マザー テレサ 人身 売買。 【聖女?】マザー・テレサ【ノーベル平和賞】

マザー・テレサの修道会、赤ちゃん売買で修道女ら逮捕に「遺憾」 インド

マザー テレサ 人身 売買

目次はこちら• マザーテレサとは何をした人物?生涯をわかりやすく簡単に説明 マザーテレサの残した言葉の中に下記のものがあります。 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから byマザー・テレサ — 心に響く言葉集📖 KandouWords 聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。 高僧の説法にも共通する、本質をズバリと指摘するシビアさと重みのある言葉だなと改めて思わされます。 しかし、実際にどんな人生を歩んだ人なのでしょうか。 幼少期からの生い立ちを確認しつつ、マザーテレサの活動の源泉を辿ってみることにしました。 マザーテレサの生い立ち マザーテレサは1910年8月26日、オスマン帝国コソボ州ユスキュブ(現北マケドニア・スコピエ)でこの世に生を受けたとされています。 スコピエ市街には銅像が立っています。 (鈴) — ILOVEYUGO ILOVEYUGO 両親は熱心なカトリックだったこともあり、誕生の翌日には教会で洗礼を受けています。 比較的裕福な家庭で、両親が貧しい人への手助けに対して積極的な人柄だったことも知られています。 その両親を見て育ったマザーテレサは幼少期から優しく聡明な人柄だったと言われており、 12歳になる頃には将来修道女になることを希望していたようです。 その根本には「人を助けたい」という想いがあったと言われていますが、小中学生でその想いに至るなんて本人の素質はもとより親御さんの素晴らしさにも感服ですよね? 1928年故郷を離れ、アイルランド・ロレト修道女会に入会をすることでシスターとしての人生をスタートするのです。 ロレト修道女会ではインド各地で宣教のための奉仕活動が行われており、マザーテレサも志願し1929年19歳でインドへ旅立つこととなったのです。 マザーテレサのカルカッタ修道女時代 1929年~1947年まで、マザーテレサはインド・カルカッタのミッション系学校で地理と歴史を教える教師として働いていました。 このとき修道名を 「テレサ」とすることを決めるのです。 また1937年には終生誓願を行い生涯を修道女として過ごすことを決め、周囲からは 「シスター・テレサ」と呼ばれるようになっていきます。 1944年44歳の時には、聖マリア高等学校の校長先生に抜擢されます。 マザーテレサに校長先生のイメージがある方は少ないのではないでしょうか? 比較的裕福な暮らしをしていたことが伺い知れますが、1946年ダージリン行きの電車の中で 「全てを捨てて、最も貧しい人を助け、働きなさい」と 神からの啓示を受け状況が一変するのです。 1948年教皇ピウス12世より修道院外居住許可を得ると、神の啓示を実現させるべく行動に出ます。 マザーテレサはカルカッタのスラム街にいる貧しくて学校に行けない子供たちに手を差し伸べるようになったのです。 ホームレスの子供たちに無料で授業をするうちに教師時代の教え子が次第に集まり、他の教会や地域の人々から寄付が寄せられるようになるなど支援の輪が広がっていきました。 このボランティア活動が マザーテレサの基盤を作っていったと言えます。 そのこと自体も素晴らしいことですが彼女の意志に多くの人が賛同し大きな力になっていったことを考えると、現代の私たちにとっても他人事ではないような気がしてきますね。 修道会の設立許可を得て、 『神の愛の宣教者会』を設立することになったのです。 【今日は何の日】 1950年、マザー・テレサが「神の愛の宣教者会」を設立しました。 これまでは修道女として「シスター・テレサ」と呼ばれていましたが、修道会設立を機に指導者「マザーテレサ」となり立場と責任に変化が表れてきました。 1952年にはヒンドゥー教の廃寺院を国から譲り受け、修道会最初のホスピス 『死を待つ人々の家』を設立するなどまさに大車輪の活躍を見せます。 