中国 入国制限 緩和。 入国制限緩和、なぜこの4か国?中国差し置きベトナム・タイ・豪・NZを優先させた理由は「感染状況」と「客単価」

【主張】出入国制限緩和 なぜ台湾を含めないのか

中国 入国制限 緩和

経済の関連性が高い国かつ、防疫対策のしっかりできている国ということですが、 そこに韓国が入っていないことに対して、国民の感情はますますヒートアップしています。 「日入国制限緩和候補、ベトナム、台湾」…韓国は不透明 日本政府は、新種の感染症が拡散している中、 実施中の入国制限をベトナムなど一部国家に限って緩和する案を検討しているという。 韓国政府は経済人などに対して入国制限を緩和する案を日本政府に打診したが、 日本政府はこれについてまだ明確な立場を明らかにしていない模様だ。 日本経済新聞は日本政府が入国制限を緩和する候補として ベトナム、台湾、欧州の一部国家が挙がると22日報じた。 報道によると日本政府は確定者数が少なく、日本と経済的関連性の高い国を中心に 入国制限の緩和を検討しており、これらの国が対象となる可能性があるという。 日本政府が、韓国に対しても入国制限を緩和するかどうかはまだ明確でないようだ。 外交筋によると、日本政府は経済人などに対して入国制限を 緩和しようという韓国側の提案に具体的な立場をまだ表明していない。 韓国外交部当局者は19日、ソウルで記者らと会い、 韓国発の入国を制限した日本と企業家の入国を例外的に認める問題について、 「日本について特に申し上げるほどの状況にない」と反応している。 日本政府が韓国などに対して、訪問者や研究者などの入国制限を緩和する案を 検討中だという日本マスコミの報道もあったが、検討の方向性が明確でないという分析もある。 茂木外相は先週の記者会見で、企業家らの往来許可について 「まず、日本で感染拡散の収拾が必要だ」と前提し「海外の状況をさらに確かめた上で 相手国の感染拡散など情報を総合して検討する」という意思を表明した。 また、22日の記者会見で、来週予想される東京などの緊急事態解除の時期に合わせ、 韓国と中国企業家を中心に入国制限措置を解除する可能性を問う質問に「ない」と言い切った。 しかし日経は、日本政府が経済人や研究者、留学生、観光客の順で3段階にわたって 入国制限を緩和する案が日本政府内で有力に検討されていると伝えた。 経済人を優先許容対象として検討するのは、企業活動を促進し、 景気下落を防止するためだと同紙は説明した。 日本政府はその後、留学生の入国を認め、コンビニエンスストア業界等が 人手を確保できるようにする方針だという。 観光客は消費促進などの効果を出すものと期待されるが、感染が再び拡散する恐れがあり、 一番遅く入国が許可されるものと予想される。 日本政府は、首都圏、北海道など5つの広域自治体に対し、 まだ緊急事態宣言を維持しており、入国制限の緩和にはさらに時間がかかると予想。 西村経済再生担当相は「海外で感染が拡散している状況だ。 入国 制限緩和を今判断する時ではない。 慎重に対応したい」と21日、国会に出席して述べた。 日本政府は、5月末までとなっているビザ効力停止措置などを延長する案を調整中だという。 日本政府は早ければ25日、東京などで維持されている緊急事態宣言を解除するかどうかを 再検討する計画であり緊急事態が完全に解除されれば入国制限緩和の論議が波に乗るものと予想。 日本政府観光局の暫定集計によると、先月来日した外国人旅行客は2900人にとどまった。 【この記事に対する私の見解】 といったように日本の感染症拡大状況が小康状態に入ったことを受けて、各国から入国規制緩和の 打診が出ている様ですが、日本政府は慎重な姿勢を崩さない様です。 特に各国に強い入国規制緩和の圧力をかけて「正常化」をアピールしようとしているのは中国です。 日本に対しても、中国が感染していないことを示す「陰性」などの条件付きで打診していますし 中国と韓国の間ではすでにビジネス目的の入国を認め、正常化を徐々に進めています。 中国は5月からPCR検査を条件に、シャンハイやテンシン、チョンチンなどの地域へ ビジネス目的の韓国人の入国を認めています。 出張者はまず出発の72時間以内に韓国内の保健当局が指定する医療機関でウイルス検査を受け、 陰性を証明する確認証の発行を受け、中国への入国後に再びPCRなどの検査を受け、 再び陰性と判断されれば入国が認められる仕組みで 中韓は「ファスト・トラック」と呼び、両国の正常化を国内外に強く訴える狙いがありそうです。 しかし、韓国国内では感染爆発の第二波が起きていると言われており、 ナイトクラブでの大規模感染の他、5月の中旬以降から感染者は 1日20人〜30人ずつ増えており予断を許さない状況が続いています。 中国も、感染者数ゼロをうたいながらも、中国政府が統計に加えていない 「無症状」の感染者については、新たに28人確認されており、終息と言い切るには時期尚早です。 ですが中国はアジア太平洋地域の十数カ国に対しても、 必要不可欠な出張を促進する措置を提案しているようで、 日本、韓国のほか、シンガポールとも必要な人員が往来できるように協議しているそうです。 日本政府は中韓の「レッドチーム」の怪しげな誘いを断った形になりますが、 ようやく国内の感染者数が減少してきたことを考えても当然の判断と言えるでしょう。 このように、韓国だけに厳しい対応を取ったわけではなく、感染症拡大状況を鑑みれば 当然の判断であるのにも関わらず、韓国国内ではヒステリックな日本を糾弾する声が溢れています。 3月に入国規制を実施した際も、韓国は報復的な措置だと大騒ぎをした過去がありますが 韓国だけを狙い撃ちにしたわけではなく、感染拡大が続いていて、 WHOが要注意国だと言ったことを受けての判断だということをわかっていないのか、 韓国側の一方的な被害妄想とも言える態度に、 国際世論も冷たい目を向けたわけですが、今回も同じことが起きそうです。 中韓でタッグを組んでの感染症拡大状況を無視した規制緩和は、 米中対立が激化する昨今においてはアメリカとの関係性にも決して良い印象は与えないでしょう。 中国からの要請に決してNOと言えず、隠蔽も辞さない文政権。 せっかく世界にアピールしてきたK防疫も、台無しになるかもしれません。 他国も厳しい入国規制をとっているのにも関わらず、 なぜ韓国だけ特別扱いされると思っているのか不思議でなりません。 反日感情が人一倍強く、様々な無礼を日本に働いてきたのにも関わらず こういった時だけ優遇されることを望むのは筋違いでしょう。 何より、感染症の拡大を危惧しての措置に被害妄想を膨らませる感覚も理解できません。 文政権は対日強硬路線であることは間違いありませんが、 こうした韓国国内の声も当然影響を与えています。 感染症拡大という非常事態においても協力体制や相互理解のできない韓国。 日本が中国の圧力や韓国の感情論に負けず、 国民の防疫のために、毅然とした対応を続けることを強く願います。

