頚椎 椎間板 ヘルニア 手術。 その症状、頚椎椎間板ヘルニアかも?原因と対処・治療法を画像でわかりやすく解説!

全ての頚椎症(頸椎症)の方に知っていただきたい事

頚椎 椎間板 ヘルニア 手術

Contents• 首に起こるヘルニア。 頚椎椎間板ヘルニアとは? 椎間板ヘルニアとは、背骨のクッション部分にあたる 『椎間板』が潰れて飛び出してしまい、その先にある神経を圧迫・損傷させてしまう病気です。 椎間板ヘルニアについて詳しくは以下の記事で解説しています。 腰部分の椎間板に起こるのがわりと一般的ですが、今回解説するのは 『頚椎 (けいつい) 椎間板ヘルニア』。 首部分に起こってしまうヘルニアです。 この記事では、首にヘルニアが起こるとどんな症状が現れるのか?何が原因で、現在の医療現場ではどんな対処・治療がおこなわれているのか?を詳しく解説しています! 1.頚椎ヘルニアのおもな原因 頚椎に限らず、 ヘルニアの原因はひとえに「椎間板に重すぎる負荷をかけ続けてしまう」ことです。 具体的な原因として挙げられるのは大きく分けて4つです。 姿勢の悪さ• スポーツ• 交通事故やケガ• 加齢による骨の老化 やはりまず挙げられるのは 姿勢の悪さ。 一見ラクに感じてしまう 猫背ですが、じつは首にかかる負担は、まっすぐ立った時に対して 約3倍に増えるんです!ただでさえ人間の頭はスイカ1個分の重さ(6kgほど)ありますから、猫背の状態では 20kg近くの負荷がかかっていることになります。 猫背になりがちなデスクワークのときには1時間に1回は休憩をして、首を休ませてあげましょう。 スポーツが原因というのもよく見られます。 体をひねる水泳やゴルフ、格闘技やテニスなどのハードなスポーツに多いですね。 そのなかでも特に、プロレスラーには高い確率で頚椎ヘルニアが起こります。 職業病とも言え、プロレスラーは予防のため首を徹底的に鍛えるそうです。 ほか、交通事故やケガによって椎間板を痛めるケースもあります。 また 加齢による骨の老化も原因となり、頚椎ヘルニアの患者で 1番多い年代は50〜60代の中高年なんです。 ちなみに、これに対して腰のヘルニアは30代の若い年代に多いんです。 2.症状と治療法 じっさい頚椎ヘルニアになってしまうと、どんな症状として現れてくるのでしょうか。 これは、 ヘルニアが神経のどの部分にダメージを与えているか?によって大きく2種類の症状に分けられます。 その1. 片側の手や肩に痛み・しびれが起こる〜【神経根症】 背骨を走る神経からは、左右に枝のように伸びている部分があるのですが、これを 神経根と呼びます。 そして、ヘルニアがこの神経根の部分を圧迫してしまうことで起こる症状を、そのまま神経根症というんですね。 どんな症状か? 左右片方の手や肩部分に、強い痛みやしびれが起きるのが特徴。 最初に、寝違いと似た痛みや違和感を感じることが多く、次いで片方の手・肩の広い範囲で強い痛みが出てきます。 以降、鈍痛やしびれが残りますが、数週間から3ヶ月以内にヘルニアが自然と無くなります。 このまま治るケースが9割なんですね。 おもな治療法は保存治療 この神経根症状の場合は 「保存治療」をおこないます。 保存治療とは、ヘルニアは放っておいても自然と消滅するので、それまでのあいだ安静にしたり温めたり、また牽引や薬物治療などにより症状を和らげよう。 というものです。 しかし、 症状を和らげることは筋肉をリラックスさせ、血行を促し治癒を早めるという、れっきとした治療効果を発揮してくれるんです。 とくにはその最たるもの。 首に限らず、 今やヘルニア治療の9割はこの保存治療で治ると言われています。 頚椎ヘルニアの必須アイテム『頚椎カラー』 保存治療のとき、必ず使われるのがこの 『頚椎カラー』です。 言わば コルセットで、首を固定して負担を軽減してくれます。 Yoshikiさん yoshikiofficial が投稿した写真 — 2016 3月 6 5:39午前 PST 首のヘルニアになった臭いのでこれからYoshikiさんのマネするわ。 — DAKEY inoutdakey 激しいパフォーマンスが原因で頚椎ヘルニアになった、XJAPAN YOSHIKIさんもご愛用(笑)。 この頚椎カラー、保存治療のときや手術をおこなったあとなど、頚椎ヘルニア治療のさいにはとても強い味方になります。 ただ、 気をつけたいのは着ける期間。 漫然と着けていると、首の筋肉が衰えかえって治療に時間がかかる原因にもなってしまうんです。 約4〜8週間のケースが多いですが、医師の指導のもと適切な期間着用することが大切ですね。 カラーの装着に併せて、消炎剤や筋弛緩剤などで症状を抑えます。 また、しびれにはビタミンB剤。 ほかに牽引や温熱療法などをおこない、症状を和らげているうちにヘルニアが自然と消滅しています。 これが神経根症のときにおこなわれる保存治療です。 8〜9割がこの療法で治りますが、数ヶ月おこなって改善が見られない場合や痛みがあまりにも強い場合には、手術を検討します。 『前方除圧固定術』という手術法で、このあと詳しく解説しています。 その2. 運動障害が起こる〜【脊髄症】 神経根が枝だとしたら、脊髄は幹の部分。 さまざまな神経が束になっているところです。 