ベランダ 虫除け カーテン。 倉庫や工場・施設内・屋外の虫よけ・防虫対策ビニールカーテン・シート一覧|業務用専門店スタイルダートプロ

効果を実感! わが家で愛用中の虫除けアイテムベスト3[前編:室内・ベランダ・玄関用]:Cheers! mama [チアーズ ママ] [チアママ]

ベランダ 虫除け カーテン

虫がこない環境作りを!ベランダでできる対策は? 一戸建てのみならず、賃貸アパートや賃貸マンションでも、窓の外がベランダになっている物件が多いです。 そして、洗濯物を干すために、ベランダを活用している方も多いですね。 便利なベランダですが、蜂やカメムシなどの虫が発生しやすい場所でもあります。 虫が洗濯物に付着しているのに気付かずに部屋に取り込んでしまい、「キャー!」っと後から絶叫してしまった経験がある方もいらっしゃるでしょう。 筆者も幼い頃に、痛い思いをした経験があります。 トレーナーの袖に手を通したら「チクッ!」と痛みが走ったのです。 なんと、洋服の中に蜂が潜んでいたのです。 自分自身や大切な家族を守るためにも、そもそも虫がベランダにやってこない環境作りも大切です。 その方法をご紹介します。 鉢植えを置くお皿の中に水がたまったままにしていると、そこからコバエや蚊が発生する原因になります。 ベランダに置いてある空き缶などの中に、知らぬ間に雨水が溜まったまま放置された場合にも、同じ事が言えます。 ですから、ベランダに水たまりができないように、常に気を配っておくことが大切です。 そんなときのためにも、虫除けに効果があるハーブをベランダに置いておきましょう。 ペパーミント、ハッカ、ゼラニウム、ローズマリー、ラベンダー、タイム、バジルなどが、虫除けに効果があるとされています。 次は、虫除けネットなどのベランダの虫除け対策についてお話しします。 ベランダに干した洗濯物に虫がつかないようにするには虫除けネット? 春から夏にかけては、洗濯をするのにいい季節です。 洗濯物や布団をベランダに干したいけれど、苦手な虫がいたらと思うと躊躇してしまいますよね。 ベランダでガーデニングをしていないのにも関わらず、蜂が洗濯物に寄ってきてしまうのは、柔軟剤によるものだそうです。 良い香りには、蜂も吸い寄せられてしまうのですね。 では、ベランダの虫除け対策には、どんなものがあるのでしょうか。 デメリットとしては、虫が通過しないかわりに、通気性が多少悪くなってしまうことがあります。 商品によってはスプレーするだけで、約2ヶ月間効果が続く場合があります。 殺虫剤を噴射する場合は、虫の反撃にあわないように気をつけてくださいね。 網戸も虫除けネット!?ベランダに出る際はしっかり閉めよう 洗濯物をベランダに干す際に、しっかりと網戸を閉めていますか。 少しの時間だけだからと、開けっ放しにしている人もいるでしょう。 網戸も、立派な虫除けネットの一つと言えます。 ですから、洗濯物をベランダに干す際には、必ず網戸を閉めて、家の中への防虫対策をしましょう。 また、古い網戸の場合は、目が伸びて大きくなっていたり、サッシとの間に隙間ができている場所からの虫の侵入口となってしまいます。 網戸から絶対に虫が入らないようにするためには、目が小さな網戸に張り替えたり、前項でもお伝えしたように、防虫剤を網戸にスプレーで吹きかけておくと良いでしょう。 近年の製品は、網の繊維に天然の忌避剤を練りこんで作られているものもあるので、ベランダの虫除け対策方法として、非常に便利なのです。 ただし賃貸物件の場合、借主の要望で網戸を張り替える際の費用の負担は、もちろん大家さんではなく、借主になります。 一般的な窓の作りの場合、左右ある窓ガラスの右側に網戸を設置することが望ましいです。 なぜならば、網戸が左側にあると、窓ガラスとの間に隙間ができやすく、そこから虫が侵入してしまうからです。 網戸があるのに虫が侵入してきてしまうという人は、網戸の位置を確認してみましょう。 洗濯物に付着する確率ナンバー1!