インド・コルカタ。 「死を待つ人々の家」にやってくる人々は多くは被差別カーストです。 「貧しさの輪廻から抜けられない」。 連載「マザー・テレサが愛した街で」です。 マザー・テレサの活動の原点となったインド・コルカタの「死を待つ人々の家」です。 貧者に生涯を捧げたマザー・テレサの遺志を連載でたどります。 同時期の日本では戦後の混乱を引きづっていた時期に当たりますが、この時すでに人の尊厳について深く考えられた施設があったということがマザーズハウスがどれだけ先鋭的な理念を持っていたか考えさせられますね。 これらのマザーテレサの歩みはカトリック教会に新しい風を吹かせることとなり、 『神の愛の宣教者修道士会』『神の愛の宣教者使徒会』などを次々と設立しながら活動の幅を広げていきました。 さらに1969年にはアメリカ人によってドキュメンタリー映画『すばらしいことを神様のために』が制作され、マザーテレサの活動は海を越えた世界中で注目されることとなったのです。 これだけのことを成しえるということは単純に慈愛に満ちた女性ということだけではなく、パワー溢れる女性という側面もありそうですね。 実際にマザーテレサの残した格言の1つに 『神様は私たちに、成功してほしいなんて思ってません。 ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。 』 というものがありますが、まさに彼女の行動的な一面が表れていると言えそうですね。 「神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。 ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。 マザーテレサに与えられた数々の賞 8月26日 修道女 誕生 1910-1997 18歳で修道女となり、インドに渡って貧困者の救済活動を始め を創設。 さらに老人、孤児、障害者、ハンセン病患者などのための慈善施設を数多く開設し、世界各地へ活動を広げました。 ノーベル平和賞を受賞しています — 大阪セントラルグレースチャペル mbocgc マザーテレサの活動が世界中に愛と希望の大切さを伝えた結果、数々の輝かしい賞を受賞する運びとなりました。 1971年には勲章『ヨハネ23世教皇平和賞』『ケネディー賞』を受賞。 1979年69歳のときには『ノーベル平和賞』を受賞。 授賞式の際には 「私のための晩餐会は不要です。 その費用は、どうか貧しい人々のためにお使いください。 」と言ったことは有名ですよね。 授賞式には正装で着飾ることなく、普段通りのサリーとサンダルで出席するところにもマザーテレサの確固たるポリシーが感じられます。 またノーベル平和賞の受賞時に記者から世界平和のために人々が何をすべきか問われた時には、 「家に帰って家族を愛してあげなさい」と簡潔で真理をつく言葉を残しています。 ノーベル平和賞=マザーテレサのイメージなんだよね、いまだに。 何かを否定し排除し攻撃し滅ぼすことで得られる平和と、弱って苦しい思いをしている人達に手を差し伸べ包み込むことで生まれる平和って、意味合いが全然違うよね。 1981年には来日も果たし、その際に行われたインタビューでは貧困と本来の豊かさの意味を語り注目を集めました。 命日9月5日【NHK人x物x録 1910~1997 修道女】豊かな国ほど心が貧しい。 その他にも世界123か国で彼女の精神を引き継ぎ、ボランティア活動に汗を流す人がいるのです。 例えマザーテレサが亡くなったとしても想いは生き続け、多くの人々を動かしているという事がどんな賞の受賞よりも大きな彼女の勲章だと思います。 マザーテレサの真実の姿はサイコパスで人身売買に関与?4つの黒い噂! ここまでは一般の伝記で語られるマザーテレサの姿をご紹介してきました。 しかしマザーテレサには 死後でも悪評があるのも事実です。 