上越 新幹線 下り 時刻 表。 Daisuke Music Factory

Daisuke Music Factory

上越 新幹線 下り 時刻 表

上越線の運賃・路線図・時刻表 上越線とは 上越線とは、高崎駅から長岡駅までの区間を結んでいるJR東日本が運行する路線(直通運転の区間まで含む)です。 この区間内の停車駅は36か所あります。 JR東日本は、東北地方・関東地方・甲信越地方を中心とした地域に鉄道路線を有するほか、ジェイアールバスなどの運輸業、メトロポリタンホテルズ・メッツホテルなどの宿泊業、ルミネ・アトレなどの駅ビルマネジメント業をはじめとする多様な関連事業を展開しています。 目次 上越線の運賃 JR各線の 大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。 小児の場合は大人の料金の半額(5円の端数は切り捨て)になります。 ただし、JRの場合は他の私鉄各線とは違って運賃体系が複雑で、普通運賃の場合、JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)と、JR北海道・JR四国・JR九州の各社でそれぞれ異なります。 2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。 幹線または地方交通線のみを利用する場合、東京・大阪の電車特定区間のみを利用する場合、山手線内・大阪環状線内のみを利用する場合でも、それぞれ運賃は異なります。 注意:下記の運賃表は 令和元年 2019年 10月1日消費税増税後の改定運賃を表示しています。 本州3社内の幹線の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ (運賃計算キロ) 片道運賃 (基準額) 1から3キロ 150円 4から6キロ 190円 7から10キロ 200円 11から15キロ 240円 16から20キロ 330円 21から25キロ 420円 26から30キロ 510円 31から35キロ 590円 36から40キロ 680円 41から45キロ 770円 46から50キロ 860円 51から60キロ 990円 61から70キロ 1,170円 71から80キロ 1,340円 81から90キロ 1,520円 91から100キロ 1,690円 電車特定区間の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 東京 大阪 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 220円 220円 16から20キロ 310円 310円 21から25キロ 400円 400円 26から30キロ 480円 470円 31から35キロ 570円 560円 36から40キロ 650円 650円 41から45キロ 730円 730円 46から50キロ 820円 810円 51から60キロ 940円 940円 61から70キロ 1,100円 1,100円 71から80キロ 1,270円 1,270円 81から90キロ 1,450円 1,440円 91から100キロ 1,610円 1,610円 山手線内・大阪環状線内の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 山手線内 大阪環状線内 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 200円 200円 16から20キロ 270円 260円 上越線の路線図と時刻表 上越線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。 その他、 JR東日本公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。 公式ホームページへのリンクは次のとおりです。 新幹線にある多目的室 JR東日本で管轄している新幹線には一般に多目的室が、「はやて」「こまち」にはサービスルームが車内に設置されています。 これらの多目的室の利用に際しては、予約は特に受け付けていませんので、乗車の際に車掌に申し出をすれば利用は可能です。 なお、多目的室については乳幼児を連れている人や身体障害者などが利用する場合を想定してつくられたものです。 旅市現地発着プランとは 「旅市」(たびいち)はJRグループのツアー商品のブランドの一種ですが、これは歴史や文化、産業、グルメといった、地域本来の魅力を実感できる体験型・参加型観光をコンセプトとしているもので、観光庁が主唱するニューツーリズムにあたるものです。 現地発着プランは、鉄道などで参加者が現地に直接訪れ、観光を楽しんだあとは現地解散となるプログラムのことで、気軽に参加ができます。 ガイド料やタクシー代などがその料金に含まれていますが施設の入場料や食事代、自宅から現地までの交通費は通常含まれません。 JR東日本のモバイル専用アプリ JR東日本では、さまざまな機能を駆使して鉄道をさらに乗りやすいものにする スマホ用のアプリ(iOS版・Android版)を無料でダウンロードできるサービスを行っています。 このアプリは公式ホームページのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかからダウンロードすることが可能です。 アプリが持っている便利な機能としては、山手線では「トレインネット」で車内の温度や混雑度が見られる機能などがあります。

