ぱせり。 パセリ伝説

栄養豊富なパセリの育て方!種から苗を育てるコツとは?

ぱせり

通常は、生の葉を料理に利用しますが、乾燥した葉や、粉砕した種子を用いることもあります。 添え物としての 使われ方が多いですが、葉先をちぎってレタスなどの野菜と組み合わせてサラダにすると、美味しくたくさんの量を食べることができます。 古代エジプトでは食用にされていましたが、古代ギリシャでは家畜のエサとされていたようです。 古代ギリシャ・ローマ時代には儀式用にも用いられており、華やかな席では出席者が首に新鮮なパセリの束を花環のようにかけて、その香りを楽しんだそうです。 その後、ローマ人がパセリを食べるようになり9世紀になるとフランスに伝わり、ドイツやイギリスなどに広がりました。 パセリがヨーロッパ全土で栽培されるようになったのは17世紀頃で、日本には18世紀末にオランダ船により長崎に持ち込まれたことがきっかけで広まりました。 しかし、料理の彩りとして利用されることが多く、食用とはされませんでした。 この傾向は現在も続いており、日本で一般的に食べられているモスカレードパセリも、やや歯ごたえが硬いことから料理の彩りとして用いられることが多くなっています。 <根パセリ> ハンブルグパセリ(Hamburg Parsley) ターニップ・ルーテッド・パセリとも呼ばれます。 にんじんのような見た目をしており、スライスしてスープなどにして食べます。 葉を食用とするものよりも香りが優しく、食べやすいといわれています。 日本国内ではまだあまり普及していません。 <葉を食用とするパセリ> 日本でパセリといえば、葉の縮れた種類(縮葉種)が主流ですが、原産地である地中海沿岸では、真っすぐな葉の種類(平葉種)のパセリが一般的です。 葉を食用とするパセリには、日本でおなじみの葉の縮れたものやイタリアンパセリなど、大きく3つの種類に分類されます。 ・モスカールドパセリ(Moss Curled Parsley) 日本で最も知られている葉の縮れたパセリです。 主に小葉や小葉に近い細い部分の葉柄が食べられます。 ・イタリアンパセリ(Plain Leaved Parsley) フレンチパセリとも呼ばれています。 モスカールドパセリと異なり葉が真っすぐですが、葉以外はモスカールドパセリとよく似ています。 現在では日本にも普及しており、目にする機会が増えてきました。 モスカールドパセリ同様、小葉や小葉に近い細い部分の葉柄が食べられます。 味もモスカールドパセリとほとんど同じですが、葉の形状が違う分、食感が異なります。 ・ナポリタンパセリ(Neopolitan Parsley) 葉柄の部分が大きなパセリです。 セロリと同じように葉柄の部分を食べます。 暑さや乾燥に弱いため、ポリ袋などに入れるか、水にさして冷蔵庫に入れておくと長持ちします。 使い切れなかったパセリは、みじん切りにして乾燥させるか冷凍して保存すると長持ちします。 キッチンペーパーの上にパセリを広げて、電子レンジで乾燥させると簡単につくることができます。 よく目にする瓶入りの乾燥パセリも常温では変色しやすいので、冷蔵庫や冷凍庫で保存すると色が長持ちします。 特に春のパセリは香りが高く、葉がやわらかく良質です。 夏場になると、葉の縮れが大きくなり、硬く苦みの強いものが出回るようになります。 その独特の香りのため、よい口直しにもなりますので、ニンニクなど匂いの強いものを食べた後などに口にするのもおすすめです。 