次の

「入国制限緩和、台湾も対象に」自民外交部会が政府に提言 外交部が感謝

中国 入国制限 緩和

中国から入国規制緩和の申し出 経済活動の本格再開に向け、中国政府は日本政府に対し、入国制限を緩和していく考えを打診しています。 日本国内での新規感染者の減少などを条件に、PCR検査で陰性が確認された人のみ入国を認める方式が想定されていると考えられます。 現在中国では、入国者に対して指定施設での14日間の隔離措置を求めていますが、入国制限が緩和されれば隔離措置は不要となる見込みです。 中韓では例外入国実施が導入 中国はすでに5月から、韓国に対して入国制限の緩和に徐々に開始しています。 上海、重慶、天津などの一部地域にビジネス目的での入国を認めるもので、 「ファスト・トラック」と呼ばれる方式を採用しています。 ファスト・トラックとは、出発の72時間以内に指定の医療機関でウイルス検査を受け、陰性を証明する健康状態確認書の発給を受けます。 中国の企業関係者が韓国を訪れる場合は、出国前に陰性判定を証明する確認書を提出し、到着後に再度検査で陰性が確認されれば、14日間の隔離が免除されます。 今回の中国から日本に対する入国制限緩和の打診は、このファスト・トラック方式を念頭に置いているとみられます。 しかし現在日本では無症状でPCR検査を受けることが困難であることなどから、実現には一定のハードルがあると考えられます。 さらに日本では緊急事態宣言を延長し、感染拡大の抑え込みに力を入れています。 国内でも移動の自粛が求められる中、海外への渡航制限を緩和することは時期尚早とみられています。 各国で入国制限緩和の動き新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の多くの国で経済が大きな影響を受けています。 経済の冷え込みは軽視できず、各地でロックダウン解除のデモが起こり、国民の我慢の限界も近づいています。 そのため各国政府は経済活動を再開するため、段階的に移動や自粛の規制を緩和する動きが始まっています。 中国は日本と韓国以外に、シンガポールとも入国緩和の協議を進めているとされています。 観光大国トルコでは、6月にもアジア地域を中心に外国人観光客の受け入れを再開する見込みです。 またギリシャでも7月から外国人観光客の受け入れを再開する方針を示しています。 中国だけでなく、他の国でもビジネスに対する渡航制限の緩和が今後進む可能性があり、注視していく必要があるでしょう。 感染予防と経済活動再開のバランス、日本の方針は? 中国では中国全土で厳しいロックダウンを行い、感染拡大の抑制に成功し、規制緩和と共に世界的に人気のある上海ディズニーランドの営業を再開するなど、他国へ新型コロナウイルスを克服したというアピールも着実に行い、関係各国との入国規制緩和への動きに入るなど日本も見習うべき点が多いでしょう。 中国や韓国などの経済活動の再開はポジティブなニュースである一方、中国の武漢と韓国のソウルでは集団感染が新たに確認されており、感染防止対策の緩和は慎重にならざるを得ない面もあります。 中国から入国制限緩和の打診を受けたものの、緊急事態宣言の続く日本では慎重な姿勢を崩すことは難しいでしょう。 ただし日本でも他国と同様に現在の自粛状況を無期限で続けることには限界があります。 日本では、いかに個々人のレベルで意識付けや対策を行い、感染を防止できるかを海外にいかにアピールできるかが、日本と世界各国の往来の正常化を大きく左右するでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ソウル聯合ニュース:.

