矢作 萌 夏 卒業。 矢作萌夏 彼氏のAくんと文春砲!画像インスタを消去も意外な方向へ・・|LDs

矢作萌香の現在の太ったお腹画像!デブだと言われる理由は足(脚)が太いから?|sugar news

矢作 萌 夏 卒業

共同MCの関根勤が当惑する表情から、事前に共演者にも知らせていなかった卒業発表であることを覗わせる唐突な卒業発表であった。 正規メンバー昇格からわずか10か月、異例のソロコンサート実施、1stソロ写真集のリリース、56th標題シングルのセンター抜擢と、AKB48の次世代を担うエースへと駆け上がるはずだった矢作萌香に一体何が起きたのか? 矢作の生立ちや素顔、文春砲の影響などを検証しながら、突然の卒業発表の真相に迫ってみる。 スポンサーリンク 姉妹地下アイドルからAKB48のセンターに駆け上がった矢作のシンデレラストーリー 矢作萌香、埼玉県出身、2002年7月5日生まれの17歳。 矢作姉妹は、AKBグループ加入以前には、アイドルグループLe Petite Fleurie(ルプティフルリエ・事務所はカトレアプロモーション(当時)所属)のメンバーとして芸能活動をしていた。 その後姉有紀奈はSKE48へ、妹の萌香はAKB48へと羽ばたいていく。 矢作萌香は、弱冠16歳にして歌唱力・表現力・自己プロデュース能力に秀でており、まさにAKB48の未来を担う逸材と期待されてのAKB48加入であった。 2018年1月、第3回AKB48グループドラフト会議で全チームから指名を受け、同年12月に込山チームKの正規メンバーに昇格する。 ファンからの圧倒的な支持を受けて、握手会は即完売、2019年1月にはソロコンサート(TOKYO DOME CITY HALL・発表時は研究生)を実施、2月4日AKB48 55thシングル『ジワるDAYS』において、表題曲選抜メンバーに初めて選出されるなど、ファンからも運営からも期待される人気ぶりであった。 あるインタビューで、 憧れはみるきー(元NMB48渡辺美優紀)さん。 (中略)グラビアはポーズを自分で考えることが多くて、例えば小道具があったらパッと取って使うんですけど、「それ良いね」と言って頂いて、そのカットが使われていると嬉しいです。 ダンスに関しては先輩のダンスを見て学びました。 みるきーさん(元NMB48渡辺美優紀)の卒業コンサートの映像を観まくりました。 あと歌は昔からずっと一人で歌っていたのでそれが生かされているのかな。 と語っている。 スポンサーリンク 文春砲炸裂に真正面から反論し、事態は泥沼化 2019年6月8日、そんな矢作に文春砲が炸裂する。 矢作は、埼玉県出身で、会社経営者の父を持つ裕福な家庭に育ち、地元の有名私立の中高一貫校西武学園文理高等学校に通う現役高校生である。 文春オンラインは、矢作と同校に通う竹内涼真似のイケメンA君が、親密交際をしており、周囲も認知している間柄だとして、矢作とA君が親密そうに寄り添う2ショット画像などを報じた。 記事によれば 彼氏とされるA君は同じ高校に通う男子生徒 矢作さんが一目惚れして、交際を迫ったという 学内では二人の交際は有名 球技大会では、彼氏が矢作さんをおんぶしたことも A君は矢作さんの自宅へ行ったこともある という。 二人で並んで歩く後ろ姿が、文春オンラインに掲載され、ディズニーランドでデートするツーショット写真や、自習室で体を寄せ合う写真なども掲載された。 スポンサーリンク アンチのヘイトを集めてしまった矢作の上から目線?反論と運営の誤算 こういった熱愛報道に対しては、華麗にスルーを決め込むのがAKBの得意技であったのだが、矢作はそういう前例には従わなかった。 自身のTwitter上で、複数回にわたり反論を試みた。 結果として、矢作萌夏と問題の男子が交際関係にあることが、返って信憑性を帯びてきてしまうことになってしまった。 この事態に焦ったのはAKB48の運営サイドである。 矢作をAKBの未来を担う中心メンバーとして位置づけていた運営は、7月に17歳となる矢作に、大々的なシンデレラストーリーを準備していた。 記事は、このグループは週刊誌にネタを持ち込んでいるだけでなく、インスタグラムやツイッターのねつ造、ツイッターのDM(ダイレクトメール)による嫌がらせをしている可能性が高いと断じ、運営は刑事告訴も視野に入れている という強い内容であった。 