カメムシにも虫除けネットは有効 ベランダに干した洗濯物に付着する虫問題は、虫が苦手ではない人からすると、一見重大なことではないように思えますね。 しかし、ただ洗濯物に虫が付いていたならまだしも、最悪のケースでは、洗濯物に卵を産んで、知らないうちに家の中で大繁殖する、といった大惨事をも招きかねません。 想像しただけでも、気持ち悪いですよね。 洗濯物に付着する虫で一番多いのは何だと思いますか。 それは、カメムシです。 カメムシの頭は先端が尖った三角形、前胸は左右に張り、翅に覆われた胴体は後ろすぼみになっています。 突いたりしてしまうと、悪臭を放ちます。 クサギカメムシは、集団で越冬します。 迷惑なことに、人家が越冬場所に選ばれることも多くあります。 カメムシとの共存はできませんよね。 カメムシは、白色などの明るい色を好みます。 ですから、白い服などの明るい色の洗濯物は、室内に干すのがおすすめです。 それから、日中の明るい時間帯や、気温が高い時はカメムシの動きも活発なので、この時間帯に洗濯物を取り込むと、カメムシが付着している可能性もあります。 夕方まで干しておいて、日が沈んでから取り込むのも一つの手です。 また、虫除けネットを使うと、カメムシだけでなく蜂などの危険な虫も、直接洗濯物に付着するのを避けることができます。 鳥の被害からも洗濯物を守ることができて、一石二鳥ですよ。 ベランダの虫除けネットの張り方 こちらでは、洗濯物に虫が付着するのを防ぐべく、ベランダの虫除けネットの張り方をご紹介します。 賃貸物件にお住まいの方は、ベランダは共用スペースなので、個人的な物を設置出来ません。 必ず大家さんや不動産会社に「了解」をもらってから、設置するようにしましょう。 虫除けネットを張ることの了解を得たら、一番簡単な方法としては、収縮ポールをホームセンターで購入して、それを利用して虫除けネットを張ってみましょう。 防鳥ネットは目が粗いので、虫対策には不向きです。 必ず、目の細かな虫除けネットを用意しましょう。 収縮ポールと虫除けネットは、結束バンドで止めてください。 結束バンドを劣化させる大きな原因は、紫外線の影響です。 紫外線遮断材としてカーボンブラックを添加している黒い結束バンドは、対抗性が高いのでおすすめですよ。 退去時に、莫大な修復費を請求されないように、賃貸物件は慎重にDIYしましょう。 ベランダの洗濯物を守るには木酢液+虫除けネットもおすすめ ベランダに干している洗濯物を、カメムシなどの不快害虫、ゴキブリやハエなどの衛生害虫などから守るためには、DIYで取り付けた虫除けネットが効果的です。 ここで、ご紹介する虫除けネットは、網状のシートを張るのではなく、吊るすタイプのものです。 吊るすだけで簡単ですし、見た目にもキャラクターが使われていたりして、可愛いものが多いです。 その中でも、おすすめは「バポナ虫除けネット」です。 バポナ虫除けネットは、ピレスロイド系の殺虫剤です。 トランスフルトリン等が主成分で、人体などには無害なので安心して使用できます。 成分であるピレスロイドは、一般家庭で使用する殺虫剤にも使用されています。 この成分がプレートから空気中に拡散することにより虫を駆除したり、近づけないようにしてくれるそうです。 さらに、防虫の効果を高めるために、木酢液を置きましょう。 木酢液とは、炭を焼いたときに出る蒸気を冷やして液体にしたもので、主な成分は酢酸です。 ガーデニングをする人達以外にも、野良猫や鳩よけに使っている人もいるそうですよ。 木酢液と水が、おおよそ1:1の割合で作ります。 匂いが特別に気にならない場合は、木酢液を原液のまま使用できます。 いらない容器3個くらいに木酢水を入れ、数ヶ所小さく穴を開けたラップで蓋をします。 ベランダの邪魔にならない場所に置いておきましょう。 防虫対策で快適にベランダを活用 いかがでしたか。 すっきり晴れた日は、虫を気にすることなく、ベランダで洗濯物を外干ししたいですよね。 デイリーに使うベランダを、日々の生活において工夫をしたり、植物などの自然の力を貸りて防虫対策をしてみましょう。

