マスク 不足 いつ 解消。 マスク不足 なぜ解消しない? |サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

なぜ「マスクの品切れ」が延々と続いているのか。いつ国民に行き渡るのか 増産されているというが店にはない

マスク 不足 いつ 解消

政府が総額400億円以上の巨費を投じて、全国5000万世帯に布マスクを2枚ずつ配るという政策を決定しました。 市場でまだまだ品薄なマスク不足の不安を和らげるためとみられます。 ないよりはマシですが効果は疑問ですよね。 そこで、今回は、マスクの品薄状態は解消されるのか?もし解消されるなら、いつ頃になるのでしょうか?易で占ってみました。 (1)易 周易 による結果 まず、普通の易 周易 の卦を見てみましょう。 出た卦は、「山風蠱 さんぷうこ 」で、変爻は、初爻と第三爻でした。 山風蠱 さんぷうこ は、風が山にさえぎられて空気がよどみ、皿にのった食べ物が腐って虫が湧いているという状態を表します。 この「蠱 こ 」という字、お皿の上に虫が三匹いますよね。 よって、この卦を状況として読むなら、停滞、腐敗、失敗、そういったことを表します。 この卦の初爻 一番下のーー 、三爻 下から3番目のー は、ほぼ同じような意味で、「父親の失敗を子供が後始末をする」という意味があります。 ということは、父親である国のこの政策は失敗で、子供である国民が、何とかしてこの後始末をする、ということかもしれません。 いずれにしても、山風蠱は、いい卦ではないので、やはり、「すぐにマスクの品薄状態は解消されるか?」という問いに対しては、ノーと言わざるを得ません。 まだまだ品薄状態は続くように思います。 この「山風蠱 さんぷうこ 」は、初爻と第三爻が変化して、「山沢損 さんたくそん 」となります。 山沢損 さんたくそん は、「減少する」という意味です。 ということは、市場に出回る量が少ないことを意味しています。 政府は、4月から月産7億枚の生産体制を整えたと発表していましたが、それでも足りないということでしょう。 (2)なぜマスクは足りないのか? では、なぜ足りないのか、また、いつ頃になったら、品薄状態は解消されるのかについて、詳しくみていきたいと思います。 これには、また、「断易 だんえき 」という手法を使い、報道等で判明している現状や見通しなどを加味して考察してみます。 まず、その前に、断易において「山風蠱 さんぷうこ 」という卦は、「巽 そん =風=木」という卦のグループの中の第8番目の「帰魂卦 きこんか 」といわれるもので、「現在の状況が続く」という暗示があります。 ここでも、周易で出た結果と同じ、「現在の品薄状態がまだまだ続く」という結果が出ています。 具体的にチャートを見ると、品薄を引き起こしているのは、「帰魂卦」の下にある「玄武 兄弟寅木」です。 「兄弟」は競争相手、競合企業を表します。 しかも、この爻は第6爻ですので、海外の企業です。 日本で流通するマスクの約7割は中国製であるということですので、中国の生産と輸入が回復することが必要であることはいうまでもありません。 また、中国は、中国国内で生産されたマスクを統制品として全て政府が買い上げている模様です。 ですので、この統制がなくならない限り、日本への輸入は増加しないでしょう。 また、玄武は、「隠す、騙す、ずるい」などの意味があり、転売屋の暗示もありますね。 日本国内では、マスクを高値で転売することはすでに禁止されているので、国内で公然と高値で転売することはできないと思います。 しかし、海外と取引をしている転売屋も相当数おり、闇取引や、海外への転売、あるいはニワカの個人商店として海外から仕入れ、法律の目をかいくぐり、転売ではなく、高値で小売をするなどで、買い占めや品薄状態がまだ続いているように感じます。 