アシックス ノヴァ ブラスト。 早速、履いてみました!! ASICSから新登場 NOVABLAST レビュー

【楽天市場】アシックス NOVA BLAST (ノヴァ ブラスト) 1011A681

アシックス ノヴァ ブラスト

みなさんこんにちは! Runtripの大森です。 Runtrip Magazineの記事を書くのは久しぶりになりますが、久しぶりに編集チームからシューズレビューの機会を貰えたので頑張って紹介していきたいと思います。 さて、2月25日(火)にASICSの最新シューズ『NOVABLAST(ノヴァブラスト)』が発表されました。 メディアを呼んだローンチイベントでは試し履きの機会もありましたが、ランニングシューズは室内で数メートル走るだけでは、なかなか深い部分までわからないことも多いですよね。 幸いなことに、今回は事前にこのシューズを履くことができたので、さっそく20kmほど走ってみました。 その中で感じたことをレビューしていきたいと思います。 」それがこのシューズのタグラインです。 このメッセージからも見てとれるように、NOVABLASTの最大の特徴は『弾む』ことにありそうです。 弾むといえばランニングシューズの中ではNIKEのREACTやadidasのBOOSTといったソールが有名ですが、ASICSは今回『FF Blast(FLYTE FORM Blast)』というソールを発表しました。 個人的には『ポンポン系』と呼んでいます。 ちなみに、他にこう呼んでる人に会ったことはありません。 思わず「おぉ! 」と言葉がでる感じ。 いやぁ、本当好きです、『ポンポン系』。 レーシングシューズという感じではありませんが、自宅の周りをジョギングするような、どうしても退屈になりがちなトレーニングでこういうシューズを履くと、それだけで楽しい気持ちになれますよね。 接地の感覚としては、大きく沈み込んでから跳ねるというよりも、硬めに張られたトランポリンの上に飛び乗るようなイメージかなと思います(実際、ローンチイベントでも『トランポリン』という表現をされていました)。 クッション性も高いのですが、接地してから弾み上がるまでのタイミングが短いので、思ったより、早く足が戻ってくるような感覚になります。 ですので、走り慣れた人は、もしかしたら普段よりもジョギングのペースが速くなってしまうかもしれません。 私はだいぶ速くなってしまいました(笑) 「ちょっと脚が重いな〜」と感じる日などに履いてみると良さそうです。 重量は27cmで約275グラム。 そこまでの重さを感じなかったのもよかったです。 なぜこれだけ跳ねるかというと、配布資料の中にこんな記載がありました。 確かに裏側にはしっかりとしたくぼみがありました。 また、かかと部分にはひし形のデコボコも刻まれており、この形状も接地時に変形し、戻るチカラで反発を生んでいると考えられます。 このくぼみが大事 実はかかと部分のギザギザも肝 NOVABLASTはビギナーだけが対象のシューズではない NOVABLASTは、これからランニングを始めるエントリー層や、カラダを動かすことが好きでも、距離やスピードを追いかけることを目的としていない方達が主なターゲットになるかと思いますが、ある程度ランニング歴のある方でも十分にこのシューズの使い所があると思います。 ここからは『NOVABLAST』の楽しみ方として、ぜひ試していただきたい走り方をご紹介します。 このシューズを履いた時は、できれば同じペースで走らずに、ジョギングの中でもスピードをあげたり下げたり変化をつけて走ってみて欲しいです。 かかとや中足部など、着地する位置に変化を持たせてみると、弾み具合が微妙に変わって感じられるはずです。 なんだかいつもと違う、コックピットに乗っているようなワクワク感を感じられ、マンネリしがちなランニングがきっと楽しくなるかなと思います。 意外と速いペースにもついてきてくれるシューズなので、ビルドアップやウェーブ走にも使えそう。 また、ナイトランで履いてみるのもオススメです。 特にローンチ時のカラーは夜に映えるネオンカラーになっていて、写真を撮っても楽しいかもしれません。 ナイトランではネオンカラー部分がよく目立つ 反発しつつも安定感も維持 これだけ反発性とクッション性があると、どうしてもグラつきやすかったり安定感が乏しくなってしまうのですが、NOVABLASTは思っていたよりも高い安定性がありました。 かかとの実寸よりもソールの幅が広めになっていて、このあたりが着地の際の安定感に繋がっているかと思います。 レースシーズンも終わりに差し迫ってきた時期。 NOVABLAST概要.

