すぐ に 眠く なる 方法。 夕食後に眠くなるのはなぜ?それ低血糖症かも!?眠気対策はコチラ!

すぐに子供が眠くなる5つの方法

すぐ に 眠く なる 方法

興味を持てない・問題が分からない• 前日の睡眠時間が少ない・質の低い睡眠をしている• ご飯を食べた直後だから 1つ1つ見ていきましょう。 >> 眠くなる原因1. 興味を持てない・問題がわからない 勉強中に眠くなる最大の理由は興味を持てない・問題がわからないからです。 人間の脳は興味のないもの・よくわからないものに対しては、集中できないような構造になっています。 この記事を今読んでくださっている皆さんも、思い当たる節があると思います。 例えば、数学が好きで英語が嫌いな人は、英語の勉強をしている時だけ集中できずに眠くなってしまう、というような。 眠くなる原因2. 1つ目は長時間寝すぎたことによってかえって眠くなるということです。 人は少し寝たりないというくらいがちょうど良いそうです。 2つ目は睡眠の質が悪いということです。 人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という90分の周期があり、一般的にレム睡眠状態で起きるのが良いと言われています。 そのため筆者としては 6時間睡眠がもっとも頭がスッキリすると感じ、その睡眠時間をキープしていました。 最近はレム睡眠のときにアラームを鳴らしてくれるアプリ「 Sleep Cycle alarm clock」という便利なものもあるので、ぜひ試してみてください。 眠くなる原因3. ご飯を食べた直後だから 朝・昼・夜に限らず、ご飯を食べた後は消化に時間がかかります。 さらに食べる食事によって胃にかかる消化の負担も変わってくるのです。 受験生の皆さんが口にするもので、胃に負担がかかってくる代表的な食事をいくつか紹介します。 ラーメン• 焼きそば• 天ぷら• カレー• みんなが大好きなこってり系の食事ばかりしていると、消化に時間がかかり勉強に集中することが出来なくなってしまいます。 食べ物や飲み物と勉強の関係を解説している記事もあるので、合わせてチェックしてみてくださいね。 勉強中の眠気を対処して集中して勉強する方法13選 皆さんは眠気のままに従ってはいけません。 眠気をコントロールして勉強する必要があります。 まずは上述した眠くなる原因を解決する必要があります。 勉強している内容に興味を持つ 残念ながら、興味を持てないことに対してはどうしようもありません。 勉強に限らず、興味を持てないことに対しては人間は集中力を発揮することは出来ないのです。 なので、めちゃくちゃですが、集中できない科目については興味を持ってください。 筆者は英語が集中できないタイプだったのですが、受験最後まで英語自体に興味を持つことは出来ませんでした。 ただ【 英語の成績を上げる】ということに興味を傾けたので、なんとか寝ないで集中して勉強することができたように思います。 その教科に興味を持てない• 眠くならない方法2. 質の高い睡眠時間をしっかりと確保する 前日の睡眠時間が短いことで起こる、勉強中の眠気の対処法は簡単です。 寝たらOKです。 適切に睡眠時間を確保しましょう。 深夜にコーヒーやエナジードリンクなどの眠気覚ましの飲み物を飲んで勉強している人がいますが、全く持ってオススメしません。 長期的な目で見たら、「体調を崩す可能性」「翌日の気だるさ」など、効果が悪いことに気づきましょう。 そして、睡眠アプリを使いながら自分のもっとも頭がスッキリする睡眠時間を見つけてみましょう。 目安の睡眠時間など、くわしくは「受験生と適切な睡眠時間」で解説しているので、そちらをご覧ください。 眠くならない方法3. もちろん、「ラーメン」、「天ぷら」といった胃に負担がかかる食事をしないことは1つの対策ですが、それで完全に眠気を防ぐことは難しいです。 生理的な現象には逆らうことは難しいので、 諦めて仮眠を取りましょう。 間違えないで欲しいのが、ここで睡眠ではなく仮眠を取ることが大切だということです。 仮眠のルールを3つほど教えておきます。 