1995年に故クリストファー・ヒッチェンズ氏が著書『The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice』の中でマザーテレサの活動に批判的な意見を発表してから悪評がくすぶっている状態でした。 ずっと読みたかった本。 ちょっと小難しい書き方だけど、短いからすぐ読めちゃう。 The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice… — Masaaki🇬🇧🇦🇺 Masaakiha 再度注目され始めたのは2013年モントリオール大学とオタワ大学の共同研究チームが、マザーテレサに関する 287の文献を調査したことに起因します。 マザーテレサの活動に懐疑的な見方を示し、 マザーテレサがバチカンの単なる広告塔に過ぎなかったとの考えを発表したことでまた黒い噂が歩き出したのです。 主な噂の内容は以下の5点です。 満足に治療をしない• 極端にケチである• 人身売買をして、黒い人脈からの金銭的援助を受けていた• 人工中絶反対派のジャーナリストを自身の活動に利用 詳しく見ていきましょう。 調査によるとマザーテレサに助けを求めた病気の人間の3分の2が医療ケアを求めるも、 3分の1は適切な医療処置が行われていないことを理由に亡くなっているというものです。 マザーテレサの活動はインド国内のみならず海外にも広く認知されていたことを加味すると、運営に支障をきたすほど資金がなかったとは考えづらいと思われます。 マザーテレサは 独特の死生観を持っていたことが指摘されており、重篤なものは自宅で静かに息を引き取ることを推奨していた結果、このような事態に陥ったと推測されます。 他方、訪問診察のために訪れた多数の医療従事者が 衛生環境の悪さや必要物資の枯渇などの惨状を知り、愕然としていたことが知られています。 皮下注射器の使いまわしなどの不適切な医療行為• 利用者が排泄物で汚れたタオルを食器を洗うシンクでともに洗う など、最低限の衛生環境を保証できない施設であったことが、実際に少なくない人から指摘されているのです。 このような批判に対し 神の愛の宣教者会は否定をせず、マザーテレサの死後には医療体制や衛生管理が少しずつ向上しているという主旨のコメントをしています。 このことからも施設の不備は関係者の知るところであり、事実と言えるでしょう。 インドの大規模な洪水やインド史上最大の化学工場事故として知られる 『ボパール化学工場事故』などの際も、現地へ多くの修道女を派遣しお守りを配るなどしたが、資金援助は一切していなかったことが分かっています。 修道女の仕事はあくまで宗教を通じて人に貢献することなので、お金持ってるなら払ってくれたらいいじゃないかというのは妬み嫉みの域から出ないかなと個人的には思います。 「修道会で面倒を見ていた、男の赤ちゃん1人を売った」というだけでなく、そして首謀者はマザーテレサだという噂もあるそうです。 また、彼女の長年の助手は昨日殴り殺された。 ・ — Omi OmiCh0202 マザーテレサが人身売買で儲けたお金は、 毎年バチカンに1億ドル~1億5000万ドル(50億~100億円)送金していたとのこと。 赤ちゃん一人あたり19万円で売買していたとされ、マザーテレサが亡くなった時の預金口座には、48億円以上の大金が残っていたとも言われています。 また、 ハイチの右翼独裁者として知られているジャン・クロード・デュヴァリエ氏から、「レジオンドヌール勲章」を授与された際に 献金も受け取っていたことが発覚しています。 「マザー・テレサは生前、悪名高き独裁者と親交があった。 資金援助されたお金を堂々と使用できなかった…ということは、一体何に使われたのかが大変気になりますよね。。。 1969年マルコム・マゲリッジ氏がコダック社とタッグを組み制作した映画 『First photographic miracle(初めて写真に撮られた奇跡)』をきっかけに、マザーテレサが世界中から認知されノーベル平和賞受賞に至った経緯があります。 ノーベル賞受賞時の演説でも人工中絶反対の立場を鮮明にしたスピーチを展開していたマザーテレサ。 