この規制を政府がきちんとできるか否かにかかっていると思います。 (3)いつ品薄が解消するのか? 今回はマスクの購買についてですので、中心に見ていく爻は、初爻の「青龍 妻財丑土」としました 中心に見る爻を用神と言います。 この妻財は、月からも日からも応援を得られていますので強いです。 よってマスクの需要が供給より大きいということを表していると読めます。 また、初爻ですので世間一般の需要を表します。 需要と供給が一致すると通常の市場価格での通常の取引に戻ります。 おそらく国内市場の供給側は、第3爻の官鬼酉金で、空亡しているので、まさに在庫がない状態でしょう。 これが、用神と同じ妻財丑土に変化するので、需要と供給は一致して、適正価格で通常通りの売買に戻るということでしょう。 そうなると、今のような、需要が極端に大きい状態、誰もがマスクを欲しい状態が解消される時が、マスクの品薄状態が解消される時です。 そうすると、そのような変化の時は、需要を表す妻財丑土が弱くなる時です。 それは、いつ頃になるか。 まずは、丑土と朋冲になる月、すなわち7月7日〜8月6日は、月の干支が癸未 みずのとひつじ となる時でしょう。 最も早くてこの頃でしょう。 しかし、まだまだこの時には、中国の生産や輸出を表す第6爻の兄弟寅木があまり強くならず、日本の流通量の約7割を占める中国の生産や輸出がまだ本格正常化は難しい。 また、マスクの国内増産や中国からの輸入が増えて一旦品薄が解消するかに見えても、この頃に人々が殺到して買い占めなどが起こってしまう可能性が高く、転売屋の暗躍もしっかりと取り締まれなければ、まだ、マスクの品薄解消は難しいかもしれません。 ですから、この時期は、国民生活安定緊急措置法などによる政府によるマスクについての売買の規制、さらなる国内増産、そして中国からの輸入増大がカギとなるでしょう。 結局、第6爻の兄弟寅木の表す、中国の生産と輸出の正常化が重要なポイントとなりますが、「水生木」で、水の勢いが強くなる丁亥月と戊子月つまり、11月、12月頃になってやっと本格的な回復の兆しが見られるかもしれません。 あるいは、「木」の勢い自体が強くなる来年の年明け以降かもしれません。 以上の結果から、早くて、7月〜8月頃、ですが、政府の統制や輸入を含めた生産・流通が増えなければ、また品薄になり、本格回復の兆しは11月〜12月頃、さらに来年年明けまで回復はずれ込むこともあるだろうと思います。 未来予測の部屋では、只今、占いカウンセリングを実施しています。 恋愛、仕事、人間関係など、お悩みのこと、何でも占い、カウンセリング致します。 占い方法は、西洋占星術、タロット、四柱推命、紫微斗数、易占など、ご相談内容に応じて最適と思われるものを選んで行います。 占い料:5千円〜 納期:ご相談のうえ、決定します。 ご希望の方は、お申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。 折り返し鑑定についての詳細をメールします。 メール、対面、スカイプなどご都合に応じます。 詳細は、お問い合わせください。 運営責任者 岩井 テイジン 住所 東京都(特商法取引法11条 ただし書きの規定により省略) こちらが必要と判断したときのみ開示 商品料金 サイトに表示、事前見積もりお客様承諾後に売買契約成立 商品以外の料金 振込み手数料、メール送受信にかかわる通信費、出張の場合は交通費実費 お支払い方法 銀行振り込み 連絡方法 問い合わせフォームよりお願いします 返品 商品の特性上一切不可 キャンセル方法 入金前のみ可能.