15分ジャストしかNG• ベッドで寝ない• 寝る姿勢も大事 仮眠は15分ジャストにしましょう。 それ以上寝てしまうと睡眠になってしまい、寝起きが悪くなってしまいます。 そして、15分しか寝ないためにもベッドで寝るのはNGです。 さらに、寝起きをよくするためにも寝る姿勢も大事です。 机にうつ伏せになって寝るようにしましょう。 眠くならない方法4. しっかりと睡眠時間を確保した勉強計画を立てる 每日この時間には寝るという週間を作るには、 每日の勉強計画を立てることが重要です。 また、寝る前にテレビやスマホを見ると頭が冴えてしまいますが、寝る直前まで勉強していれば自然と眠くなってすぐにそのまま寝ることができます。 しかし、意味のある每日の勉強計画を立てるためには、 合格に直結するように逆算した長期的な勉強計画が必要です。 そうしなければただ勉強するためだけの勉強計画になってしまうからです。 とはいえ、長期的な勉強計画を立てるのは難しいので、目標の立て方から勉強計画を立てるときのコツをまとめたおすすめの教材があるので、ぜひ参考にしてみてください! >> 家・塾の勉強中に眠くなったとき ここからは実際に眠くなったときの対処法です。 眠気覚ましの方法5. 15分の仮眠を取る 「寝る」のがベストな対処法といえます。 寝る、と言っても仮眠ですが。 15分は寝ることになりますが、起きた後に圧倒的な集中力を発揮すれば問題ありません。 潔く仮眠をするようにしてください。 眠気覚ましの方法6. コーヒーやチョコレートを食べる 一時的な対処法となりますが、 コーヒーやチョコレートを食べることで少しは眠気を紛らわすことができます。 ここで重要なのがこれを口にしたことで眠気が覚めると強く思い込むことで、効果が強まると筆者は思うので実践してみてください(笑) 眠気覚ましの方法7. 勉強している科目や内容を一時的に変える どうしても眠くなる教科はあると思うので、自分の好きな教科や興味があるものをやって頭を1度起こすことも有効な手段です。 ただ、そうすることで自分の好きな教科だけ勉強してしまっていることにならないように注意しましょう。 授業中に眠くなったとき 高校時代の筆者はたまに寝ていました。 授業中は眠るわけにはいきません。 とはいえ、まあ、筆者的には• 別に聞く理由がない• 寝ても何も言われない• 眠い という場合には授業中でも寝ていいようには思いますが、 寝てはいけない授業もあると思います。 そうした時の対処法についてご紹介します。 眠気覚ましの方法8. 少し苦しくなるまで呼吸を止めてみる 眠くなるというのは脳に酸素が届いていないことが一つの原因なのかもしれんません。 そこで少しくるしくなるまで息を止めてみましょう。 その後しっかりと酸素を吸うことで、息を止めた苦しさと脳に酸素が届いた感じがして眠気が吹き飛ぶかもしれません。 眠気覚ましの方法9. 薄着になって少し肌寒い環境で勉強する 暖かい部屋では自然と眠くなってしまいますよね。 そこで上着を脱ぐなど衣服の調整で少し肌寒くすると眠たくなくなります。 教室の温度を変えることはできないと思いますので、日頃脱ぎやすい服を着るなどをして対策を取りましょう。 >> 眠気を覚ますツボを使って眠くなるのを防ぐ 眠気覚ましのツボ10. 合谷 合谷穴(ごうこくけつ)は、に所属する4番目のである。 同経のである。 また、面目のでもある。 引用:Wikipedia ちょっとよく分かりませんね。 親指と人差し指の間のくぼみ部分が合谷にあたります。 押すと眠気が改善するようです。 眠気覚ましのツボ11. 百会 耳介(耳たぶ)の上端を結んだ垂直線と正中線が十文字に交差するところ。 また、耳介を前方に折り曲げ、その上端を結んだところに取れと書いてある本もある。 熟練した鍼灸師は、そのあたりを指先で触診し、やや凹んだ感じのするところを百会としている。 眠気覚ましのツボ12. 中衝 中衝も眠気を覚ますツボの1つです。 眠気覚ましのツボ13. 労宮 労宮はストレスに効くと言われています。 ただ、あくまで家や塾で勉強していて眠くなったときは、仮眠をとるのが一番効率がいいので、ツボを使う必要もないでしょう。 授業中でつらくなったときにぜひ利用してみてください。 