さらに矢作サイドは、学校を巻き込んで、再反論に踏み切る。 しかし一向に事態は好転せず、アンチのヘイトコメントは相変わらずネットに溢れかえり、矢作は強いストレスにさらされ続けることになってしまう。 そのためか、矢作は体調を崩してしまい、元々グラマラスな体型であった矢作は、大幅に体重を増やすこととなった。 スポンサーリンク 精神的に追い込まれてしまった矢作萌香がグループからの卒業を決断 矢作の実家は裕福で、父親は会社経営者である。 7歳年上の姉矢作有紀奈(元SKE48)は歯科大学に通うエリートだ。 このままネットのヘイトを受け続けながらアイドルを続けることに耐えられなくなった矢作も次第にAKB48からの卒業を考えるようになっていく。 矢作を次世代うエースとして育成することを諦めた運営も、ことさら強く矢作を引き留めることはなかった。 旭化成グループの提供番組は、その多くが1社提供である。 その分番組内容に深く関わり、番組イメージやレギュラー出演者のイメージを重要視して、企業イメージとの連動を図っている。 そしていったん始めた番組を簡単にはあきらめない。 長い目で番組を育てる戦略を持っている。 低視聴率であっても、番組の質を重視して、MCやレギュラー出演者も長い目で見て、育てようとする超優良スポンサーなのである。 おそらく矢作の後任として、AKB48の若手メンバーが起用されるはずだ。 矢作が、卒業後も芸能活動を続けるのであれば、この番組からの降板は厳しい処遇である。 出演者を大事にしてきたスポンサーであるライオンが、今回は矢作を切り捨てたのだ。 通常メンバーの卒業発表は、劇場公演やブログなどのSNSで行われることが多い。 今回矢作がレギュラー出演する番組内で発表したのは異例である。 推測するに、矢作が劇場でファンと直接向き合う覚悟が持てず、SNSでの発表でヘイトコメントが集まることを恐れたからだろう。 ここにも矢作のメンタルの弱さが垣間見える。 矢作の卒業発表を受けて、元メンバーの 指原莉乃が即座に反応した。 萌夏、すごく繊細。 意外とメンタル弱い。 すぐ泣いちゃう。 かわいい。 面白くてセンス最高。 現時点で矢作の卒業イベントについては、何のアナウンスもない。 来年2月1日の握手会がAKB48メンバーとしての最後の活動になるという。 今後の活動についても言及はないが、芸能界引退も視野に入れているものと思われる。 矢作の才能を考えると大変惜しまれる。 SNSはアイドルにとって大きな武器であり、危険な罠でもある。 1対1のコミュニケーションとして行ったはずのプライベート画像が、一方の当事者や近しい人物から流出し、一気に世の中へと拡散してしまう。 アイドルデビュー前のSNSや、デビュー後の裏垢や、DMなどが流出してスキャンダルとなる事例は後を絶たない。 将来の芸能界デビューを目指して、素人時代から絶対にラブレターやプリクラに手を出さなかったベッキーは、当事者間のLINEが流出してトップタレントの座から転落した。 矢作萌香の熱愛騒動も、緩すぎたリスクマネジメントがその原因である。 16歳にして、高い発信力を見せる矢作萌香を過信して、運営がリスクマネジメントを怠ったのだ。 かつて指原莉乃も、交際相手のリベンジポルノに見舞われて、アイドル生命の危機に瀕したが、持ち前のメンタルの強さと、発信力の高さでその危機を乗り切った。 これからのアイドルにとって、最低限のネットリテラシー習得は必須課目である。 SNSを上手に使えば、あっという間に人気者になれる。 しかし、安易に便利なコミュニケーションツールとして使うと、手ひどいしっぺ返しに遭ってしまう。 お笑い芸人やアイドルだけでなく、一般人にとってもSNSの罠は同じように待ち受けている。 現代を生きる我々には、自分を守るためのスキルとして、最低限のネットリテラシーを身に付けることが必要とされている。 スポンサーリンク 矢作萌香、第2回AKB48グループ歌唱力No. 1決定戦で涙の優勝を飾る AKB48国内6グループの歌姫の座を競うAKB48グループ歌唱力No. 