それでも愛を誓いますかネタバレ 47。 韓国ドラマ

【ネタバレあり】それでも愛を誓いますか?のレビューと感想(46ページ目)

それでも愛を誓いますかネタバレ 47

【それでも愛を誓いますか?】という漫画を広告で知りました。 46話では、会社の会議室にビルの停電によって 2人で閉じ込められてしまった純と真山。 真剣な顔をした真山が純を抱きしめてきて・・・?! 【それでも愛を誓いますか?】47話のネタバレを紹介します! それでも愛を誓いますか?【47話】ネタバレ! ーーーこれは 私だけの音じゃないーーー お互いの心臓の音が大きく聞こえて、 純は心の中で「どうしよう どうしよう・・・」 と考えていました。 すると次の瞬間! パッ! 会議室の電気がついたのです。 「電気っ」 「あ?!!電気っ」 2人は咄嗟に身体を離し、気まずい雰囲気になりました。 そして真山はこう言いました。 「純須さんのLINEオレに教えてください。 ゲームアプリだとメンテあるし。 もっとその・・・ 話聞けたらって思って」 そう言われた純は 「・・・わかった」 と言い、2人はLINEを交換し合いました。 「いつでも連絡ください。 ・・・お疲れ様でした」 真山はそう言うと、先に会議室を出ていきました。 そして1人になりと我に返り 「何してんだ・・・向こうから始めてきてくれたから・・・」 と言って力が抜け、その場に座り込みました。 ーーー真山くんがすぐ頭に浮かんだなんて言えない・・・ 私は結婚してるからーーー 黙るだけ何て自分はずるい奴だと純は落ち込みました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー その頃、武頼はサオリに公園でで抱き着かれていました。 「もう離れ・・・」 武頼がサオリを引き離そうとすると、 先にサオリが武頼からスッと離れました。 そして何もなかったように自分の荷物を拾い、 「また連絡してね」 と言ってその場を立ち去って行きました。 ーー押して 引いて 引いて押して・・・ーー サオリは自分なりの作戦を実行しているようでした。 武頼はサオリが去ってから自分のスマホを出し、インスタの アプリを消そうとしましたが一旦止めました。 「何されるか分からん・・・」 そして純への罪悪感が生まれました。 「・・・純 また会ってごめん・・・・」 >> それでも愛を誓いますか?【47話】感想 純の方が真山が再度気になってきたような気がしますが、 武頼はサオリのことが少し怖くなってきたような感じですね・・・ 実際サオリはこうすれば武頼は落ちると思ってるし、 なんか精神病んでる感じですしね・・・ 明暗が分かれてきそうなこの展開・・・純と武頼は元の夫婦関係に戻れるのか? このまま破綻していくのか・・・?気になるところです。 まとめ 「それでも愛を誓いますか」47話のネタバレ感想を紹介しました! またサオリに会ってしまった武頼。 罪悪感で押しつぶされないか心配です。 その真実をまた知った時、純はどう思うのでしょうか? 次回の話の続きが気になります!.