【体験談】筆者は勉強中に眠くなるのをどうしていたか この記事で偉そうに、• 眠くなってしまう原因• 眠気の対処方法 を語っていますが、かくいう筆者もなかなか眠気との戦いには苦労しました。 筆者は仮眠主義者だったので、眠くなったら仮眠をするべきということは分かっていました。 しかし、仮眠した方がいいとわかっていても、寝ずにコーヒーとかを飲んでしまっていた記憶があります。 理論でわかっていても難しいことは世の中に沢山あります。 寝るべきだとわかっていても、寝る時間が惜しいと思って勉強してしまっていたことがありました。 しかし、なかなか仮眠をせずに勉強すると高い集中力、パフォーマンスで勉強することが難しいです。 筆者の反省も踏まえて、読者の皆さんには眠くなったら仮眠をしてくれたらなと思います。 ちなみにですが、学校で眠くなったときはどうしていたかというと、筆者は寝ていました。 学校は友人と交流できるので、必要不可欠なものだけれども、勉強についてなら自分でやった方がいいかなと考えていたので、寝れる授業に関しては寝ていた記憶があります。 今となっては、先生たちに申し訳なかったと思います。 が、少なくとも筆者は当時は寝ていました。

次の

勉強中に眠くなるのはなぜ?眠くなる理由と眠気を覚ます対策法5選

すぐ に 眠く なる 方法

・【眠くなる方法2】 体内リズムを整える 体内リズムを整えることもポイント。 日中は明るく、夜は暗く、といった自然と同じ光の浴び方をすることで、体内リズムが整います。 すると、夜に体温が下がり、眠くなるようになります。 ・【眠くなる方法3】 寝室環境を整える 寝室環境を整える工夫も必要です。 「寝室は寝るための場所」と脳に覚えさせることでスムーズに眠りにつけるようになります。 ・【眠くなる方法4】 食事の工夫 食事で睡眠ホルモン「メラトニン」を増やす工夫もおすすめ。 毎日の朝食メニューで睡眠ホルモンが増やせれば、快眠体質に近づきます。 ・【眠くなる方法5】 眠る前の工夫 最終段階として、寝る前の習慣=入眠儀式を取り入れるのも手。 これまでの方法で眠りやすい環境・身体が整っていれば、さらに眠りモードにシフトしやすくなります。 眠れない日々が続くなら、さっと試せる睡眠サプリあり!• フミナーズでは、睡眠専門医に選び方を聞いて、基準を満たした商品リストを作っています。 なかなか眠れないときは、心身が昼間と同じ緊張状態にあるということ。 活動的にさせる 交感神経(昼の神経)から、リラックスさせる 副交感神経(夜の神経)に切り替えて、心身ともにリラックスすることが、寝つきをよくする近道です。 寝る前に腹式呼吸をする 副交感神経を優位にする手軽な方法は、「 腹式呼吸」。 寝る前に実践してみましょう。 ウォーキングを行うのは眠る時刻の3~4時間前がよいでしょう。 【眠くなる方法2】心のモヤモヤを封印する 悩み事や心配事は、忘れようとしてもなかなか難しいものです。 気になることがあって眠れないときは、気持ちを切り替える儀式をする習慣をつけて、すっきりとした気持ちで布団に入るようにしましょう。 悩み事を書き出す まず、ノートとペンを用意しましょう。 今日あったイヤなこと、気がかりなことなどをすべて書き出しましょう。 思う存分書ききったら、ノートを引き出しにしまいます。 そして、「はい、今日はおわり」と締めくくりの言葉を声に出して、自分に言い聞かせます。 声に出すことで、気持ちがすんなり切り替わります。 Point ・布団から出たら、パソコンやスマホのチェックは避ける ・ホットミルクを飲む、音楽を聴く、ストレッチをするなどがおすすめ ・翌日のことが気になるなら、念入りに準備をするのもおすすめ 【眠くなる方法3】体内リズムを調整する 1日の身体のリズムをつくりだしているのが、人の身体の中にある体内時計。 この体内時計が乱れると、眠れなくなったり、朝起きれなくなったりしてしまうのです。 体内リズムを整えるのに役立つ、朝、昼、夜、寝る直前のおすすめ習慣を紹介しましょう。 朝は日光を浴びて、牛乳とバナナをとる 体内時計は24時間よりも少し長めにセットされているため、毎日少しずつズレが生じてしまいます。 