結婚 の 挨拶 流れ。 結婚までの基本的な流れ【結婚準備.jp】

再婚・バツイチで相手の両親と挨拶や顔合わせをする際の注意点 [再婚] All About

結婚 の 挨拶 流れ

1 時間厳守で訪問 ついに彼女・彼の両親に挨拶する日がやってきました。 前日までに服装などの準備を整えて、いざ本番! 彼女・彼の実家を訪ねるときは、早く着き過ぎないことがマナー。 相手側も準備に余裕を持ちたいはずですからね。 具体的には、 「約束の時間ちょうど」か、「3分前くらい」 にチャイムを鳴らすのがおすすめ。 早くても5分前がいいでしょう。 5分以上遅れる場合は、わかった時点で必ず電話を! 「よし、3分前に到着。 チャイムを鳴らそう!」 ちょっと待ってください。 チャイムを鳴らす前に、確認してほしいことが2つ。 まず、お互いに身なりをチェックしましょう。 ホコリがついていないか、襟は曲がっていないか… コートを着ている場合は、このときに脱いでおきましょう。 それから、携帯電話の電源を切ります。 マナーモードだと、着信があった時にバイブや光が気になるでしょうから、主電源を切っておくのが一番です。 さて、準備ができたら、いよいよご両親との初対面。 心の準備はOKですか? 深呼吸して、笑顔でいきましょう! 2 玄関先でまずは挨拶 まずは、迎える側が相手を両親に紹介します。 本日はお時間を取ってくださいまして、ありがとうございます」 というように、 「自己紹介」と「迎えてくれたことへのお礼」 を言ってから、しっかりお辞儀をしてください。 この時、きちんと扉を閉めてから挨拶するのがポイント! 扉は後ろ手ではなく、ちゃんと扉の方を向いて閉めます。 「どうぞ」 と言われたら、 「ありがとうございます。 お邪魔します」 と言って靴を脱ぎ、 そのまま正面を向いて玄関から上がります。 上がってから、振り返り、靴の向きを変えましょう。 靴は玄関の脇にそろえて置くと好印象! 3 客間での席順やマナー、手土産の渡し方 どこに座ったらいい? 客間へ案内されたら、「失礼いたします」とひとこと添えて入室を。 席に座るよう勧められてから、「下座に」座ってください。 下座は、「入口にイチバン近い席」と覚えておきましょう 上座をすすめられても、 「本日はご挨拶にうかがいましたので…」 と断り、下座に座ります。 それでも再び上座へ促されたら、無理して断ることはありません。 お礼を言って、上座に座ってください。 ただし、次の場合は注意! 先に相手のご両親が席に着いている場合 この場合、椅子に座る前に、あらためて挨拶が必要です。 本日はお忙しいなか、お時間を頂きましてありがとうございます」 と顔を上げてハッキリと言います。 「どうぞ」とすすめられたら、「失礼します」と断り、席に座りましょう。 和室で座布団のときの注意点 和室で座布団の場合、立ったままの挨拶は失礼に当たります。 このときは、まず床に膝をついて挨拶し、それから座布団に座りましょう。 手土産の渡し方 挨拶が終わったら、手土産を渡します。 次の2点に気をつけましょう。 ・風呂敷や紙袋のままではなく、ちゃんと取り出して渡すこと ・相手側に包みの正面を向けること このとき、 「〇〇さんからお好きだと聞きましたので」 「お口に合えば嬉しいです」 などと言葉を添えて渡すとgood! こういう言葉が自然に使えると、ご両親も 「できた人だな」 と思ってくれるはずです。 4 本題の前に歓談 席に着いたら、いきなり本題を切り出すのではなく、 「今日はいい天気ですね」 「素敵なお住まいですね」 などと、少しのあいだ気軽な会話をして場を和ませましょう。 お茶やお菓子をすすめられたら、きちんとお礼を言ってからいただきます。 ご両親の前では、二人だけの時のように彼女・彼のことを呼び捨てにしたり、あだ名で呼んだりしないように気をつけてください。 5 いざ、結婚挨拶! ひと通りの歓談が終わったら…ついにこの時がやってきました。 結婚挨拶、本題です! 彼女のお家、彼のお家、どちらにいる場合でも、話を切り出すのは男性から。 彼のお家にうかがっている場合は、 彼が挨拶した後に、彼女も 「どうぞよろしくお願いいたします」 と挨拶を添えましょう。 このとき、心がけたいマナーが一つ。 それは、「席から離れて挨拶する」こと。 ・部屋が和室の場合は…? いったん座布団から離れ、畳に正座して挨拶しましょう。 ・洋室の場合は…? 椅子から立ち上がって挨拶を。 マナーを守って、誠意の伝わる挨拶にしましょう! 6 おいとまのタイミング 無事に本題が終わったら、しばらく歓談をしましょう。 最初よりも打ち解けて、話が盛り上がると思います。 聞かれたことにはハキハキ答えると好印象! このとき食事をすすめられても、一度は遠慮するのがマナーです。 二度すすめられたら、お礼を言って素直にご馳走になりましょう。 このとき、彼の実家へうかがっている女性なら、 「何かお手伝いすることはありませんか?」 と申し出るのが良いですよ。 食事がない場合は、お家に上がってから1、2時間を目安においとまを。 彼の実家に招かれた立場としては切り出しにくいので、彼の方から「そろそろ時間も…」などとタイミングを見て腰を上げます。 「本日は、本当にありがとうございました」 と、最後にしっかりお礼を言いましょう! 7 帰宅後はお礼を忘れずに 実家訪問が終わると、ホッとしてしまうかもしれませんが・・・ 結婚挨拶はもう少しだけ続きます。 帰宅してから、 「時間を取ってもらったことへのお礼」と、 「無事家に着きましたという報告」を兼ねて、電話を1本入れましょう。 女性は、2〜3日以内に向こうへ着くよう「お礼状」を出すと、もっと丁寧な印象に。 自分の手で心を込めて書けば、ご両親もさらに喜んでくれるはず!.