レイプに起因する妊娠をしたボスニア人の被害女性を例に挙げ、 「人工中絶は戦争や殺人にあたる、世界平和を壊す最も大きな要因の1つ」ともとれる主旨の発言をしていたことも有名です。 米国に招かれたマザー・テレサは、多宗教の信者たちを集めた全国祈祷朝食会の場で、「イエス・キリストは『幼な子を受け入れることは私を受け入れることだ』と語っています。 4点全てが事実だと仮定して考えてみますと、宗教家の女性1人に様々なことをさせすぎて徐々に歪みが大きくなっていった感があると個人的には思っています。 危篤状態・飢餓状態の人を想い祈りを捧げるのと医療行為や金銭管理・広報活動などは全て業務内容に求められるスキルがかけ離れています。 これを1人が統括しようとして無理が生じるのは当然のこと。 マザーテレサも「人間」…抱えていた苦悩とは? 2007年に出版された 『Come Be My Light』というタイトルの本が、 マザーテレサの内面を吐露した衝撃的な内容で話題になりました。 最近読んだ本『マザー・テレサ 来て、わたしの光になりなさい!』 女子パウロ会 「鷹のような厳しい顔つき」「聖母のような優しい微笑み」彼女に会った人達は皆こう評する。 人知れず心に深い苦悩を抱えている人こそ、本当に美しく笑えるのだと、この本を読んで心が震えた。 奉仕活動を始めてから心の闇があり、全てが死んでしまったかのような気持ちである• 大きな孤独を感じており、神への深すぎる慕情ゆえに神を疑わない信仰からさらなる孤独を与えられている。 誰かに救われたい。 修道女たちに指導する際、ヒステリックになってしまったことへの悔恨• 神から自分が何も求められない人間であることが苦しい この本は神の愛の宣教者会の司祭の1人・ブライアン・コロディエチェク神父によって、マザーテレサが生前に霊的指導者たち(イエズス会神父であるぺリエール大司教、ヴァン・エクセム神父、ピカシー神父、ノイナー神父、ピート神父ら5人)と交わした40以上の手紙を元に編纂された本です。 マザーテレサの うつ病を疑いたくなるような精神的に不安定な様子が全編に渡ってみられ、全世界中がマザーテレサの知られざる実像に驚愕しました。 マザーテレサが内面の葛藤を決して表に出さずパブリックイメージを守りながら人生を終えたことは、やはり周囲の環境や自身の立場による配慮が大きいと推測されます。 多くの人に聖人として崇めらる立場になったが故に自分の本心を打ち明けられない孤独を抱えていたことは明白な事実。 人を救うことに注力した女性1人を救えなかった事実を重く受け止め、相互サポートすることでより円滑な未来が築けるように後の時代に生まれた我々は努力していかなければなりませんね。

次の

聖女ではなかったマザー・テレサ 「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?(1/2)

マザー テレサ 人身 売買

を首謀者とする 子供の人身売買スキャンダルが発覚 上記が事実とすれば、様々な揺らぎや逡巡や事情や 「誰もが陥る生活習慣から徐々に倫理観が崩れていく プロセス」があり、その流れにあがないきれなくなる 瞬間があったとしたら、それはどの様なことなのか? ソコが知りたいです。 が札束ビンタに痺れたのはどんな経緯か? ここだけに焦点を当てても政治家でないので面白くはない。 もっと多面的複眼的に全体像を理解したいです。 広く関係者による虐待ニュース。 これらが繋がりを持つ可能性を視野に入れて事態を見守ります。 英王子からまで、 少女性的搾取疑惑の エプスタイン被告に連なる紳士録 (2019年8月14日) [悲報] エプスタインのフライト記録から、 ウ、キャ、 ヘンリー、 メーガン全員、悪魔教崇拝者である ことが明らか になりました。 また、子供が大人と性的関係を築くことができるべきであると、 BoyChatを提唱していた。 Chester Bennington は映画に出演する予定だった。 2ヶ月の間に2人はそれぞれが首つり自殺で死亡。 そういった犯罪を撲滅する」と言っていた。 