このズレを修正するのが光です。 毎朝朝日を浴びることで、体内時計をリセットすることができます。 朝起きたらカーテンを開けて 日差しを浴びる習慣をつけましょう。 眠りに大きく関わるのが、睡眠ホルモンと呼ばれている「 メラトニン」。 体内時計を整えて眠りに導く役割をもっています。 このメラトニンをつくる「 トリプトファン」という栄養素が多く含まれるのが、バナナ、乳製品、豆製品、炭水化物、魚。 忙しい朝におすすめなのが、バナナと牛乳です。 ジュースやスムージーではなく、バナナを固形で食べましょう。 しっかり噛むことで、目を覚ます脳内物質の「セロトニン」も活性化されます。 食規則正しく食事をする 1日3食、きちんと食事を摂りましょう。 時間がないからといって朝食を抜くのはNG。 食事をすると身体が目覚め、その情報が脳に伝わります。 すると脳が「食事をする=活動する時間だ」と記憶するので、体内時計が整いやすくなります。 日中は適度な運動を 日中はパワフルに活動するのがよいでしょう。 頭脳労働ではなく、身体を動かすのが大切です。 身体を疲れさせることで、眠気を生み出す「睡眠物質」が分泌され、夜になると自然と眠くなるようになります。 Point ・運動の目安は週2回、それぞれ30分程度でOK ・運動におすすめなのは、19~21時 夜はお酒やタバコを控える 「寝る前にお酒を飲むと、ぐっすり眠れる」そう思っている人も多いかもしれません。 でも実は、お酒で深い眠りを得られることはありません。 アルコールが分解されてできる 「アセトアルデヒド」という物質は 睡眠を妨害し、眠りを浅くする作用があります。 また、アルコールには利尿作用があるので、トイレに起きてしまうことも。 寝る前のお酒は避けたいところですが、どうしても飲みたい場合は、就寝3時間前までにしましょう。 寝る直前はスマホやパソコンをやめる 寝る前についついチェックしがちなスマートフォンやパソコンですが、デジタル機器から出る ブルーライトには、眠りに欠かせない物質 「メラトニン」の分泌を止める作用があることがわかっています。 1件のメールをチェックしただけで、エスプレッソ2杯飲んだのと同じぐらいの興奮状態になってしまうんだとか。 就寝1時間前には、すべての デジタル機器をオフにするのがおすすめです。 夜遅くなってからコンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、強い光が出ている場所に出かけるのは避けましょう。 店舗によっては1000ルクス以上という、照度が一般的なオフィスの倍以上の場所もあります。 夜にこうした強い光を浴びると脳が覚醒してしまい、眠気が起きなくなってしまいます。 日中に15~20分の仮眠をとる 睡眠不足が続き日中に眠気を感じるときは、15時までに15~20分程度の仮眠をとるようにしましょう。 短い時間でも日々の睡眠不足を補うことができ、また脳の疲労も回復できるため、気分もリフレッシュします。 身体を横にして眠ってしまうとリラックスしすぎてしまい、深い眠りに入ってしまうので、デスクに突っ伏したり、頬杖をついたりする姿勢をとるのがよいでしょう。 休日に寝すぎない 平日の睡眠不足を補うために、休日に昼過ぎまで寝てしまうという人も多いでしょう。 寝だめをすること自体は悪いことではありませんが、 平日と休日のリズムが違いすぎてしまうのは問題です。 休日に寝すぎてしまうとリズムが崩れ、月曜日に 平日モードに戻りにくくなってしまうのです。 光や音が気になる部屋で寝ていませんか。 寝室やパジャマを見直してみると、睡眠の質がぐっと高まるかもしれません。 寝室は光や音が入らないように 夜に光を浴びると都内時計が遅れて、寝つきにくくなってしまいます。 就寝前はダウンライトに切り替えたり、間接照明にしたりと、 目に入る光の量を減らしましょう。 また、外の光が入らないように遮光カーテンをするのもおすすめです。 また、洗濯機や室外機の音、車や電車の音などは睡眠に悪影響を及ぼします。 自分に合った枕やマットレスを 寝具は自分に合ったものを選ぶのがいちばんです。 