正月 飾り いつ 飾る。 正月飾りっていつまで飾るの!?【北海道編】

正月飾りはいつ飾る?一夜飾りの解釈と飾ってはいけない日

正月 飾り いつ 飾る

正月飾りの意味や由来 正月とはそもそも、その年の歳神様をお迎えし、お祀りするための行事です。 歳神様は地域によって歳徳神、どんどさん、恵方神など呼ばれ方が様々にありますが、五穀豊穣の神様である歳神様は日本人にとって古くから大切な存在でした。 正月になるとおせちを作るのは、歳神様にお供えするためです。 毎年子供の間で「いくらもらった?」と話題になるお年玉も、元々は歳神様のご利益を受け取るという意味で餅を食べたのが始まりとされています。 つまり、正月の行事というのは歳神様に関係しているのです。 そのため、正月飾りも歳神様をお迎え、お祀りするためのものとなっています。 正月飾りの種類 正月飾りには、門松、しめ飾り(しめ縄)、鏡餅の3種類があります。 ここでは、それぞれの意味についてご紹介します。 門松 玄関や門の前に対で置くのが門松です。 門松はがやって来る時の目印となるものと言われています。 名前の通り松が使われているのは、松は「祀る」に通じる縁起物だからです。 また、門松には竹も使われていますよね。 竹は成長が早く、2~3日であっという間に伸びることから、生命力の証として使われています。 さらに、門松には梅も使われています。 これは、新春の象徴である梅が一年を始めるにふさわしい花だからです。 このように、門松には「松竹梅」が使われているため、とても縁起の良い物となっています。 しめ飾り(しめ縄) 一般的に個人宅で飾られているのがしめ飾り、神社で飾られているのがしめ縄です。 神社のしめ縄には、神様を祀る場所に不浄なものが入り込まないように、いわば結界を張って神域と現世を分ける意味があります。 しめ飾りはしめ縄に縁起物がついたものですが、しめ縄と意味合いは同じで、しめ飾りを飾ることで歳神様を迎え入れるための準備を示すものだと言われています。 なお、しめ飾りについている縁起物にも意味があり、橙には「代々」に繋がることから子孫繁栄、末広がりの形で縁起がよいとされる扇、姿形から老人を連想させ長寿を願う意味がある海老、神域と現世を分ける結界の境界を表す紙垂(しで)、難が転じて福となるという意味がある南天などがあります。 正月飾りの飾り方 正月飾りは、門松を除いて基本的には大人の目線よりも高く、明るい場所に飾るのが正しいとされています。 門松の場合は床や地面に置いて構いません。 門松の飾り方は2つと一対とみなし、左右対称に配置します。 なお、マンションにお住まいの方は玄関の扉の前が共有スペースとなり、物を置いてはいけないルールとなっていることがありますよね。 そのような時は、松の枝を玄関の横の壁に貼り付けても門松と同じ意味となりますが、それもNGの場合は玄関内に小さな鉢に入った門松を飾っても良いでしょう。 飾る場所はどこがいい? 門松は歳神様が家にやって来る際の目印となるものなので、玄関や門の前に飾りましょう。 ただし、上記でも触れた通り、昨今の住宅事情によって玄関前に門松が置けない場合もありますよね。 そのような時は玄関内に飾っても構いません。 しめ飾りは神域と現世の間に結界を張ることで、不浄なものが入るのを避ける意味があります。 そのため、玄関の上の方や、人の集まるリビングなどに飾るのがよいでしょう。 また、神棚がある場合は神棚に飾るのはしめ飾りよりも、しめ縄がよいでしょう。 しめ縄には神様が宿る場所、お祀りする場所という意味があるため、しめ飾りよりも神聖なものとなります。 なお、神道では八百万に神が宿ると考えられ、家の中では特に水回りや火を扱うところに神様がいると言われています。 台所やお風呂、トイレなどに小さめのしめ縄を飾るのもおすすめです。 鏡餅は歳神様へのお供え物であり依り代となるため、家の中でも神聖な場所に飾ります。 神棚の他、床の間に飾るのも良いでしょう。 鏡餅がある場所に歳神様が依ると言われているので、家族が集まるリビングや、子供部屋などに飾るのもおすすめです。 その際は、テレビ台の上など騒がしいところではなく、リビングボードや棚があればそこに飾るようにして下さい。 飾ってはいけない日がある? 正月飾りは事始めの12月13日以降に飾り始めますが、12月29日と31日は飾ってはいけないと言われています。 29日は「二重の苦(9)」となり縁起が悪いこと、31日は「一夜飾り」と言って翌日に正月を迎えることから歳神様がやって来るのに間に合わないとされます。 そのため、正月飾りを飾る時は12月29日と31日は避けるようにして下さい。 なお、28日は末広がりの八が縁起が良いとして、正月飾りを飾るのは良いとされていることから、クリスマスを過ぎて「新年の準備を始めよう」と思ったら28日に行うのがおすすめです。 処分の方法はどうする? 正月飾りは、神社に持って行くとお焚き上げの際にまとめて焼いて奉納してもらえます。 お焚き上げは、、左義長など呼び方が地域によって違いますが、小正月の1月15日に行われることが多いようです。 神社で処分できない場合は、一般ゴミとして処分することが可能です。 ただし、神様にお供えしたものを他のゴミと一緒に捨てるのはちょっと・・と思いますよね。 そのような時は塩やお酒で清め、紙(半紙など)で包んだ後、新聞紙などに包んで捨てるとよいでしょう。 なお、鏡餅については鏡開きの日に割って食べることで、歳神様からのご利益を頂けます。 鏡開きは地域によって異なりますが、1月11日もしくは1月20日となっています。 まとめ 正月飾りとは、門松、しめ飾り(しめ縄)、鏡餅のことを言い、歳神様をお迎え、お祀りするためのものです。 門松を立てることで家の目印とし、しめ飾りは神域と現世の結界を張って不浄なものが出入りできないようにする意味があるものです。 また、鏡餅は歳神様の依り代となり、鏡開きの日に食べることでご利益を頂くことができます。 なお、役目を終えた正月飾りは、神社に持って行くと焼いて処分してもらえます。