ハリウッドだけでなくもです。 ハリウッドのかなりホラーな真実 ハリウッドの超有名俳優らが犯罪 の被害者らに告発されました。 これが今日の、別称「」=()の 基本である。 の魅力は、人間の利益を最優先しようという もっともな主張にある。 ただ問題は、このようなが聖書に 書かれた「カナンの呪い」の直系の子孫でる点である。 歴史を悪魔 学的に考察すれば、が悪魔信仰の系譜にあるのは明白となる。 近代の歴史は、最古の記録にまで遡って直接の系譜を調べない限り、 理解する事は出来ない。 この記録とは、アダム以前の古文書が語る 混血人種のことである。 紀元前161年頃書かれたノア書の古い部分 を成すによると、サムヤザつまりサタンが200の天使から 成る軍団を率いてカルメル山に天下った。 人間の女を遠くから眺めた 軍団は、彼女らを求め、娶った。 この下落した天使の集団は監視軍団 と呼ばれ、人間の妻たちに魔術を教えたが、ここからネピリムと呼ば れる巨大な人種が生まれた。 ネピリムについては名指しで言及していない翻訳聖書もあり、 ストロングのにも載っていない。 しかしネルソンの にはネピリムが数箇所で登録されている。 創世記6・4には 「このとき、地にネピリムありき」とあるが、改訂標準版には 「巨人ありき」としてネピリムの名を挙げていない。 以降これらの巨人は「アナクの子供達」となった。 13・33には 「我等またアナクの子ネピリムを彼処に見たり。 これネピリムより出たる者なり」とある。 この巨人たちは他民族にとって 大きな脅威であった。 9・2では「誰かアナクの子孫の前に立つ ことを得ん」という苦情がある。 しかし巨人も最終的には殺されるか追放された。 「の子孫の地の内にはアナク人一人遺りをらず」(記11・22) 現代の学者はこの人類初期に出現した巨人を突然変異によるものとするであろう。 特殊な生まれによる習慣や欲望は、周辺民族に恐れを抱かせた。 神への反逆者、サタンはサトナとも呼ばれ、蛇の姿になってを誘惑し、 体中に入り、最古の殺人者カインを生ませたとする神話もある。 ネピリムは他の民族の脅威であったのみならず、憎悪心と凶暴性が強く、 頤に殺しあう事もあったという。 そして殺したものを食し、 この世に人肉食の習慣を残した。 伝説によると、彼らは神に殺され、 主導天使ミカエルは監視軍団つまり天から堕ちた天使の集団を地中の 奥底に幽閉したという。 人間にとっては不幸な事に、話はここで終わらず、サタンは子であるネピリム、 そしてカインを通して地上に悪魔の存在を確立させた。 サタンの神への反逆によって、苦しみが地上では何世紀にもわたって続く事になる。 この反逆以来、人類の歴史は神の民とサタンのカルト集団との戦いの歴史となった。 この点を理解しなければ、実存の記録が示すような両陣営の歴史の展開を追う ことは不可能である。 人間と魔性が交わり、そこから魔神が発生したというタルムード書の伝説は、 ゾハール書が強調している。 このように見ると、全ての秘密宗教が麻薬、 (神に対する憎しみの表現である)呪文、そして奇怪な性行為の三点を 強調する理由ができよう。 最近は、英国のあるメディアとのインタビューで、 ハリウッドは子供たちを殺して、その子供の血を飲むということを話しました。 この衝撃的な暴露は、児童性犯罪がハリウッドエリートの間で行われている と言いながら、ハリウッドの全てのスタジオは、無辜な子供たちの血で 購入されたものだと言って、人々をさらに驚かせました。 ハリウッドのエリートたちはこのような事実を全部知っているし、 もっと若くて、もっとひどい拷問で殺した子供の血を飲めば、 さらに効能的だと信じていると言いました。 しかし私が見る時、人々が話していないのは、 実はイギリスの皇室がこのような文化と、全て繋がっているということです。 しかし、私の話は事実です。 彼らは子供を拷問し、 恐怖に震えさせてから、子供たちを祭物として殺して食べます。 ハリウッドのエリートたちはそうすることで、 自分たちが何かとんでもない能力を受けると考えています'と言いました。 