クレジットカード 作り方 無職。 クレジットカードの審査は無職でも通るのか?

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

クレジットカード 作り方 無職

クレジットカードの審査では、返済能力の有無が審査される。 そのため、職業や年収は、審査に影響の大きい項目のひとつだ。 無職の人の場合、クレジットカードの審査に落ちる可能性は高くなってしまう。 しかし、 無職でもクレジットカードの審査に通る方法はある。 たとえば、扶養内に入っている場合や、家族カードなど、家族の力を借りることでカードを作ることができる。 あるいは、カードによるが、定職に就いていなくても、 預貯金や持ち家などの資産がある場合、または アルバイトやパート、派遣社員、ネットオークションや投資などの収入があれば、審査に通る可能性が高くなる。 同時に、審査に不利になる条件を減らすことも大切だ。 具体的には、クレヒスに傷がない状態にする、ステータス性の高いカードに申し込まない、住所などの必要情報をきちんと申告するなどだ。 クレジットカードによって審査の厳しさは変わるので、できるだけ 審査に通りやすいカードに申し込むのもおすすめだ。 また、カードの審査で何を見られているかを理解できれば、 審査に通る可能性を上げることもできるはずだ。 本記事では、無職でもクレジットカードの審査に通る可能性がある場合と、審査落ちの可能性が高い場合をまとめるとともに、審査の前提となる基準などについて解説する。 「無職だがカードの作り方を知りたい」という人は、参考にしてほしい。 ・ 無職でも審査に通る可能性 クレジットカードの審査では「無職」はかなり不利だが、次のような場合は審査に通る可能性がある。 扶養に入っている 専業主婦や学生などで自身の収入がない場合でも、扶養に入っていればクレジットカードの審査に通る可能性がある。 配偶者や親など扶養主に安定した収入がある場合、扶養内にいる人も返済能力があるとみなされるのだ。 クレジットカードによっては、申込条件に 「本人または配偶者に安定・継続した収入がある方」などと明記している場合もある。 預貯金・持ち家など資産がある 預貯金や持ち家などの資産があると、審査に有利になると言われる。 これは、クレジットカードの審査において、 返済の担保となる「資産」が基準の一つとなっているからだ。 申込時に記入する 「預貯金額」「居住形態」の項目をきちんと記入しよう。 職業欄を「無職」にしない 申込時に職業欄で「無職」を選ぶと、審査に落ちてしまう可能性が高い。 嘘の申告は絶対におこなってはならない。 しかし、 アルバイト、パート、派遣社員、ネットオークションや投資などによる収入、家賃収入など、何らかの収入があれば「無職」の記入を避けられることもある。 できるだけ「無職」の記入を避ける方法を考えよう。 家族カードを作る クレジットカードには、会員の家族向けに「家族カード」を発行できる場合がある。 本会員がすでに審査に通っているため、 家族カードの審査はそれほど厳しくない。 本会員が支払い遅延・滞納を繰り返していたり、カードを利用予定の家族に何らかのトラブルがあるなど、よほどの事情がない限りは審査に通るはずだ。 無職になる前にカードを作る 現時点では定職に就いていて今後無職になる場合、 退職前にカードに申し込むという方法がある。 ただし、 離職後はクレジットカード会社に申告する必要がある。 審査落ちの可能性が高い場合 前述のような場合は無職でも審査に通る可能性があるが、逆に以下の場合はほぼ確実に審査落ちすると考えられる。 