次の

彼女の両親に挨拶!好印象を残す事前準備と当日マナー

結婚 の 挨拶 流れ

どのような挨拶にするか細かく考える前に、「そもそも、どうして新郎新婦が自分に挨拶を頼んだのか」について考えてみましょう。 ただ「乾杯」といって式をスタートさせるだけなら、会場スタッフや司会進行をしている人でもできます。 わざわざ友人に頼まなくても、場慣れしている人に任せた方がスムーズに事が運ぶこともあるでしょう。 ただし、盛り上げようとするばかりにマナーを忘れてはいけません。 結婚式には親しい友人たちだけでなく、家族や親戚一同、会社の上司や同僚などさまざまな列席者がいます。 もし、不作法な振る舞いをしてしまった場合、自分自身に対してだけでなく、新郎新婦に対しても厳しい目が向けられてしまう危険性があります。 会場にいる人全員が楽しめるような、気の利いた挨拶を心がけましょう。 そのためには、全体の流れをスムーズにするよう心がけ、盛り込むエピソードをよく考えることが重要です。 乾杯の挨拶の基本作法とは? まずは乾杯の基本的な作法を確認していきましょう。 新郎新婦の入場が終わり、乾杯の挨拶に移るときには、司会者から紹介があります。 紹介されたときには自分の席で座ったまま周りに軽く一礼します。 紹介が終わったらそこで立ち上がり、またそこで一礼です。 そして、ゆっくりとマイクのある場所まで歩いていきます。 会場によってはスタッフが案内してくれる場所もあります。 案内がない場合でも、事前にマイクの場所を教えてもらえますのでしっかり確認しておきましょう。 マイクのある場所までいったら、スタッフがマイクの高さを調整してくれます。 それが終わるのを待って、新郎新婦に向けてお辞儀をしましょう。 そのあとに全体に向けてもお辞儀をし、スピーチを始めます。 スピーチの最中は、ゆっくりと会場全体を見渡すように話すのがポイントです。 また、笑顔も忘れないようにしましょう。 そして、スピーチを終えたら乾杯の挨拶をします。 乾杯のあとには列席者から拍手がありますので、そこでもう一度お辞儀をし、自分の席に戻ります。 着席の前にもう一度お辞儀をすると印象アップにつながるでしょう。 歩くときやお辞儀をするときなどは、ゆっくりと動くことを心がけると堂々とした雰囲気になります。 緊張しているとついつい動作が早くなりがちになるので、意識してゆっくり動くようにしましょう。 乾杯の挨拶の流れ スピーチを始めるときには、まずはお祝いの言葉を述べ、自己紹介をします。 自己紹介をしつつ、新郎新婦とどういった関係なのかを説明しましょう。 お祝いの言葉と自己紹介は前後してしまっても問題ありません。 お祝いの言葉を贈ると同時に、結婚式に招待してもらったことに対するお礼を述べるとより丁寧な印象になります。 自己紹介を済ませた後は、僭越(せんえつ)の意を示します。 「僭越」とは、「自分の立場や身分を超えて出過ぎたことをすること」という意味です。 