このような悪行の暴露が重要な理由は、悪の皇室と邪悪な銀行家たちが皆、 このような邪悪な儀式と児童性虐待と殺人で繋がっていて、 自分たちの秘密を守ろうと互いに後ろを守ってあげるのです。 いや、彼らの良心はむしろ逆方向に 作用するようです'と言いました。 ほとんどのハリウッド大スターたちも実は、このような文化と繋がっています。 私たちが彼らの政治観を見てもよく知ることができます。 彼らの政治観は、児童性暴力や虐待を後から支持し堕胎を支持する サタン政治主義を支持することで一色です。 このようなサタン政治主義信奉者たちの神様への驕慢と傲慢は、 傲慢が自分たちの目の前で崩壊しつつあるのです。 が完璧な人ではないということはよく知っています。 今まで沈黙をして抑圧された過去を捨てて、このように悪を暴露し、 悪に対抗しなければなりません。 皆さん、がこうして暴露するのに、 どうして米国のどのマスコミもこれを報道しないのですか? これだけ見ても、本当に衝撃的ではないですか! この事実だけでも、米国のマスコミもこのような児童性虐待や 暴力の協力者だということを見せてくれます。 7月29日にのグラハム・・ショーと言う番組に 出演したはハリウッドで行われている犯罪 と少年殺害について暴露しました。 ハリウッドの有名人らはパーティを開催してこのような犯罪 (生贄儀式で少年を強姦し殺害するなど)を行ってきました。 は、「ハリウッドは罪のない少年の血で溢れている。 私も2000年代に彼等のパーティに招かれた。 当時、犯罪に関与したお偉いさんたちはみな亡くなっているので 今はどのようなことが行われていたかを話せるようになった。 ハリウッドでは毎年多くの子どもたちが犠牲になっている。 ハリウッドの人たちは、生命力を維持する手段として子供たちを 殺害した後に血を飲み人肉を喰っていた。 子供たちに心身ともに苦痛を与えた上で殺害した後に子供たちの血を飲み、 人肉を喰えば、これまで以上に強力な生命力を得ることができると 彼らは信じていた。 殺害する前に性的暴行を加えた子供たちの 血や肉は非常に栄養価が高く高品質であると彼らは信じていた。 しかも彼ら自身の子どもたち(乳児)を高い価格で売っている。 乳児は、高級ブランド品であり、高品質のコカイン、、 ダイアモンドと同品質のステーキのように売られている。 」と語りました。 何百人ものハリウッド・スターが子供たちに性的暴行や人身売買に 関与していたとして逮捕され起訴されています。 既にカでは 同犯罪の容疑で数万人が逮捕され起訴されています。 カバル包囲網が効果を発揮しはじめているから このような事案がニュースになる。 【衝撃】元「」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』は真実だった!【驚愕】 この映像の5分10秒~ 「ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ」 ここから始まるベルナルド氏の本心吐露は、天使と悪魔、 光と闇の狭間に置かれた彼のライフイベントです。 そして、6分39秒~ 「ベルナルド氏は子供たちを生贄に捧げるように命令 されたが、それを拒否。 」 ここは、より正確な表現をすれば、「ベルナルド氏自身 の子供を生贄に捧げるように命令されたが、拒否。 」 となります。 を捨て去る儀式として、 自分自身の子供を生贄に捧げるのです。 この儀式は、人間の子供を好んで食べる への忠誠を誓う儀式として、 ヒューマニティを捨て去り完全な奴隷として の存在になる為の儀式です。 姿・形は地球人でも、魂はありません。 それがカバルです。 政治信条としての「」は、 この入口に過ぎません。 人間の子供を好んで食べるに 関する情報は以下のサイトにある1994年 のアレックス・コリアー氏のインタビュー映像 をご覧ください。 2019年07月03日 宇宙人問題の本質 以上 manbows44.

次の

[B! 宗教] マザー・テレサ、インド人から超嫌われていた!