立っているときと同じ頭と首の状態を保てる枕、立っているときと同じ背骨の状態になるマットレス(布団)が理想です。 部屋着で寝るのはNG 外から帰ってくると、部屋着(ルームウェア)に着替え、寝るときも部屋着のままという人も多いかもしれません。 しかし、良い睡眠のためには、ぜひパジャマに着替えてください。 寝る格好でいちばん大切なのは、締めつけずリラックスできること。 肌触りや着心地がよく、通気性・保湿性が高いパジャマがよいでしょう。 とくにシルクやコットン素材がおすすめです。 Point 体内でトリプトファンからセロトニンが合成されるためには、トリプトファンと併せて「ビタミンB6」と「炭水化物」の同時摂取が必要。 3つの栄養素を手っ取り早く摂るにはバナナがおすすめです。 セロトニンを活性化する セロトニンを活性化するにはリズミカルな刺激が必要。 トリプトファン摂取の代表選手であるバナナも、ジュースやスムージーにせず固形のままで、噛んで食べるのがおすすめです。 できれば1回の食事も20~30分程度かけてしっかり噛んで食べましょう。 日中にガムを噛むのも1つの手。 メラトニンが多く含まれる食品を摂る アメリカンチェリーにメラトニンが多く含まれているため、午後のおやつタイムや夕食のデザートにおすすめ。 また青汁の原料であるケールにもメラトニンが含まれています。 ただケールが野菜としてスーパーで売られていることは少ないため、青汁を利用するのが手軽。 夕方飲むと効果的です。 【眠くなる方法6】入眠儀式で眠りのスイッチをONにする 眠る前に行う習慣・行動が「入眠儀式」です。 眠る前に同じことを毎日習慣づけることで、自律神経が切り替わり寝つきがスムーズになる効果が期待できます。 もっともスタンダードな入眠儀式は、「歯磨きをしてパジャマに着替える」こと。 当たり前のことを習慣づけるだけでも睡眠の質はぐっと上がります。 自分なりの入眠儀式を見つけてみましょう。 寝る前の当たり前の行動を習慣づける これといった習慣がない方は、まずはここから。 意識的に習慣づけましょう。 歯磨きをしてパジャマに着替える、トイレに行く• 次の日の準備をする 「眠くなってから寝室へ」を徹底する 寝室を「眠るための場所」と意識づけしましょう。 寝室へ行くのは眠くなってから、と決め、寝室に入ってすぐ眠りにつくと、脳は「寝室=眠りの場所」と認識するようになり、寝室に入ると自然と眠くなる、というリズムが身に付きます。 逆に、眠くないのに寝室に入り、なかなか眠れないまま布団の上で過ごしてしまうと、脳が「寝室=眠れない場所」と認識し、寝つきが悪くなってしまいます。 寝室へは、できるだけスマートフォンなどのデジタル機器を持ち込まないようにしましょう。 リラックスできる環境・身体づくりを習慣づける リラックスできる習慣を入眠儀式として取り入れるのも手。 夜は、昼間に働いた交感神経が副交感神経に切り替わります。 眠る前にリラックスした状態を作るためには、絶好のタイミングです。 間接照明に切り替えて薄暗くする 目に入る光の量を減らすことで、身体が睡眠モードへシフトします。 布団の上で3分ストレッチする 激しいストレッチはNG。 ゆったり心地良く、1日頑張った身体を労わるように。 ハーブティーを飲む 代表的なカモマイルのほか、自分が心地良く感じる香りのハーブティーを。 寝る前の水分補給も兼ねられます。 アロマを焚く ラベンダーのほか、オレンジスイート、ベルガモットなどの柑橘系もおすすめ。 体調によって香りの感じ方も変化するため、お気に入りの香りをいくつか見つけておくと便利です。 音楽を聴く 初めての人はクラシックやヒーリングミュージックから試すのがおすすめ。 自律神経のバランスを整える働きがあるため、スムーズな寝つきが期待できます。 読書をする 推理小説など頭を使う内容は避け、照明は少し落としてほの明るい環境で。 敢えて難しい本を読んで眠気を誘うのも方法の1つです。 電子書籍はディスプレイの光が目を刺激するため入眠儀式にはおすすめできません。

次の

食後に眠くなる理由は?ランチ後の急激な眠気対策|Good Sleep Labo

すぐ に 眠く なる 方法