結婚式においては、「他にもたくさんいるゲストを差し置いて、自分のような若輩者が挨拶する無礼をお許しください」といったような意味合いです。 もちろん、ここまで細かく言う必要はありません。 単に「僭越ながら乾杯の音頭を取らせていただきます」というだけで大丈夫です。 そのあとはふたりを祝う気持ちを伝えつつ、新郎新婦の人柄が列席者に伝わるようなエピソードを紹介します。 そして、2人の幸せを願う、はなむけの言葉を贈り、結びの言葉に移ります。 そして、最後に「乾杯」と乾杯の音頭を取って終了です。 乾杯の挨拶を成功させるポイント 乾杯の挨拶を成功させるには、いくつか押さえておくべきポイントがあります。 まず、頭に入れておきたいのは、なるべく簡潔かつ、短くまとめるということです。 乾杯の挨拶ですので、当然列席者はグラスを持って自分の話を聞いています。 その状態で5分、10分と話してしまっては列席者も疲れてしまうでしょう。 伝えるべきことは伝えつつ、なるべくシンプルに、1~2分程度で収まるように内容を考えるのがベストです。 また、結婚式というお祝いの場ですから、その場にふさわしいようなはきはきとした明るい話し方をするように心がけましょう。 スピーチの中では、正しい日本語を話すのはもちろん、選ぶ言葉にも注意が必要です。 結婚式では、聞いている人に不幸なことを連想させる「忌み言葉」や、同じことが繰り返されることを連想させる「重ね言葉」を使うのはタブーとされています。 例えば、「終わる」「別れる」「重ねて」「度々」といったような言葉です。 こういった、ネガティブなことをイメージさせてしまう言葉は避けなければなりません。 そして、最後にチェックしておくべきポイントは、「乾杯のタイミングをわかりやすくする」という点です。 話の流れで突然「乾杯」と言ってしまっては、列席者がタイミングを逸してしまい、締りのない雰囲気になりかねません。 それまでせっかく良いスピーチをしていたとしても、すっきりしない終わり方になってしまっては台なしです。 「それでは」「みなさんご唱和ください」など合図となるような言葉を述べ、それから「乾杯」と大きな声で言いましょう。 乾杯の挨拶で使えるエピソードの例 1~2分という非常に短い時間の中で、お祝いの気持ちを伝えたり、新郎新婦の人柄を話したりとやるべきことが盛りだくさんです。 そのため、エピソード選びは非常に重要なポイントになります。 エピソードの内容については、新郎新婦との関係によって大きく左右されます。 例えば、会社の上司や同僚の場合には仕事で新郎新婦が輝いていたエピソードがよく話されます。 いつもスマートに仕事をこなしており、他の人が2日かけてやる仕事を1日でやってしまうような切れ者です」といったようにしましょう。 友人の場合は、部活など学生時代に一生懸命取り組んでいたことを話すのがおすすめです。 このように、思い出話と共に新郎新婦のキャラクターが伝わる内容にしましょう。 しっかり準備して乾杯の挨拶を成功させよう.