マザー テレサ 人身 売買

を首謀者とする 子供の人身売買スキャンダルが発覚 上記が事実とすれば、様々な揺らぎや逡巡や事情や 「誰もが陥る生活習慣から徐々に倫理観が崩れていく プロセス」があり、その流れにあがないきれなくなる 瞬間があったとしたら、それはどの様なことなのか? ソコが知りたいです。 が札束ビンタに痺れたのはどんな経緯か? ここだけに焦点を当てても政治家でないので面白くはない。 もっと多面的複眼的に全体像を理解したいです。 広く関係者による虐待ニュース。 これらが繋がりを持つ可能性を視野に入れて事態を見守ります。 英王子からまで、 少女性的搾取疑惑の エプスタイン被告に連なる紳士録 (2019年8月14日) [悲報] エプスタインのフライト記録から、 ウ、キャ、 ヘンリー、 メーガン全員、悪魔教崇拝者である ことが明らか になりました。 また、子供が大人と性的関係を築くことができるべきであると、 BoyChatを提唱していた。 Chester Bennington は映画に出演する予定だった。 2ヶ月の間に2人はそれぞれが首つり自殺で死亡。 そういった犯罪を撲滅する」と言っていた。 ハリウッドだけでなくもです。 ハリウッドのかなりホラーな真実 ハリウッドの超有名俳優らが犯罪 の被害者らに告発されました。 これが今日の、別称「」=()の 基本である。 の魅力は、人間の利益を最優先しようという もっともな主張にある。 ただ問題は、このようなが聖書に 書かれた「カナンの呪い」の直系の子孫でる点である。 歴史を悪魔 学的に考察すれば、が悪魔信仰の系譜にあるのは明白となる。 近代の歴史は、最古の記録にまで遡って直接の系譜を調べない限り、 理解する事は出来ない。 この記録とは、アダム以前の古文書が語る 混血人種のことである。 紀元前161年頃書かれたノア書の古い部分 を成すによると、サムヤザつまりサタンが200の天使から 成る軍団を率いてカルメル山に天下った。 人間の女を遠くから眺めた 軍団は、彼女らを求め、娶った。 この下落した天使の集団は監視軍団 と呼ばれ、人間の妻たちに魔術を教えたが、ここからネピリムと呼ば れる巨大な人種が生まれた。 ネピリムについては名指しで言及していない翻訳聖書もあり、 ストロングのにも載っていない。 しかしネルソンの にはネピリムが数箇所で登録されている。 創世記6・4には 「このとき、地にネピリムありき」とあるが、改訂標準版には 「巨人ありき」としてネピリムの名を挙げていない。 以降これらの巨人は「アナクの子供達」となった。 13・33には 「我等またアナクの子ネピリムを彼処に見たり。 これネピリムより出たる者なり」とある。 この巨人たちは他民族にとって 大きな脅威であった。 9・2では「誰かアナクの子孫の前に立つ ことを得ん」という苦情がある。 しかし巨人も最終的には殺されるか追放された。 「の子孫の地の内にはアナク人一人遺りをらず」(記11・22) 現代の学者はこの人類初期に出現した巨人を突然変異によるものとするであろう。 特殊な生まれによる習慣や欲望は、周辺民族に恐れを抱かせた。 神への反逆者、サタンはサトナとも呼ばれ、蛇の姿になってを誘惑し、 体中に入り、最古の殺人者カインを生ませたとする神話もある。 ネピリムは他の民族の脅威であったのみならず、憎悪心と凶暴性が強く、 頤に殺しあう事もあったという。 そして殺したものを食し、 この世に人肉食の習慣を残した。 伝説によると、彼らは神に殺され、 主導天使ミカエルは監視軍団つまり天から堕ちた天使の集団を地中の 奥底に幽閉したという。 人間にとっては不幸な事に、話はここで終わらず、サタンは子であるネピリム、 そしてカインを通して地上に悪魔の存在を確立させた。 サタンの神への反逆によって、苦しみが地上では何世紀にもわたって続く事になる。 この反逆以来、人類の歴史は神の民とサタンのカルト集団との戦いの歴史となった。 この点を理解しなければ、実存の記録が示すような両陣営の歴史の展開を追う ことは不可能である。 人間と魔性が交わり、そこから魔神が発生したというタルムード書の伝説は、 ゾハール書が強調している。 このように見ると、全ての秘密宗教が麻薬、 (神に対する憎しみの表現である)呪文、そして奇怪な性行為の三点を 強調する理由ができよう。 最近は、英国のあるメディアとのインタビューで、 ハリウッドは子供たちを殺して、その子供の血を飲むということを話しました。 この衝撃的な暴露は、児童性犯罪がハリウッドエリートの間で行われている と言いながら、ハリウッドの全てのスタジオは、無辜な子供たちの血で 購入されたものだと言って、人々をさらに驚かせました。 