次の

ベランダや玄関の虫除けにおすすめの天然ハーブ8選 かわいい見た目で蚊やゴキブリにも効果的

ベランダ 虫除け カーテン

ダイソーの遮光ネットは、注目したいのが何といっても遮光率!70%と高い遮光率を誇るので、強い日差しを避けるのにも最適と言えます。 ダイソーの商品はネット状になっているので、家庭菜園のネットとしても使用できるのが嬉しいですね。 ただ、ダイソーの遮光ネットは目が粗いため目隠し効果は低いみたいです。 ダイソーの遮光ネットは、日差し除けから家庭菜園など、多彩なシーンで活躍しています。 ベランダの日差し除けや目隠し効果を得るため、ダイソーやセリアなどの100均で商品を揃えるなら、道具も一緒に確認してみてください。 ちょっとしたリメイクから、本格的なDIYにも便利な工具が紹介されています。 古くから続く、日本ならではの日差し除けアイテムと言っても過言ではありません。 田舎に帰ると必ず見るという方も多いのではないでしょうか。 すだれは、日差し除けはもちろん、目隠しから虫よけ効果も期待できる逸品です。 ダイソーは3種類のサイズを揃えており、サイズにより金額も変わります。 普段使用しているカーテンだけでは日差し除け効果も目隠し効果も低いと思っている方は、レースカーテンをうまく活用してみましょう。 レースカーテンを手にすると薄くて頼りないように感じるかもしれません。 しかし、1枚レースカーテンを引くだけで日差し除け効果は格段に上がります。 また、外の光を取り入れたいからとカーテンを開けてしまっては部屋の中が外から丸見えです。 そこでレースカーテンを活用すれば、目隠し効果はそのままに外の光を適度に取り入れることができます。 ダイソーやセリアには、さまざまな日差し除けアイテムが売られています。 長年の人気を誇る「すだれ」も多彩な種類が用意されているんです。 すだれについて詳しく知りたい人は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。 例えば、写真のようにベランダに立てかけるように並べれば外からの目隠しになりますね。 室外機の周りに並べて設置し、洋風に見せて楽しむ人もいらっしゃるみたいです。 上記の、オーニングや目隠しシートと一緒に上手く組み合わせれば、日差し除けや目隠し効果を取り入れた素敵なベランダに仕上がりそうですね。 目隠しシートは、ここでは紹介しきれないほどの多彩な商品が販売されています。 ダイソーやセリアには、他にどんな商品があるのでしょう。 以下の記事で詳しく紹介しているので、一度目を通してみてください。 ミーツのウインドオーニングは、ブラウンとホワイトのストライプデザインで、とても涼しく感じますね。 サイズを組合せ、ベランダでプールなどを広げた時の日差し除けに使用する人が多いみたいです。 涼しい雰囲気に包まれたベランダをイメージすると、緑あふれたベランダが浮かびませんか?ベランダに緑を取り入れるなら観葉植物もおすすめです。 100均は観葉植物も多彩に扱っています。 お気に入りの植物と共にベランダのリメイク計画を練ってみてはいかがでしょう。 100均のカーテンでオシャレに日差し除け!ダイソーなど ダイソーのカーテンでオシャレに日差し除け 遮光ネットを取り付ける際、留め具をベランダにつけなければなりません。 しかし、できたらベランダを傷つけずに遮光ネットを取り付ける方法はないものかと考える方もいらっしゃるでしょう。 吸盤タイプのフックなら、ベランダも傷つけずに遮光ネットを取り付けることが可能です。 窓の上部に吸着させ、フックに遮光ネットのハトメを取り付けるのが一般的な方法です。 窓出なくても、吸着できる場所があればそれでOK!でも、吸着フックって大きな遮光ネットを留める力があるのでしょうか?その点はご安心ください。 100均のものと言えどパワーは驚くほどにあります。 ダイソーのものでも、5kgに耐えるという力強さを見せてくれます。 心配な方や、遮光ネットが大きいサイズの場合は、フックを増やして力を分散させてください。 最初は吸盤の裏に少しの水をつけて吸着させるのが上手く吊り上げるためのコツです。 ベランダから室内まで多彩に使えるダイソーのフック ダイソーで販売されている「はさんでガッチリ止まるフック」は、窓枠など4. 2cm内に入るものに挟み込むことができるフックです。 室内のタオル掛けはもちろん、小物かけにも使用することが可能です。 商品を良く見ると、のれんやすだれにもOKとあります。 フックを挟み込むタイプなので、傷つけずにのれんやすだれをかけることが可能です。 遮光ネットにも使用できそうですね。 色もカラフルにそろっているので、インテリアや好みに合わせ選べます。 遮光ネットやすだれはもちろん、日常生活の中でもフックは色々なシーンで使用することが多いと思います。 そんなフックですが、オシャレな物から便利な物までたくさん販売されています。 あなたの知らない一品があるかも?以下の記事でチェックしてみてください。 100均の遮光ネットで効率よくベランダの日差し除けを行おう 夏場はベランダにすら出たくない暑さが悩みです。 過ごしやすい季節を楽しく満喫するためにも、ベランダを快適にリメイク!ダイソーやセリアなら、遮光ネットなどの日差し除けアイテムも手軽に手に入ります。 外からの目隠し効果にもおすすめなアイテムをうまく組み合わせ、オシャレなベランダを作ってみてください。