そしてこの脊髄部分をヘルニアが圧迫してしまい起こる症状を 『脊髄症( せきずいしょう)』と呼びます。 どんな症状か? こちらも、手足のしびれや痛みがまずありますが、 神経根症と違うのは左右両側に現れるということです。 これは脊髄が、全身に張り巡らされた神経の中心部だからなのですが、そのため他にもさまざまな症状として現れます。 1番多いのは手足の運動障害です。 具体的には、• 歩きづらい• 足がつっぱる• さらには便秘や失禁などの、後頭部の痛みや首〜背中のコリがよく見られます。 治療の流れ 運動障害が出てしまったら手術が必要です。 そのほかの症状で程度が軽いときは、まずは3ヶ月保存療法をおこなって様子を見ます。 そして改善が見られなかったとき、または痛みや症状が強いときには手術を考えることになります。 3.頚椎ヘルニアの手術について 保存治療を数ヶ月おこなっても改善が見られなかったとき、または運動障害などの脊髄症状が現れてしまったときには、手術を検討します。 手術の方法が腰とは違うだけでなんですが、じゃあ頚椎ヘルニアの手術はどんな方法で行われるのか? 代表的なものは2種類の手術法に分けられるので、それぞれご紹介します。 手術法その1:前方除圧固定術 (ぜんぽうじょあつこていじゅつ) 全身麻酔のもと、首の前側を5cmほど切開。 ヘルニアになっている椎間板すべてと骨の一部を取り除きます。 これでもちろん神経を圧迫することはなくなりますが、 取り除いたあとが空洞になってしまうため、ここを補強しなければいけません。 患者さん自身の腸骨 骨盤の一部 を移植したり、チタン製の医療器具 ケージといいます などを入れ込み固定します。 手術後は翌日から起き上がることができます。 頚椎カラーを約3週間着用。 骨を採った腰にも痛みがありますから、歩くときには数日のあいだ歩行器を使います。 10〜14日ほど入院したのち、経過チェックの通院を2〜3週間に1回、3ヶ月ほど続けます。 神経根症にて、保存治療で改善しないときにおこなわれる手術も、原則この手術法が取り入れられます。 手術法その2:脊柱管拡大術 (せきちゅうかんかくだいじゅつ) 神経の束である脊髄はデリケートですから、管に包まれ保護されています。 この管を 脊柱管と呼ぶんですね。 電気器具のケーブルと一緒です。 電線 神経 を、ゴム 脊柱管 で保護しているのと同じ作り、と考えると分かりやすいですね。 この脊柱管、加齢によって狭くなったり、生まれつき狭い人がいます。 そこでヘルニアになると余計に神経が圧迫されやすく、症状が重くなる原因となってしまうんですね。 この狭くなった脊柱管を人工的に広げて、神経の圧迫を防ぐための手術です。 具体的には、脊柱管を構成している骨 椎弓 に切り込みを入れて、脊柱管を広げます。 そこに人工骨や患者さん自身の骨を入れ込み、広がった状態で固定する手術法です。 こちらが手術法のイメージ。 真ん中から割って広げる 『縦割法 (じゅうかつほう)』と、片側に切り込みを入れてドアを開くように広げる 『片開き法』があります。 術後当日はベッドにて安静。 様子を見て問題がなければ翌日から頚椎カラーを着けて歩くことができます。 10日ほどで退院でき、そのあとは経過チェックのための通院を3ヶ月ほど続けます。 手術のリスクについて 頚椎ヘルニアの手術は神経や、食道やけい動脈といった繊細な部位のすぐそばにメスを入れるものです。 ですから万一、それらを傷つけてしまうリスクがどうしてもついて回ります。 起こりうる合併症 手術が原因で起こる病気・症状 として• 食道やけい動脈の損傷• 感染症• 脊髄の損傷による麻痺• 腕が上に上がらない などが存在します。 手術を検討するときには、しっかりと主治医から合併症のリスクについての説明を受けた上で、十分に納得できるまで話し合うことがとても大切になってきます。 保存治療で治るに越したことはありません。 緩和のため、悪化させないために、普段の生活のなかで気をつけたいことがあります。 基本は 『首の後ろ側を圧迫させない』。 これがキーワードです。 なぜ後ろ側なんでしょう?それはイラストを見てもらうとよく分かります。 椎間板の後ろ側に神経があるからです。 頚椎ヘルニアの人が首の後ろを圧迫するような姿勢、たとえば天井を見上げるような姿勢をとったときの状態がどんなふうになるか?見てみましょう。 よけいにヘルニアが神経に食い込んで、ダメージを深くしてしまうことが想像できます。 というわけで、 頚椎ヘルニアの対処法で1番大切なのは、姿勢です。 心当たりがあったら是非気をつけてあげてください! 猫背 悪い姿勢の代名詞ですが、この猫背のとき首はこんな状態になってます。 背中は丸まっていても、視線は前を向かなくてはいけません。 すると見事に首の後ろ側が圧迫されたポーズが出来上がってしまいます。 枕の高さ 低すぎる枕も、頚椎ヘルニアを発症・悪化させる要因になります。 ためしに極端な例で、枕を使わないで寝ている人の首の状態を見てみましょう。 枕が無いぶん 頭が後ろに倒れすぎて、やっぱりヘルニアを助長させるポーズになってしまいますね。 このため頚椎ヘルニアの人は、 ふだんより高い枕を使ってみることで症状が緩和するケースが多く見られます。