次の

マスク不足は解消するのか?いつまで続くか予想【増産・入荷・在庫状況】

マスク 不足 いつ 解消

4月1日、参議院決算委員会。 政府はメーカーにマスクの増産を要請し、転売を禁止。 中国からの輸入も再開した。 しかし、町のドラッグストアにはマスクはなかなか入荷せず、SNSには早朝、開店の2時間前から並んでようやく買えたという声も。 行列しても買える保証はなく、働いて入れば並ぶことすらできないし、そもそも行列で密集してしまえば感染も怖い。 なぜ、マスクは不足するのか。 そもそもマスクは感染防止に有効か 日本衛生材料工業連合会によると、2018年度の国内のマスク生産量は11. 1億枚、輸入量は44. 3億枚だった。 しかし、国内で新型コロナの患者が初めてでた1月下旬にマスク需要は爆発した。 マスクが必要不可欠な介護施設などでも入手できず、ネットのオークションサイトでの高値転売が社会問題化した。 加えて生産、流通に打撃を受けた中国からの輸入も途絶し、マスク不足に拍車をかけた。 マスクの効果についてはどうなのだろうか。 否定的な意見もみられるが、厚生労働省と経済産業省は連名で、「マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルスなど病原体の飛散を防ぐ上で高い効果を持つ」と、感染拡大防止に一定の効果があるとの呼びかけをサイトにアップ。 その一方で、予防効果については「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられるが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていない」と限定的だ。 マスクは大きく分けて不繊布マスクと布マスクに分かれる。 布マスクはガーゼなど綿織物を重ね合わせて作られ、洗って再利用できる。 国はYouTubeで洗い方を紹介しており、4月7日夕までに約40万回再生されている。 再利用がマスク不足緩和につながればということだ。 youtube. 形状も人間の顔の形に合わせた立体型や折り目のついたプリーツ型がある。 布マスクに比べてフィルターの能力が高く、医療現場で使われるサージカルマスクも不繊布マスクだ。 ただし、1度切りの使い捨てとなる。 *マスクの説明は日本衛生材料工業連合会のサイトを参考 メーカーはフル稼働しているが・・・ 国内メーカー各社は24時間体制でフル稼働しており、経産省によると通常の3倍の生産に上る。 それでも需要に追いつかないのが現状だ。 医薬品メーカーの興和広報部によると、1月中、下旬から増産体制に入った。 さらに同社は不織布の三次元マスクを発売していたが、国からの要請もあり、国内と海外の生産協力工場を活用してガーゼマスクも取り扱い、3月には1500万枚規模、4月には5000万枚規模で生産すると発表した。 同社広報部によると、不織布マスクはドラッグストアや薬局を通じて消費者に、ガーゼマスクは政府調達に回るという。 同社は「三次元マスクを十分に提供できていないこと、関係機関からのご要望にお応えすることができず大変心苦く感じております。 少しでも皆様からの多くのご要望に応えるべく、引き続きできる限りの増産体制を取ってまいります」とコメントしている。 経済産業省はマスク生産事業者が増産する際の設備投資に上限2億円、補助率が中小企業4分3、大企業など3分の2の補助制度を実施。 第1弾として2月28日に興和、XINS、ハタ工業の3社を採択し1500万枚の増産を果たした。 続いて3月13日にはシャープなど7社、25日にも4社が採択され、総計で6760万枚増産できるようになった。 経産省広報室によると、令和2年度も補助事業を緊急経済対策の一環としてもり込んでおり、今年度もマスク増産の手助けになりそうだ。 シャープやトヨタグループもマスク生産に乗り出す これまでマスクと縁のなかった企業の参入も出てきた。 シャープは三重県多家町の工場でマスクの生産を開始した。 同社広報担当によると、これまでマスクを作ったことがなかったが、政府からの要請をうけ、「社会貢献の一環として」決断した。 工場はもともと液晶ディスプレーを作っていたが、空いているクリーンルームのスペースがあり、清浄に作業できる空間を確保できた。 親会社の鴻海精密工業が中国でマスク生産をしていたことから、マスクに関する技術協力も受けられた。 機械を購入し、3月24日より生産を開始。 24時間稼働で日産15万枚、今後、生産量を増やしていく予定。 シャープでは「医療機関などから問い合わせも多くいただいているが、まだ少量なので、困っているところに国を通じて提供している」としており、政府調達分を優先し、同社オンラインストアでの一般客への販売は決まり次第サイトで案内する予定。 経産省の事業とは別にトヨタグループは7日、マスクを含めた医療支援を発表した。 トヨタ自動車広報部によると、グローバルなサプライチェーンを活用し、マスクを調達して医療現場の支援を行う。 また、グループ内の自給自足を高めるため、トヨタ紡織が愛知県刈谷市の工場でマスク生産を日産1500枚で開始。 デンソーも試作品を作るなど、市場からの調達を減らすことで、社会のマスク不足緩和につながればとしている。 さらに、中国での新型コロナ被害が一段落したことから、2月中旬から徐々にマスクの輸入が再開された。 経産省によると、4月1週以降は中国等から週に3000万枚規模の輸入を図り、達成されそう。 一方、国内のアパレル企業がミャンマーの工場でガーゼマスクの生産を始めるなど海外生産も始まっている。 この工場では3月に100万枚を日本へ輸出した。 このほか、マスク不足解消のため3月15日からマスクを取得価格より高値で不特定多数のものへ譲渡することを禁止された。 これにより、ネットオークションで流行していた転売目的の買い占めへの対策となった。 品薄状態はまだ続きそう こうした結果、3月の供給量は6億枚、4月は7億枚を超える見通し。 政府は備蓄分も含めて、医療施設や介護現場などマスクが必要なところにマスクを配布した。 政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」では、「感染防止や医療提供体制の確保のため、マスク、個人防護具、人工呼吸器等の必要な物資を国の責任で確保する。 例えば、マスク等を国で購入し、必要な医療機関や介護施設等に優先配布することや、感染拡大防止策が特に必要と考えられる地域において必要な配布を行う」としている。 このため、3月に医療機関に1500万枚のサージカルマスクを配布したほか、今月中にさらに1500万枚。 介護施設には布マスク2000万枚、小中学校には布マスク1100万枚と矢継ぎ早に対策をとった。 さらにが1世帯当たり2枚配る方針を発表した。 しかし、こうして月に7億枚超のマスク供給体制を整えたとしても、1億2000万人の国民が1日1枚マスクを使えば6日しかもたない計算になる。 メーカーは従来の数倍の生産体制を整えているが、それをはるかに上回る需要がある。 店頭に並んだわずかなマスクもすぐに完売してしまうわけだ。 どうやら、マスクが貴重品である期間はまだ続きそうだ。 経産省広報室はマスク不足解消の時期について「需要との関係によって変わっていくため、なかなか言えない」と説明。 業界団体の全国マスク工業会の担当者も「コロナの感染状況がどうなるかわからない」と先を見通せない。 国もメーカーも引き続き供給を増やしてできるだけ早く解消する方針だが、現段階では見通しは不透明だ。 筆者:柴沼 均.

