ロングスカート コーデ 冬。 ロングスカートコーデ29選【冬】

冬のロングスカートコーデ28選|黒・白・グレー・柄ロングスカートでつくる、40代からの冬コーデ

ロングスカート コーデ 冬

冬のロングスカートのコーデ集 ロングスカートは、コーデに組み込むと一気に女性らしさをアップできるおすすめアイテムです。 冬の寒い時期には、防寒対策としてだけでなく、おしゃれにロングスカートを楽しんでみてください。 20代でも40代でも、それぞれの年代ならではの楽しみ方があるのも、ロングスカートならではです。 ロングスカートは、スカート丈の違いや、トップスやアウターとの組み合わせで印象がガラリと変わるアイテムでもあります。 今回は、冬のロングスカートコーデを、スカートの種類や色、年代別に分けて紹介します。 ロングのタイトスカート冬コーデ 引用元: タートルネックとタイトスカートを合わせてすらっととした印象に。 細目のヒールにすると、ロングスカートでも足がきれいに見えますね。 靴とストッキングを同色にして足の長見せ効果もアップ。 ふわっとしたスカーフをプラスすることで、全体のバランスがとれています。 引用元: 女の子らしいロングスカートにライダースと革のショートブーツを合わせることで、甘辛コーデに仕上がっています。 ゆるっとしたサイズ感のTシャツとベレー帽で程よいラフ感を演出。 シャツの色を明るくしすぎず、大人っぽさが残しているのがポイント。 引用元: 明るい色のタイトスカートに、モノトーンのアイテムを合わせることで上品さも備わった、目を惹くコーデになっています。 スリットからのぞく黒いタイツが、全体を引き締めていますね。 シャツをボートネックにすることで女性らしいソフトな雰囲気に。 デニムのタイトスカート冬コーデ 引用元: ロング丈のデニムにラベンダー色のワッフルカーティガンを合わせて、かわいらしい雰囲気です。 上着のダボっと感とスカートのタイト感でバランスも抜群。 透け感のあるレーストップスをインナーに入れることで、露出は少ないのに程よいセクシーさがあります。 引用元: きちんと感のあるシャツ、バッグと合わせることで、カジュアルなデニムも大人っぽい雰囲気に。 ラベンダー色のヒールがアクセントになって、軽さが出ています。 きれいめアクティブスタイルに、アップのヘアスタイルが良く似合っています。 引用元: 上級者向けのデニムオンデニムコーデも、上下のデニムの色合いを変えることでばっちり決まっています。 帽子・ピアス・バッグの色を白で揃えることで全体の統一感も。 ショートソックスと高さのあるエナメルシューズで、女の子らしさも感じられます。 カラー別ロングスカートの冬コーデ 黒系ロングスカートの冬コーデ 引用元: ロングスカートを活かした、甘辛のオールブラックコーデです。 細かい柄のプリーツスカートはエアリー感があるので、全身黒でも重さを感じさせません。 メンズライクなボディバッグがゆるめのニットを引き締めています。 引用元: ストレートなシルエットのタイトスカートにだぼっとトレーナーを合わせた、女の子らしさのあるカジュアルスタイルです。 高級感のあるベロア生地のスカートがポイント。 色味だけでなくアイテムごとの素材のちがいも楽しめます。 白系ロングスカートの冬コーデ 引用元: ふんわりとしたティアードスカートは女子力全開。 そこにミリタリージャケットとスニーカーを合わせた、ギャップが楽しいスタイルです。 コンパクトで袖の太いジャケットなので、女性らしい体のラインを強調してくれています。 ポシェットの紐を短くすることでもアクティブさを感じさせます。 引用元: 色味の異なる白・ベージュカラーのアイテムを使った、グラデーションコーデです。 明るい色の中だからこそ、真っ白なスカートが引き立ちます。 やわらかいフレアスカートにしっかりとした厚手のダッフルコートを重ねることで、落ち着きのある冬らしいコーデになっています。 グレー系ロングスカートの冬コーデ 引用元: 女の子の憧れチュールスカートも、グレーなら大人っぽく着こなせます。 袖のゆったりとした黒ニットは、丈が短めで主役のスカートと相性抜群。 地味になってしまいそうなコーデを、レースのインナーと、シューズの金バックルのヒョウ柄シューズで引き締めています。 引用元: 細かなプリーツの入ったスカートに柔らかなトップスを合わせた、女性らしいコーデです。 水色のショート丈コートとバッグを引き立てるために、アクセサリーやブーツもグレーで統一。 肌が少し見える袖丈とスカート丈で、肌色のきれいさも印象的です。 引用元: ハイウエストのタイトスカートに襟付きニットを合わせた、きれいめスタイル。 薄いグレーと鮮やかなイエローの組み合わせは、大人っぽい明るさです。 足元とバッグを黒にすることで、全体の印象が引き締まっています。 ネイビー系ロングスカートの冬コーデ 引用元: ふんわりとしたネイビーのチュールスカートにトップスをインすることで、足が長く見えるコーデです。 高めのヒールとチェーンバッグを合わせて、パーティスタイルにまとまっています。 首元の詰まったトップスに対して、足の甲をしっかり見せることで上品な女性らしさを演出。 