クレヒスに傷がある クレジットヒストリー(通称「クレヒス」)は、信用機関に記録されているクレジットの利用履歴。 過去にクレジットの遅延・滞納などを起こしており、クレヒスの利用履歴に残っている、つまりクレヒスに傷がついている場合、審査に不利になる。 クレヒスは、 クレジットカードの審査において最も重視される項目のひとつだ。 審査の他の点では問題がなくても、クレヒスに傷がついているだけで審査落ちすることもある。 なお、延滞・滞納は最大5年間保存されるため、その期間が過ぎてから再申込を行うことで審査に通る可能性がある。 審査基準が厳しいカード クレジットカードの中には ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性が高いカードもある。 無職の場合、これらのカードの審査に通る可能性は極めて低いと言える。 ステータスカードと呼ばれるような上位カードには、 一般カードよりも厳しい審査基準が設けているからだ。 年収や職業などの属性も、一般カードに比べてよりシビアに見られるはずだ。 ステータス性が高いカードが欲しい場合は、定職に就くのが一番の近道と言えるだろう。 住所不定 無職で、ネットカフェや友人の家に寝泊まりをしているなど、 住所が不定の場合にはクレジットカードの審査に通る可能性は低い。 カードの審査の際には、現住所の確認が必要になることが理由だ。 店頭で即日発行を行っているカードを除けば、発行されたカードは自宅に送られ、受け取りの際に 本人確認が必要となることもある。 そのため、申し込みの際に住所が定まっていることは必須と言ってもいいだろう。 審査は資力、性格、資産 クレジットカードの審査では、 「資力」「性格」「資産」という3つの観点で見られるとされている。 資力:職業・雇用形態・勤続年数・年収など、お金の返済能力を見る観点• 性格:過去のクレジット利用履歴など、延滞なく返済する性格かを見る観点• 資産:持ち家など、担保となりうる資産を所有しているかを見る観点 無職ということは、3つの観点のうち 「資力」が審査にとって最も不利な状態にあるということ。 申込者本人が無職の場合には、「資力」以外の 「性格」「資産」によって審査の結果が大きく左右されると言えるだろう。 無職のカードの作り方 無職の場合、クレジットカードの審査に通る可能性は低い。 これは大前提だが、絶対にクレジットカードを持てないいわけではない。 カードを持てる可能性が高いのが、下記2つのケースだ。 被扶養者が申し込む• 「家族カード」に申し込む しかし、自分だけの力でカードを作りたい場合、どうすれば良いのだろうか。 可能性として、 持ち家や預貯金などの資産があれば審査に通ることがあるようだ。 また、 いかに審査で不利にはたらく要素を減らせるかもポイントだ。 審査で最も重視される点のひとつが、クレジット履歴に傷がないかだ。 支払い延滞・滞納など、 クレヒスに不利な情報がない状態にしておくことが重要だ。 また、定職についていなくても何らかの収入がある場合、職業欄を「無職」で申し込むことは避けよう。 嘘の申告はご法度だが、専業主婦、アルバイト、パート、派遣社員、ネットオークションや投資などの収入も、無職以外の申告ができることがある。 例えば、のように、専業主婦でも申し込むことが可能で、さらにキャッシング枠が利用できるクレジットカードもある。 無職だから、と諦める前に 審査が厳しいと思われるカードを避け、作りやすそうなカードに申し込むことも大切だ。

