君 が いた 夏。 君が踊る、夏

君が踊る、夏 : 作品情報

君 が いた 夏

概要 [ ] のを舞台に、腎悪性様というと戦いながらもよさこいを踊る実在の少女の話を元にした、難病の少女と奔走する青年たちのヒューマンドラマ。 監督は。 主演は映画初主演となる。 高知市内での撮影では道路封鎖し3日間かけて行われた。 キャッチコピーは「この瞬間を、この想いを、ただ、一生懸命(いちむじん。 地元方言)に! 2010年9月5日にはで、モデルとなった実話の少女についてのドキュメンタリー番組、ABCこども未来プロジェクト『踊らないかんちや! 〜小児がんとの闘い2500日〜』が放送。 全国201スクリーンで公開され、2010年9月11,12日初日2日間で興収4,113万6,900円、動員は3万2,142人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった。 また、初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位と幅広い年齢層で高評価されている。 本編のDVDはに発売。 また、2010年10月に本作のサウンドトラック盤が発売予定とされていたが、いかなる理由か発売中止となった。 ストーリー [ ] かつて、よさこいチーム『いちむじん』で活躍し東京でカメラマンを目指していた新平は、母の入院で5年ぶりに帰郷し高校時代の恋人香織の妹・さくらと出会う。 難病に冒されているさくらは、生きる支えによさこいを踊りたいと願っていた。 さくらの願いを叶えるため香織から事実を打ち明けられた新平は、昔のメンバーとともに『いちむじん』を再結成し練習に励む。 しかし、祭りまであとわずかとなったとき、新平がカメラマンの賞に選ばれた話がくるが、授賞式は祭り当日。 授賞式への欠席は棄権と見なされる。 新平はさくらとの約束をとるか自分の夢をとるか迫られる。 キャスト [ ]• 寺本新平(主人公、カメラマンのアシスタント、『いちむじん』メンバー) -• 野上香織(さくらの姉、『いちむじん』メンバー、新平の恋人) -• 大滝司(新平の親友、『いちむじん』メンバー) -• 石黒智也(新平の先輩アシスタント) -• 高木四郎(プロのカメラマン) -• 野上健一郎(香織とさくらの父) -• 寺本敏江(新平の母) -• 寺本新太郎(新平の父) -• 村木保則(さくらの主治医) -• 大滝園子(司の母、旅館の女将、『いちむじん』の代表) - スタッフ [ ]• 監督 -• エグゼクティブプロデューサー - 岡村道範、• 企画 - 有川俊• プロデューサー - 川田亮、郷田美雄• ライン・プロデューサー - 林周治• 脚本 - 香月秀之、松尾朝子• 音楽 - MOKU• 主題歌 - 「」()• イメージソング - 「」()• 助監督 - 出射均• 撮影 -• 美術 - 福澤勝弘• 装飾 - 大庭信正• 照明 - 堀直之• 録音 - 高野泰雄• 編集 - 大畑英亮• 製作担当 - 小沢禎二• スクリプター・記録 - 久保田民子• キャスティングプロデューサー - 福岡康裕• 音楽プロデューサー - 津島玄一• ゼネラルプロデューサー - 北畠宏康、木下直哉• チーフプロデューサー - 依田正和• 製作委員 - 、町田智子、中井靖治、吉田鏡、荻谷忠男、高田達朗、伊藤裕造、濱幾太郎、柘一郎、北村一明、加藤宏一郎• 製作 - 『君が踊る、夏』製作委員会(、、、朝日放送、、、、、、、、、、、、、、• 特別協力 - 、• 協力 - 高知県観光コンベンション協会、高知市観光協会、よさこい祭復興会、がんの子どもを守る会• 企画協力 - ほにや• 配給 - 書誌情報 [ ]• 原作:「君が踊る、夏」製作委員会、漫画: 『君が踊る、夏』 〈〉、全1巻• 2010年9月24日発売 、• 君が踊る、夏(『』2010年10月号)• 耳に残るは(『ザ マーガレット』2007年6月号)• 目には映れど(『ザ マーガレット』2007年11月号)• 雨待ちヤドクガール(『』2006年7月号) 脚注 [ ] []• シネマトゥデイ. 2010年9月14日. 2019年1月12日閲覧。 cinemacafe. net 株式会社イード. 2009年8月27日. 2019年12月8日閲覧。 ORICON NEWS. 2010年9月11日. 2019年12月8日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2010年2月8日. 2019年12月8日閲覧。 コミックナタリー. 2010年9月24日. 2019年1月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