次の

【親への結婚挨拶】順番や場所&時期と当日までの心がまえ|結婚式やることガイド|マイナビウエディング

結婚 の 挨拶 流れ

結婚の挨拶は、まず女性側の親へ挨拶に行くのが一般的な流れとされています。 挨拶に伺う時は、親の準備を考えて2週間前には日程調整するようにしましょう。 また、何の要件で家に来るのか女性から自分の親にそれとなく伝えておけば、親も心の準備ができて当日の流れもスムーズ。 <玄関先での挨拶の流れ> ・家に到着! 時間は何分前が適切? 自宅を訪問する場合は、迎える側の準備が一段落したころと考えて、約束の時間より2~5分遅れて到着するのがベスト。 5分以上遅れる場合は必ず連絡を入れるようにしましょう。 ・挨拶の前に身だしなみをチェック 玄関前に到着したら、まずはコートは脱ぎ、傘がある場合はきちんとたたんでおきましょう。 服装や髪の毛の乱れがないか確認して、携帯電話をマナーモードに設定してからインターフォンを押しましょう。 ・玄関先での挨拶の仕方 女性側の家への訪問では最初に女性が親に彼を紹介し、その後男性に親を紹介するのが一般的な流れ。 彼側の家なら男性が親に女性を紹介してから親の紹介する流れとなります。 紹介された後は笑顔で明るくハキハキと自己紹介と挨拶をしましょう。 本日はお時間を頂戴し、ありがとうございます」 ・靴の脱ぎ方にも気をつけて 両親から「中にどうぞ」と言葉をかけられたら、前向きのまま靴を脱ぎ、玄関にあがってから脱いだ靴先が玄関に向くように揃えて端に置きましょう。 挨拶の言葉・文例::「ありがとうございます。 それでは失礼いたします。 」 <部屋を通されてからの流れ> ・手土産を渡す 家に訪問する時には、手土産を用意するのが大人のマナーです。 伺う家の近所で購入するのは厳禁。 値段がわかってしまう上に、間に合わせて買ってきたと思われかねません。 事前に両親の好みをリサーチし、お菓子を選ぶ場合は家族の人数分が入っているものを選びましょう。 手土産を渡すタイミングは部屋に通されてきちんとご挨拶をしてから。 袋や風呂敷から出して、品物を渡します。 上座をすすめられたとしても、「本日はご挨拶にうかがったので、こちらの席で結構です」と一旦断り、それでも上座を勧められるようなら、お礼を言ってから座るようにしましょう。 挨拶の言葉・文例:「本日はお忙しいところありがとうございます。 ・盛り上がる話題で和やかに歓談 いきなり結婚の話は持ち出さず、趣味や仕事の話など自己紹介も兼ねた会話が広がりやすい話題で歓談しましょう。 OKな話題:季節や天候の話、趣味や仕事、家族の話、相手の幼い頃の話、スポーツ、ペット NGな話題:宗教の話、政治の話、自慢話、見え透いたお世辞、下ネタ <結婚の申し込み> ・切り出しの仕方・タイミング 歓談で場の雰囲気がある程度和んだら、男性側から結婚の話を切り出します。 このとき、歓談からの流れで話をするのではなく、改めての意思表示として座布団に座っているときは座布団を外してから、親の目をしっかり見て誠実な態度で結婚の承諾を得るようにしましょう。 結婚をお許し頂けるでしょうか」 ・女性から男性の親への挨拶する場合の流れ 親への挨拶について基本的な流れは同じですが、女性から男性の親へ挨拶をする場合は男性が「結婚したい相手がいて先方のご両親にはすでにお許しをいただいたので、紹介したい」という形で話を進めるのが一般的です。 挨拶の言葉・文例: 「このたびは結婚をお許しいただきありがとうございます。 中にはなかなか切り出せず、相手側の親から「よろしくね」と先に言葉をかけられてしまったという人も。 また、結婚の申し込みをした際の親の反応について聞いてみたところ、最初からその話で来ると聞いていたからか、話の流れがスムーズに進んだという人が多数。 両親への結婚の挨拶・申し込みでは事前の準備も大切ですね。 逆に切り出しやすかったかもしれません」(30代男性) ・「子どもができたことも同時に報告したので、最初はびっくりされましたが頑張って!