次の

上越新幹線 スピードアップの影響を考える: 鉄道未成線駄作時刻表妄想室

上越 新幹線 下り 時刻 表

上越線の運賃・路線図・時刻表 上越線とは 上越線とは、高崎駅から長岡駅までの区間を結んでいるJR東日本が運行する路線(直通運転の区間まで含む)です。 この区間内の停車駅は36か所あります。 JR東日本は、東北地方・関東地方・甲信越地方を中心とした地域に鉄道路線を有するほか、ジェイアールバスなどの運輸業、メトロポリタンホテルズ・メッツホテルなどの宿泊業、ルミネ・アトレなどの駅ビルマネジメント業をはじめとする多様な関連事業を展開しています。 目次 上越線の運賃 JR各線の 大人(原則として12歳以上)の普通運賃は次の表のとおりで、距離に応じて金額が決まっています。 小児の場合は大人の料金の半額(5円の端数は切り捨て)になります。 ただし、JRの場合は他の私鉄各線とは違って運賃体系が複雑で、普通運賃の場合、JR東日本・JR東海・JR西日本(本州3社)と、JR北海道・JR四国・JR九州の各社でそれぞれ異なります。 2つ以上の旅客鉄道会社にまたがって利用する場合は通しで計算し、この場合は「基準額」のほかに「加算額」が発生することがあります。 幹線または地方交通線のみを利用する場合、東京・大阪の電車特定区間のみを利用する場合、山手線内・大阪環状線内のみを利用する場合でも、それぞれ運賃は異なります。 注意:下記の運賃表は 令和元年 2019年 10月1日消費税増税後の改定運賃を表示しています。 本州3社内の幹線の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ (運賃計算キロ) 片道運賃 (基準額) 1から3キロ 150円 4から6キロ 190円 7から10キロ 200円 11から15キロ 240円 16から20キロ 330円 21から25キロ 420円 26から30キロ 510円 31から35キロ 590円 36から40キロ 680円 41から45キロ 770円 46から50キロ 860円 51から60キロ 990円 61から70キロ 1,170円 71から80キロ 1,340円 81から90キロ 1,520円 91から100キロ 1,690円 電車特定区間の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 東京 大阪 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 220円 220円 16から20キロ 310円 310円 21から25キロ 400円 400円 26から30キロ 480円 470円 31から35キロ 570円 560円 36から40キロ 650円 650円 41から45キロ 730円 730円 46から50キロ 820円 810円 51から60キロ 940円 940円 61から70キロ 1,100円 1,100円 71から80キロ 1,270円 1,270円 81から90キロ 1,450円 1,440円 91から100キロ 1,610円 1,610円 山手線内・大阪環状線内の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 山手線内 大阪環状線内 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 200円 200円 16から20キロ 270円 260円 上越線の路線図と時刻表 上越線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。 その他、 JR東日本公式ホームページにパソコン・スマートフォン・タブレット端末からアクセスして、時刻表や路線図を調べることもできます。 公式ホームページへのリンクは次のとおりです。 新幹線にある多目的室 JR東日本で管轄している新幹線には一般に多目的室が、「はやて」「こまち」にはサービスルームが車内に設置されています。 これらの多目的室の利用に際しては、予約は特に受け付けていませんので、乗車の際に車掌に申し出をすれば利用は可能です。 なお、多目的室については乳幼児を連れている人や身体障害者などが利用する場合を想定してつくられたものです。 旅市現地発着プランとは 「旅市」(たびいち)はJRグループのツアー商品のブランドの一種ですが、これは歴史や文化、産業、グルメといった、地域本来の魅力を実感できる体験型・参加型観光をコンセプトとしているもので、観光庁が主唱するニューツーリズムにあたるものです。 現地発着プランは、鉄道などで参加者が現地に直接訪れ、観光を楽しんだあとは現地解散となるプログラムのことで、気軽に参加ができます。 ガイド料やタクシー代などがその料金に含まれていますが施設の入場料や食事代、自宅から現地までの交通費は通常含まれません。 JR東日本のモバイル専用アプリ JR東日本では、さまざまな機能を駆使して鉄道をさらに乗りやすいものにする スマホ用のアプリ(iOS版・Android版)を無料でダウンロードできるサービスを行っています。 このアプリは公式ホームページのなかにあるリンクを通じて「App Store」または「Google Play」のどちらかからダウンロードすることが可能です。 アプリが持っている便利な機能としては、山手線では「トレインネット」で車内の温度や混雑度が見られる機能などがあります。

