蒼井 優 結婚。 南キャン山里亮太、蒼井優と結婚→お似合いのカップルだと思う。

蒼井優と結婚の山里亮太、実は超ハイスペック男…日本で上位数%の高額所得者

蒼井 優 結婚

略歴 にで生まれ、中学1年までで育つ。 中学1年のときに上京してからは中学卒業までに住んでいた。 にミュージカル『』のポリー役でデビュー した後に、自ら現在の事務所に応募した。 からまでの雑誌『』でレギュラーモデルを務める。 当初は女優としての活動は活発ではなかったが、10代の頃にレンタルビデオで『』、『』、『』を観て映画俳優を憧憬する。 に『』で映画に初出演した。 過去のオーディションは毎回落選していたが本作で合格して映画俳優のきっかけとなる。 2002年に「のリハウス」の10代目に選ばれ、に『』で初めて連続ドラマにレギュラー出演した。 とW主演を務めた『』は、2003年にされてに劇場公開された。 本作品で特技の を披露した。 2004年2月にを卒業 してに合格していたことが報道された。 学業と俳優業を迷う最中に19歳で初めて参加したで映画ファンの熱気と歓喜に触れて映画に対する思いが強くなり、日本大学芸術学部を中退して俳優業に専念することを決意する。 に7本の映画出演作が公開され、『』で初主演した。 に出演映画『』がのコンペティション部門に選出された。 第11回のスターサミットアジア2006で、、らと共にカーテンコールの1人に選出された。 映画『』、劇場版アニメ『』、『』などで声優も務める。 2006年度は映画『』などの演技が認められ、最優秀助演女優賞、第49回主演女優賞をはじめ多くのを授賞した。 2007年に出演した『』で、摂食障害の役作りのために食事制限と毎日のランニングで体重を7kg落とした。 本人は「減量すると熱演と言われがちだけど役者なら当たり前にやること」と語る。 、『』で連続ドラマ初主演を果たす。 に、『』で役を演じに初出演し、映画『 』に出演 した。 10代の頃に山田監督の『』シリーズのオーディションも受けたことがあるが落選して女優を続けるか否か苦悩する中で本作品に出演 して以降、山田組の『』や『』シリーズに起用されている。 に第30回で、1985年生まれの、、とともにオープニングイベントのレッドカーペットに登場した。 この年に公開された主演映画『 』でや第91回など主演女優賞を多く授賞した。 にヒロイン役で出演した『』が、のコンペティション部門に選出される。 主演舞台『アンチゴーヌ』と『スカイライト』での演技が評価され第53回、第26回最優秀女優賞、を受賞した。 にのと入籍。 に結婚を発表し、都内のホテルで山里の相方で蒼井の親友でもあると三人で報告会見を開いた。 映画『』で共演したことをきっかけにとは無二の親友となる。 映画『』で共演したとは定期的に食事や乗馬をしに行ったり 、とはプライベートで海外旅行に行ったりする仲。 舞台『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』やドラマ『』で共演したともプライベートで親交がある。 趣味が手芸で、舞台を観に行ったときに、たまたま隣の席に座っていたでもあるに初対面でいきなり「は何がいいですか」と聞いたのをきっかけに仲良くなり、篠原とは手芸仲間になる。 とが苦手であり、苦手な食べ物を食べるとすぐに顔や態度に現れてしまう。 かつての人気番組『』()の「新・食わず嫌い王決定戦」では、そのあまりのわかりやすさから、同じく同コーナーを苦手としているに次ぐ「新・最弱王」と呼ばれるに至っていた。 の本場所を観戦するほどのである。 贔屓力士はだという。 に勧められたのをきっかけに「」、とりわけ「」の大ファンになる。 2018年のテレビドラマ『』では、ナビゲーターをつとめた蒼井の希望でオープニングテーマがアンジュルムの「」に決定された。 またに関しては、ののDVDを繰り返し観ていることを、早見と番組共演した際に明かしたことがある。 「私あの、早見さんの卒業公演を見て毎回号泣して…」と語っていた。 出演 テレビドラマ• (2001年、)• (2001年、) - 椎名かすみ 役• (2002年、) - 山下みゆき 役• 第9・10話(2002年、) - 藤吉恵 役• (2002年、日本テレビ) - 中川茜 役• (2003年、TBS) - 江沢真美 役• 「狂い咲きヴァージンロード」(2003年、) - コヨミ 役• (2003年、) - 五十嵐裕子(17歳時) 役• 折れた護符(2004年、フジテレビ) - 柊真由 役• (2004年、TBS) - 萩原香 役• (2004年、フジテレビ) - 北嶋ゆりえ 役• (2004年、NHK) - 主演・七子 役• (2005年、TBS) - リサ 役• (2005年、日本テレビ) - 片桐コトエ 役• (2005年、TBS) - 道田ユミ 役• (2006年、フジテレビ) - 仲依ミナ 役• (2008年、) - チカ 役、マコト 役、梅子 役、鈴子 