そのため、サラダにパセリを少量加えるだけで、そのサラダが栄養バランスのとれたものになります。 また、悪玉(LDL)コレステロールから体を守ってくれる葉緑素(クロロフィル)も多く含まれています。 その他、アピオールという芳香成分も含まれており、食中毒の予防や、口臭の防止効果があるといわれています。 また、パセリに含まれるフラボノイド類には強力な殺菌作用があるため、料理やお弁当などに添えることで食中毒の予防などに働きます。 には体内の活性酸素を除去する働きがあり、血中の脂質の酸化を防ぎ血管を若々しく保ってくれるため、動脈硬化の改善や予防に効果を発揮するといわれています。 また、パセリの緑色は、カロテンの黄色と葉緑素の色素であるクロロフィルの緑色が合わさったものです。 クロロフィルは血液中の悪玉(LDL)コレステロールを強力に低下させ、同時に善玉(HDL)コレステロールを増やすため血液がサラサラになり、動脈硬化の予防に効果的です。 食塩の過剰な摂取などによりナトリウムが血中に多く存在すると、体内で水分の移動が正常に行われなくなり、高血圧を引き起こします。 パセリに含まれるカリウムには、余分なナトリウムを体外に排出する働きを持ち、また余計な水分を外に出す利尿作用を持つことも報告されており、血圧を下げ高血圧を予防する効果が期待できます。 パセリは様々な栄養素が一度に補えるため、生活習慣病の予防に適した野菜であると考えられています。 また、パセリの芳香成分であるアピオールには、食欲を増進させる働きがあり、夏バテなどに効果的であるといわれています。 他にも、パセリに含まれているビタミンCがコラーゲンの生成を促進し肌のハリが保たれることにより、シワの予防や改善にも役立ちます。 様々な栄養素の相乗効果により、パセリには美肌を導く効果があるといわれています。 ヘモグロビンは、呼吸をした際に肺に取り込まれた酸素を全身の組織に供給する役割を果たしています。 ヘモグロビンの量が減ると、細胞に供給される酸素が不足します。 このため、顔が青白くなる、少し動いただけでも息切れがする、動悸が起こる、疲れやすくなる、立ちくらみがするなどの症状が起こります。 パセリはヘモグロビンの材料となる鉄に加え、鉄の吸収を高めるビタミンCを豊富に含んでいるため、貧血の予防・改善に適した野菜であるといわれています。 また、パセリの色素である葉緑素にも強力な消臭効果があります。 また、パセリには体を温める働きもあり、冷えが原因のむくみにも効果を発揮します。 また腸の痙攣を抑える働きもあるため、痙攣性下痢の緩和にも役立つと報告されています。 この働きにより、腸の働きを整える効果があります。 体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 メラニン色素の蓄積によってシミは形成されます。 腎臓での水分再吸収を抑制することで、余計な水分を外に出す利尿効果を持つことがわかりました。 【2】パセリにはフロクマリンが含まれています。 フロクマリンは病原性大腸菌などに対する抗菌効果を持っており、パセリは抗菌作用を持つと示唆されています。 【4】ラットより摘出した回腸にパセリ抽出物を投与したところ、腸の痙攣を和らげる鎮痙効果が見られました。 痙攣性下痢の予防に役立つなど、パセリには腸の健康を維持する効果が示唆されました。 参考文献 ・田中平三 健康食品のすべて-ナチュラルメディシンデータベース- 同文書院 ・池上保子 おいしく食べて健康に効く目で見る食材便利ノート 永岡書店 ・本多京子 食の医学館 小学館•

