アルテオン。 アルテオン(フォルクスワーゲン)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

VW アルテオンにシューティングブレーク追加

アルテオン

フォルクスワーゲンが、上級サルーン「アルテオン」のマイナーチェンジを予告しました。 改良により魅力をアップする新型アルテオンについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。 フォルクスワーゲン・アルテオンは、4ドアクーペスタイルを持つラグジュアリーサルーンとして制作され、日本ではブランドのフラッグシップモデルとしてラインナップされています。 改良では、新しいデザインを採用するとともに、スポーツワゴン「アルテオンシューティングブレーク」を設定。 新型アルテオンの発表は2020年6月24日(現地時間)が予定されています。 新しいエクステリアデザインを採用• ワゴンモデル「アルテオンシューティングブレーク」を設定• PHEV「アルテオンGTE」を設定• 3色から選べるインテリアカラーバリエーションと、優雅で落ち着いた佇まいのエクステリアデザインを特徴とした「Arteon TSI 4MOTION Elegance」を追加ラインナップ• フロントは、これまでよりクロームパーツの大きさを抑えることでスマートな印象に。 リアも、新しいグラフィックを持つランプなどによりデザインが変更されます。 アルテオンシューティングブレークは、荷室を拡大するワゴンながらも、以前は狩猟(シューティング)に使用されたスポーティなリアスタイルとすることで、4ドアクーペボディのアルテオンの派生モデルとなります。 上質!フォルクスワーゲン新型アルテオンの内装(インテリア)デザイン フォルクスワーゲン新型アルテオンの内装は、上級サルーンとして質感が高められます。 ラグジュアリーモデルとなるアルテオンエレガンスでは、レザーシートにカラーバリエーションを設定。 さらにデコラティブパネルにはグレード名のエレガンスに相応しい、上質で深みのあるウッドパネルを採用しインテリアの質感を向上します。 アルテオンはその他、メーターを最新のデジタル式とし、ヘッドアップディスプレイも搭載。 これにより、多彩な情報がドライバーにわかりやすく提供されます。 インフォテイメントシステムには、ジェスチャーに対応した最新システムを装備することで、直感的操作が可能に。 空調システムには3ゾーンエアコンが採用され、運転席には長時間の運転時に疲労を和らげるシートマッサージ機能を搭載。 ラゲッジスペースは足のジェスチャーにより開くことができるパワーテールゲートとなっており、ラゲッジスペースは通常時で563L、リアシートを倒すことで最大1557Lを利用することができるようになります。 新型アルテオンRは、ベースモデルより開口部を大型化したバンパーを採用しアグレッシブなデザインに変化。 リアにはクアッドエキゾーストを採用することで、V型6気筒3Lツインターボエンジンに対応。 出力は410馬力を発生するとみられています。 ブレーキには、先に「R」が設定されている「ゴルフR」からくるブルーの専用キャリパーと大型のドリルドローターが装備され、ストッピングパワーをアップします。 7kgm• 【アルテオンR】【新設定】 エンジン:V型6気筒3Lガソリンターボ 出力:400ps• 【GTE(プラグインハイブリッド)】【新設定】 直列4気筒1. トランスミッション:7速デュアルクラッチ「DSG」• 駆動方式:4WD「4MOTION」 フォルクスワーゲン新型アルテオンのパワートレインには、ベースモデルに、2Lガソリンターボエンジンが搭載されます。 7kgmと余裕のあるパワーを出力し、7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせることで、高い走行性能を発揮。 ハイパフォーマンスモデルとして新設定されるアルテオンRでは、排気量をアップすることでパフォーマンスをアップ。 新型アルテオンではプラグインハイブリッドモデルも新設定することで、幅広いパワートレインから選択できるようになります。 駆動方式は欧州でFFも設定されていますが、日本ではより安定感ある走りを楽しむことができる4WD「4MOTION」のみが設定されています。 気持ちよく!フォルクスワーゲン新型アルテオンの走行システムは? フォルクスワーゲン新型アルテオンには、「エコ」「コンフォート」「ノーマル」「スポーツ」「カスタム」の各モードから、タッチひとつでシーンに合わせた選択となる「ドライビングプロファイル機能」が搭載されます。 「ドライビングプロファイル機能」は、アダプティブシャシーコントロール「DCC」によりダンパーの減衰力を瞬時にコントロールするとともに、シフトプログラム、エアコンディショナー、 電動パワーステアリングなどの機能の設定を最適化させることで、好みのドライビングを楽しむことができるようになります。 その他、新型アルテオンには電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」が採用され、高速コーナリング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると、クルマが瞬間的にブレーキをかけて内輪の空転を抑制。 トラクションを回復させてアンダーステアを軽減します。 「プログレッシブステアリング」では、ステアリングギア比を状況にあわせ変化させることで、低速走行や駐車時には少ない操作で快適な取り回しを実現し、カーブが連続するワインディングではクイックなレスポンスに仕上げられます。 最新のパワートレインを採用することで、4WD駆動を採用するスポーツサルーンでは高い燃費値に仕上げられます。 フォルクスワーゲン新型アルテオンの安全装備は? フォルクスワーゲン新型アルテオンの安全装備には、自動化レベルで「レベル2」に該当する部分自動運転システムが採用されます。 システムは、「レーンキープアシスト」とアダプティブクルーズコントロール「ACC」を組み合わせた渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」により、交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況においての運転を支援することができるように。 新型アルテオンにはその他、車線変更や駐車場でのアシスト機能、アラウンドビューカメラ、ドライバー疲労検知システム、ヘッドライトの角度をかえてさまざまな状況で視界確保をアシストするダイナミックヘッドライトなど、多彩な機能が装備されます。 フォルクスワーゲン・アルテオンを試乗動画でチェック! フォルクスワーゲン・アルテオンは、試乗動画が公開されています。 スポーティで安定感ある走りが高い評価を受けています。 ホイールベース:2835mm• しかし、4ドアクーペの魅力あるスタイルとするため、全高は30mmダウンされています。 570万円~800万円 フォルクスワーゲン新型アルテオンの価格は、ベースモデルでデザインの変更が主になることから大幅な価格変更はない予定です。 追加設定されるハイパフォーマンスモデルのアルテオンRは、800万円ほどになるとみられています。 TSI 4MOTION R-Line:5,664,000円• TSI 4MOTION R-Line Advance:6,180,000円• TSI 4MOTION Elegance:6,180,000円 いつ?フォルクスワーゲン新型アルテオンの発売日は? マイナーチェンジする新型アルテオンは、2020年6月24日(現地時間)の発表が予定されています。 フォルクスワーゲンはフラッグシップモデルとなるアルテオンのラインナップを強化することで、多くのユーザーにアピールしていきたい考えです。 車名の「Arteon」の由来は、製品を評価する場合の最高ランクである「A」を頭文字に、「Art(芸術)」と、中国のみで販売されるフォルクスワーゲンの最上級車種「フィデオン(Phideon)」の名前の一部を組み合わせたものとなっています。 「フィデオン」が販売されている中国市場以外では、フォルクスワーゲンのフラッグシップモデルとしてラインナップされています。 4ドアクーペの「メルセデスCLS」をライバルとし、価格が手頃だったことから「廉価なCLS(Poorman's CLS)」と呼ばれることもあったフォルクスワーゲンCCの経験から、アルテオンではより上級を意識し設計。 新型フォルクスワーゲン・アルテオンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