次の

マスクはいつ頃品薄が解消されるか?易で占ってみました。 | 未来予測の部屋

マスク 不足 いつ 解消

4月1日、参議院決算委員会。 政府はメーカーにマスクの増産を要請し、転売を禁止。 中国からの輸入も再開した。 しかし、町のドラッグストアにはマスクはなかなか入荷せず、SNSには早朝、開店の2時間前から並んでようやく買えたという声も。 行列しても買える保証はなく、働いて入れば並ぶことすらできないし、そもそも行列で密集してしまえば感染も怖い。 なぜ、マスクは不足するのか。 そもそもマスクは感染防止に有効か 日本衛生材料工業連合会によると、2018年度の国内のマスク生産量は11. 1億枚、輸入量は44. 3億枚だった。 しかし、国内で新型コロナの患者が初めてでた1月下旬にマスク需要は爆発した。 マスクが必要不可欠な介護施設などでも入手できず、ネットのオークションサイトでの高値転売が社会問題化した。 加えて生産、流通に打撃を受けた中国からの輸入も途絶し、マスク不足に拍車をかけた。 マスクの効果についてはどうなのだろうか。 否定的な意見もみられるが、厚生労働省と経済産業省は連名で、「マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルスなど病原体の飛散を防ぐ上で高い効果を持つ」と、感染拡大防止に一定の効果があるとの呼びかけをサイトにアップ。 その一方で、予防効果については「混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられるが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていない」と限定的だ。 マスクは大きく分けて不繊布マスクと布マスクに分かれる。 布マスクはガーゼなど綿織物を重ね合わせて作られ、洗って再利用できる。 国はYouTubeで洗い方を紹介しており、4月7日夕までに約40万回再生されている。 再利用がマスク不足緩和につながればということだ。 youtube. 形状も人間の顔の形に合わせた立体型や折り目のついたプリーツ型がある。 布マスクに比べてフィルターの能力が高く、医療現場で使われるサージカルマスクも不繊布マスクだ。 ただし、1度切りの使い捨てとなる。 *マスクの説明は日本衛生材料工業連合会のサイトを参考 メーカーはフル稼働しているが・・・ 国内メーカー各社は24時間体制でフル稼働しており、経産省によると通常の3倍の生産に上る。 それでも需要に追いつかないのが現状だ。 医薬品メーカーの興和広報部によると、1月中、下旬から増産体制に入った。 さらに同社は不織布の三次元マスクを発売していたが、国からの要請もあり、国内と海外の生産協力工場を活用してガーゼマスクも取り扱い、3月には1500万枚規模、4月には5000万枚規模で生産すると発表した。 同社広報部によると、不織布マスクはドラッグストアや薬局を通じて消費者に、ガーゼマスクは政府調達に回るという。 同社は「三次元マスクを十分に提供できていないこと、関係機関からのご要望にお応えすることができず大変心苦く感じております。 少しでも皆様からの多くのご要望に応えるべく、引き続きできる限りの増産体制を取ってまいります」とコメントしている。 経済産業省はマスク生産事業者が増産する際の設備投資に上限2億円、補助率が中小企業4分3、大企業など3分の2の補助制度を実施。 第1弾として2月28日に興和、XINS、ハタ工業の3社を採択し1500万枚の増産を果たした。 続いて3月13日にはシャープなど7社、25日にも4社が採択され、総計で6760万枚増産できるようになった。 経産省広報室によると、令和2年度も補助事業を緊急経済対策の一環としてもり込んでおり、今年度もマスク増産の手助けになりそうだ。 