引用元: 休日のおでかけデートにぴったり、ゆったりとしたカジュアルコーデです。 重くなりがちなネイビーも、太いボーダーのふわふわニットで軽くかわいらしい印象に。 キャップ、スニーカーの組み合わせでアクティブさをプラス。 スニーカーからのぞく素足も健康的ですね。 赤ベージュ系ロングスカートの冬コーデ 引用元: 赤いトップスに赤いロングスカートを合わせた上級者コーデです。 ゆったりとした女性らしいシルエットに、赤と相性の良いデニムジャケットでクールさをプラス。 大ぶりなシルバーピアスやアニマル柄のブーツで、大胆さも表現しています。 引用元: 柔らかい素材の白とベージュのアイテムを組み合わせた、冬らしいラテコーデです。 表地と裏地で色が異なるロングコートを羽織ることで、動いた時さまざまに表情が変わります。 襟が太いゆったりタートルネックニットで、小顔効果も。 引用元: ムラ染め風の色合いが特徴的なシワ加工スカート以外をフォーマル感のある濃いネイビーのアイテムで揃えることで、メリハリのあるスタイルに。 すっきりとしたシルエットのコートからのぞくスカートが目をひく、大人女子ならではのコーデです。 ヒョウ柄系ロングスカートの冬コーデ 引用元: ヒョウ柄ロングスカート活かした、元気かつキュートな冬コーデです。 ブラウンのキルトコートで、暖かさと女の子らしさをプラスしています。 キャップ、ボディバッグなどメンズライクなアイテムでアクティブさを出し、お出かけの気分を盛り上げます。 引用元: ヒョウ柄ロングスカートを主役にマウンテンパーカーを合わせたモノトーンコーデで、かわいいだけじゃなくクールさも強調。 小さめのブラウンのバッグや素足の見えるショート丈のブーツで女性らしさもアピールしています。 ロングスカートに合う冬のアウター ・全体のカラーを合わせてまとまりを出す 引用元: 布面積が広くなる冬のロングスカート+長そでアウターは、全体の色合いを揃えて統一感を出す、ワントーンコーデにすると落ち着き感が出ます。 バッグなど、小物系でポイントカラーを入れて全体を引き締め、バランスをとりましょう。 ・ロング丈コートを合わせて女子らしく 引用元: ボリューム感のあるロングスカートにオーバーサイズのロング丈コートを合わせると、ゆるっとした女子らしい雰囲気に。 全体のシルエットがすっきりして、どんな場所でもなじむので、お出かけデートにもおすすめです。 ・ショート丈のジャケットを合わせて甘辛コーデ 引用元: 女の子らしいロングスカートと、クールなショート丈ジャケットを合わせて、一段上のおしゃれスタイルに。 ライダースをかわいく着こなしたい時も、ロングスカートなら甘さを残せます。 形を楽しみたいプリーツスカートなども、ショート丈ジャケットと合わせましょう。 年代別ロングスカートの冬コーデ 20代ロングスカートの冬コーデ 引用元: キャメルのフレアスカートを引き立てるダボっとした白いセーターで、冬のお出かけコーデ。 少しのぞくチェックシャツの襟や、ブーツではなくソックスとサンダルにするなど、ありがちコーデにならない工夫が光ります。 引用元: 白いロングスカートと相性抜群のラベンダーカラーのオフショルニットは、フェミニンさとほどよいセクシー感のバランスが抜群。 ニットのタイトスカートも、体のラインをきれいに見せられる女性らしさナンバーワンのアイテムです。 今夜のデートは大人っぽく決めたい!という時にぴったりのコーデですね。 30代ロングスカートの冬コーデ 引用元: 丈の長めのダッフルコートは、ロングスカートと合わせることで大人っぽい雰囲気に。 大判ストールとスカートの素材を似たものにすることで、統一感も出ています。 歩きやすいショートブーツで出勤スタイルとしてもぴったり。 引用元: 女性らしいプリーツスカートは、ジャストウエストで長めに着こなし上品さを出しています。 レザージャケットにスカーフという定番のライダースコーデが、スカートのフェミニンさを引き立てる大人かわいいコーデです。 引用元: 大人っぽいチェックのラップスカートは、フロントからスリットが入ったフレアスカートで、上品なシルエットに。 同系色のトップスを合わせてぼやてしまいそうなところを、太いリボンベルトが引き締めています。 裾からのぞく黒いブーツが冬らしくておしゃれですね。 40代ロングスカートの冬コーデ 引用元: 暖かいけれど地味になりがちなロング丈のダウンコートを、チェックのロングスカートから合わせることで素敵なお出かけコーデに。 ベージュのインナーはオフネックでゆとりのある形+なめらかな質感で、オフ感が出ています。 引用元: エアリーなプリーツチュールスカートは、いくつになっても女性らしさを発揮させてくれるアイテム。 ボリューム感のあるMA-1風ジャケットで、きれいなだけじゃなく遊び後こともプラス。 レザーの質感が上品なヒール・クラッチバッグと合わせることで、上品さも忘れていません。 引用元: 裏地までこだわった遊び心のあるチェックのロングコートも、白とネイビーという落ち着いた色味と合わせれば、ほどよい華やかさのある上品コーデに。 どのアイテムも、冬らしい柔らかな質感で揃えています。 全体的にブルーっぽい色味で揃っていて、統一感も抜群です。