1決定戦第2回の決勝大会が2019年10月31日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われた。 2回目の開催となった同イベントには、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48の国内6グループ135人が立候補。 予選を勝ち抜いた19人(1人欠場)がこの日行われた決勝大会に駒を進め、バンドの生演奏を背に、それぞれの勝負曲を歌いあげた。 前回大会で惜しくも2位に終わった矢作萌香は、今回も予選を3位で通過して決勝大会に臨んだ。 第4組を1位で通過すると、ファイナルでは「今一番伝えたいことが詰まった歌詞」というシェネルの「Believe」を熱唱し、伸びやかな歌声で観客の心をとらえ、涙の初優勝となった。 誇りを持ってください」と言葉を添えた。 優勝者には副賞として、秋元康プロデュースによるソロ曲が与えられることが決まっている。 2019年一杯でAKB48を卒業することが決まっている矢作萌香だが、ソロ曲の発表は歌手として芸能活動を続けるための大きなモチベーションにもなる。 卒業後の進路については明らかにしていないが、イベント終了後の囲み取材では「ソロ歌手になるのは1つの夢。 もし機会があったら…。 (歌は)今後もパワーアップさせていきたい(中略)もし披露できるなら「Mステ(ミュージックステーション)で歌いたいです!」と語るなど、芸能活動継続への意欲も見せた。 今回の優勝で、改めてアーティストとしてのポテンシャルの高さを示した矢作萌香には、是非とも歌うことを続けて欲しいと思う。 スポンサーリンク 追記 2020年2月4日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催された『第2回AKB48グループ歌唱力No. 1決定戦 ファイナリストLIVE』への出演をもって矢作萌香は、AKB48としての活動を終了した。 2月5日矢作は、自身のツイッターで次のようにファンに最後の報告をした。 2月4日をもってAKB48を卒業しました! 矢作萌夏です。 昨日の最後のコンサートでファンの方々の顔をま た見ることができて、すごく嬉しかったです。 まさかまさかの、あの鉄の岡田奈々さんの涙を見る日が来るなんて..! 初めてシングルの選抜に選ばれた時から、奈々さんは一人ぼっちだった私の傍にずっとずっと居てくれました。 元気がない時はお互いを励まし合ったり、相談事には本気で向き合ってくれたり、時には厳しく叱ってくださったり。 今振り返ったら奈々さんと過ごした時間は私の人生の中ですごくすごく貴重なものでした。 奈々さん! 沢山の背中を見せてくださってありがとうございました。 だいすち。 最後に一緒に歌え て幸せでした。 私の波乱万丈なアイドル人生約22ヶ月の活動を、 一番近くで見守ってくれていた家族や友人、メンバーの皆さんやスタッフの方々。 人生を変えてくれたAKB48が大好きです。 ずっと ずっと愛されますように。 あと、解雇じゃない!! 笑 あくまでも私が自分で選んだ前向きな気持ちでの卒業で、そう言われてしまうと引き止めてくださったスタッフの方々に申し訳ないので。 そして、萌ちゃんをすちで居てくれたみなさん。 本当に本当にありがとうございました。 4年前の16期オーディションから今まで、あなたの優しい言葉と笑顔に沢山沢山救われたと思います。 皆んなが私をここまで連れて来てくれたんです。 私が沢山の景色を見てこられたのは、皆のおかげです。 濃厚すぎる約2年でしたがついて来てくれてありがとう。 いつも私を信じてくれて味方してくれて、守ってくれてありがとう。 自信をつけてくれてありがとう。 恩返しが出来たかな? まだまだ足りないですね。 いつか大きな大きな恩返しが 出来る日が来るといいなあ。 寂しくなったら、サステナブルを沢山聴いてね。 すちコンも振り返ってね。 自分図鑑も眺めてね。 私も今日からはひとりぼっちの道だけど、強くなって頑張ります。 どんな時も、味方でいてね。 応援しててね。 傍にいてね。 沢山の思い出をありがとう。 ずっとずっと、皆さんのことは忘れません。 本当に、ありがとうございました。 またね.