次の

ベランダ緑のカーテン

ベランダ 虫除け カーテン

やさしいマンションベランダ「緑のカーテン」 マンションベランダの南西向きの中層階で毎年「緑のカーテン」を作っています。 マンションベランダでの緑のカーテンの参考になればと思い、今までに経験したことを備忘録としてまとめました。 今年の冬は1898年の統計開始以来最も平均気温が高く、記録的な暖冬になったそうです。 地球温暖化は、ますます進んでいるのではないかと心配しています。 地球温暖化にほんのちょっとでも貢献できればと、緑のカーテンを始めましたが、異常気象のニュースを見ると、今年もがんばろうという気持ちになります。 当然のことですが、従来のマンションのベランダには、ネットを引っ掛けるフックや金具、ネットを固定するものが一切ありません。 どうすれば安全にネットを張ることができるのか、そこから緑のカーテン作りが始まりました。 私も最初の頃はどうしていいのか分からず、インターネットで調べたり、園芸本を読んだりして、いろいろと試してみましたが、うまくいかず失敗の連続でした。 いちばんの問題点は、ネットを張る支柱の固定方法でした。 とにかく支柱が不安定なため、少し強い風が吹くと支柱とネットが大きくゆれることでした。 園芸資材の落下や崩壊を心配するようなありさまでした。 失敗しつつ何年か試行錯誤した結果、やっとうまくネットを張れるようになりました。 これで丈夫な緑のカーテンを作れるめどがたちました。 支柱が固定できればネットがぴんと張れるし、風が吹いてもネットがあまり揺れなくなり、強風がふいても安心していられるようになりました。 丈夫な緑のカーテンを作れる基礎になったのは、突っ張り物干しを使うことでした。 以前は窓際にネットを張っていましたが、支柱が固定できるようになってからは、できるだけ直射日光を遮る様に、手すり側にネットを張るようにしました。 でも手すりぎりぎりの設置は、資材の万が一の落下もあるので、人が歩ける程空けています。 マンションベランダの緑のカーテンの重要な点は、ベランダ床面や窓や壁への直射日光を遮ることです。 直射日光の当たる時間や面積が減れば、ベランダから室内に伝わる熱の量が少なくなるので、室内の温度上昇を抑えることができます。 特に昼間コンクリートに蓄積された熱が、夜になってから室内に伝わってくるので、直射日光を減らすことができれば、室内の温度上昇を抑えることができます。 どうしてもベランダ全面を日陰にすることはできないので、照り返し緩和するために、保水性の連結タイルを敷いて、ベランダの温度上昇を緩和しています。 緑のカーテンの内側は日陰になるので、タイルの上を素足で歩いても熱くなりません。 タイルを敷いて良かったと思っています。 8月に写真のような緑のカーテンになっていれば、エアコンを使う時間が減って、夜は扇風機だけの時間が長くなります。 