次の

正月飾りはいつ飾るのがベスト?縁起物として何をいつまで飾るべき?

正月 飾り いつ 飾る

29日は「苦」に通じる 29日は「二重苦」に通じるので避けます。 「苦持ち」から餅つき・餅飾りに関するアクションをしない地域もありますね。 いずれにせよ縁起を担ぐなら9日は避けた方が良いのでしょう。 一夜飾りの解釈 また、大晦日のお飾りは「一夜飾り」と嫌われます。 大晦日に掛けても年神様が気付かない・間に合わないのでダメって言いますね。 …ということで、 28日に飾りそびれたうっかりさんは30日に出しましょう。 従って 旧暦だと30日に飾るのもアウトです。 28日にお飾りを出しそびれたうっかりさんは、もう年を越せないわけです。 旧暦キビシー!ありがとう新暦!改暦バンザイ! …っていうか、大多数が農民だったころは収穫が終わったら冬ごもりモードだったはずなので、盆も暮れもない現代とは時間感覚が全く違うわけですが…。 日本の神様は夜明けと共にやってくるので、除夜の鐘が始まって夜が明けるまでに出せばギリギリセーフです(でも親戚とかには怒られます)。 梵鐘のリズムに身を委ね、穢れを祓った清い心で飾りましょう。 きっと受け入れて頂けるはずです。 そう信じたい。 よっ年神様、太っ腹!…的な感じでお迎えすれば大丈夫です(多分)。 一般に 松の内の間は飾るものとされてます。 もともと「正月」は1月全体を指していたのに、いつしか門松を飾る「サブセット正月・松の内」が設定され、その「松の内」もなんのかんのと短縮傾向になって15日になり10日までになり7日になり今に至ります。 幕末の世を描いた「半七捕物帳」でも、1月20日くらいの描写として「江戸のころに比べて明治になってからは正月気分が短くていけねぇ」みたいな話があったように思います。 (探したけど正月の話が多くて見つからなんだ。 関東なら7日までは飾っておいて、8日になったら外すのが無難でしょうか。 なお、鏡割りは松飾りを外した後に行います。 外したお飾りは「どんど焼き」へ 役目を終えたお飾りは、地域の「どんど焼き」や「お焚き上げ」に出しましょう。 日時はお寺さんの門前や自治体の広報を見ると割と載ってます。 どうしてもゴミに出すしかない地域で、ゴミ扱いするのが忍びない場合は塩をかけて清めましょう。 自分の正月気分を盛り上げるためのオーナメントとして飾る場合は、いつ飾っていつ外しても大丈夫です多分。 来年カレンダーの12月27日に「お飾りは28日の朝に飾る!」って既に書き込んだアタシにもはや死角などなくてよッ。 昔の百貨店とか11月から門松飾ってたりしましたけど、いま思うとロックよね。 そんなわけで皆さま、お互い追い込み頑張りましょう!.