次の

審査なし(無審査)で作れるクレジットカード【無職やブラックでも作れるカードも】

クレジットカード 作り方 無職

クレジットカードを持ちたいけれど、無職だからきっとクレジットカードは作れないだろうと諦めている人も少なくないでしょう。 現金を使わない キャッシュレス化が進む中で、クレジットカードがなければ不便だなと感じることが増えてきていますよね。 特に通販で買い物をしたり、何か商品を定期購入をする場合にはクレジットカードでの支払いが必要になることもあります。 やっぱりクレジットカードが使えないと不便を感じてしまうという人のために、 無職の人におすすめのクレジットカードの紹介と、申し込む時の注意点や、審査に通過しやすい申込書の記入方法なども合わせて紹介していきます。 それでも審査が心配という人へは、 審査なしで作れるカードについても解説していきます。 このページの目次• 無職でもクレジットカードを作る方法とポイント クレジットカードを作るには、どんな人でも必ず審査が行われ、その審査で支払い能力があるかどうかが問われます。 支払い能力がないと判断されると審査に落ちてしまうため、クレジットカードを作ることはできません。 きちんと働いているということは、返済能力があるかどうかの判断に欠かすことができない部分でもあります。 そのため無職だとクレジットカードを作るのは無理だろうと思う人がほとんどだと思います。 しかし、無職だから絶対クレジットカードの審査に落ちてしまうというものではありません。 無職でもクレジットカードを作る方法は、• 独自審査のためパート、アルバイトも申込OK! 最短30分審査、即日発行可能• 年会費が永年無料 無職の人におすすめクレジットカード一覧 無職とひとことで言っても、全く収入がゼロということはないのではないでしょうか。 自分は無職だからと思っている人の中には、• 専業主婦• フリーター• 年金受給者• 投資家• 家賃収入で生活している人 など、なにか生活の基盤となっている収入源が必ずあるはずです。 学生や専業主婦など、本人に収入がなくても配偶者や保護者など家族に収入があるでしょうから、家族の支払い能力が審査の基準となるようなクレジットカードが大切です。 ここからは、 無職の人におすすめのクレジットカードをいくつか紹介していきます。 リクルートカード リクルートから提供しているクレジットカードで、ホットペッパーやじゃらんに掲載されている店舗の利用をリクルートカードで支払いすると、たくさんのポイントを得ることができます。 貯まったポイントは、Pontaポイントに交換して、ローソンなどで使うことができます。 リクルートカードは、 本人に収入のない無職でも、配偶者や両親などに安定した収入があれば利用することが可能です。 18歳以上、本人または配偶者に安定収入があればOK• 高還元率1. 2%でポイントがたまる• 旅行保険、ショッピング保険が充実 イオンカード イオンカードは、イオン系列のショッピングモールやスーパーなどを多く利用するという人におすすめです。 ときめきポイントというポイントが貯まる特典や、月に2回ショッピングで5%割引になるなどの特典もあったり、割引クーポンが発行されるなどとてもお得です。 イオンカードは、ショッピングモールやスーパーへ訪れる人をターゲットとしています。 そのため、 配偶者に収入があれば専業主婦でも利用することができるので、比較的誰でも利用しやすいクレジットカードとして人気があります。 毎月20日30日はイオン系列でのショッピング5%OFF• 年会費永年無料 学生なら無職でもクレジットカードは作れる! 大学生や専門学校生などの学生は無職でも 親(扶養者)に安定した収入があれば、学生本人に収入がなくてもクレジットカードを持つことが可能です。 大学生や専門学校生などは、社会人となったことを見据えクレジットカード会社では、「将来の優良顧客を獲得」できるとして積極的です。 学校を卒業後、学生専用ではなく通常のクレジットカードへと自動で切り替えるようなシステムとなっている「 学生専用カード」は、通常のクレジットカードよりも審査に通りやすいです。 そんな「学生専用カード」として人気のあるクレジットカードをいくつか紹介します。 三井住友カード デビュープラス 三井住友VISAカードから提供している学生専用カードの 「デビュープラス」は、18歳~25歳という年齢限定のクレジットカードです。 学生時代から利用しはじめて26歳になると、自動で三井住友VISAカードのゴールドカードへと切り替わるという特典があります。 ステータスの高いゴールドカードが20代のうちに、しかも自動で発行されるということから人気の高いクレジットカードです。 