次の

上越新幹線 スピードアップの影響を考える: 鉄道未成線駄作時刻表妄想室

上越 新幹線 下り 時刻 表

前回まで上越新幹線へ北陸新幹線の妄想ダイヤがどう影響するかを検討しましたが、今回は上越新幹線自身の話。 上越新幹線に限らず、JR東日本管内の新幹線はどうしても東京〜大宮間がボトルネックになるため、東京駅の発着時間枠を変えづらいという制約がかかります。 つまり終点側にダイヤのしわ寄せがくるわけで、それを確認しようというわけです。 では上越新幹線で終点側のボトルネックになる場所があるか、といえば、それは1か所、新潟駅11番線ということになります。 2面4線ある新潟駅は基本的に余裕があるわけですが、「いなほ」に接続する「とき」は平面乗り換えを可能とするため、必ず11番線に到着させないといけません。 あと細かいところで言えば、朝ラッシュ時上りの高崎始発「たにがわ」は下りホームから逆転発車するので多少の制約がかかりますが、これは調整が利く話と言えます。 そこで特急「いなほ」に接続する「とき」でスピードアップの影響を受けそうな列車を探してみると、「いなほ10号」 新潟着16時36分 から接続する「とき336号」 新潟発16時56分 と、「いなほ9号」 新潟発17時15分 に接続する「とき327号」 新潟着17時04分 がピックアップされます。 時刻を見るとわかりますが、上り「とき336号」が発車してから下り「とき327号」が到着するまで8分しかありません。 これはスピードアップ後、「とき327号」は「とき336号」発車前に新潟に到着すると想定できるので、同じ線路で発着できません。 さてどうするか。 「とき327号」は途中、上野・大宮・長岡だけ停車の速達便です。 となれば、こちらの接続を維持して、上り側のダイヤを変更することを検討しようと思います。 「とき336号」は長岡・越後湯沢・高崎・本庄早稲田・熊谷・大宮・上野と停車するやや変則的な速達列車ですが、そもそも新潟駅での接続時間が20分と長めです。 実はここ、2019年 平成31年 3月16日改正ダイヤまで、「とき336号」は浦佐だけ通過していたのを燕三条、上毛高原も通過して速達化したのに、「いなほ10号」のスジを変更しなかったために発生したものです。 前後の「とき」を見てみると、そのどちらも各駅停車タイプ。 ですがもう少し見てみると、新潟発16時09分の「とき332号」という列車が存在しており、燕三条・長岡・大宮・上野のみ停車の速達便です。 そこで、これに「いなほ10号」接続させることを考えてみます。 スピードアップを考慮すると新潟発16時15分となるでしょうが、これに接続させると考えると、「いなほ10号」は30分ほど繰り上げることになります。 具体的に言えば、「いなほ8号」 新潟着14時05分 の2時間後というスジになります。 当然、「いなほ10号」は秋田駅の発車時間が繰り上がるわけですが、これによる接続の影響はなく、却ってよくなっている箇所もあります。 さらに、「とき332号」の前を走る「とき330号」を燕三条停車にして、「とき332号」は燕三条通過にして速達化を図ります。 これには新潟駅の接続時間確保の意味合いもあるのですが…。 直後に各駅停車タイプの「とき334号」があり、通過駅利用者はこちらに乗り換えていただければいいので思い切った策が取れるという意味合いもあるのです。

次の