次の

【画像】AKB矢作萌夏に同級生彼氏?ツイッターで反論も高校では有名と批判

矢作 萌 夏 卒業

音楽業界大手『エイベックス』の「CEO(最高経営責任者)」から退任し、制作活動に専念することを発表した松浦勝人・代表取締役会長(別名=MAX松浦 55歳)がインスタグラムなどで、 現役女子高生で17歳の元有名人気アイドルと一対一の面談を行ったことを明かし、今後松浦会長がプロデュースを行っていくことを示唆しています。 この投稿が今注目を集めており、ネット上では「17歳の元有名人気アイドルとは誰?」との声が上がっているのですが、『日刊スポーツ』はその元有名人気アイドルについて、今年2月にAKB48を脱退した矢作萌夏さん(やはぎ・もえか 別名=矢作萌花 17歳)の名前が浮上しているとしています。 松浦勝人会長はインスタグラムや配信サービス『note』を更新し、17歳の元有名人気アイドルとサシで面談を行ったことを報告しており、 「 その子はアイドルとしては有名な子だったらしい。 僕はあまり知らない。 そして、彼女は今は何もしてない。 (中略)僕がネットで見た時からこの子はすでに人気者だった。 ただ、その人気者と自分が本来なりたいものとに差が生じ、思い切ってやめてしまったのだろう。 」などと綴っています。 また、松浦勝人会長はその元有名人気アイドルが一般人になってから連絡を取り、一度会いたいと連絡したところ、数週間後に会ってもいいとの返事が来たことで面談を行ったことを明かし、 「ここが、人生の別れ道だったのだと、ここに来たから成功したのだと、後でやはり自分は間違っていなかったと思ってもらえるようにしなければならない。 そうなってくれれば嬉しい。 そのために出来る限りのことをしてあげよう。 そして、たくさんの議論もしよう。 自己主張とわがままの狭間で多いに話しあおう。 今日話した君の夢を叶えるためにね。 」と綴り、松浦会長が今後プロデュースを行っていくことを示唆しています。 そして、気になる元人気有名アイドルとは誰なのかについてですが、日刊スポーツの取材では、今年2月にAKB48を卒業した矢作萌夏さんの素性と合致するとしています。 矢作萌夏さんはAKB48に入る前から、姉・有紀奈さんと共に芸能事務所に所属し、アイドルグループ『Le Petite Fleurie(ルプティフルリエ)』で活動、AKB48の第16期生オーディションに仮合格するも、その後の審査で落選しました。 しかし、2017年に行われた『第3回AKB48グループドラフト会議』候補者オーディションでドラフト候補生に選出され、AKB48の3チームから1位指名を受けてグループ加入が決定、2018年12月には正規メンバーに昇格しました。 矢作萌夏さんは高い歌唱力を持ち、2019年1月にはAKB48では最速でソロコンサートを開催、同3月にはAKB48の55枚目シングル『ジワるDAYS』で初の選抜入り、同7月の『サステナブル』では初センターを務めるなどし、AKB48の次世代を担う存在として大きな期待が寄せられていました。 