18歳~25歳限定で初めてのカード向け• 年会費初年度無料&年1回以上利用で翌年度以降も無料• ネット申し込みで最短翌営業日カード発行 JALカードnavi JALカードからも 学生専用のクレジットカード「navi」を発行しています。 JALカードnaviを利用すると、マイルがどんどん貯まっていくことと、学生が多く利用するコンビニやマクドナルドでは、マイルの貯まる割合が高くなるなどの特典があります。 カード利用で貯めたポイントは、航空券へと交換することもできるので、旅行好きの学生に最適です。 また、学生専用のクレジットカードに付与されることがほとんどない「 旅行傷害保険」も自動付帯しているので何かと安心で便利なクレジットカードです。 18歳以上30歳未満の学生専用• 買い物すると100円で1マイル貯まって特典航空券に交換可能• 在学期間中の年会費無料、マイル有効期限無期限 デビット・プリペイドカードなら無職でも作れる! 無職でも利用しやすいクレジットカードがあるものの、それでも審査通過が難しいという人もいると思います。 そのような場合は、クレジットカードを使うのと同じ感覚で使うことのできる デビットカードや プリペイドカードなどを検討してみてはどうでしょう。 どちらもカード発行の際の審査がないため、気軽に持つことが可能です。 デビットカード デビットカードは、自分の持っている 銀行口座と紐付けて利用するものです。 デビットカードを使用して商品の支払いを行なうと、その時点で口座から利用金額が引き落とされる仕組みとなっています。 VISAやマスターカードが使える店舗やネットショップなどで利用することが可能で、デビットカードの発行のための審査は必要ないため高校生でも利用することが可能です。 ただし、デビットカードと紐付けている銀行口座の残高が利用できる金額となっているため、所持している金額の範囲内でしか利用することはできません。 プリペイドカード プリペイドカードは、そのカードに あらかじめ現金をチャージすることで、そのチャージした金額の範囲内でクレジットカードと同じように利用することのできるカードです。 事前に現金をチャージして利用するというシステムなので、カードを持つための審査は不要です。 デビットカードと同じく、VISAやマスターカードが利用できる店舗や、ネットショップで利用することが可能です。 バンドルカード プリペイドカードだけど、クレジットカードのように使うことができると評判の良いカードです。 もちろん、プリペイドカードなのでクレジットカードのような審査はありません。 またプリペイドカードには珍しく「 ポチッとチャージ」という後払い機能を使うことが可能なので使いやすいカードです。 ただし、クレジットカードのようなポイント還元はないので、決済方法がクレジットカードに近いというだけで、お得感はありません。 また、「ポチッとチャージ」という後払いを使用する場合の手数料は、• クレジットカードの家族カード 家族が持っているクレジットカードの 家族カードを利用するというのもひとつの方法です。 クレジットカードの家族カードは、審査なしで発行することができ、通常のクレジットカードとほぼ同じように利用することが可能です。 ただし、• 本会員となっている家族と利用限度額が共有されている• 利用明細は本会員となっている家族へ届く など、あくまでも本会員となっている家族にカード利用の詳細が知られることとなります。 クレジットカードとして利用できるものの、家族からの監視があるものと思って利用するようにしましょう。 無職がクレジットカード審査に通るためのコツと注意点 無職の人がクレジットカードへ申し込みする場合、職業や年収になんと記載すればいいのか悩んでしまうという人も多いと思います。 無職だけど仕事があると記載すべきなのか、年収は少し多めに書いた方がいいのだろうかと審査に通過したい思いが強ければ強いほど、少しでも審査に有利な情報を記載したいと思うのは当たり前です。 クレジットカードの申込時に嘘の情報を記載するのはバレてしまうのでやめた方が良いですが、それでも嘘のない範囲で工夫して記入することも実は大切です。 そこで、クレジットカード審査に通るためのコツと注意点について説明していきます。 職業は何を選択すればいいの? 職業を記入する欄は、クレジットカード会社によって書式がバラバラです。 例えば、A社のクレジットカードに申し込みする場合の職業選択は、• 配偶者年収• 世帯年収• 預貯金額 などを記載する項目があれば、きちんと記入すると本人の収入がゼロでも審査に通る可能性は高くなります。 また、クレジットカードの申し込みの中に、収入を「申告しない」と選択することができる場合があるので、その場合は「申告しない」をあえて選択するようにしましょう。 預貯金額は申告しなくてもいい 預貯金を記載する欄がある場合、申告するべきかしないべきか迷うと思います。 