役• (2008年、日本テレビ) - 主演・半田仙 役• (2010年、NHK) - お元 役• 第2話(2010年7月16日、TBS) - 小沼せつ子 役• 第1話(2012年、WOWOW) - 菊池紗英 役• 偽装警察編(2012年、WOWOW) - 末永万里 役• (2013年、) - 清家茜 役• 第八章「演技る」(2013年、フジテレビ) - 神原敦子 役• (2014年、WOWOW) - 名波汐里 役• (2014年、フジテレビ) - 澤辺(佐藤)梓 役• (2015年、日本テレビ) - 夢乃(相澤明良) 役• 純米吟醸純情編(2017年、日本テレビ) - 笠木久美 役• (2017年、TBS) - 河合節子 役• (2017年、日本テレビ) - ヒロイン・真柴ちひろ 役• (2018年、) - 中野靖子 役• (2018年、テレビ東京) - ナビゲーター• (2020年、) - 主演 バラエティ• (2015年10月30日、TBS)• (2018年8月17日、フジテレビ) 映画• (2001年) - 津田詩織 役• キネマ通りの人々(2002年) - ヒカリ 役• (2002年) - 山岡夏子 役• ケッタマシン〜ウエディング狂騒曲〜(2002年) - 榊原幸子 役• MemoiR メモワール (ショートフィルム)(2003年) - サユリ 役• (2003年) - 原田の彼女 役• (2003年) - 主演・有栖川徹子 役• (2003年) - 羽柴リカ 役• (2004年) - 主演・有栖川徹子 役• MASK DE 41(2004年) - 倉持ハルカ 役• (2004年) - 野田美哉 役• (2005年)• (2005年) - 立花真美 役• (2005年) - 主演・安里風希 役• (2005年) - 扇谷クジャク 役• (2005年) - 村上絵美 役• (2005年) - 葉村恵 役• (2005年) - 野崎妙子 役• (2006年) - 花本はぐみ 役• (2006年) -• (2006年) - 谷川紀美子 役• (2006年) - 佐藤かな 役• (2007年) - 淡幽 役• (2007年) - ミキ 役• (2008年) - えんちゃん 役• (2008年) - 守部和子 役• (2008年) - 主演・佐藤鈴子 役• (2008年) - ピザ配達の少女 役• (2009年) - カオル 役• (2009年) - いけちゃん 役(声のみの出演)• (2010年) - 高野小春 役• (2010年) - ヤドヴィガ 役(声のみの出演)• (2010年) - 凛 役• (2010年) - 遊 役• (2011年) - ミナ 役• (2011年) - 主演・臼場なつめ 役• たまたま(2011年) - ヒロイン 役• がんばっぺ フラガール! 〜フクシマに生きる。 彼女たちのいま〜(2011年) - ナレーション• (2012年) - 高荷恵 役• (2013年) - 間宮紀子 役• (2014年) - 高澤愛 役• (2014年) - 高荷恵 役• 京都大火編(2014年8月1日)• 伝説の最期編(2014年9月13日)• (2015年) - 松崎朋子 役• (2016年) - 間宮憲子 役• (2016年) - 田村聡 役• (2016年) - 主演・安曇春子 役• 家族はつらいよ2(2017年) - 間宮憲子 役• (2017年) - 神代利世 役• (2017年) - 楊 役• (2017年) - 主演・十和子 役• (2018年) - 間宮憲子 役• (2018年) - ゆう 役• (2019年) - 主演・東芙美 役• (2019年)• (2019年)- 中野靖子 役• (2020年)- 北村園子 役• (2020年公開予定)- 昭和の桃子 役 劇場アニメ• (2006年) - シロ 役• (2010年) - ソノシー 役• (2013年) - ミーメ 役• (2015年) - 主演・有栖川徹子 役• (2019年6月7日公開) - 安海加奈子 役 テレビアニメ• (2007年8月25日、フジテレビ) - 真縞ミヨリ 役• (2015年、) - ヒロイン・ティーラ 役 舞台• ミュージカル (1999年) - ポリー 役• 私とワタシ(2003年10月8日 - 13日、プロデュース、) - 主演・ユキ 役(とW主演)• (2004年、演出) - トシミ 役• (2007年10月4日 - 11月19日、蜷川幸雄演出) - 役• 楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜(2009年5月10日 - 6月14日、演出) - 女優D 役• 南へ(2011年2月10日 - 3月31日、演出) - あまね 役• その妹(2011年12月2日 - 12月26日、演出) - 静子 役• (2012年3月6日 - 3月25日、演出) - ルネ 役• 朗読 が伝えること(2012年6月2日・3日)• ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII(2012年12月19日 - 2013年2月28日、演出) - 猫の目お銀 役• (2013年9月4日 - 10月9日、演出) - ニーナ 役• グッドバイ(2013年11月29日 - 12月28日、寺十吾演出) - 三舞理七 役• (2015年2月7日 - 3月15日、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出) - イリーナ 役• (2015年11月14日 - 11月29日、演出) - マリリン 役• (2016年6月8日 - 26日、演出) - アナベラ 役• アンチゴーヌ(2018年、栗山民也演出) - 主演・アンチゴーヌ 役• スカイライト(2018年12月、小川絵梨子演出) - 主演・キラ 役 ドキュメンタリー• (2006年9月10日、TBS)• 天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜(2008年12月22日、テレビ朝日)• 龍馬を愛した女たち〜ヒロインたちの龍馬伝〜(2010年3月6日、NHK) ナレーション• 金メダルへの挑戦「小さな大ジャンパー 高梨沙羅17歳」(2014年2月1日、NHK)• 男、四代目市川猿之助新作『スーパー歌舞伎II』の舞台裏と秘密(2014年3月16日、フジテレビ)• 鶴瓶の!型破り偉人伝(2014年12月26日、TBS)• presents パリジェンヌの素顔 TARA JARMONとファッションの都・パリ(2015年3月28日、)• (2015年4月4日 - 2017年9月30日、) その他テレビ番組• (2000年、テレビ東京) -• パシャ! - PASHA! -(2006年10月 - 2007年3月、日本テレビ)• (2010年10月 - 、おはようソング・おやすみソング「がんばれweekday」のみ、)• (2013年4月 - 、NHK Eテレ) ラジオドラマ• 煙突少女(2002年1月12日、、制作)• ラジオにタッチ! 6COLORS(2012年11月3日 - 12月8日、、、、、、制作) CM• 「KAiDA」(2000年 - 2001年)• 「SONY VAIO」(2000年)• マリン事業企業(2000年 - 2001年)• 「P-in Comp ct」父娘篇(2001年)• 企業CF IT篇(2001年 - 2002年)• 「三井のリハウス」(2002年 - 2004年、10代目リハウスガール)• 「コカ・コーラWORLD-CUP Vol. 1 2人のFIFAワールドカップ篇」(2002年)• 情報ドキュメント 篇(2002年)• アルバム告知(2003年)• 「」(2003年)• 「」(2004年)• 「NTT0036」(2004年)• 「ファイブミニ」(2005年、と共演)• 「イオンカード」(2005年 - )• 「ナチュレル」(2005年10月)• ニンテンドーDSソフト「」(2006年8月)• 「新ビオフェルミンS」(2006年12月 - )• 「」(2007年 - 2011年)• 「」(2010年 - 2013年)• 140周年記念企業CM「化粧のちから」(2012年)• 「フルメーク ウォッシャブル ベース」(2013年)• (2007年 - 2008年)• 「アイティー(I-Tea)」(2007年6月)• キャンペーン「CLUB KEIBA」(2008年 - 2010年)• 「Smile」(2008年)• キリンビバレッジ 「」(2008年 - 2015年)• 「NTTドコモ ・」(2009年8月 - )• 通信講座(2010年)• 「」(2010年 - 2012年)• 現: 「お年玉付き年賀はがきキャンペーン」(2010年 - 2011年)• 「」(2011年 - 2012年)• 「」(2012年 - 2013年)• 「」ナレーション(2012年)• (2012年 - 2013年)• 「三井不動産ストーリー」(2013年 - )• キリンビール「パーフェクトフリー」(2015年)• 「ビフェスタ」(2016年)• (2017年2月 - )• チーズアーモンド(2017年6月 - )• ぱりんこ(2017年7月 - )• 「アサヒもぎたて」(2018年5月 - )• ボリュームニット(2019年) その他• 「」(2010年1月27日、)初回限定版のジャケットに写真が使われている。 「新宿シャンソン」(2018年)ミュージックビデオ 書籍 写真集(単独)• 優 - 蒼井優写真集(2001年、)• トラベル・サンド(2005年、• ダンデライオン(2007年、• 回転テーブルはむつかしい。 (2008年、• 今日、このごろ。 (2008年、• ポルトガール(2009年、• うそっ。 (2010年、• A DREAM(2012年、• 台灣的女孩(2012年、流行風 写真集(複数)• きもののたび(2003年、ワイレア出版)• ナキガオ(2004年、近代映画社)• 花とアリス寫眞館(2004年、扶桑社) - と共演• A girl like you 君になりたい。 (2005年、マガジンハウス)• ビジョメガネ(2005年、ソニーマガジンズ)• 「The Little Black Jacket」 2012年、Steidl ガイドブック• 蒼井洋菓子店〜大好きスイーツ・ベスト88〜(2011年、• 今日もかき氷(2011年、• 今日もかき氷 【完全版】(2013年、 エッセイ• From 優(2003年、講談社)• 蒼井優 8740 DIARY 2011-2014(2014年、 雑誌• (新潮社)• (2000年 - 2002年、) 連載• 「蒼井優の春夏秋冬、かき氷」(2009年 - 2013年)• (集英社)• 「8740」(2011年 - 2014年)• MEKURU()• 「自分論文」(2014年 - 2016年) カレンダー• 蒼井優カレンダー 2003(2002年、ハゴロモ)• 蒼井優カレンダー 2008(2007年、ハゴロモ)• 蒼井優カレンダー 2009(2008年、ハゴロモ)• 蒼井優カレンダー 2010(2009年、ハゴロモ)• 蒼井優カレンダー 2011(2010年、ハゴロモ) 受賞歴• 2004年度• 主演女優賞(『』)• 2006年度• 女優賞(『』『』)• 第31回 助演女優賞 (『フラガール』『』)• 第19回 新人賞(『フラガール』)• 第28回 主演女優賞(『フラガール』『ハチミツとクローバー』)• 女優助演賞(『フラガール』『ハチミツとクローバー』『』)• 新人賞(『フラガール』『ハチミツとクローバー』)• 助演女優賞(『フラガール』『ハチミツとクローバー』『虹の女神〜Rainbow Song〜』)• 主演女優賞『(フラガール』『ハチミツとクローバー』)• 第21回 最優秀主演女優賞(『フラガール』)• 主演女優賞(『フラガール』)• 助演女優賞(『フラガール』)• 最優秀助演女優賞、新人俳優賞(『フラガール』)• 2008年度• ・映画部門(『』)• 2009年度• 第26回ATP賞テレビグランプリ2009 特別賞• 第17回 優秀女優賞(『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』)• 2010年度• 第23回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(『』)• 優秀助演女優賞(『おとうと』)• 2013年度• 優秀助演女優賞(『』)• 2015年度• 第30回 最優秀助演女優賞(『』)• 2016年度• 第8回 最優秀女優賞(『』『』『』)• 2017 主演女優賞(『オーバー・フェンス』)• 2017年度• 第42回報知映画賞 主演女優賞(『』)• 第30回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』『』)• 第39回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)• 主演女優賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)• おおさかシネマフェスティバル2018 主演女優賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)• 第22回日本インターネット映画大賞 主演女優賞(「家族はつらいよ2」「東京喰種トーキョーグール」「ミックス。 」『彼女がその名を知らない鳥たち』)• 最優秀主演女優賞(『彼女がその名を知らない鳥たち』)• 2018年度• 第53回 (『アンチゴーヌ』『スカイライト』)• 第26回読売演劇大賞 最優秀女優賞(『アンチゴーヌ』『スカイライト』)• :演劇部門(『アンチゴーヌ』ほか)• 2019年度• 第11回 最優秀女優賞(『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)• 2019 女優部門賞 出典• スポーツ報知. 2019年6月6日. 2019年6月8日閲覧。 Yu Aoi Oficcial Web. 2015年10月1日閲覧。 佐賀新聞 2018年7月28日. 2018年10月2日時点のよりアーカイブ。 2018年10月3日閲覧。 ORICON NEWS ORICON. 2019年6月5日. 2019年6月5日閲覧。 BRUTUS. 2018年7月2日. 2020年7月16日閲覧。 - 中学1年まで福岡市中央区警固あたりに住んでいたと書いてある• com. 株式会社 2016年12月6日. 2020年4月22日閲覧。 2017年7月25日閲覧。 Web Audition. 2018年3月5日閲覧。 Yu Aoi Official Web. 2017年7月25日閲覧。 