもいいですね。 楽天で購入 私は騒音が気になる時は、よくクラシックをイヤホンで聞きながら寝ます。 話し声がボソボソ聞こえる程度でしたら、割と気にならなくなりますよ。 まとめ マンションの騒音問題は、加害者側にその自覚がないことが多いので、苦情を言うと思わぬトラブルになってしまうことがあるため、直接クレームを言いに行かないのが鉄則です。 事件性が疑われる場合と、常識から激しく外れている場合は110番通報します。 それ以外の生活音などは、管理人や管理会社に言って、注意喚起してもらうと良いでしょう。 騒音問題は誰もが加害者にも被害者にもなりうるので、十分に注意が必要です。 基本的には「暗くなったら静かにする」を心掛けると良いでしょう。

次の

マンションの騒音で警察を呼んだ方はいますか?

マンション 騒音 警察

何分ほどで到着するか• 応答しなくてもいいのでオートロックだけ開けてもらえるか このとき、 「なんで直接発生源の部屋のインターホン鳴らさないんだ?」と思いましたが、もしかすると 通報者の間違った連絡を防止するためかもしれません。 警官到着 数十分後・・・ 「ピンポーン」 確認してみると、 2人も警官が来られていました。 無言でオートロックを開けると、入って来て隣の部屋のインターホンを鳴らします。 深夜にオートロック突破して、玄関の前に警官立ってたらめっちゃ怖いやん・・・ と他人事ながら思っていましたねw しばらくすると注意する声が聞こえ、 騒音が消えました! これで、やっと眠れますね! まとめ 今回は発生源が明らかな騒音であり、眠れないほどひどい状況でしたので、通報して対応して頂きましたが、 基本的には管理会社へ連絡しましょう。 また、 決して自分が直接言いに行くのはやめたほうがいいです。 今回警官の方が2人も来られていたので、 騒音問題に対して、何か2人じゃないと対応できないことが起こりえるということかもしれません。 通報したことで、あらためて状況の重さを認識しました。 イライラするのはとてもよく分かりますが、 近隣トラブルになったほうが厄介です。 壁ドンしそうになる手を止めて、落ち着いて対応するのがいいですね!.

次の

マンション騒音の苦情について。警察に通報するのはやりすぎ?