そんな矢作萌夏さんが、松浦勝人会長のプロデュースで歌手活動を再開させる可能性が浮上しネット上では、• 本当にマサプロデュースでソロシンガーデビューなら面白いな。 今例のドラマも話題だし• 歌が上手いのは事実だしな。 さらにトレーニングやったらどこまで行けるのは見てみたい• 矢作にいっさい動きがないのがまた怪しいよな。 SNSですらやってないから• たしかに矢作の大物っぷりはマサが気に入りそうではある。 基本的に歌えるしな• ガルネク失敗から10年。 すっかりやる気を失くしたマサを再び本気にさせる逸材に遂に巡り合ったか• 叩くと幾らでも埃が出そうな人だけど大丈夫なのかな• 松浦に薬物疑惑が報道されてなくなるんじゃね?常識のある保護者なら絶対引き離すぞ• 矢作萌夏なら沢尻エリカの二の舞になりたくなければ他の所行った方が良い。 「17歳元アイドル、松浦と大麻使用で逮捕」になるよ。 エイベックスでもいいけれど、売りたいなら元AKB48の川栄李奈みたいに上手くやらないと。 松浦氏の名前が出てゴリ押しでは、嫌悪感を持つ人が多いと思う• 松浦会長なんて怪しい噂のある人と面談なんて…危ないことはやめた方がいいわ… 元AKBと松浦会長のタッグなんて、アンチにアンチが沢山湧いてきそうな組み合わせだな…そもそもその矢作とか売れないでしょ? などの声が上がっています。 矢作萌夏さんは高い歌唱力を持っていることから、AKB48を卒業後もソロ歌手として期待出来るとの声は以前から上がっており、AKB48兼STU48の岡田奈々さん 22 は『第2回AKB48歌唱力No.1決定戦』が終了後の取材で、 「萌ちゃんがソロで歌手活動を始めたら、コラボとか何かしらやろうと思えばできる。 お互いの頑張り次第ですね」とラブコールを送っていました。 また、『東京スポーツ』(東スポ)が2月に報じた記事では芸能プロダクション関係者が、 「高校が厳しく、学業との両立が困難だったことが卒業を決めた大きな理由の一つ。 高校を卒業するメドが立つまでは芸能活動はしないでしょう。 ただ、本人の発言から分かるように、復帰は考えているし、ソロ歌手の夢も諦めていない。 複数の芸能事務所が興味を持っており、48グループの頂点に立ったポテンシャルを考慮すれば、高校卒業後にソロデビューする可能性は十分あるでしょうね」と語っていました。 現時点ではまだ、松浦勝人会長が面談した元人気有名アイドルが矢作萌夏さんと決まったわけではありませんが、矢作さんの可能性はかなり高く、もし松浦会長プロデュースでエイベックスからソロ歌手デビューを果たしたら話題になると思います。 ただ、矢作萌夏さんは卒業発表前の昨年6月に週刊誌『週刊文春』によって、高校の同級生との熱愛疑惑スキャンダルをスクープされているほか、松浦勝人会長も同誌に薬物使用疑惑を報じられており、世間にあまり良いイメージを持たれていない2人がタッグを組むことで良い反応を得られないことも十分考えられ、すでに否定的な声も多く見受けられます。 しかし、それぞれ週刊文春が報じた疑惑を完全否定しているので、とりあえずスキャンダルは置いといて、今後どのような活動を展開していくのかに注目していきたいですね。