と応援してくれました」(30代女性) <結婚の申し込み後の歓談> 無事両家の親に結婚の許しをもらえたら、今後の流れについて相談と報告をしておきましょう。 ・両家顔合せの日程 両家の顔合わせをいつごろ、どこで行うか相談しましょう。 顔合わせをどこでするか、また結納をする・しないは家によって考え方がさまざま。 前もって自分の親の意向を確認しておくようにしましょう。 ・結婚式の時期や場所 まずは事前にふたりで結婚式をするかしないか意向を決めておき、する場合は時期・ゲストの顔ぶりをあらかじめ相談しておくのがオススメです。 その上で、親挨拶当日は結婚式についてふたりの希望を親に伝え、親の意向を確認するようにしましょう。 退出までのスムーズな流れ <退出までの流れ> ・男性からおいとまの申し出 話がひと段落ついたら、長居はしないでおくのがマナー。 2時間を目安に男性側から帰る旨を申し出ましょう。 挨拶の言葉・文例:「本日はまずはご挨拶にと思い伺いましたので、そろそろ失礼いたします」 ・お礼を伝える 退出するときは自分の席を整えてから立つようにしましょう。 退出の挨拶は、洋室の場合は椅子から立ち上がって、和室の場合は座布団をはずして今日のお礼をきちんと伝えます。 挨拶の言葉・例文:「本日はありがとうございました。 今後の流れについてまた相談させてください。 どうぞよろしくお願いいたします」 <宿泊が必要な場合> 日帰りで行くのが難しい場合は、宿泊するホテルはあらかじめ予約しておきましょう。 もし実家に泊まるようすすめられた場合には、相手側の親をなるべくわずらわせないよう、必要最低限のものは用意しておいて。 <食事に誘われたときの流れ> 日帰りで行くのが難しい場合は、宿泊するホテルはあらかじめ予約しておきましょう。 もし実家に泊まるようすすめられた場合には、相手側の親をなるべくわずらわせないよう、必要最低限のものは用意しておいて。 帰宅後のお礼の仕方とタイミングについて ・家についたら、到着の連絡とお礼の電話を 自宅に帰ったら、無事帰宅したことと今日のお礼を電話で伝えるようにしましょう。 夜遅くなって帰宅した場合は、翌日の午前中に連絡すればOK。 例文:「今日はお忙しいところ、お時間を頂戴しありがとうございました。 先ほど、無事帰宅いたしました。 今後ともお父様お母様にはいろいろとご相談させていただきたく、これからも宜しくお願いいたします」 ・お礼状を出すとより丁寧 実家に伺った2~3日以内に、ハガキでお礼状を出すとより好印象です。 この時、手書きが苦手であっても、自分の言葉を使って直筆で丁寧に書いたものがベスト。 挨拶の言葉・例文:「昨日はお忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございました。 また、思いがけず長居をしてしまい、申し訳ございませんでした。 まずは一刻も早くお礼を申し上げたくお便りいたしました。 ありがとうございました。 相手側の親が気にする! 結婚挨拶のNGマナー ・女性の実家が遠方なので先に男性の家に挨拶 親世代は特に女性側は男性側の「家に入る」「嫁に行く」という感覚を持つ場合が多く、まず先に女性側の親から承諾をもらうものと考えられるケースが多いよう。 女性側の実家が遠方であっても、先に女性側の実家に挨拶に行ってから男性側の両親に挨拶する流れが無難です。 ・相手の親をお父さんお母さんと呼ぶ 相手の親を呼ぶときには、まだ結婚が決まったわけではないので「お父さん、お母さん」とは呼ぶのはマナーとしてふさわしくありません。 ・お互いの名前を呼び捨てやニックネームで呼ぶ たとえ相手の親と顔見知りであっても、親の前で彼・彼女の名前を呼び捨てやニックネームで呼ぶのはNGです。 結婚挨拶の仕方や挨拶の言葉を事前にチェックし、準備万端で当日を迎えるようにしたいですね。 【アンケート概要】 調査期間:2016年9月9日~2016年9月11日 調査対象:既婚男女200名 調査方法:インターネット調査.

次の