シャープやトヨタグループもマスク生産に乗り出す これまでマスクと縁のなかった企業の参入も出てきた。 シャープは三重県多家町の工場でマスクの生産を開始した。 同社広報担当によると、これまでマスクを作ったことがなかったが、政府からの要請をうけ、「社会貢献の一環として」決断した。 工場はもともと液晶ディスプレーを作っていたが、空いているクリーンルームのスペースがあり、清浄に作業できる空間を確保できた。 親会社の鴻海精密工業が中国でマスク生産をしていたことから、マスクに関する技術協力も受けられた。 機械を購入し、3月24日より生産を開始。 24時間稼働で日産15万枚、今後、生産量を増やしていく予定。 シャープでは「医療機関などから問い合わせも多くいただいているが、まだ少量なので、困っているところに国を通じて提供している」としており、政府調達分を優先し、同社オンラインストアでの一般客への販売は決まり次第サイトで案内する予定。 経産省の事業とは別にトヨタグループは7日、マスクを含めた医療支援を発表した。 トヨタ自動車広報部によると、グローバルなサプライチェーンを活用し、マスクを調達して医療現場の支援を行う。 また、グループ内の自給自足を高めるため、トヨタ紡織が愛知県刈谷市の工場でマスク生産を日産1500枚で開始。 デンソーも試作品を作るなど、市場からの調達を減らすことで、社会のマスク不足緩和につながればとしている。 さらに、中国での新型コロナ被害が一段落したことから、2月中旬から徐々にマスクの輸入が再開された。 経産省によると、4月1週以降は中国等から週に3000万枚規模の輸入を図り、達成されそう。 一方、国内のアパレル企業がミャンマーの工場でガーゼマスクの生産を始めるなど海外生産も始まっている。 この工場では3月に100万枚を日本へ輸出した。 このほか、マスク不足解消のため3月15日からマスクを取得価格より高値で不特定多数のものへ譲渡することを禁止された。 これにより、ネットオークションで流行していた転売目的の買い占めへの対策となった。 品薄状態はまだ続きそう こうした結果、3月の供給量は6億枚、4月は7億枚を超える見通し。 政府は備蓄分も含めて、医療施設や介護現場などマスクが必要なところにマスクを配布した。 政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」では、「感染防止や医療提供体制の確保のため、マスク、個人防護具、人工呼吸器等の必要な物資を国の責任で確保する。 例えば、マスク等を国で購入し、必要な医療機関や介護施設等に優先配布することや、感染拡大防止策が特に必要と考えられる地域において必要な配布を行う」としている。 このため、3月に医療機関に1500万枚のサージカルマスクを配布したほか、今月中にさらに1500万枚。 介護施設には布マスク2000万枚、小中学校には布マスク1100万枚と矢継ぎ早に対策をとった。 さらにが1世帯当たり2枚配る方針を発表した。 しかし、こうして月に7億枚超のマスク供給体制を整えたとしても、1億2000万人の国民が1日1枚マスクを使えば6日しかもたない計算になる。 メーカーは従来の数倍の生産体制を整えているが、それをはるかに上回る需要がある。 店頭に並んだわずかなマスクもすぐに完売してしまうわけだ。 どうやら、マスクが貴重品である期間はまだ続きそうだ。 経産省広報室はマスク不足解消の時期について「需要との関係によって変わっていくため、なかなか言えない」と説明。 業界団体の全国マスク工業会の担当者も「コロナの感染状況がどうなるかわからない」と先を見通せない。 国もメーカーも引き続き供給を増やしてできるだけ早く解消する方針だが、現段階では見通しは不透明だ。 筆者:柴沼 均.

次の