次の

エル主演韓国ドラマ「ただひとつの愛」あらすじ感想レビュー *ネタバレなし │ おもろいドラマBLOG♡

それでも愛を誓いますかネタバレ 47

爪痕21話ネタバレ「闇」 トモキはサヤカを引っ張って帰っていました。 サヤカは同僚だと説明しますが、人の浮気を疑ったくせにと言ってサヤカのいう事を聞こうとしません。 そして当てつけのつもりかと怒り出しました。 それでも、サヤカはそんなつもりはないといいますが、トモキは納得しません。 習い事を始めようかと話していたのも聞かれていたのか、ダメだと言い出します。 そして仕事もやめて家に入ればいいと言い出しました。 サヤカはどうしてそこまでトモキに決められなければいけないのかと怒ります。 するとトモキはサヤカを心配しているこそ言っているのだと言います。 そしていつものようにサヤカなら自分の気持ちを分かってくれるよねと自分の考えを押し付け、サヤカの気持ちを押さえつけるのでした。 その頃、なつきはゆいを寝かしつけていました。 ゆいが寝たのを確認するとなつきは久々にSNSを更新すると言って家族写真をアップしました。 そんななつきの行動をコウヘイは黙ってみていました。 コウヘイは最低限の相槌しか打たず、なつきの方を見ようともしません。 なつきは自分たちは元通りになったのではないかと言いますが、返事はしませんでした。 返事のしないコウヘイになつきは先に寝室に行っていると声を掛けます。 するとコウヘイも来てくれたものの、そっぽを向いて眠ってしまいました。 なつきは家に帰ってさえくれば全て元に戻ると思っていたものの、それは違いました。 元に戻るどころか距離の空いた夫婦関係、ぎこちない生活になつきは息苦しさを感じてしまうのでした。 その頃、しおりは1人でアパートにいました。 なつきのアップしたSNSを見ながら、暗い顔をしています。 しおりはいいねを押さなければなつきに変に思われるかもしれないと思いながらも、押すことができませんでした。 なつきの家族写真に写っているコウヘイの姿を恨めしそうに見つめるしおり。 家に連れて帰られたサヤカはトモキに強引に押さえつけられてしまいます。 そしてトモキは、子供でもいればサヤカの考えも変わるのではないかと言い出すのでした。 登録無料!半額クーポンでお得! また、動画配信サービスを利用してもお得に読めてしまいます。 電子書籍も配信されている動画配信サービスであれば、無料お試し登録でもらえるポイントを使って漫画を読むことができるんですね。 無料お試し& 600円分のポイントがすぐにもらえる。 無料お試し& 600円分のポイントがすぐにもらえる。 無料お試し期間に 最大900円分のポイントが無料期間中にもらえる。 会員登録無料。 無料で読める漫画も豊富!まとめ買いなどのお得なキャンペーンが随時行われている。 会員登録無料。 半額クーポンがもれなくもらえる。 爪痕21話感想まとめ トモキは自分のことを棚に上げてサヤカを責めています。 トモキはどうしてそこまでサヤカを縛り付けたいのでしょうか?自分が浮気しているのだから、サヤカも多少なりとも好きにさせてやればいいのにと思ってしまいますね。 浮気がバレたくないにしても束縛しすぎな気がします。 浮気とサヤカは別だという事でしょうか… なつきとコウヘイはゆいが戻ってきてもギクシャクしていますが、2人ともこの先一生こんな生活でいいのでしょうか? こんな生活を送るくらいなら生活を捨ててでも離婚したほうが気が楽な気がしてしまいますね。 「爪痕」21話のネタバレと感想について紹介しました。

次の

【ネタバレあり】それでも愛を誓いますか?のレビューと感想(47ページ目)