次の

その症状、頚椎椎間板ヘルニアかも?原因と対処・治療法を画像でわかりやすく解説!

頚椎 椎間板 ヘルニア 手術

首ヘルニアの手術とは? 手術の必要性と対象になる症状は? 首のヘルニアである頚椎椎間板ヘルニアは、手術を必要とするケースがあります。 具体的には、重症患者や整骨院などの骨格矯正では効果があまり出ない患者、再発を繰り返す患者です。 重症患者の特徴としては、手足・肩などのしびれや痛み、麻痺などの症状が出てきます。 これは、首の骨と骨の間にある椎間板と呼ばれる部分が飛び出して、骨の周りにある神経を圧迫することで起こる症状です。 早期の治療によって負担を少なくできる 痛みやしびれといった症状が出ている患者は、整骨院などの治療では回復が困難となることが多く、早期治療の観点から手術を提案する医師が少なくありません。 早期に治療ができれば痛みから解放されて、その後の生活の質も安定するので、患者にとって負担が少なくなるのです。 また再発を繰り返したり、整骨院や接骨院などの治療では効果が出なかったりする患者も同様に、根本的な治療を行なうといった理由から手術の提案をすることが多いのです。 もちろん最終的な判断は患者にゆだねられます。 頚椎椎間板ヘルニアは軽度や中等度であれば、手術の必要はありませんが、治療が長引けばそれだけ患者に負担が掛かることになります。 長期間治療を行なっていくのか、早期解決を目指すかは患者次第なのです。 どんな方法があるの? PLDD療法 椎間板ヘルニアの首の対する手術療法の一つ「PLDD療法」は、経皮的レーザー椎間板減圧術と呼ばれています。 DD療法は、針を椎間板ヘルニアの部分に刺し、レーザーファイバーを通して髄核をレーザーで焼きます。 焼かれた髄核に空洞ができることで、痛みの原因となる飛び出したヘルニア髄核が減圧されて引っ込み、症状を軽減。 手術時間は切開手術や内視鏡手術と違い、15分程度です。 安静時間も2時間程度で、他の手術に比べると圧倒的に時間が短縮できます。 入院する必要もありません。 これまでの椎間板ヘルニアの治療法は、入院して切開しなければなかったのですが、PLDD療法は従来のヘルニア治療法を覆す画期的なものと言えます。 切開治療 首は脳に血液を送る大動脈、手足がうまく機能するよう指令を送る脊髄、また首の側面には人体に12ヵ所あるリンパ節のうち2か所が集中しています。 そのため首の背面や、側面からの切開はできません。 切開治療では、唯一切開が可能な喉ぼとけの下方を大きく切り開いて飛び出たヘルニアと椎間板を切除するという、かなり大掛かりな手術が必要になります。 また切開手術は、1回の手術では一か所しか手術をすることができません。 ま切開手術をしてもヘルニアが再発してしまうケースもあります。 その場合は再度、切開を行なわなければなりません。 切開手術は、大がかりな手術になるために現在では比較的メスを入れなくて済む内視鏡を使用した手術も多く行われています。 内視鏡摘出手術 椎間板ヘルニアの首に対する手術療法の中でPLDD療法に次いで傷跡が小さいとされるのが内視鏡摘出手術です。 手術をする時は全身麻酔を施した後、うつ伏せになり、ヘルニアがあるとされる部分を2cmほど切開。 切開した部分から器具を入れ、筋肉を切らないように注意を払いつつ施術が行われます。 場合によっては骨を削るリューターを使うこともあるようです。 ヘルニア用の器具を使いヘルニアを切除して、縫合するまでの時間は、おおよそ50分。 その後に必要な安静期間が最低4日と比較的短いのが特徴です。 内視鏡手術は繊細な指先のテクニックを必要とする術のため、医師の腕によって結果が異なる場合があります。 まとめ 頚椎椎間板ヘルニアの首に対する治療は「PLDD手術」「切開手術」「内視鏡摘出手術」の3種類です。 切開手術は、喉仏の前方から大きく切開をしなければならず、体への負担が大きい手術です。 また、首ヘルニアを再発した場合は、再び切り開く必要があります。 内視鏡摘出手術は、背中からヘルニアを切除するので、切開手術ほど傷口が小さくて済みますが、ヘルニアを切除する際に邪魔になる背骨を削ることもあります。 PLDDは、首を大きく切開する手術をしたり背骨を傷つける可能性のある内視鏡手術とは違い、切ることなく治療ができます。 体への負担を抑えて、不快な症状を改善してくれるでしょう 内視鏡摘出手術は、背中からヘルニアを切除するために、切開手術キズが小さくて済みますが、ヘルニアを切除する際に、邪魔になる背骨を削ることもあります。 首を大きく切開する手術をしたり、背骨を傷つける可能性のある内視鏡手術ではなく、切ることなく短時間で治療ができるPLDDレーザー治療なら切開することなく、短時間で終了することができます。