Cinema Factory 2015年9月9日. 2018年10月3日閲覧。 CINRA. NET. 2011年4月29日. 2018年11月19日閲覧。 日経ウーマンオンライン 2015年2月19日. 2018年3月5日閲覧。 日経ウーマンオンライン 2017年10月26日. 2018年3月5日閲覧。 テレ朝芸能特報. 2004年2月13日. 2017年7月22日時点のよりアーカイブ。 2017年7月25日閲覧。 2007年11月30日. 2015年10月1日閲覧。 2003年12月7日. の2004年2月16日時点におけるアーカイブ。 2017年7月25日閲覧。 女子ツク! 2016年9月7日. 2018年10月3日閲覧。 シネマトゥデイ. 2006年9月9日. 2018年9月12日閲覧。 livedoor. 2017年11月11日. 2018年3月2日閲覧。 livedoor 2010年1月23日. 2018年3月5日閲覧。 com. 2017年5月27日. 2018年3月5日閲覧。 モデルプレス. 2017年10月25日. 2018年3月5日閲覧。 ELLE. 2018年9月9日. 2018年9月12日閲覧。 紀伊國屋書店 2018年12月18日. 2018年12月19日閲覧。 2019年2月5日. 2019年2月21日閲覧。 アエラドット. 2019年6月5日. 2019年8月7日閲覧。 2015年2月12日. 2018年5月23日閲覧。 スポニチ. 2017年1月15日. 2018年3月5日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年5月25日. 2018年8月5日閲覧。 『蒼井優 8740 DIARY 2011-2014』、61頁• HOLICS 2017年6月28日. 2018年10月3日閲覧。 - メンズサイゾー・2014年9月12日• スポーツ報知. 報知新聞社. 2016年12月9日. の2016年12月10日時点におけるアーカイブ。 2016年12月9日閲覧。 J-CASTニュース 株式会社ジェイ・キャスト. 2017年9月17日. 2017年9月17日閲覧。 ナターシャ 2018年9月24日. 2018年11月3日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2014年3月28日. 2019年10月23日閲覧。 RBB TODAY イード. 2014年7月9日. 2019年10月23日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2015年3月3日. 2019年10月23日閲覧。 2017年7月9日. 2017年11月29日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年5月17日. 2017年5月17日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2017年4月24日. 2017年4月24日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2018年3月20日. 2019年10月23日閲覧。 2018年8月22日. 2018年9月12日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2019年10月23日. 2019年10月23日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2010年3月17日. 2018年3月4日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2010年1月13日. 2018年3月4日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2009年12月15日. 2018年3月4日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2012年3月22日. 2018年3月4日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2010年5月8日. 2018年3月4日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2011年8月26日. 2018年3月4日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2011年9月26日. 2018年3月4日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2011年9月3日. 2018年3月4日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2011年2月23日. 2018年3月4日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2013年4月3日. 2018年3月4日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2013年7月3日. 2018年3月4日閲覧。 