次の

AKB48矢作萌夏の卒業理由は? スキャンダルが原因だった?

矢作 萌 夏 卒業

略歴 2018年• 1月21日、「」において、・に第1巡目で指名される(入札抽選・3チーム競合)。 5月4日、初日公演で劇場デビュー。 12月8日、「」において、正規メンバーへの昇格とチームK所属が発表される。 また、AKB48グループの研究生(発表時点)としては史上初めてソロコンサート(2019年1月16日、TOKYO DOME CITY HALL)を行うことが発表された。 2019年• 2月4日、AKB48 55thシングル『』において、表題曲選抜メンバーに初めて選出されたことが発表される。 7月22日、AKB48 56thシングル『』において、シングル表題曲のを務めることが発表される。 10月31日、TBS赤坂ACTシアターで開催された『』 決勝戦で優勝。 12月26日、AKB48劇場にて卒業公演を開催。 2020年• 2月4日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催された『』をもってAKB48としての活動を終了。 人物 キャラクター• キャッチフレーズは、「ふくふくほっぺ! あなたの天使~(みーつけた! )みつかっちゃった! 公式ニックネームは、「もえちゃん」「ふくちゃん」「もんた」「もえか」「はぎもえ」「もえにゃ」。 公式ニックネームについてはSHOWROOM配信で投票を行ったところ、1位が「もんた」であった。 由来は姉の有紀奈から「お猿さんに似てる」からとのこと。 姉は、元の。 でのアピール動画配信では、ドラフト指名候補者の中で最多の再生数であった。 将来の夢は、ソロコンサート。 AKB48加入前• 姉の有紀奈とともに、アイドルグループ「Le Petite Fleurie」に所属していた。 当時の芸名は「矢作 萌花」。 2016年、を受験したが、落選している。 AKB48として 2017年• 11月11日、「第3回AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション」3次審査において、指名候補者となる。 2018年• 1月5日、ドラフト会議直前のアピールで、ドラフト候補者が全国の劇場で公演の前座として出演、パフォーマンスを披露。 矢作はNMB48劇場に出演(他の出演者は・・鈴木彩加・・・・・・波左間美晴・)。 1月21日、ドラフト会議当日。 矢作は第1巡目でチームK・・から指名され、3チームが競合指名。 抽選の結果、次期チームKキャプテンのが当たりくじを引き当てて、交渉権を獲得。 志望するグループは、第1希望としてAKB48チームBを挙げていた。 3月3日、千葉・幕張メッセでのAKB48『』劇場盤 発売記念大握手会で、AKB48のメンバーとしてお披露目される。 5月4日、初日公演で劇場デビュー。 2019年• 放送後に更新されたAKB48オフィシャルブログでの本人の挨拶。 この度、私、矢作萌夏は2月1日の握手会をもってAKB48を卒業させていただきます。 約1年半の活動を見守って下さったファンの皆さんには感謝と切ない気持ちでいっぱいです。 スタッフさんは何度も引き止めて下さり、沢山悩んだのですが、卒業させていただくことにしました。 限られた時間の中ではグループ活動に参加できないことも多く、ファンの方々へ申し訳ない気持ちでいっぱいでずっと心苦しかったです。 ごめんなさい。 卒業後は、将来を見つめて自分のやりたいスタイルをやっていきたいと思います。 ずっと1人で悩んで考えていて やっと出た思いなので、受け入れて応援してくださると嬉しいです。 ファンの方々が沢山応援して下さったり、握手会で暖かい言葉をかけて勇気付けて下さったり、皆さんの笑顔を見れる度に幸せでした。 感謝してもしきれませんし、その思いは忘れません。 皆さんのことは絶対に一生忘れません。 残り少ない日数ですが、最後まで宜しくお願いします。 そしてこの先もAKB48の応援を宜しくお願いします。 本当にありがとうございました。 込山チームK 矢作萌夏 交友関係• 目標とするメンバーは、。 仲のいいメンバーは、、、矢作有紀奈。 性格・趣味• 長所は、笑顔欠かさない!料理ができる!記憶力がいい! 歌が好き!• 短所は、鈍感。 嬉しいときに喜びすぎて、まわりからへんな目で見られる。 趣味は、お料理、音楽を聴くこと。 動物の気持ちを理解すること、歌を歌うこと。 特技は、ピアノ、歌を歌うこと。 好きな食べ物は、タピオカ。 好きな言葉は、「二兎を追う者は一兎をも得ず」。 ギャラリー• - 日刊スポーツ 2018年12月8日• - 日刊スポーツ 2018年12月8日• - 音楽ナタリー 2019年2月4日• - 日刊スポーツ 2019年7月22日• - モデルプレス 2019年10月31日• - AKB48オフィシャルブログ 2019年12月11日• - TBSチャンネル公式サイト 2019年12月26日• - Twitter 2020年2月5日• - AKB48オフィシャルブログ 2020年5月29日• - BUBKA Web 2018年5月2日• SHOWROOM• - カトレアプロモーション(アーカイブ)• - モデルプレス 2017年11月11日• - AKB48オフィシャルブログ 2017年12月31日• - AKB48 KING RECORDS official website 2018年3月2日• - AKB48オフィシャルブログ 2019年10月27日• - 音楽ナタリー 2019年3月31日 外部リンク•

次の