ハリウッドのエリートたちはこのような事実を全部知っているし、 もっと若くて、もっとひどい拷問で殺した子供の血を飲めば、 さらに効能的だと信じていると言いました。 しかし私が見る時、人々が話していないのは、 実はイギリスの皇室がこのような文化と、全て繋がっているということです。 しかし、私の話は事実です。 彼らは子供を拷問し、 恐怖に震えさせてから、子供たちを祭物として殺して食べます。 ハリウッドのエリートたちはそうすることで、 自分たちが何かとんでもない能力を受けると考えています'と言いました。 このような悪行の暴露が重要な理由は、悪の皇室と邪悪な銀行家たちが皆、 このような邪悪な儀式と児童性虐待と殺人で繋がっていて、 自分たちの秘密を守ろうと互いに後ろを守ってあげるのです。 いや、彼らの良心はむしろ逆方向に 作用するようです'と言いました。 ほとんどのハリウッド大スターたちも実は、このような文化と繋がっています。 私たちが彼らの政治観を見てもよく知ることができます。 彼らの政治観は、児童性暴力や虐待を後から支持し堕胎を支持する サタン政治主義を支持することで一色です。 このようなサタン政治主義信奉者たちの神様への驕慢と傲慢は、 傲慢が自分たちの目の前で崩壊しつつあるのです。 が完璧な人ではないということはよく知っています。 今まで沈黙をして抑圧された過去を捨てて、このように悪を暴露し、 悪に対抗しなければなりません。 皆さん、がこうして暴露するのに、 どうして米国のどのマスコミもこれを報道しないのですか? これだけ見ても、本当に衝撃的ではないですか! この事実だけでも、米国のマスコミもこのような児童性虐待や 暴力の協力者だということを見せてくれます。 7月29日にのグラハム・・ショーと言う番組に 出演したはハリウッドで行われている犯罪 と少年殺害について暴露しました。 ハリウッドの有名人らはパーティを開催してこのような犯罪 (生贄儀式で少年を強姦し殺害するなど)を行ってきました。 は、「ハリウッドは罪のない少年の血で溢れている。 私も2000年代に彼等のパーティに招かれた。 当時、犯罪に関与したお偉いさんたちはみな亡くなっているので 今はどのようなことが行われていたかを話せるようになった。 ハリウッドでは毎年多くの子どもたちが犠牲になっている。 ハリウッドの人たちは、生命力を維持する手段として子供たちを 殺害した後に血を飲み人肉を喰っていた。 子供たちに心身ともに苦痛を与えた上で殺害した後に子供たちの血を飲み、 人肉を喰えば、これまで以上に強力な生命力を得ることができると 彼らは信じていた。 殺害する前に性的暴行を加えた子供たちの 血や肉は非常に栄養価が高く高品質であると彼らは信じていた。 しかも彼ら自身の子どもたち(乳児)を高い価格で売っている。 乳児は、高級ブランド品であり、高品質のコカイン、、 ダイアモンドと同品質のステーキのように売られている。 」と語りました。 何百人ものハリウッド・スターが子供たちに性的暴行や人身売買に 関与していたとして逮捕され起訴されています。 既にカでは 同犯罪の容疑で数万人が逮捕され起訴されています。 カバル包囲網が効果を発揮しはじめているから このような事案がニュースになる。 【衝撃】元「」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』は真実だった!【驚愕】 この映像の5分10秒~ 「ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ」 ここから始まるベルナルド氏の本心吐露は、天使と悪魔、 光と闇の狭間に置かれた彼のライフイベントです。 そして、6分39秒~ 「ベルナルド氏は子供たちを生贄に捧げるように命令 されたが、それを拒否。 」 ここは、より正確な表現をすれば、「ベルナルド氏自身 の子供を生贄に捧げるように命令されたが、拒否。 」 となります。 を捨て去る儀式として、 自分自身の子供を生贄に捧げるのです。 この儀式は、人間の子供を好んで食べる への忠誠を誓う儀式として、 ヒューマニティを捨て去り完全な奴隷として の存在になる為の儀式です。 姿・形は地球人でも、魂はありません。 それがカバルです。 政治信条としての「」は、 この入口に過ぎません。 人間の子供を好んで食べるに 関する情報は以下のサイトにある1994年 のアレックス・コリアー氏のインタビュー映像 をご覧ください。 2019年07月03日 宇宙人問題の本質 以上 manbows44.

次の