2015年5月11日. 2015年5月12日閲覧。 映画ナタリー 2015年9月24日. 2015年10月1日閲覧。 com 2014年9月25日. 2015年9月10日閲覧。 「家族はつらいよ」製作委員会 2014年9月25日. 2015年9月10日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年9月10日. 2015年9月10日閲覧。 2015年9月11日. 函館新聞社. com 2015年10月20日. 2015年10月20日閲覧。 com 2016年8月3日. 2016年8月3日閲覧。 コミックナタリー. 株式会社ナターシャ 2016年8月6日. 2016年8月6日閲覧。 映画ナタリー 2017年2月10日. 2017年2月10日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2017年1月31日. 2017年2月1日閲覧。 T-SITEニュース TSUTAYA. 2017年10月8日. 2018年3月2日閲覧。 シネマカフェ 2018年11月23日. 2018年11月24日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2006年7月25日. 2018年3月1日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。 マイコミジャーナル. 2012年5月8日. 2013年5月8日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2014年10月16日. 2018年3月1日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年3月1日. 2018年3月1日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年3月13日. 2019年3月13日閲覧。 MANTANWEB 2015年7月8日. 2015年7月8日閲覧。 2003年7月31日. の2005年3月7日時点におけるアーカイブ。 2018年9月12日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2017年9月11日. 2017年9月11日閲覧。 RBB TODAY 2009年8月4日. 2017年7月25日閲覧。 プレスリリース , , 2017年2月13日 , 2017年7月25日閲覧。 2017年7月5日. 2017年7月25日閲覧。 プレスリリース , , 2017年7月21日 , 2017年7月25日閲覧。 2018年5月8日. 2018年5月23日閲覧。 モデルプレス. 2019年9月24日. 2019年10月23日閲覧。 2007年1月24日. 2018年9月12日閲覧。 ナターシャ 2018年6月8日. 2018年8月5日閲覧。 公式サイト. 2014年3月7日閲覧。 高崎新聞 株式会社ラジオ高崎. 2016年1月15日. 2018年1月28日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月6日. 2016年10月7日閲覧。 おおさかシネマフェスティバル. 2017年2月3日. 2017年2月3日閲覧。 2017年11月29日. 2017年11月29日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月5日. 2018年1月28日閲覧。 カナロコ 神奈川新聞社. 2017年12月9日. 2018年1月28日閲覧。 KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年1月24日閲覧。 大阪日日新聞 2018年2月1日. 2018年2月15日閲覧。 日本インターネット映画大賞ブログ 2018年2月6日. 2018年12月19日閲覧。 日本アカデミー賞公式サイト 2018年3月2日. 2018年3月2日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年1月30日. 2019年2月21日閲覧。 Sponichi Annex. 2019年12月4日. 2019年12月4日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式サイト• - (英語)•