次の

女度&シャレ感UP!ロングスカートコーデ23選【2020春秋冬のおすすめ】

ロングスカート コーデ 冬

コットンサージに「トワル ドゥジュイ」をスクリーンプリント、さらに後染め加工で奥行きを表現したコート・スカート・チョーカー・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious12月号』小学館、2018年 シックな2色使いが特徴的な18世紀フランスの古典柄に、野生動物を描き込んだ現代版「トワル ドゥジュイ」。 自由で大胆な伝統の再解釈を、緻密なプリントと染色で、絵画のように美しいテキスタイルに昇華。 この新しい迫力美に満ちた「トワル ドゥジュイ」が、ディオールらしいフェミニンシルエットのトレンチ風コートに、神秘的な陰影と迫力を授けています。 淡い色調のショート丈のミンクファーは、フェミニンスタイルによく似合うアイテムです。 洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。 コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。 でも服の素材の質感は、ドラマティックに変えるのがポイントです。 プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせ、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。 )、靴(プレインピープル丸の内〈ボサボ〉)、ブレスレット・リング(リンクス オブロンドン青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年 カジュアルを美しくするなら、スタンダードの力に頼るのもいい。 厳寒のカナダで生まれたハンドメイドのカウチンニットには、名品の存在感があります。 こちらはキモノスリーブや細身シルエットなど、スタイリッシュに着こなせる一着です。 しなやかなロングスカートに合わせて、女らしく着こなしましょう。 包み込まれるようなオーバーシルエットと前後差のある裾が個性的です。 リラックス感と旬の気分を備えたラウンドフォルムのニットには、ロングプリーツスカートを合わせ、今年らしいボリュームONボリュームシルエットを楽しみましょう。 小柄な日本人にとっては難度が高いけれど、色に独特のこなれ感が漂うカーキで、まとめるとたちまち小粋な雰囲気に仕上がります。 スカートは落ち感のあるラップ調デザインを選び、足元にニュアンスを残すのも、フレッシュな印象を導く正攻法です。