次の

[パセリ&バジルの保存]冷蔵と冷凍のコツを覚えて使いきる!

ぱせり

日の当て具合で、葉のかたさが変わる• 水切れに注意する• そのままにしておくと株が弱って出てくる葉っぱの数が少なくなったり、枯れてくることが多いです。 タネを採るのでなければ、花茎は早めに摘んでしまいましょう。 春にタネをまいた場合、とう立ちするのは翌年になります。 二年草扱いで、花後に 花茎を摘んでいても、タネまきからまる一年くらいで 自然に枯れてしまうことも多いですが、これは寿命です。 収穫の注意点 大きくなった葉を外側から順番に使う分だけ収穫します。 一度にたくさん採ってしまうとその後の生育が弱るので、最低でも1株当たり10枚くらいの葉っぱを残しましょう。 そうやって元気に生長できるだけの葉っぱは残すことで、定期的に収穫することができます。 夏場はどうしても葉が固くなりやすいので、やや若いうちに採って、新しい葉を出させるようにしてもよいでしょう。 葉が茂りすぎて風通しが悪くなると、株が蒸れて外側から黄色く枯れます。 葉が混み合ってるなと感じた場合は、通風も兼ねてちょこちょこ収穫してあげればよいです。 日当たり・置き場所 日当たり~明るい日陰で育ちます。 ただし、あまり日当たりが悪いと間延びするので気をつけましょう。 よく日に当てると葉は色が濃くて固めになり、明るい日陰だと軟らかな感じになるので、好みで日当たりを工夫してもよいでしょう。 真夏は日射しが強すぎるで、明るい日陰のほうがよいです。 耐寒性はおおむね強いほうです(霜や北風に当たると葉が傷むことがあります)。 鉢植えは、霜のあたらないベランダや軒下に置くとよいでしょう。 地植えは地面が凍結する恐れがある場合、腐葉土などで土の表面を覆ってやるか、防寒用のネットをかけます。 水やりと肥料 やや乾燥に弱い植物なので、春から秋にかけての生育期間中はひどく乾かさないようにしましょう。 土の表面が乾きかけたらたっぷり水を与えます。 水が滞留している環境では株元から腐ることがあるので、土の水はけを考えることも大切です。 冬は生育が鈍るので水やり回数を控えめにします。 次々と葉が出て生長していくので生育期間中は肥料を切らさないようにします。 植え付ける際はゆっくりと効き目がでてくる肥料をあらかじめ土の中に混ぜます。 追肥は生育を見ながら液体肥料を与えるようにします。 冬は与える必要ありません。 適した土 鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使います。 庭植えは植え付ける前に石灰をよく混ぜ込んで酸性を中和します。 パセリは酸性の土壌では育ちにくいからです。 また、水はけの悪い土壌では上手く育たないので注意しましょう。 特に粘土質の土壌は苦手で、腐葉土や砂などを混ぜ込んで改良する必要があります。 植え替え・植え付け 苗から育てる場合、植え付けの適期は4月~5月、9月~10月です。 複数株植え付ける場合、30cm間隔で植えます。 パセリは直根性といって太い根があまり枝分かれしない性質を持っています。 苗が小さいときはまだよいのですが、大きく生長した苗は根が切れてしまうとなかなか根付きにくいです。 苗を扱う際は、根を傷めないよう周りの土を崩さずに植え付けます。 ふやし方 タネをまいて育てます。 タネはまく一晩前に水につけておきます。 パセリは発芽に光が必要(好光性種子)ですが、土をかぶせないとタネが乾いてしまうので薄め 2mm程度 にとどめておきます。 かかりやすい病害虫 病気:軟腐病 害虫:ヨトウムシ、キアゲハ(幼虫) 軟腐病は多湿状態で発生しやすい病気です。 水はけのよい用途で植えて、こまめに葉を収穫して風通しをよくして、発生しない環境を作りましょう。 ヨトウムシは葉や茎を食べてしまいます。 夜行性で昼は土の中に潜んでいます。 株元の表面を軽く掘り起こすと見つかる場合があります。 早めに発見しないと株が丸坊主にされます。 キアゲハはセリ科の植物につきやすい害虫で葉を食害します。 見つけ次第捕まえましょう。 関連する植物•

次の

【イタリアンパセリの育て方】栽培のポイントや保存、収穫の時期と方法は?