次の

蒼井優の旦那(結婚相手)が山里亮太!現在は妊娠中?元旦那や歴代彼氏!

蒼井 優 結婚

名前:蒼井優(あおい ゆう) 生年月日:1985年8月17日 出身地:福岡県福岡市 身長:160㎝ 血液型:A型 所属事務所:イトーカンパニー 1999年にミュージカル 「アニー」のポリー役に選ばれてデビューし2000年から2002年まで 「ニコラ」のレギュラーモデルを務め、2001年に 「リリイ・シュシュのすべて」で映画初主演を飾る。 2002年には10代目の 「三井のリハウス」のCMにリハウスガールとして選ばれる。 2006年には映画 「フラガール」で第49回ブルーリボン賞主演女優賞など数々の賞を総なめにする。 旦那(結婚相手)が山里亮太! 若手実力派女優として数々の映画やドラマに出演している 蒼井優さんですが、まずは気になる 「旦那(結婚相手)が山里亮太」との話題についてズバッと切り込んでいきたいと思います!! 蒼井優さんといえば、ブサイク芸人で知られているお笑いコンビ 「南海キャンディーズ」の 山里亮太さんと結婚を発表したことで大注目を集めているようです!! あのキモキャラで非モテキャラだった 山里亮太さんが結婚相手なんて全然信じられませんよね!!! 新手のドッキリなのかと・・・。 (笑) しかも、 交際期間はたったの2ヶ月で、2019年6月3日に都内の区役所に婚姻届を提出していたそうなんです!!! ガチで結婚したんですね(笑) しかもたった2ヶ月での結婚って、この2ヶ月でどんな急展開なんですかね・・・。 蒼井優さんのファンからしたら結婚相手がなんであの 山里亮太さんなのか不思議でしょうね。 ただ、今のところ妊娠についての発表はないみたいなので、確かな事は分かっていません。 元旦那や歴代彼氏は誰! そんな 山里亮太さんとのスピード婚でデキ婚の噂が浮上している 蒼井優さんですが、 「元旦那や歴代彼氏は誰」との話題についてもズバッと切り込んでいきたいと思います!! 蒼井優さんといえば、これまでにも数々の俳優との浮名を流しており、過去に結婚していたなんて思われているようです!!! しかし、 蒼井優さんは今回の結婚が初めてでこれまで結婚をしていた事はないみたいですね。 おそらく似てると言われる 宮崎あおいさんのことと勘違いしてるんでしょうか???(笑) しかも、 宮崎あおいさんの再婚相手である V6岡田准一さんは元彼でしたからね(笑) また、以前に交際していた俳優の 鈴木浩介さんは結婚を前提にマンションまで購入していたようなんですが、 「好きな人ができました」と一方的にメールで別れを告げられてしまいマンションのローンだけが残ったそうです・・・。 (笑) なんてえげつない・・・。 そんなことから元旦那なんて声が上がったのでしょうね(笑) しかも、 蒼井優さんの歴代彼氏は、どうやら 山里亮太さん以外すべてイケメンだったみたい!!! ちなみに歴代彼氏と言われているのは.

次の

山里亮太と蒼井優の馴れ初め・結婚の決め手は?離婚歴や元旦那について

蒼井 優 結婚

「私にとって、蒼井さんは特別な女優さん」というタナダ監督からの絶大な信頼を受け、蒼井が移ろいゆく夫婦の形を大胆かつ繊細に演じ切った。 蒼井とタナダ監督を直撃し、お互いへの信頼感と共に、「家族や幸せについて再確認している」という蒼井の結婚後の変化について語ってもらった。 儚くも美しいラブストーリー『ロマンスドール』 [C]2019「ロマンスドール」製作委員会 タナダ監督の初めてのオリジナル小説を映画化した本作。 園子 蒼井 にひと目惚れして結婚するが、自分がラブドール職人であることを隠している哲雄 高橋一生。 平穏で幸せな生活が続くなか、哲雄が仕事にのめり込むあまりにすれ違っていく2人だが、いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子が胸のなかに抱えていた秘密を打ち明ける…。 ラブドール職人の恋と結婚という型破りな設定から、高橋と蒼井という実力派の2人が夫婦のリアルな感情を体現。 儚くも美しいラブストーリーに仕上がった。 「ラブドールの認知度が高まってきた。 いまなら映画化できる」 タナダ タナダ監督が小説を発表したのは2008年のこと。 あらゆる奇跡的なタイミングが重なり、映画化が実現した。 タナダ監督は「小説を書いたころは、ラブドールに対する認知度もあまりなくて。 でも2017年にオリエント工業さんが40周年記念展『今と昔の愛人形』を実施された時に、長蛇の列になるくらい話題になったんです。 しかも並んでいた方の半分以上が女性。 時代は変わったんだと思いましたし、いまならば映画化できるのではないかと思いました」と述懐。 「蒼井さんは『映画化しないの?』と言っていました。 当時の蒼井さんは20代前半でした。 園子は30代をイメージして書いていたので、その時はなかなか園子役を演じていただける人が思い浮かばなくて。 