預貯金がない人、預貯金はあるものの数万円程度で申告する程度のものではないという場合は、 あえて申告する必要はありません。 ただし、預貯金の額が多い資産家で現在無職という場合は、預貯金額をしっかり記載した方が良いです。 クレジットカード会社では、預貯金や口座の残高を調べることはできません。 また、預貯金は審査ではそれほど重要視されることはないと言われています。 基本的には、預貯金があるかどうかではなく、安定した収入が継続的にあるかどうかの方が重要視されます。 ショッピング枠は少なめに、キャッシング枠は付けない 無職でクレジットカードを申し込むなら、まずはクレジットカードの審査に通ることを第一優先に考えましょう。 そのためには、 ショッピング枠を最小限にし、さらに キャッシング機能はゼロにしてつけないことです。 クレジットカードは、延滞なく利用し、無職ではなくなって少ししたらショッピング枠を広げることも可能ですし、キャッシング枠をつけることもできるようになります。 自分の収入状況に合わせて無理しないことが大切です。 クレジットカードのキャッシング機能は、年収の3分の1までと法律で決められています。 そのため無職と申告した場合、キャッシング機能は法律上利用することはできません。 同時に複数カードに申し込まない クレジットカードの審査は、信用情報を照会し、申込者の借入状況などの情報を得ます。 これはどのクレジットカード会社も同様で、どのくらいの借入があって、返済状況はどうなのかといった情報を得るだけではなく、申し込み状況についても確認します。 同時にたくさんのクレジットカード会社やローン会社へ申し込みをしてしまうと、お金に困っている人と判断される可能性が高く、審査に不利になってしまうので注意が必要です。 無職の人がクレジットカード審査に落ちるケース 無職の人がクレジットカードの審査に落ちるケースには、どの人も共通している部分があります。 以下のような場合は、クレジットカード審査に落ちてしまう可能性が高いので注意しましょう。 申込条件をクリアしていない クレジットカードは、そのカードによって申込条件というものがあります。 申し込み条件には、年齢や年収、職種といった一般的なもの以外にも、学生に限定しているものや、専業主婦や年金受給者でも利用可能というものもあります。 また、電話連絡が取れる人というちょっと変わった申込条件を設定しているところもあるなど、クレジットカードによって申込条件は違います。 その申込条件に該当していなければ審査に通ることはありませんので注意しましょう。 信用情報に傷がある クレジットカードやカードローンなどをいつどんな風に利用して返済したのかという情報は、信用情報機関に登録されます。 この信用情報機関は、クレジットカード会社で自由に照会することができ、クレジットカードの審査に利用されます。 信用情報に記載されている内容で、長期間の滞納や債務整理をしたという記録があると審査に通過するのは難しいです。 信用情報への記載は、ある一定期間(5年程度)が過ぎると削除されるので、削除されるタイミングを選んで申し込みするようにしましょう。 また、審査なしのカードをあえて選んで利用するのもおすすめです。 他社からの借入が多い 無職だからクレジットカードが作れないというのではなく、そもそも他社からの借入が多いという場合は、定職についていても審査に通過するのは難しいです。 申込時に他社の借入などを記載する欄がある場合がありますが、そこで申告しなくても、審査時に信用情報を照会すると必ずわかってしまうので、しっかり申告するようにしましょう。 他社への借入が少し多いという場合は、その借入を減らしてから申し込むようにすると良いでしょう。 無職になる前に作ったクレジットカードは使える 働いていた時に作ったクレジットカードは、無職になったからと言って使えなくなることはありません。 ただしクレジットカードを利用した場合、返済はきっちり行なうようにしましょう。 もしも返済が遅れてしまうと、利用できなくなる可能性があるので注意が必要です。 また、今所有しているクレジットカードの更新時期になると再審査が行われるので、その審査に通過できない可能性はゼロではありません。 無職のクレジットカードまとめ 無職でもクレジットカードを持つことは十分可能です。 無職でクレジットカードを持つためには、どのクレジットカードでも持つことはできないので、無職でも持つことが可能となっているクレジットカードを厳選するようにしましょう。 また、申込時の注意点などもしっかり留意した上で、申込をして審査を受けることが大切です。 審査がどうしても不安という場合は、クレジットカードの機能と同じように使える審査のないデビットカードやプリペイドカードを検討してみるのもおすすめです。 自分にとってベストなクレジットカードを選んで利用するようにしましょう。