ぱせり

通常は、生の葉を料理に利用しますが、乾燥した葉や、粉砕した種子を用いることもあります。 添え物としての 使われ方が多いですが、葉先をちぎってレタスなどの野菜と組み合わせてサラダにすると、美味しくたくさんの量を食べることができます。 古代エジプトでは食用にされていましたが、古代ギリシャでは家畜のエサとされていたようです。 古代ギリシャ・ローマ時代には儀式用にも用いられており、華やかな席では出席者が首に新鮮なパセリの束を花環のようにかけて、その香りを楽しんだそうです。 その後、ローマ人がパセリを食べるようになり9世紀になるとフランスに伝わり、ドイツやイギリスなどに広がりました。 パセリがヨーロッパ全土で栽培されるようになったのは17世紀頃で、日本には18世紀末にオランダ船により長崎に持ち込まれたことがきっかけで広まりました。 しかし、料理の彩りとして利用されることが多く、食用とはされませんでした。 この傾向は現在も続いており、日本で一般的に食べられているモスカレードパセリも、やや歯ごたえが硬いことから料理の彩りとして用いられることが多くなっています。 <根パセリ> ハンブルグパセリ(Hamburg Parsley) ターニップ・ルーテッド・パセリとも呼ばれます。 にんじんのような見た目をしており、スライスしてスープなどにして食べます。 葉を食用とするものよりも香りが優しく、食べやすいといわれています。 日本国内ではまだあまり普及していません。 <葉を食用とするパセリ> 日本でパセリといえば、葉の縮れた種類(縮葉種)が主流ですが、原産地である地中海沿岸では、真っすぐな葉の種類(平葉種)のパセリが一般的です。 葉を食用とするパセリには、日本でおなじみの葉の縮れたものやイタリアンパセリなど、大きく3つの種類に分類されます。 ・モスカールドパセリ(Moss Curled Parsley) 日本で最も知られている葉の縮れたパセリです。 主に小葉や小葉に近い細い部分の葉柄が食べられます。 ・イタリアンパセリ(Plain Leaved Parsley) フレンチパセリとも呼ばれています。 モスカールドパセリと異なり葉が真っすぐですが、葉以外はモスカールドパセリとよく似ています。 現在では日本にも普及しており、目にする機会が増えてきました。 モスカールドパセリ同様、小葉や小葉に近い細い部分の葉柄が食べられます。 味もモスカールドパセリとほとんど同じですが、葉の形状が違う分、食感が異なります。 ・ナポリタンパセリ(Neopolitan Parsley) 葉柄の部分が大きなパセリです。 セロリと同じように葉柄の部分を食べます。 暑さや乾燥に弱いため、ポリ袋などに入れるか、水にさして冷蔵庫に入れておくと長持ちします。 使い切れなかったパセリは、みじん切りにして乾燥させるか冷凍して保存すると長持ちします。 キッチンペーパーの上にパセリを広げて、電子レンジで乾燥させると簡単につくることができます。 よく目にする瓶入りの乾燥パセリも常温では変色しやすいので、冷蔵庫や冷凍庫で保存すると色が長持ちします。 特に春のパセリは香りが高く、葉がやわらかく良質です。 夏場になると、葉の縮れが大きくなり、硬く苦みの強いものが出回るようになります。 その独特の香りのため、よい口直しにもなりますので、ニンニクなど匂いの強いものを食べた後などに口にするのもおすすめです。 そのため、サラダにパセリを少量加えるだけで、そのサラダが栄養バランスのとれたものになります。 また、悪玉(LDL)コレステロールから体を守ってくれる葉緑素(クロロフィル)も多く含まれています。 その他、アピオールという芳香成分も含まれており、食中毒の予防や、口臭の防止効果があるといわれています。 また、パセリに含まれるフラボノイド類には強力な殺菌作用があるため、料理やお弁当などに添えることで食中毒の予防などに働きます。 には体内の活性酸素を除去する働きがあり、血中の脂質の酸化を防ぎ血管を若々しく保ってくれるため、動脈硬化の改善や予防に効果を発揮するといわれています。 また、パセリの緑色は、カロテンの黄色と葉緑素の色素であるクロロフィルの緑色が合わさったものです。 クロロフィルは血液中の悪玉(LDL)コレステロールを強力に低下させ、同時に善玉(HDL)コレステロールを増やすため血液がサラサラになり、動脈硬化の予防に効果的です。 食塩の過剰な摂取などによりナトリウムが血中に多く存在すると、体内で水分の移動が正常に行われなくなり、高血圧を引き起こします。 パセリに含まれるカリウムには、余分なナトリウムを体外に排出する働きを持ち、また余計な水分を外に出す利尿作用を持つことも報告されており、血圧を下げ高血圧を予防する効果が期待できます。 パセリは様々な栄養素が一度に補えるため、生活習慣病の予防に適した野菜であると考えられています。 また、パセリの芳香成分であるアピオールには、食欲を増進させる働きがあり、夏バテなどに効果的であるといわれています。 他にも、パセリに含まれているビタミンCがコラーゲンの生成を促進し肌のハリが保たれることにより、シワの予防や改善にも役立ちます。 様々な栄養素の相乗効果により、パセリには美肌を導く効果があるといわれています。 ヘモグロビンは、呼吸をした際に肺に取り込まれた酸素を全身の組織に供給する役割を果たしています。 ヘモグロビンの量が減ると、細胞に供給される酸素が不足します。 このため、顔が青白くなる、少し動いただけでも息切れがする、動悸が起こる、疲れやすくなる、立ちくらみがするなどの症状が起こります。 パセリはヘモグロビンの材料となる鉄に加え、鉄の吸収を高めるビタミンCを豊富に含んでいるため、貧血の予防・改善に適した野菜であるといわれています。 また、パセリの色素である葉緑素にも強力な消臭効果があります。 また、パセリには体を温める働きもあり、冷えが原因のむくみにも効果を発揮します。 また腸の痙攣を抑える働きもあるため、痙攣性下痢の緩和にも役立つと報告されています。 この働きにより、腸の働きを整える効果があります。 体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 メラニン色素の蓄積によってシミは形成されます。 腎臓での水分再吸収を抑制することで、余計な水分を外に出す利尿効果を持つことがわかりました。 【2】パセリにはフロクマリンが含まれています。 フロクマリンは病原性大腸菌などに対する抗菌効果を持っており、パセリは抗菌作用を持つと示唆されています。 【4】ラットより摘出した回腸にパセリ抽出物を投与したところ、腸の痙攣を和らげる鎮痙効果が見られました。 痙攣性下痢の予防に役立つなど、パセリには腸の健康を維持する効果が示唆されました。 参考文献 ・田中平三 健康食品のすべて-ナチュラルメディシンデータベース- 同文書院 ・池上保子 おいしく食べて健康に効く目で見る食材便利ノート 永岡書店 ・本多京子 食の医学館 小学館•

次の