VW「アルテオン」に初試乗 興奮なし、プレミアム感もあと一歩

アルテオン

Contents• アルテオン・シューティングブレークの最新情報 エクステリア スパイショット スノーテストを行うアルテオン・シューティングブレーク。 顔つきは現行のセダンと同じだ。 リアクォーターパネルが歪んでいるように見えるのはカモフラージュのせい。 テールゲートガラスはシューティングブレークらしく傾斜が強め。 テールライトはカモフラージュされている。 インテリア セダンのインテリア 内装はセダンと同じものになるはずです。 つまり12. 3インチのデジタル・インストゥルメントと、9. 2インチのインフォテイメント用タッチスクリーンが搭載されます。 また、シューティングブレーク化によって、後席の頭上空間と荷室容量が拡大されることでしょう。 パワートレイン 基本的にはセダンと同じエンジンラインナップになるでしょう。 ガソリン車は280psの2. 0リッター・直4ターボ、ディーゼル車は150psの2. 0リッター・直4ターボがラインナップされるはずです。 トランスミッションは7速AT、4WDの4motionも用意されます。 プラグインハイブリッドも登場するかもしれません。 VWグルーブのシュコダが販売する「スペルブ」というモデルには、既にPHEVが存在するからです。 スペルブPHEVは218psを発生し、55kmのEV走行が可能となっています。 価格・発売日 価格に関する情報はまだありませんが、セダンより高価なモデルになるのは確実です。 発売は2020年後半の予定です。 とはいえ日本導入は2021年以降になるでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の

ロングルーフが魅了する! VW・アルテオン、シューティングブレークを初設定へ

アルテオン

Contents• アルテオン・シューティングブレークの最新情報 エクステリア スパイショット スノーテストを行うアルテオン・シューティングブレーク。 顔つきは現行のセダンと同じだ。 リアクォーターパネルが歪んでいるように見えるのはカモフラージュのせい。 テールゲートガラスはシューティングブレークらしく傾斜が強め。 テールライトはカモフラージュされている。 インテリア セダンのインテリア 内装はセダンと同じものになるはずです。 つまり12. 3インチのデジタル・インストゥルメントと、9. 2インチのインフォテイメント用タッチスクリーンが搭載されます。 また、シューティングブレーク化によって、後席の頭上空間と荷室容量が拡大されることでしょう。 パワートレイン 基本的にはセダンと同じエンジンラインナップになるでしょう。 ガソリン車は280psの2. 0リッター・直4ターボ、ディーゼル車は150psの2. 0リッター・直4ターボがラインナップされるはずです。 トランスミッションは7速AT、4WDの4motionも用意されます。 プラグインハイブリッドも登場するかもしれません。 VWグルーブのシュコダが販売する「スペルブ」というモデルには、既にPHEVが存在するからです。 スペルブPHEVは218psを発生し、55kmのEV走行が可能となっています。 価格・発売日 価格に関する情報はまだありませんが、セダンより高価なモデルになるのは確実です。 発売は2020年後半の予定です。 とはいえ日本導入は2021年以降になるでしょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以下の関連記事もぜひご覧ください。

次の