次の

頸椎ヘルニアの手術で成功確率はどのくらい?

頚椎 椎間板 ヘルニア 手術

椎間板を取り除き、上下の骨を癒合させる方法と髄核のみを取り除く手術です。 こちらでは髄核を取り除く手術について紹介します。 手術の種類 種類 入院期間 保険適用 有効率 創傷の大きさ 内視鏡下手術(MED) 4~7日 あり ~90%未満 1. 手術方法と特徴 こちらの項目では手術の方法と特徴を紹介します。 内視鏡下手術(MED) 内視鏡下で椎間板ヘルニアを取り除く手術です。 小さい切開で済み、術後の痛みが少ないのが特徴。 手術を受けた翌日から歩ける人もいます。 入院期間は約1週間、仕事への復帰や運動ができる期間も従来法に比べて早くなっています。 MEDは内視鏡下腰椎椎間板摘出術とも呼ばれており、1995年にアメリカで開発されました。 手術時間は20~30分程度です。 内視鏡下手術(PED/PELD) 直径7mmの微小内視鏡を使って行なわれる椎間板ヘルニア摘出手術です。 背骨にある筋肉を剥がす範囲が最小で済みます。 MEDに比べて身体へかかる負担が少ないです。 術後の痛みも軽く、2~3日で退院することができます。 早期に日常生活へ戻ることが可能です。 PED(PELD)は経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術とも言います。 手術には全身麻酔を使用。 うつ伏せか横向きの状態で手術が行なわれます。 enSpire法 enSpire法は先端にワイヤーのある針を椎間板へ刺して、ワイヤーで椎間板を広げます。 ワイヤーを開店させて、ヘルニアを砕きながら吸引。 椎間板内に空洞ができるため、ヘルニアを小さくすることができます。 針穴を使う手術のなかで、高い効果があるといわれています。 針の穴程の大きさで、傷跡が目立たず、1泊2日の短期入院で手術を受けることが可能です。 PLDD 近年、ヘルニアの手術として知名度を上げてきているPLDD。 椎間板の中央に空洞のある針を刺して、その空洞の中にガラスファイバーを挿入します。 ガラスファイバーの先端にレーザー光線を照射して、椎間板の中央にある髄核を焼却して圧迫力を下げる手術です。 傷跡は針穴程度で、半日もしくは1泊2日程度の入院期間で済みます。 切開手術(従来法) 外科的手術では、まず背中を5~6cm切開して、椎弓と呼ばれる椎間板を形成する骨から筋肉を剥離。 その後、椎弓の間にある靭帯を切除します。 神経と椎間板ヘルニアの状態を確認して、椎間板ヘルニアを摘出。 他の手術に比べて、大掛かりな手術であり入院期間も約3週間と長くなります。 固定術 神経を圧迫している骨を切除して、症状を緩和することを除圧と呼びます。 除圧をすると圧迫が解消されますが、その分腰椎が不安定になってしまうのです。 この不安定になった脊椎を支えるために、金属で作られたスクリューやプレートを入れて固定する手術があります。 それが固定術です。 金属スクリュー・プレートの代わりに患者さん自身の骨盤から骨をとって移植することもあります。 固定術は骨が完全にくっつくことで長期的に腰椎を安定させることが可能です。 ただし、大掛かりな手術なうえに、骨がくっつくまで術後6ヶ月と長くなってしまいます。 