勉強中に眠くなるのはなぜ? みなさんはこんなこと思ったことがありませんか? 「 昨日たくさん寝たのになぜか眠くて集中できない」 これには大きく分けて 2つの理由が存在しているんです。 まずはその理由を見ていきましょう。 人は寝る前と寝る時間で睡眠の質が変わる まずは本質的な理由から見ていきます。 それが 睡眠の質についてです。 誰しもに必要な睡眠、実は寝る前の行動や長さでその質が全く違います。 寝る直前までスマホを見ている、ギリギリまで勉強するためにカフェインの入った飲み物をたくさん飲んでいるといった人が多いのではないでしょうか。 しかし、 就寝前にスマホ操作=エスプレッソコーヒー2杯分の覚醒作用があると言われています。 特に 暗い部屋でのスマホ操作は目への刺激が強くなるため絶対にやめましょう。 スマホ操作はできれば寝る1時間前にはやめる、最低でも寝る30分前にはやめて寝る準備をしましょう。 寝る前のカフェイン摂取も睡眠の質を下げる大きな原因の1つです。 特に 就寝4時間前にコーヒーやレッドブル、モンスターなどのカフェインを摂取すると目が冴えてしまいます。 飲むなら4時間以上前か、もしくはノンカフェインの温かいものをおすすめします。 ノンカフェインの飲み物にはホットミルクやハーブティーなどがあります。 また、冷たい飲み物は胃腸を冷やし、深部体温を下げにくくしてしまうので避けるようにしましょう。 興味のないもの・わからないものに直面すると眠くなる これはよくある話ですが、自分の興味がないものやわからないものに直面すると非常にストレスを感じます。 ストレスを感じると脳に強い負荷がかかり、結果として眠気を引き起こします。 単につまらないから眠くなっているのではなくて、脳がストレスを感じているのですね。 脳にとっても筋肉とっても成長のためには適度なストレスが必要なため、たとえ眠くなってしまっても我慢して取り組むことが必要な場面があります。 ただ、15分以上考えても前に進まない場合には眠気が来るだけではなく、理解にも繋がっていないので他の科目を勉強したり違う作業に移動した方が良さそうです。 それが レム睡眠と ノンレム睡眠です。 レム睡眠とは、いわゆる 体は寝ているけど脳は活動している状態のことを言います。 ノンレム睡眠は 脳が休んでいて深い眠りに落ちている状態を言います。 この2つは約90分周期で寝ている間に4~5周します。 (7時間程度睡眠した場合) 一般的に言われているのは、レム睡眠状態のときに起きると気持ちよく起きることができるということです。 そして最低でもノンレム睡眠を2サイクル回さないと脳は十分に回復することができません。 一方で私たちはいつレム睡眠状態でいつノンレム睡眠状態か知ることはできません。 実はこれを知ることができるアプリがあります。 そのアプリとは「 Sleep Cycle alarm clock」です。 ぜひチェックしてみてください。 このアプリの優れているところは、アラームをかけたあと枕元に置いておくと自分の睡眠の深さを測定してくれて、アラームをかけた30分前から一番レム睡眠に近い時間でアラームが鳴るということです。 このアプリで自分の睡眠のサイクルや眠りの深さを知ることができ、さらに一番いい状態でアラームが鳴るという優れものです。 またスマホでLINEなどの通知をオンにしていると真夜中の連絡で眠りが妨げられてしまうこともあります。 アラームは機内モードでも起動するので、睡眠中はスマホは機内モードにしておくとなおいいです。 ただ 運動不足はストレスを増大させ、不眠の原因になることを知っていますか?勉強に追われる日々であっても適度な運動でストレスを解消し、精神的なリフレッシュを心がけましょう。 勉強場所までの自転車や徒歩などの軽い運動でも良い効果があるので、普段歩く習慣がない場合にはこれらの運動も取り組んで欲しいです。 寝る前のストレッチは、筋肉のこりをほぐすだけでなく副交感神経にも働きかけ、快適な睡眠をサポートしてくれます。 参考までに外部のサイトを載せておきますので参考にしてみてください。 逆に分間140回以上の高い心拍数を伴うような運動は交感神経を刺激してしまい、寝落ちるのに時間がかかってしまいます。 