次の

定年後や年金暮らしの高齢者でもクレジットカードは作れる?|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカード 作り方 無職

「無職でもクレジットカードが作れるって聞いたんだけど・・・」 ネット上でも実際にお会いした方からもそのようなうわさ話を耳にします。 結論から申し上げれば、 無職である以上、クレジットカードを作るのは無理です(学生や専業主婦は除く(下記詳細))。 正社員でもアルバイトでもお金の流入が見込めるようになった時点で一気に作ることが出来るカードが増えますのでまずは職を探しましょう。 以前ならクレジットカードがないとネットショッピングなどを利用する際に困ったかもしれませんが、現在では国際ブランド(VISAやMastercard)が付帯したみずほJCBデビットや三菱UFJ VISAデビットなどの各種デビットカード(銀行口座が作れれば作れます)、同様に国際ブランドが付帯したauWALLETやLINE Payカードなどのプリペイドカードがあれば、日常生活で困ることはほとんどないでしょう。 なぜ無職だと作れないのか? 貯金もあるし「きちんと支払うから!」と訴えても残念ながら通りません。 なぜならお金の流入がないということは、1か月後から2ヶ月後の支払日にあなたがお金を払える「保証」がないからです。 クレジットカードは信頼を担保にお金を貸してくれてるだけで、ただ単に支払いを先延ばしにしているわけではありません。 ここをまず理解してください。 無職でも学生や主婦なら例外的にクレジットカードが作れる 定職についていなくてもクレジットカードが作れる人がいます。 それは学生と主婦の方です。 職にはついていなくても特別な属性として扱われるので、特定のクレジットカードなら作成可能です。 学生の方の場合、カード会社が早くから囲い込んで大人になっても使い続けてもらいたいという戦略があるから、専業主婦の方は旦那のサイフの紐を握っている可能性が高いからです。 いずれも限度額は法的に年収を加味しなくてOKな30万円以下で発行されますが、複数枚でも作ること自体は可能です。 例えば、学生属性なら三井住友カード デビュープラス(25歳以下の年齢制限カードで学生専用枠あり)、主婦属性なら楽天カードやイオンカードなどのスーパーが発行しているカードなどが作れます。 それぞれカード発行会社が明確に作ってもOKと宣言しています。 それぞれの解説はとでそれぞれ詳しく解説しているのでご参照ください。 不公平だと思われるかもしれませんが、学生も主婦も社会的には(というかカード発行会社(イシュア)的には)それぞれ「職業」のようなものです。 巷では「自営業になって申し込む」という方法が推奨されていたりしますが、止めておきましょう・・・ オークションに出品して商品が売れたらあなたは自営業として事業をしていることになるので職業欄には「自営業」と記入して大丈夫です!おめでとうございます!これでクレジットカードが作れますね! みたいなことを書いているサイトが散見されるのですが、おすすめはしません。 自営業であれば、年収欄に年収を記載することができて、さらに職場の電話番号=個人の電話番号でもOK(職場に電話がかかってくることもない)なので、このようなやり方が推奨されるのでしょうが、自営業というのは白色であれ青色であれ、帳簿を記帳して利益が出たら税金を払って初めて名乗ることが出来るものだと考えます。 ちょっとオークションに出品して 「はい、これで私も自営業ー!これで正々堂々とクレジットカード申し込めるー!」というのは倫理的にどうかと思います。 カード会社がそこまで詳細に調べないとは思いますが、今後バレたときにどんな処罰が待っているかわかりません。 変な情報を鵜呑みにして危ない橋を渡らないよう、気をつけてください。 もちろん、「本当に」「キチンとした形で」事業を行っている方なら申し込んでも大丈夫ですし、たとえ収支が赤字であろうと申し込みは可能です。 【無職でも作れる】クレジットカードの代わりにオススメの国際ブランド付きプリペイドカード クレジットカードは職についてから作ったほうが良いですが、どうしてもないと不便な場面、例えばネットショッピングで使える代替カードとしてオススメなのがau WALLETやソフトバンクカード、dカードプリペイド、LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードです。 auWALLETって何?という方、まだご存じない方はを参考にしてください。 auWALLETはauWALLETユーザー限定ですが、MasterCardが使えるお店で使える電子マネー。 ソフトバンクカードはソフトバンクカードユーザー限定ですが、VISAが使えるお店で使える電子マネー。 dカードプリペイドはドコモが発行していますが誰でも作れて、Mastercardが使えるお店で使える電子マネー、LINE Payカードは郵送で申し込めば誰でも作れて、JCBが使えるお店で使える電子マネーです。 このようなブランドプリペイドカードは多数発行されています。 他にもバンドルカードやKyashリアルカードなどなど。 予めチャージをしておけば、クレジットカードと同じように支払い方法を設定して、 amazonの決済でも使えるので、例外的にガソリンスタンドや一部の定額サービスでは利用不可の場所もありますが、クレカの代替として十分に機能してくれます。 デビットカード vs 国際ブランド付きプリペイドカード 似た選択肢として挙げられるのがデビットカード。 デビットカードも銀行口座が作れれば誰でも持てるので、国際ブランド付きプリペイドカードと同様に無職の方でも作ることができます。 しかし、当サイトでは デビットカードよりLINE PayカードやauWALLETなどの国際ブランド付きプリペイドカードをオススメしています。 なぜなら 国際ブランド付きデビットカード(VISAデビットやJCBデビットなど)は一部のデビットカードを除いてポイントが貯まらないという弱点があるからです。 ポイントが貯まるデビットカードも、銀行が発行していてお硬いので還元率は低く設定されています。 対して、例えばLINE Payカード(JCB)なら還元率は最低0. 家族カードという選択肢もある ご自身が無職でも、親や身内が働いている場合には 家族カードなら作ることが出来ます。 機能的にはクレジットカードと代わりませんが、請求は自分宛てではなく身内に来ますから、何を買ったのかも全部筒抜けです。 それでもよろしい方は家族カードでもよろしいかと思います。 ご家族がお持ちのカードが家族カード可のカードかどうかを確認してみてください。 審査は普通にカードを使われている方ならほとんど通ります(あまりないケースですが、もしも家族カードの発行を依頼して審査に落ちてしまったなら、ご家族に未払いなどが重なってしまっていた可能性があります)。

次の