調味料 輸入。 調味料・添加物 カネダ株式会社

調味料の輸入規制、輸入手続き(香港)

調味料 輸入

調味料 グルタミン酸ナトリウム 国産 輸入 核酸 国産 輸入 アミノ酸 各種 蛋白加水分解物 植物系 動物系 酵母エキス ビール酵母 パン酵母 トルラ酵母 抽出エキス 各種 粉末調味料 各種 香辛料 各種 シーズニングオイル ネギオイル ガーリックオイル エビオイル バターブレーバーオイル 焦がし醤油オイル その他 植物性クリーム 添加物 香料 色素 天然系 合成 乳化剤 グリセリン脂肪酸エステル ソルビタン脂肪酸エステル プロピレングリコール脂肪酸エステル ポリソルベート ショ糖脂肪酸エステル レシチン ・植物レシチン ・酵素処理レシチン ・酵素分解レシチン 品質改良剤 酸化防止剤 保存料 酵素 ・「アクティバ」(トランスグルタミナーゼ)等 日持ち向上剤 アルコール製剤 製菓製パン用品質改良剤 主要取扱メーカー• DAE SANG CORPORATION• 株式会社アイコク• 旭トラストフーズ株式会社• アサヒフードアンドヘルスケア株式会社• 味の素株式会社• 味の素ヘルシーサプライ株式会社• アミュード株式会社• 池田糖化工業株式会社• いし本食品工業株式会社• 伊那食品工業株式会社• エスビー食品株式会社• 花王株式会社• キッコーマン飲料株式会社• キッコーマン食品株式会社• 株式会社ギャバン• キリン協和フーズ株式会社• クノールトレーディング株式会社• グリコ栄養食品株式会社• ケミ・コム・ジャパン株式会社• サンキョーヒカリ株式会社• シムライズ株式会社• 株式会社新丸正• 仙波糖化工業株式会社• 大東カカオ株式会社• 太陽化学株式会社• 株式会社たけとんぼ• 田辺三菱製薬株式会社• 内外香料株式会社• 株式会社ナガノトマト• 日本化工食品株式会社• 日本スタンゲ株式会社• 伯方塩業株式会社• ハナマルキ株式会社• 富士食品工業株式会社• マルサンアイ株式会社• 丸善製薬株式会社• マルトモ株式会社• マルヱ醤油株式会社• 三菱化学フーズ株式会社• 株式会社向島信州屋• 焼津水産化学工業株式会社• ヤマキ株式会社• 理研ビタミン株式会社• 和光堂株式会社 (五十音順).

次の

ソラリス

調味料 輸入

検査検疫機関は検査申請資料を審査し、要求に適合している場合、検査申請を受理します。 検査検疫合格証明書を取得するまで、輸入食品は検査検疫機関が指定するまたは認める監督管理場所に保管しておかなければなりません。 監督者は貨物に対し現場検査を行うとともに、一部サンプルを採取します。 検査検疫者は中国の食品衛生安全標準に基づき、輸出国(地域)の食品衛生、輸送・貯蔵中の貨物の状況および現場監督状況を参照し、サンプルを実験室に渡して検査させます。 実験室検査では、調味料に含まれる残留農薬、重金属、放射性物質、真菌毒素、病原菌などの値が中国の基準に適合しているかを確認します。 輸入食品が検査検疫に合格した場合、検査検疫機関は合格証明書を発行し、販売、使用を許可します。 輸入食品が検査検疫に不合格であった場合、検査検疫機関は不合格証明書を発行します。 また、安全、健康、環境保護にかかわる項目が不合格であった場合、検査検疫機関は当事者に廃棄するよう命じ、または返品処理通知書を発行し、輸入業者にシップバック手続きを行わせます。 その他の項目が不合格であった場合、検査検疫機関の監督の下、技術処理を行うことができ、再検査に合格した後、初めて販売、使用することができます。 従来の規定 2019年9月30日以前においては、「輸出入包装済み食品用ラベル検査監督管理規定」に基づき、日本から包装済み食品を中国に初めて輸入する場合、輸入食品のラベル検査、すなわちラベルの内容が法律法規および食品安全国家標準に合致するか否か、ならびに品質に関する内容の真実性、正確性について検査がされてきました。 検査申請にあたり、同規定第6条に基づき、検査申請組織は検査申請に関する規定に従って検査申請資料を提供しなければならないほか、さらに次の要求に従って公印押捺の上、ラベル検査の関連資料を提供しなければなりませんでした。 さらに、同規定第8条に基づき、この検査に合格した場合、届出証明書が交付され、同規定第12条に基づき、初回輸入し、かつラベル検査に合格した包装済み食品を再度輸入する場合、ラベル届出証明書と中国語ラベルおよび外国語ラベルの見本刷りを提供するだけでよく、前述3~5の証明資料を提供する必要はないとされていました。 現行規定 2019年4月22日に公布された第70号公告に従い、2019年10月1日より、「輸出入包装済み食品用ラベル検査監督管理規定」が廃止され、同日以降、初めて輸入する包装済み食品のラベルについては、国家品質監督検査検疫総局に要求された届出は不要となりました。 もっとも、食品ラベルについては、食品検査項目の一つとして、税関が食品安全と輸出入商品検査に関する法律、行政法規に従って検査することとなります。 原則的な内容は次のとおりです。 経営対象食品の品目、数量に適した食品原料の処理および食品の加工、包装、貯蔵などの場所を有し、当該場所の環境が清潔に保たれるとともに、有毒、有害な場所およびその他汚染源と所定の距離が保たれていること。 経営対象食品の品目、数量に適した設備または施設を有し、関連する消毒、更衣、手洗い、採光、照明、換気、防腐、防塵、防蝿、防鼠、防虫、洗浄ならびに排水処理、ゴミおよび廃棄物の貯蔵設備または施設を有すること。 常勤または非常勤の食品安全管理者および食品安全保証の規則制度を有すること。 合理的な設備配置および工程を有し、加工前食品と直接口に入る食品、原料と完成品の交差汚染を防止し、食品が有毒物、不潔物質と接触することが避けられていること。 法律、法規に定めるその他要件を満たしていること。 中国の「食品の安心・安全」表示に関する認定制度として、有機製品の認証制度が挙げられます。 認証要件を満たす産品については「有機製品認証証書」が発行され、有機製品認証標章の使用が認められます。 「有機製品認証管理弁法」第3条に基づき、有機製品とは、生産、加工、販売プロセスが有機製品の国家基準に合致する、ヒトが消費し、動物に食用として与える産品をいいます。 また、同管理弁法の第20条、第11条に基づき、有機製品認証を取得しようとする輸入製品の生産業者、販売業者、輸入業者または代理業者は、国家認証委員会の承認した認証機構に対し認証を委託しなければなりません。 有機製品認証の要求に合致するものに対し、認証機構は輸入有機製品認証委託者に有機製品認証証書を発行します。 同証書の有効期間は発行日から1年間です。