次の

秋冬のロングスカートコーデ13選!20代・30代におすすめの着こなし方を紹介!

ロングスカート コーデ 冬

秋冬ロングスカートコーデはアウターとのバランスがおしゃれの分かれ道 四季を問わずに活躍しているロングスカートを秋冬仕様でコーディネートに取り入れるとき、最後の仕上げであるアウター選びでおしゃれ度が左右されるって知っていましたか?どんなアウターでも比較的似合うロングスカートですが、どんなアイテムにも相性があり、よりアイテムを輝かせる組み合わせが存在するはず。 それなら見せていかなきゃもったいないですよね!とここで使えるのがショート丈のアウターで、ヒップラインがギリギリ見えるかな?くらいがベストラインです。 少しの裾見せで大人っぽく演出 出典: 中に着ているのはタイトロングスカートなんだな…と大人っぽさを匂わせつつ、黒のガウンコートをゆるっと羽織ってコーディネートに動きをつければ適度なゆるさが生まれて好感度アップにつながりそう。 プリーツロングスカートはショート、ロングのメリハリが大事 レディライクな印象の強いプリーツスカートは、ミディ丈アウターで中途半端に裾見えするのは存在感もシルエットも活かせずちょっぴり残念。 ショート丈でがっつりプリーツをアピールするのか、ロング丈でフロントに甘いプリーツをちょっと覗かせるかの2択でトライしてみましょう! ショート丈でプリーツロングスカートを全力アピール 出典: 体に程よくフィットするロング丈のプリーツスカートは、スタイルアップを図ることができる優れもの。 ショート丈のアウターでしっかりスカートを見せていけばこのシルエットをアピールすることが可能です!また、華奢見えを叶えてくれる黒のライダースジャケットを着れば相乗効果にも期待が持てそう。 ロング丈のアウターのフロントから少しプリーツを覗かせればしっかりアクセントになるし、その日会う予定がある人の前だけで魅力的なプリーツスカートをアピールできるのもカギではないでしょうか。 出典: ガウンタイプのロング丈アウターとも相性GOODなプリーツロングスカート。 外ではアピールせず、アウターを脱ぐときだけ存在感を発揮させる、場面によるメリハリを意識するのもいいかも。 この記事もチェック• フレアロングスカートは裾見せが肝心 揺れがなによりのチャームポイントのロングフレアスカートは、アウター有りでもその揺れを損なわないコーディネートを心がけましょう!ということでスカートをすっぽり隠してしまうロングコートはNG。 黒のMA-1ジャケットで甘さ控えめかつ防寒対策バッチリで理にかなった秋冬コーディネートを。 出典: ドレッシーなデザインのスカートはざっくり羽織れるアウターがあるとちょっぴり妖艶な装いに。 ひざ下丈のスカート裾をしっかり見せて揺れ感をさりげなくアピールしましょう。 出典: 固い素材のコーデュロイスカートは秋冬らしい着こなしがおすすめです。 ヒップまで隠れるムートンコートでほっこりコーデかつロングフレアスカートでレディな演出もできるから、気張らない大人コーディネートとしておすすめです。

次の