マンション 騒音 警察

騒音問題はなぜ起こるのか? 騒音問題の一番の原因は 【育った環境の違い】です。 小さい頃にどのような環境で育ってきたのか?によって、本人は気付かずに騒音を発生させている事があります。 という環境で育った人は、 高い確率で騒音発生源になる可能性があります。 しかも本人は「他人が迷惑に思ってる」なんて事を微塵も感じてないため 『たまたまだろうから、少し経てば改善されるかな』 なんて甘い考えはやめましょう。 ボクや妻のように我慢すると体調にかなりの悪影響があります。 このエントリーやネットの情報を参考に我慢せずに行動してください。 騒音問題の経緯 今回ボクが経験した騒音問題は以下のような内容でした。 上階から足音と物を落とす音が出てくる• 23時くらいに大人数でどんちゃん騒ぎが数日続く• 明け方に窓全開のまま大音量で音楽を聞く• 上階からゴミがベランダに降ってくる• 1日中上階から足音や物音がする• 突然大声で騒ぎ出す ボクは仕事の為に半日以上家を出ているのでまだ良いですが、妻は常に上階から音がする状態で過ごしていました。 気が休まる時間もないため精神的にも追い込まれた状態になります。 二人で買い物に出掛けて帰ってくると愛猫が攻撃的になってる。 なんて事もありました。 原因はやはりいきなり大声が聞こえるため、威嚇のために攻撃的になってました。 そんな状態になってしまうので二人で出掛ける事も出来なくなってきました。 騒音問題の対策 おすすめしない騒音対策 騒音対策のために下記の事をしましたがあまり効果がありませんでした。 仲介業者への連絡• うるさくなったら自宅の窓を強めに閉める• 天井を突っつく• 出かける際に上階を睨む• 上階への直接クレーム 【 仲介業者への連絡】は、業者による対応の違いがあるため一概には言えないかもしれません。 ボクの場合は、仲介業者に連絡して、待てど暮らせど返答も改善もない。 という事が2回あり諦めました。 業者によっては、直ぐにオーナーに連絡して対応をしてくれるかもしれません。 ただし仲介業者は、住居の紹介をするのが仕事なため、その先のクレーム対応については本腰を入れて対応する事が少ないようです。 (報酬がないので当たり前ですね。 ) また【 うるさくなったら自宅の窓を強めに閉める】と【 天井を突っつく】は、逆にあなたが騒音発生源になる可能性があるためおすすめしません。 最後の【 上階への直接クレーム】については、警察に 『危ないので絶対にやめてください』と警告されました。 特にどんな人が住んでいるのか分からない場合は、特に注意が必要です。 あなたが腕っぷしに自信があってもおすすめしません。 あなたがいない時にご家族に危害を加えられる恐れがあります。 騒音を注意された事に激情して住人を殺害。 なんてニュースが報道される世の中になっているので本当にやめた方が良いです。 必ず実施したい騒音対策 もし騒音に悩まれてるなら、我慢せずにこれからご紹介する事を実施してみてください。 管理会社への連絡• オーナーへの連絡• 警察への相談• 上階の会社か学校に通報 基本は【 管理会社への連絡】【 オーナーへの連絡】【 警察への相談】の3つです。 まず実施したいのは【 管理会社への連絡】です。 ただしあなたのマンションに管理会社が入っていない場合は【 オーナーへの連絡】となります。 ボクのマンションは、騒音が発生した当初管理会社が入っていませんでした。 ですので、仲介業者経由で【 オーナーへの連絡】をお願いしました。 これがあまりにも時間がかかり、ほとんど意味のない行動でした。 騒音が継続的で改善が見られない場合は【 オーナーへの連絡】と同時進行で【 警察への相談】も検討してください。 警察は地域によって対応がまちまちのようですが、注意のために出動してくれる事が多いようです。 騒音による警察への通報方法 正直 「騒音で警察へ通報して良いのか?」とすごく悩みました。 ただ通報して対応していただき騒音の改善は絶大でした。 しかも警察の対応していただき判明した上階の居住人数が 10名でした。 10人で住んでいれば常に音がなっているのも納得ですし、飲み会が始まれば大声で騒ぐのもうなずけます。 そんな騒音源の情報をプライバシーの侵害にならない程度に知ることもできます。 という事で、警察へ連絡するとどのような対応になるかご紹介します。 まず[110番]に電話すると以下のような流れになります。 『はい。 110番です。 派遣させます。 』 このような流れで対応してくれます。 ちなみに絶対にあなたの身元を知られたくない場合は、公衆電話から電話するのが良いと思います。 またマンションがオートロックなどの場合は、あなたがオートロックを開けた方が確実に騒音源へ訪問してくれるので良いかもしれません。 初めての110番で緊張や怖くて声が震えていても、オペレータの方は慣れているので優しく丁寧に対応してくれます。 上階の会社か学校に通報する この方法は相手の個人情報をある程度知る必要があるため、個人で実施するのはなかなかハードルが高いです。 これは管理会社が入っていて、管理会社に対応をお願いしている上での最終手段です。 管理会社が直接注意していてもなかなか直らない場合は、管理会社にお願いして上階へ通達してもらうのが良いです。 これは他ブログで紹介されていましたが、効果は絶大だそうです。 やはり誰もが会社や学校には知られたくないと考えていますからね。 騒音問題を解決するまとめ 騒音は人間が生活している以上、必ず起こり得る問題です。 しかも一度気になるとその音だけがよく聞こえるようになり、最悪の場合は不眠などの症状が出てきます。 我慢し過ぎると良いことはないです。 まず一度注意してもらい相手に「その音は不愉快な音です」という事を認識してもらいましょう。 普通の日本人の場合は、それだけでも改善される事が大いにあります。 まずは家族や友人に相談する事でも良いです。 一人で悩まずに誰かに相談してみてください。

次の