少し気温が下がった日は、エアコンなしで過ごせるようにもなります。 たとえば、寝るときは、就寝前だけエアコンを切設定にして、扇風機を微風に設定して回しておけば、汗をかくことも無く、朝までぐっすり眠れます。 みなさんもぜひ素敵な緑のカーテン作りに挑戦してみてください。 緑のカーテン作りの参考になれば幸いです。 にもなりますよ。 7月末に撮った動画をアップしました。 【注意!】 高層階や風が強いマンションでは、 必ず強風対策をしてから緑のカーテンを始めてください。 無理だと思ったら潔くあきらめてください。 緑のカーテンネットの張り方 土については最初の頃は余り考えていなかったが、これは当初から頭の痛い問題でありました。 私の住んでいるところは、土はごみや粗大ごみとして出せず、専門処理業者に高い料金を払って、有料で引き取ってもらうしかなかったからです。 そこで、土は捨てずに毎年リサイクルすることにしました。 暖かくなったら、土の再生材を混ぜてから、苗を植えています。 これだけで、ゴーヤやへちまはふつうに育ち、もちろん実も生ります。 もう何年もこの方法でやっていますが、問題はありません。 ただし連作は避けて、3年周期で栽培しています。 この土だけを入れたプランターは簡単に持ち上がる。 そして、ごみとして捨てられます。 ゴミとして捨てられる軽い土は、ヤシの実の殻から作られています。 ヤシの実の殻が原料なので、地層から取る土と違って、環境にやさしいのです。 緑のカーテンのデメリットのひとつが夏の水やりです。 泊りがけの旅行に出かけると、水切れを起こして、せっかく出来上がった緑のカーテンが枯れる危険性があるからです。 水切れを何とか安価で簡単できないかと、調べてみた結果、大容量の水を底に溜めることができる の存在を知りました。 貯水機能付きの「底面給水プランター」を使えば、毎日水遣りをしなくて済み、夏休みには、泊りがけの旅行に行くことが出来そうです。 底面給水プランターの「楽々菜園DX深型650」を実際に使ってみたら、真夏の晴れの日は、2日間水をやらなくても大丈夫でした。 プランターを日陰に置くなど工夫すれば、もう1日位は何とかなりそうです。 底面給水プランターは、通気性をよくするために、サイドスリットがついており、植物の成長にも良いとのことです。 サイドスリットから土がこぼれるのを防ぐために、吸水性と通気性がある布などを敷いてみました。 これから買う方は、「従来品の3. 4倍、17Lの大貯水」の底面給水プランターもおすすめします。 夏の水切れを一気に解決しそうです。 ただし、重いので置き過ぎないようにしてください。 直径16mmの園芸支柱を6本挿せる支柱穴が付いています。 こちらのタイプには、サイドスリットがないので、土こぼれを気にしないで済みます。

次の