次の

ソラリス

調味料 輸入

検査検疫機関は検査申請資料を審査し、要求に適合している場合、検査申請を受理します。 検査検疫合格証明書を取得するまで、輸入食品は検査検疫機関が指定するまたは認める監督管理場所に保管しておかなければなりません。 監督者は貨物に対し現場検査を行うとともに、一部サンプルを採取します。 検査検疫者は中国の食品衛生安全標準に基づき、輸出国(地域)の食品衛生、輸送・貯蔵中の貨物の状況および現場監督状況を参照し、サンプルを実験室に渡して検査させます。 実験室検査では、調味料に含まれる残留農薬、重金属、放射性物質、真菌毒素、病原菌などの値が中国の基準に適合しているかを確認します。 輸入食品が検査検疫に合格した場合、検査検疫機関は合格証明書を発行し、販売、使用を許可します。 輸入食品が検査検疫に不合格であった場合、検査検疫機関は不合格証明書を発行します。 また、安全、健康、環境保護にかかわる項目が不合格であった場合、検査検疫機関は当事者に廃棄するよう命じ、または返品処理通知書を発行し、輸入業者にシップバック手続きを行わせます。 その他の項目が不合格であった場合、検査検疫機関の監督の下、技術処理を行うことができ、再検査に合格した後、初めて販売、使用することができます。 従来の規定 2019年9月30日以前においては、「輸出入包装済み食品用ラベル検査監督管理規定」に基づき、日本から包装済み食品を中国に初めて輸入する場合、輸入食品のラベル検査、すなわちラベルの内容が法律法規および食品安全国家標準に合致するか否か、ならびに品質に関する内容の真実性、正確性について検査がされてきました。 検査申請にあたり、同規定第6条に基づき、検査申請組織は検査申請に関する規定に従って検査申請資料を提供しなければならないほか、さらに次の要求に従って公印押捺の上、ラベル検査の関連資料を提供しなければなりませんでした。 さらに、同規定第8条に基づき、この検査に合格した場合、届出証明書が交付され、同規定第12条に基づき、初回輸入し、かつラベル検査に合格した包装済み食品を再度輸入する場合、ラベル届出証明書と中国語ラベルおよび外国語ラベルの見本刷りを提供するだけでよく、前述3~5の証明資料を提供する必要はないとされていました。 現行規定 2019年4月22日に公布された第70号公告に従い、2019年10月1日より、「輸出入包装済み食品用ラベル検査監督管理規定」が廃止され、同日以降、初めて輸入する包装済み食品のラベルについては、国家品質監督検査検疫総局に要求された届出は不要となりました。 もっとも、食品ラベルについては、食品検査項目の一つとして、税関が食品安全と輸出入商品検査に関する法律、行政法規に従って検査することとなります。 原則的な内容は次のとおりです。 経営対象食品の品目、数量に適した食品原料の処理および食品の加工、包装、貯蔵などの場所を有し、当該場所の環境が清潔に保たれるとともに、有毒、有害な場所およびその他汚染源と所定の距離が保たれていること。 経営対象食品の品目、数量に適した設備または施設を有し、関連する消毒、更衣、手洗い、採光、照明、換気、防腐、防塵、防蝿、防鼠、防虫、洗浄ならびに排水処理、ゴミおよび廃棄物の貯蔵設備または施設を有すること。 常勤または非常勤の食品安全管理者および食品安全保証の規則制度を有すること。 合理的な設備配置および工程を有し、加工前食品と直接口に入る食品、原料と完成品の交差汚染を防止し、食品が有毒物、不潔物質と接触することが避けられていること。 法律、法規に定めるその他要件を満たしていること。 中国の「食品の安心・安全」表示に関する認定制度として、有機製品の認証制度が挙げられます。 認証要件を満たす産品については「有機製品認証証書」が発行され、有機製品認証標章の使用が認められます。 「有機製品認証管理弁法」第3条に基づき、有機製品とは、生産、加工、販売プロセスが有機製品の国家基準に合致する、ヒトが消費し、動物に食用として与える産品をいいます。 また、同管理弁法の第20条、第11条に基づき、有機製品認証を取得しようとする輸入製品の生産業者、販売業者、輸入業者または代理業者は、国家認証委員会の承認した認証機構に対し認証を委託しなければなりません。 有機製品認証の要求に合致するものに対し、認証機構は輸入有機製品認証委託者に有機製品認証証書を発行します。 同証書の有効期間は発行日から1年間です。

次の