次の

正月飾りで玄関には何を飾る?いつからいつまで飾る?処分方法は?

正月 飾り いつ 飾る

毎年、年末になったら玄関や家の中に門松、しめ縄、鏡餅等の「正月飾り」を飾り付けますよね。 家に門松やしめ飾りが飾られると、「今年も新しい年が始まったなぁ」と気が引き締まります。 でも、この正月飾りですが、 「時期はいつからいつまで飾れば良いの?」 って悩んじゃいますよね。 早すぎても周りの家から浮いてしまいますし、かといって遅すぎても神様に失礼な感じがしちゃいます。 一体、正月飾りは「何日から何日まで」飾れば良いのでしょうか? というワケで今回は「 正月飾りの正しい飾り方」について紹介しますよ。 以下の項目についてそれぞれ詳しくまとめていますので、良かったら参考にしてくださいね。 ・正月飾りはいつから飾るのか? ・正月飾りは何日くらいに片付けるのか? ・正月飾りの正しい飾り方は?(門松、しめ縄、鏡餅、破魔矢、熊手) ・正月飾りの処分方法は?• 正月飾りはいつからいつまで飾る?最適な時期は? 正月飾りはいつから飾る? まず「正月飾りをいつから飾り始めるか」ですが、一般的には クリスマス後の26日~30日に飾る人が多いです。 昔は「正月事始め」の12月13日から飾っていたようですが、現代の日本では「クリスマス」がありますので。 さすがにクリスマス時期に正月のしめ縄や門松が飾られていると雰囲気がイマイチですよね(笑) ですので、現代ではクリスマスが終わった後に正月飾りを飾るのが一般的になっていますよ。 正月飾りは神様を向かい入れるための神聖な物ですので、できたら大掃除を行い、その後に飾り付けると良いですね。 ちなみに29日は「二重に苦しむ」という語呂合わせで不吉とされ、31日も「一夜飾り」で神様に失礼なので避けた方が良いとされていますよ。 関連記事 『』 正月飾りはいつまで飾る?取り外す時期は? 次に「お正月飾りをしまう時期」ですが、「門松」や「しめ縄」の場合、 住んでいる地域によって取り外す日にちが異なりますよ。 一般的には「関東地方では1月7日(松の内)の朝、七草粥を食べた後に片付ける」、関西地方は「1月15日(小正月)まで飾り、その後しまう」という地域が多いです。 が、現在では忙しい人も多いので、関西地方でも「1月7日」には正月飾りを取り外してしまう人も増えているようですよ。 仕事が始まる1月4日には早々と正月飾りをしまってしまう家もあるくらいです。 ここら辺は地域の風習や家庭の事情によっても異なりますので、ご両親や義父母に確認してみると良いですね。 鏡餅はいつ食べるの? 「正月飾り」の中でも鏡餅だけは、他の飾りと片付ける日にちが異なります。 鏡餅の場合、一般的に 鏡開きの1月11日に外し、お雑煮にして食べます。 鏡開きの日にお餅を食べる事で無病息災等の「1年間の幸福・健康」を神様から授かるんですね。 が、鏡餅を取り外す日も他のお正月飾り同様に地域によって日にちが異なる場合もありますので、やはり周りの人に聞いてみるのが1番良いですね。 スポンサーリンク 正月飾りの飾り方 正しいのは? 門松の飾り方 正しいのは? 次に、「門松の正しい飾り方」ですが、門松は家の玄関や門に2本1対で飾るのが最も一般的です。 んで、門松には「雄松」と「雌松」があり、 雄松を向かって左側に、雌松を向かって右側に飾る のが正しい飾り方ですよ。 雄松と雌松の見分け方やその他、略式門松の飾り方、マンションやアパートの場合の飾り方は以下の記事を参考にしてくださいね。 しめ縄やしめ飾りの飾り方ですが、 注連縄の太い方を向かって右側、細い方を向かって左側に飾ります。 飾る場所はもちろん玄関や神棚の中央部分で、人が下を通っても触れない高さに飾りましょう。 ただし、出雲大社系統のしめ縄だけは普通のしめ縄とは逆で、向かって左が太く、右が細くなりますので注意してくださいね。 ちなみにしめ縄の固定方法ですが、1番簡単なのは「釘で打ち付けてしまう方法」です。 が、マンションやアパートで玄関を傷つけられない場合もありますよね。 そんな時は、ドアに粘着テープのフックを貼り付けて、そこにしめ縄を引っ掛けると良いですよ。 