時代が変わってきたことで『映画化できるかな』と思った時、断られるだろうと思ったけれど、やっぱり蒼井さんに一番に声をかけたかった。 30代になったいまの蒼井さんに、ぜひ園子を演じてほしかった」。 まさに機が熟したタイミングが訪れたのだ。 蒼井は「小説を読んだ当時、映画化する前提で執筆されたのかと思ったんです。 その時はもちろん、私も自分が演じるとは思わずに読んでいましたが、タナダ監督は『映画化する予定はない』とおっしゃっていたので、驚きました。 ですから私が園子と出会ってからは、だいぶ経つわけで。 ずいぶん経ってから今回のお話をいただき、またタナダ監督に驚かされました」とニッコリ。 するとタナダ監督も「私も引き受けてくれて驚いた!お互いに驚いたんだね」と顔を見合わせる。 「大胆な役どころも、まったく不安はなかった」 蒼井 【写真を見る】蒼井優と高橋一生が夫婦役!美しくも大胆なラブシーンも大きな見どころ [C]2019「ロマンスドール」製作委員会 夫のよき理解者であろうとしながらも、胸のなかの秘密を打ち明けられない妻という、繊細な表現が必要となる難しい役どころ。 大胆なベッドシーンもあるなど、飛び込むうえでは覚悟を要するような役柄にも思えるが、蒼井は「タナダ監督は、描きたいことがブレない監督。 タナダ監督がどういう方かも知っているので、まったく不安はなくて。 できるものならやりたいという思いでした」とキッパリ。 「最近は男性に依存した役が多かったので、園子のような女性を演じたいとも思っていたんです。 ものすごくありがたい!」と感謝する。 「『百万円と苦虫女』で初めてご一緒させていただいて、蒼井さんは私のダメな部分もたくさん見てきたうえで、見捨てないでいてくれた女優さん」と語り、2人で大笑い。 「そのころから一生ついていきます!くらいの思いを抱いているんです。 ちょこちょこ会う機会もあるし、なにかまたご一緒したいと思っていたんですが、蒼井さんには、持って行って恥ずかしくないものをオファーしたいという思いが強くて。 それくらい特別な女優さん」。 「一生さんと蒼井さんが夫婦を演じるのは新鮮」 タナダ 「一生さんは、私にとって親鳥」 蒼井 夫の哲雄を演じるのは、高橋一生。 妻への愛情をうまく表現できず、不器用さと面倒くささを持ち合わせた男性像を丁寧に作り上げている。 タナダ監督は「以前から力のある俳優さんだと思っていたんですが、一生さんと蒼井さんが夫婦をやるということが、自分のなかですごく新鮮に思えた」と話す。 「俳優として絶大に信頼しているお二人。 『一生さんと蒼井さんが「ロマンスドール」の夫婦を演じるとどうなるんだろう』と、まず自分がそれを見てみたかった。 絶対に作品を豊かにしてくれると思ったんです。 実際に撮影をしてみても、こちらがなにを言うこともなく、哲雄と園子が生きる環境を整えてくださった。 ものすごく助けていただいた」。 蒼井は「『リリィ・シュシュのすべて』は私にとって、映画デビュー作です。 一緒のシーンはなかったんですが、中学校の先輩役で一生さんが出られていて。 当時の私はまだ15歳くらいだったので、おそらく一生さんは20歳くらい。 15歳から見た20歳って、とても大人だったんですよね。 遠い、手の届かない存在なのに、初めての映画でご一緒した方というのは、なんだか私にとって親鳥のように感じてしまっていて 笑。 勝手に親近感を抱いていたんです。 なにもできない自分を知ってくれている安心感みたいなものがある」と特別な想いを吐露。 「今回の夫婦役では、一生さんが完璧にレールを敷いてくださった。 一生さんだからこそ、私も園子になれたという実感があります」。 「いま自分のなかで大きな変化が起きている」 蒼井 恋に落ちて結婚をしたはずなのに、愛しているはずなのに、すれ違っていく夫婦の心が描かれる本作。 タナダ監督は「夫婦というものに興味があった」と明かす。 「ケンカしてもずっと一緒にいる人って、すごく不思議ですよね。 でも血がつながっていない夫婦という関係は、相手を型にはめてしまってはいけないのではないかということを、描いてみたかった」。 昨年プライベートでも結婚という転機を迎えた蒼井だが、本作の夫婦像を通して「夫婦の数だけ、それぞれの形があるんだなと思った」そうで、秘密を抱えた妻については「これだけそばにいて、隠し事ができるのはすごいですよね。 私は隠し事ができないタイプで、絶対に言いたくなっちゃう!『一体、秘密はなんでしょう』とクイズに出しちゃうかも 笑 」と楽しい家庭生活を送っている様子。 「いまは『自分はどんな人なんだろう、自分はどこにいるんだろう』ときちんと確認する時期なんだと思っています。 「おそらく台本の読み方や視点も変わってくるだろうし、外に出るものとしての変化はあまりなかったとしても、いますごく自分のなかでは大きな変化が起きています。 日常や家族との時間も大切にして、たくさんインプットできる1年にしたいです」。 タナダ監督との再タッグ、そしてますます進化していく蒼井のこれからも大いに楽しみだ。

次の