ダイエット ドリブン ズ。 Mリーグ小話&近況

Mリーグの麻雀プロ_ドリブンズ丸山奏子(まるこ)を知ってほしい|さんみつ|note

ダイエット ドリブン ズ

Mリーグは麻雀をスポーツへ!ゆくゆくはオリンピック競技へという想いが込められたスケールの大きい競技なのです。 所属は赤坂ドリブンズ まるこ(丸山奏子)は、麻雀プロ歴わずか2年でMリーグの選手として選ばれシンデレラガールとして注目をされました。 ドリブンズはMリーグ初代チャンピオンチームである。 トップ奪取には 倍満ツモ条件という非常に厳しい状況。 寿人から出た上がり牌をスルーし最終ツモ番で見事 ツモ!!当たり牌をスルーする勝負度胸と最後にツモる天運に麻雀ファンは痺れたのである。 丸山奏子衝撃的デビュー戦!楽屋では・・・ 丸山の帰還。 インタビューでは我慢したものの、クラブハウスにきて溢れ出しました。 泣きながらもしっかりとオーラスを振り返るさまは、大物の予感を感じさせます。 — 赤坂ドリブンズ AkasakaDrivens わかっただろうか? まるこは「だってトップとりたかったん... です」と言っているのだ! これは、ドリブンズ広報の#ハッシュタグ戦略といっても過言ではない トップ取りたかったんだもん 公式twitterのつぶやきにより、まるこ(丸山奏子)は「だもん」というキャラが根付いてしまったのである。 確かに可愛らしいキャラでお似合いなのだが、まるこ自身はこれを否定している。 麻雀プロだけで食べていくのはかなり難しいのだが、まるこは仕事を辞め、麻雀に自分の人生を捧げたのだ。 一部の心無い、かつ、まるこ(丸山奏子)の魅力に気づいていない批判をしたがりな人間からは、まるこは麻雀をつまらなさそうに打っている・・・ という意見があるが、 真剣なだけである 表情が豊かなMリーガー(主にたかはる)もいるが、基本、麻雀を打っている時は表情に出さない方が有利だと言われているのだ。 試合以外の空中途中三つ巴の接戦となるも・・・詳しくはテンパイクイーン決勝放送を。 場外ではまることおかぴーの舌戦が繰り広げられた。

次の

Images of 石川麻矢

ダイエット ドリブン ズ

Mリーグは麻雀をスポーツへ!ゆくゆくはオリンピック競技へという想いが込められたスケールの大きい競技なのです。 所属は赤坂ドリブンズ まるこ(丸山奏子)は、麻雀プロ歴わずか2年でMリーグの選手として選ばれシンデレラガールとして注目をされました。 ドリブンズはMリーグ初代チャンピオンチームである。 トップ奪取には 倍満ツモ条件という非常に厳しい状況。 寿人から出た上がり牌をスルーし最終ツモ番で見事 ツモ!!当たり牌をスルーする勝負度胸と最後にツモる天運に麻雀ファンは痺れたのである。 丸山奏子衝撃的デビュー戦!楽屋では・・・ 丸山の帰還。 インタビューでは我慢したものの、クラブハウスにきて溢れ出しました。 泣きながらもしっかりとオーラスを振り返るさまは、大物の予感を感じさせます。 — 赤坂ドリブンズ AkasakaDrivens わかっただろうか? まるこは「だってトップとりたかったん... です」と言っているのだ! これは、ドリブンズ広報の#ハッシュタグ戦略といっても過言ではない トップ取りたかったんだもん 公式twitterのつぶやきにより、まるこ(丸山奏子)は「だもん」というキャラが根付いてしまったのである。 確かに可愛らしいキャラでお似合いなのだが、まるこ自身はこれを否定している。 麻雀プロだけで食べていくのはかなり難しいのだが、まるこは仕事を辞め、麻雀に自分の人生を捧げたのだ。 一部の心無い、かつ、まるこ(丸山奏子)の魅力に気づいていない批判をしたがりな人間からは、まるこは麻雀をつまらなさそうに打っている・・・ という意見があるが、 真剣なだけである 表情が豊かなMリーガー(主にたかはる)もいるが、基本、麻雀を打っている時は表情に出さない方が有利だと言われているのだ。 試合以外の空中途中三つ巴の接戦となるも・・・詳しくはテンパイクイーン決勝放送を。 場外ではまることおかぴーの舌戦が繰り広げられた。

次の

Images of 石川麻矢

ダイエット ドリブン ズ

赤坂ドリブンズ(アカサカドリブンズ) ドリブンズは博報堂DYメディアパートナーズがオーナーのMリーガーチーム。 監督は越山剛プロ。 健全なツモは健全な肉体から。 体重を乗せても裏ドラは乗らない。 甘えた体ではペンちゃんは埋まらない。 牌効率より体脂肪率。 さぁ、空腹を楽しもう。 ダイエットドリブンズ緊急会議 「なぜ僕たちは痩せられないのか」 っていう会議を開いたりしてるの。 しかも居酒屋で。 まずは、園田 賢(そのだ けん)プロ! キャッチフレーズは「卓上の魔術師」! 他にも「麻雀賢者」って呼ばれたりするよ。 上手なだけじゃなくてリーチ(メンゼン)も使いつつ上手に使いわけるんだよ。 そんな園田プロ、実はMリーガーの中で唯一の二足の草鞋をはいたサラリーマン。 通称Mリーマンだったんです!(だった) ええ!サラリーマンをしながらMリーガーを!? って、なんだか応援したくなっちゃうよね• そんな麻雀とは裏腹に、とってもお茶目! まさかプロの方から 愛称も「ずんたん」って、とってもかわいいよね。 Mリーグの試合中も、苦しそうに表情を歪ませたりするシーンがあるのね。 (もしかすると賛否両論あるのかもしれないけど) 私は見ていて「がんばれ!!!」って。 思わず声をかけて応援したくなっちゃいます。 最後まで注目していきたいですね!.

次の