鏡餅の飾り方 正しいのは? 鏡餅は神棚やお仏壇、玄関に飾るのが人気ですが、台所や寝室といったその他の部屋に飾っても大丈夫ですよ。 あと、鏡餅を飾る順番ですが、最も一般的なのは下から以下の順序で並べる方法ですよ。 1、三方(さんぽう)…台 2、四方紅(しほうべに)…周りが赤の紙 3、裏白(うらじろ)…シダの葉 4、御幣(ごへい)…紅白の紙を垂らした物 5、お餅 6、橙(だいだい)…みかん 7、末広(すえひろ)…扇 また、地方によってはこれ以外にも「昆布、干し柿、スルメ、海老」等を飾る場所もあります。 詳しくは以下の記事を読んでみてくださいね。 破魔矢を飾る場所は神棚があれば神棚に飾るのが1番良いですが、神棚が無い場合は玄関やリビング等に飾っても大丈夫ですよ。 方向は特に気にする必要はなく(どうしても気になる人はその年の凶の方向に矢じりを向けると良いです)、人の目線より高い場所に飾るのが正しい飾り方ですよ。 詳しくは以下の記事をどうぞです。 こちらも破魔矢と一緒で神棚があれば神棚に飾るのがベストですね。 神棚がない場合は、玄関やその他の部屋に飾っても大丈夫です。 玄関に飾る場合は「福をかき込む」ように入口の方角を向け、その他の部屋に飾る場合はその年の恵方か、太陽が昇り始める東側、太陽が高く上昇する南側に向けると運気も上昇するといわれていますよ。 詳しくは以下の記事を読んでみてくださいね。 1、近所の神社のどんど焼きで燃やしてもらう 2、自宅でゴミとして捨てる 3、キレイにしまっておき、来年また使う(裏技) それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。 1、近所のどんど焼きで燃やしてもらう ちょうど小正月の1月15日頃は全国の神社で「どんど焼き」と呼ばれる行事が行われています。 これは門松やしめ縄といった正月飾りや書初め等を持ち寄り、高く積み上げて燃やし、無病息災等を願うお正月の恒例行事ですね。 もし近所の神社でどんど焼きが行われているなら、ここで焼いてもらうのが1番手っ取り早い正月飾りの処分方法になりますよ。 どうしてもどんど焼きに行くのが難しい場合は、自分で「お清めをして燃えるゴミとして捨てる」という方法もありますよ。 その場合、以下のステップで処分してみてくださいね。 1、大きな紙を広げ、その上にお正月飾りを並べます。 2、上から左、中、右の順に塩を振り、正月飾りを清めます。 3、紙でキレイに正月飾りを包みます。 4、3の正月飾りを「燃える用ゴミ袋」に入れます。 この際、他のゴミとは混ざらないように「1つのゴミ袋に正月飾りだけ」を入れてください。 5、ゴミ袋に入れてしまった後に、もう1度塩でお清めしたら完了です。 後は、燃えないゴミの日に出すだけですよ。 正月飾りをゴミとして捨てるのは少し申し訳ない気持ちがしますが、仕方ありません。 神様に感謝しつつ、丁寧に捨てるようにしましょう。 3、キレイにしまっておいて来年また使う 本来、神社等で「縁起物」として購入したしめ縄や門松は「毎年買い替える」のが正しいあり方ですが、「縁起や風習なんて気にしない!」というのであれば、 キレイに保管しておき、来年また使うのもありです。 けっこう値段がする正月飾りを毎年買い替えるのも、勿体ない気がしますしね(笑)。 もし、来年まで取っておくという場合には「ビニール袋に乾燥材や防虫剤と一緒に入れ、風通しの良い場所に保管する」と良いですよ。 湿った押入れ等に入れたままにすると梅雨や夏の時期にカビが発生するので注意してくださいね。 また、この方法を行う場合「とんでもない!」と思う人もいるので、念の為家族に話して了承を得てから行うと良いですね。 正月飾りはいつからいつまで飾る?飾り方や処分の仕方まとめ いかがだったでしょうか?正月飾りを飾る時期はクリスマス後~30日まで、取り外す時期は関東地方は1月7日まで、関西地方は1月15日まで飾るのが一般的ですよ。 とはいえ、現代では昔の風習を気にする人も減ってきていますし、「絶対にこの日に飾らないといけない」という事はないので、家の都合のつく日に飾り付け&取り外しを行うと良いですよ。

次の