読書感想文「君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)」

君 が いた 夏

私は、以前から瀬尾まいこさんの作品を読んでいて、なんて暖かい文章を書く人なのだろうと思い、自分の好きな作家のひとりとしていました。 以前は、奇をてらったような作家さんやミステリーなどを好んで読んでいましたが、子どもを産んでからと言うもの、ひどく残虐なシーンがある物や最後がハッピーエンドではないものを読むと、自分自身が取り込まれてしまうため暗い気持ちになる事が多かった。 瀬尾さんの本はどの作品でも、最後には生きるっていいな、頑張っているといい事があるんじゃないかと思わせてくれる作品ばかりです。 今回「君が夏を走らせる」を読み、以前読んだ本に出てきた登場人物が主人公だったので、彼の成長を感じる事ができたのと、瀬尾さんのエッセーの中でご自身がお子さんを産んだことをつづっていたのでその事を今回の本にいかされているのだなぁと納得しながら本を読みすすめました。 今回の主人公の太田君は以前のお話の中ではまだ中学生で不良と呼ばれながらも弱小の駅伝チームに無理やり入れられて、仕方なく参加するも持ち前の負けず嫌いが功を奏し、区間2位にまで上り詰めたなかなか骨のある男の子でした。 彼が高校生になってから、先輩の頼みで1歳10か月の女の子の鈴夏ちゃんを1か月も預かる事になったのですが、読みすすめると彼が幼い頃にきっと母親にしてもらっていたような事を、そしてして欲しかったことを鈴夏にしてあげようと努力したり、考えたり、その中での幼い子の成長を喜ぶ親のような気持ちなど、まさに子育てをしている自分に重ね合わせて読んでしまいました。 鈴夏ちゃんの行動や言葉など、自分のこどもと同じような所があったり、太田君に感情移入したりと、自分の気持ちがあっちこっちに移動している感覚を久しぶりに味わえたような気がします。 預かる最後の日に太田君は、自分が好きな走る事、自分の人生についてもう一度考え直す事ができ、明日への希望を感じる事が出来た事でうまれた、読書後の爽快感がたまりませんでした。 また、こういう作品を読んで胸の中を熱くしたいと思います。 (30代女性).

次の

君がいた夏〜ジョディ・フォスターが余りにも美しいノスタルジー映画の傑作|TAP the SCENE|TAP the POP

君 が いた 夏

33rdシングル「HANABI」のカップリングに「 夏が終わる 〜夏の日のオマージュ〜」という楽曲が収録されている。 副題の"夏の日のオマージュ"とは「1stシングルの原タイトルへのオマージュ」という意味が込められているのかもしれない。 どういった経緯があったかは不明だが、デビューするにあたり「君がいた夏」に改名された。 たしかに「夏が終わる」というタイトルは、さすがにデビューシングルにしては切なすぎる笑。 「君がいた夏」というタイトルは1988年公開の同名映画から引用している。 作品のあらすじを引用してみた。 プロ野球選手としての生活が終わったビリーの元に、従姉のケイティが自殺したとの知らせが届く。 ビリーにとってケイティは初恋の女性であり、青春のすべてだった。 ビリーはケイティの面影を求めて、彼女と過ごした思い出の地を旅する。 映画は"淡い青春の思い出"を描いているため、楽曲の内容と合致する。 桜井和寿と小林武史の共通点は「山形県」!? ベストアルバムのライナーノーツによると、詩の背景になったのは 桜井が子どもの頃に遊んだ山形の海だという。 桜井の母親は山形県出身らしく、学生時代はよく山形に遊びに行っていたらしい。 歌詞には"海"や"ひまわり"などといった夏を感じる単語がでてくるが、 切ない夏の終わりがテーマである。 ただ、主人公と"君"は歌詞を見ると普通の恋人同士ではないことがわかる。 次の引用した2つの歌詞を見てほしい。 誰よりも早く君を見つけたくて自転車で駆け抜けた真夏の朝早く 秋が来れば僕らまた元の場所へ 主人公と"君"の関係はきっと友達以上恋人未満にある。 しかし、2人は夏にしか会うことはできない。 おそらく、お互いいつも夏になると "ある地域"に何泊かしていたのだろう。 前述の通り、詩の背景になっているのが桜井が遊んだ山形県の海。 そのため、具体的に言うと、 "ある地域"とは山形県だ。 そして、2人はいつしか顔なじみになり、今の関係になる。 でも、秋になると離ればなれになってしまうのだ。

次の