関連記事 動画で分かる!ヘルニアの効果的な治療法 手術は10分足らず!2時間あればその日に退院OK!メスを使わず、最小限の負担で治癒率95%!そんな、常識を覆すようなヘルニア治療があることを知っていますか? 「浪速のブラックジャック」こと、ドクター伊東が語る、おどろきのヘルニア治療とは?ヘルニアに悩む方は要注目です! 腰椎椎間板ヘルニア手術・入院期間・退院の流れ こちらでは腰椎椎間板ヘルニアの手術を受ける場合の手術・入院期間・退院の流れを紹介します。 内視鏡下手術の場合 手術前日(入院1日目)• 術前の準備(飲食は夕食まで、飲水は21時まで) 手術当日(2日目)• ・点滴・注射を打って事前準備• 手術開始(全身麻酔)• 手術完了(病室へ戻る、飲水・飲食禁止) 手術翌日(3日目)• 術後の検査• 飲食可能• ベッドから起き上がること可能 入院期間(4~6日目)• ベッドから起きて散歩可能• リハビリ 退院(7日目)• 検査を受けて問題がなければ退院 従来法の場合 手術前日(入院1日目)• 持参薬の確認• 痛みがある場合は鎮痛剤を使用• 術前検査(レントゲン・心電図・採血など)• 説明指導(入院中の説明、手術内容の説明を受ける) 手術当日(2日目)• レントゲン・採血• 抗生物質の点滴・筋肉注射• 麻酔、手術開始• 手術後、血圧・体温測定、患部の冷却• シャワー・入浴禁止• 食事禁止 手術翌日(3日目)• 必要に応じて点滴• 患部の消毒• コルセットをつける• 食事可能• シャワー可能 入院期間(4~21日)• レントゲン・採血を週1・2回• 必要に応じて検査• 状態に応じてリハビリ レーザー治療 手術当日• 点滴・注射を打って事前準備• ストレッチャーで手術室へ移動• 手術開始(局所麻酔を打つ)• 手術完了(術後3時間はベッドで安静にしておく)• 退院 ヘルニアの手術を受けるケースとは? 基本的に腰椎椎間板ヘルニアの治療は手術をせず、薬物や安静による保存療法が選択されることが多いです。 多くの人の場合、保存療法を受けて1~2ヶ月程で症状の改善が見られることもあります。 しかし、症例によっては緊急を要する場合も。 どのような場合に手術が適用されるのか以下で解説します。 排尿や排便に影響が出ている ヘルニアが大きくなると人によっては頻尿・残尿感・開始遅延などの症状が起こります。 ひどい場合だと尿が全くでなくなってしまう尿閉という症状を発症する人も。 このような場合、一刻も早く手術を受ける必要があります。 脚部に異常がある 足がうまく動かなかったり、痺れがあったり脚部になんらかの異常が見られる場合は、すぐに医師へ相談しましょう。 人によっては手術が必要な場合があります。 足の痺れや動きにくさを放置していると、異常の出ている部分をかばうような体の使い方をするので、筋力低下を招く場合があります。 仕事が忙しくて長く休めない 椎間板ヘルニアの治療は通常の場合、ブロック注射、薬物などの保存療法を行なって経過をみます。 ですが、痛みが強く出ている場合や仕事が忙しくて長期間の休みが取れないという場合に手術が考慮されることも。 きちんと治して、社会復帰したい人には手術がいいかもしれません。

次の