次の

中国、ビジネス目的限定で入国制限を緩和…外資撤退を懸念 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

中国 入国制限 緩和

中国から入国規制緩和の申し出 経済活動の本格再開に向け、中国政府は日本政府に対し、入国制限を緩和していく考えを打診しています。 日本国内での新規感染者の減少などを条件に、PCR検査で陰性が確認された人のみ入国を認める方式が想定されていると考えられます。 現在中国では、入国者に対して指定施設での14日間の隔離措置を求めていますが、入国制限が緩和されれば隔離措置は不要となる見込みです。 中韓では例外入国実施が導入 中国はすでに5月から、韓国に対して入国制限の緩和に徐々に開始しています。 上海、重慶、天津などの一部地域にビジネス目的での入国を認めるもので、 「ファスト・トラック」と呼ばれる方式を採用しています。 ファスト・トラックとは、出発の72時間以内に指定の医療機関でウイルス検査を受け、陰性を証明する健康状態確認書の発給を受けます。 中国の企業関係者が韓国を訪れる場合は、出国前に陰性判定を証明する確認書を提出し、到着後に再度検査で陰性が確認されれば、14日間の隔離が免除されます。 今回の中国から日本に対する入国制限緩和の打診は、このファスト・トラック方式を念頭に置いているとみられます。 しかし現在日本では無症状でPCR検査を受けることが困難であることなどから、実現には一定のハードルがあると考えられます。 さらに日本では緊急事態宣言を延長し、感染拡大の抑え込みに力を入れています。 国内でも移動の自粛が求められる中、海外への渡航制限を緩和することは時期尚早とみられています。 各国で入国制限緩和の動き新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の多くの国で経済が大きな影響を受けています。 経済の冷え込みは軽視できず、各地でロックダウン解除のデモが起こり、国民の我慢の限界も近づいています。 そのため各国政府は経済活動を再開するため、段階的に移動や自粛の規制を緩和する動きが始まっています。 中国は日本と韓国以外に、シンガポールとも入国緩和の協議を進めているとされています。 観光大国トルコでは、6月にもアジア地域を中心に外国人観光客の受け入れを再開する見込みです。 またギリシャでも7月から外国人観光客の受け入れを再開する方針を示しています。 中国だけでなく、他の国でもビジネスに対する渡航制限の緩和が今後進む可能性があり、注視していく必要があるでしょう。 感染予防と経済活動再開のバランス、日本の方針は? 中国では中国全土で厳しいロックダウンを行い、感染拡大の抑制に成功し、規制緩和と共に世界的に人気のある上海ディズニーランドの営業を再開するなど、他国へ新型コロナウイルスを克服したというアピールも着実に行い、関係各国との入国規制緩和への動きに入るなど日本も見習うべき点が多いでしょう。 中国や韓国などの経済活動の再開はポジティブなニュースである一方、中国の武漢と韓国のソウルでは集団感染が新たに確認されており、感染防止対策の緩和は慎重にならざるを得ない面もあります。 中国から入国制限緩和の打診を受けたものの、緊急事態宣言の続く日本では慎重な姿勢を崩すことは難しいでしょう。 ただし日本でも他国と同様に現在の自粛状況を無期限で続けることには限界があります。 日本では、いかに個々人のレベルで意識付けや対策を行い、感染を防止できるかを海外にいかにアピールできるかが、日本と世界各国の往来の正常化を大きく左右するでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ソウル聯合ニュース:.

次の