次の

【楽天市場】アシックス NOVA BLAST (ノヴァ ブラスト) 1011A681

アシックス ノヴァ ブラスト

ASICS アシックス 日本が誇るスポーツブランド、アシックス。 マラソンシューズのワールドスタンダードはアシックス、という話を聞く程世界的な評価は高く、 実際にアシックス直営店舗へ行くと、海外からのシューズ購入者を良く目にします。 ランニングシューズ各ブランドが厚底シューズの開発に鎬を削り合う中、アシックスから新たなフォーム素材を用いた厚底シューズが登場。 「 FLYTEFOAM BLAST」によって形成されたソールは 弾むようなクッション二ングが体験でき、 デザイン性も高く、タウンユースでも大活躍してくれるシューズとなっています。 この記事では、アシックスの「 NOVA BLAST」を履いて走ってみたレビューをします。 ご購入の際の参考にしていただければと思います。 ASICS NOVABLAST の特長 先ず目が行くのは何と言ってもこの分厚いソール。 ソールを構成する新フォーム「 FLYTEFAOM BLAST」はアシックスがこれまで開発してきたフォームの中でも最もクッション性、反発性に優れており、開発のイメージは玩具のスーパーボール。 正に 弾むような走行感が感じられます。 その FLYTEFOAM BLAST に 立体的な窪みを着けることで 更に弾力が増しており、これがデザインにもなっています。 アッパーはメッシュ素材が用いられ、フィット感と通気性が両立。 異なる密度のメッシュ素材を重ねて用いることで、大胆なデザイン性も確立しています。 爪先に向かってのせり上がりも比較的大きく取られ、ソールの柔らかな着地から滑らかな重心移動が図られています。 ソール中央に大きな窪みが作られており、ソールの伸縮性が大きくなっています。 これによって ソールの弾力性を大きくしており、小型のトランポリンで弾んでいるような感覚が体験できます。 これまでにないダイナミックなソールデザインが特徴の「 NOVABLAST」ですが、実際に履いてみると新ソールによる非常に柔らかな着地が感じられます。 シューズの開発コンセプト「 はずむ、楽しい」 が体験できます。 クッション性の高さから、ランニングの用途としては、 ジョギング、 リカバリーランニングの用途が最適と感じられます。 ASICS NOVABLAST レビューまとめ この記事では ASICS NOVABLAST についてご紹介しました。 アシックスが新たに開発したソール形成材、「 FLYTEFOAM BLAST」によって 弾むようなクッション二ングが実現、弾力性を最大限発揮させる立体的な構成がデザイン性を作り出し、タウンユースでも大活躍してくれるシューズとなっています。 これまでにないダイナミックなソールデザインが特徴の「 NOVABLAST」。 実際に履いてみると新ソールによる非常に柔らかな着地が感じられ、 クッション性の高さから、ランニングの用途としては ジョギング、 リカバリーランニングの用途が最適と感じられます。 アシックスが新たに開発した新ソールが搭載された「 NOVABLAST」。 シューズの開発コンセプト「 はずむ、楽しい」 が体験できます。 NOVABLAST アシックス asics. com.

次の

【楽天市場】アシックス NOVA BLAST (ノヴァ ブラスト) 1011A681

アシックス ノヴァ ブラスト

【あわせて読みたい】 シューズは「トランポリン」からインスピレーションを得て開発。 重さがかかった時に変形しやすいようにアウターソールには凹凸が施され、厚みのある後部から前部にかけては10mmの高低差があり、前方への推進力を高めている。 ボリュームのあるソールの一方で、アッパーには軽さを持たせ、従来より細く同等の強度の糸で編んだ「モノフィラメントメッシュ」を使用し、通気性を追求。 カラーリングはブラックやブルー、グレーのベース色にネオンカラーを差し色に用いたメンズ・ウィメンズ各3色のバリエーションで展開する。 発表会ではフルマラソン3時間切りのタイムを持つランナーでもあるビームスの牧野英明やトラック競技経験者でアーティストの竹内唯人、姉弟インフルエンサーのよしあきとミチが新作を履いて登場。 牧野は「沈み込んだあとの跳ね返りが早く、万能なシューズ」とランナー目線での感想を述べ、よしあきは「普段はマラソンに参加したいと思わないけど、この靴を履いていると走りたくなりました」と履き心地についてコメントした。 ノヴァブラストは、同社のランニングシューズカテゴリーの中でも「ランニングを楽しんでほしい」という思いから、タウンユースから、初心者をはじめジョギングを嗜むランナーの日々のトレーニングまで対応するシューズとして開発。 担当者は「ランナーのレベル、またトレーニングの目的・用途に合わせてランニングシューズのオプションの一つとして幅広く提案していきたい」といい、足への負担を軽減しサポートがより必要なランナーへは「カヤノ」や「ニンバス」シリーズなど、緩衝材の「ゲル」が搭載されているシリーズなどとの使い分けも提案する。 ランニングシューズを巡っては夏の東京オリンピック大会を控え、今春にかけてレース用を含めスポーツメーカー各社の新作ラッシュが続く。 アシックスでは先日、長距離のレース用シューズ「メタレーサー(METARACER)」を発表。 他社の動向を踏まえ同社は「一点に集中するというより、それぞれのシューズに最適なランナーがいるので、各製品の特徴を正しく伝えてお客様に届けていきたい」と話す。 製品に関する詳細は近日中に発表されるという。

次の