それでも愛を誓いますかネタバレ 47

それでも愛を誓いますか?第1話ネタバレ めちゃコミックでは1話〜4話が第1話なのでまとめています。 1話 純須純(すみすじゅん)35歳、夫は39歳。 結婚8年目の純は賃貸住まいで子供はいません。 連日溢れるママ友たちの不安や愚痴投稿をウザいと思いながら今日も純の朝が始まります。 夫の武頼はゼネコン勤めで朝が早く夜が遅い仕事。 仕事を5年前にやめて今はパート勤務をしている純は専業主婦のようなもので、一人で過ごすことも多いです。 友達からの誘いも子連れランチ。 はっきり断りたい純ですが、以前友達にあった時に「なんで子供産まないの?」と悪気なく言われてしまったことを思い出すと、丁寧に断ろうと考えます。 今日も疲れた、と電子レンジの食事。 もともと子供が好きではない純は、子供関連のものは見たくないと考えています。 ピザを食べながらテレビ。 自由な生活をしている純ですが、夜遅くに武頼が帰ってきました。 疲れ切っている武頼は話しかけるなオーラが出ています。 毎日クタクタになるまで働いている武頼。 愚痴をこぼさず自分を養ってくれていることに感謝はしているものの、会話がほとんどないどころか夜も誘えませんでした。 2話 休日も疲労感満載で起きてくる武頼。 純は今日は一人で出かけたい気分だからと武頼には家でゆっくり過ごすように伝え、友達のアヤと会うことにしました。 アヤは地元の友達で子供がいない新婚。 キャリアウーマンのアヤは、ママたちの育休や産休などを残業でこっちは支えているのだと愚痴りました。 ここは母親に優しくない国。 しかし母親たちは、純たちのような子なしの既婚女性には優しくありません。 どうして母親たちに優しくなれないのかなと純がこぼすと、アヤは自分が子供ができない体質だと呟きます。 実は傷ついていたアヤ。 しかし母親たちは土足で傷をえぐるように踏み込んできます。 でも、「子供の話は聞きたくない」とは言えないとアヤは遠い目をするのでした。 純にとってはそんなアヤがとても綺麗に見えて、自分が武頼とレスであることは言えませんでした。 私はこのままババアになるのだろうかとふとショーウインドウに映る自分の姿を見つめる純。 早速仕事を探して再就職しようとする純。 しかし面接の案内がきたのはたった1社。 さらに面接では、入社すぐに産休に入られると困るとセクハラまがいの質問までされてしまいました。 たくさん稼いでくるから、と仕事は楽しむ程度にねと優しい武頼。 武頼にこれ以上求めてしまうのはいけないのだろうかと思いながらも、純は派遣社員の登録をすることにしました。 そして4月から採用されることになったのです。 3話 純が派遣で雇われたのは営業アシスタント。 入社1週間なのに、常にバタバタと忙しく純も仕事を振られるどころか丸投げされてしまう始末でした。 制作物を担当している真山は今時の若者らしく、言われていないことはしない主義。 純は口がぽかーんと開いてしまいながらも、仕事以外のことを考えないで済むことに気が楽だと思っていました。 一方、武頼の方には高校の同窓会の誘いが入ります。 さらに、武頼のもとにはまた出世の話が… そんなことは知らず、純は残業をすることになってしまいました。 担当の真山からは、残業したくないオーラが漂っています。 真山のことは「イマドキの子」だなと思った純。 帰り際、エレベーターでも真山と一緒になってしまいました。 純と顔を合わせると露骨に嫌な顔をする真山。 挨拶も声は出さずに頭をぺこりと下げるだけです。 しかし、今日はすみませんでしたとボソッと真山は呟きます。 その後、武頼から仕事が早く終わったからと食事に誘われました。 待ち合わせして食事なんてと久しぶりのデートに喜ぶ純は、武頼に触れたいと感じます。 4話 純と武頼が帰っていると、子供が突然ぶつかってきました。 謝りに走ってきた母親に「子供好きなんで」と言う武頼。 純はそんな言葉を聞いて、だったら…と思ってしまいます。 そしてその日の夜、思い切って誘ってみました。 しかし「今度にして」と言われてしまう純。 付き合った頃は言葉なんてなくても始まっていたのにと思いながらも、純は諦めずに誘いますが、武頼は疲れてるからと言い放ちます。 純はこらえきれず、自分がもう35になってしまってリミットがあるのだということや、ちゃんと考えているのかと問い詰めてしまいました。 しかし、何も考えてないわけじゃないからと武頼は口論もまともにせず部屋に戻っていきます。 武頼に求めてもらえない自分に嫌悪感を感じながら、その日は泣いて過ごすのでした。 次の日、純は会社の歓迎会に呼ばれていました。 武頼と気まずい中、歓迎会が今日でよかったと思う純。 一方で仕事中の武頼にも、高校の同窓会の知らせが届いています。 21時過ぎ。 純たちは二次会が始まる中、武頼は同窓会会場へ足を運んでいました。 二次会では周りが酔っ払いとなり、真山はマスクに落書きをされてしまいます。 嫌がっている真山を察して、純はハンカチを貸してあげました。 武頼ともめてしまったけれど、まだまだ頑張ってみようと思う純は笑顔で飲み始めます。 その頃武頼は同窓会の会場の前に立っていました。 すると一人の女性に声をかけられ、武頼は振り返ると驚いたような表情を見せます。 そして「久しぶり」と笑顔をで手を振る女性・足立と見つめあうのでした。 同窓会でよくある出会いのパターン!と思いながらも、この先足立とどうにかなりそうな気配があります。 一方で真山くんと純も少し進展しそうですよね。 ハンカチを貸して素直に受け取るあたり、真山くんももう純には慣れているような感じがしますし。 子供のことでもめて少し亀裂が入ってしまったところに、お互いに出会いがあると…この先夫婦で向き合えるのかが心配です。 でも純からしたら、武頼とのことを諦めようとしているわけではなくてむしろ昔のように戻ろうと頑張ろうとしているわけですよね。 タイミングが悪いな…とは思いますが、純の頑張りをもう少し見守ってみたいです。

次の