全力ダッシュや負荷の高い筋トレは睡眠の質を下げかねないので寝る前はできるだけ避けてください。 日本ではあまりありませんが海外はビジネスマンも一定時間昼寝をします。 他にも有名なところだとイギリスの元首相ウィンストン・チャーチルも昼寝を積極的に取り入れていたことで有名です。 昼寝は先ほど紹介したノンレム睡眠状態にあたり、脳を休ませることができます。 15分以上寝ると脳が完全にスリープしてしますので寝すぎには注意しましょう。 昼寝を取り入れた勉強と昼寝を取り入れない勉強、自分にとってどちらの方が結果が良いかをよく見極めて、もし昼寝を取った方が全体として効率的なのであれば、勉強の計画の中に昼寝の時間を入れても良いかもしれません。 人間が一度に集中できる時間は90分と言われています。 人にもよりますがどんなに集中できても2時間くらいが限界です。 テニスの錦織選手も「休むのも仕事のうちだ」と言っています。 ですが休憩することで脳が情報を整理する時間をつくることができ、記憶も定着します。 くれぐれも 『寝すぎ』には注意してくださいね... 一方で、それでも眠気が襲ってくるような状況ではカフェインを摂取して対症療法的に眠気を取り去る方法もあります。 カフェインが含まれている代表的な食品はコーヒーですね。 コーヒーはもっとも手軽にカフェインを取ることができる食品です。 また紅茶でもカフェインを取ることは可能なのでコーヒーの味が苦手という場合には紅茶も十分おすすめできます! また、レッドブルやモンスターなどのエナジードリンクもコンビニに多くの種類がおいてあるようになったので、味の好みを見つけて、眠くなった時のお気に入りを見つけるのがいいでしょう。 エナジードリンクのカフェイン含有量はそれぞれそれほど差がないので、好みや価格と相談しながら決めてください。 誰でも手軽に飲めるのはエナジードリンクですが、個人的におすすめなのは ブラックコーヒーです。 ここで個別の事例はご紹介しませんが、ブラックコーヒーを日常的に飲んでいる人はそうでない人に比べて肥満度が低いという複数の研究結果も存在します。 また、添加物などがもっとも少ないためブラックコーヒーが一番健康には良いでしょう。 カフェイン摂取のおすすめのタイミングは朝から午後6時までです。 ベストなタイミングはお昼を食べた直後から1時間後ですね。 お昼を食べたあとはどうしても眠くなるので、早めにカフェインを摂取して眠くなるのを防ぎます。 または昼寝をすると決めている場合には昼寝をする直前に飲むことでスッキリと目覚めることができますよ。 18時以降に摂取するとその日の寝つきに影響を与え、それが結果として次の日の睡眠不足や生活リズムの乱れに影響を与えてしまいます。 筆者も夜のコーヒーで眠れなくなって結果として生産性が下がってしまった経験が何度もあるので、気をつけるようにしています。 ちなみにカフェインを摂取して受ける影響は人によって差があります。 日本人は欧米人に比べてカフェイン耐性が高いと言われていますが、それでもカフェインを取ると心臓のバクバクが止まらなくなる人もイクスタのスタッフの中にいました。 日常的に大量に摂取すると身体的、精神的な副作用もあるようです。 逆にカフェインを摂取しても全然効果がない人もいるでしょう。 自分のカフェインの相性を見極めながら上手に活用してくださいね! 勉強中の眠気に打ち勝って結果を出す! ここまで、勉強中に眠くなる場合の原因と対処法などをご紹介してきました。 眠気を克服したい理由は勉強して結果を出したいからですよね! 最後に、最近とても売れている睡眠の本についてもご紹介しておきます。 有名なので本屋で見かけたことがある人もいるかもしれません。 この本は上智大学に通うイクスタのスタッフも読んで実践していました。 睡眠に関する科学的な事実が多く紹介されているので、真剣に睡眠について勉強したい人はぜひ読むことをオススメします! 睡眠をコントロールして少しでも目標に近づいてください!応援しています! 勉強中に眠い人におすすめ記事 集中力を高めたい、先輩の集中術を知りたい人はこちらから。

次の