飯塚幸三 住所。 池袋事故の飯塚幸三の顔画像!上級国民バッシングの5つの訳はコレだ! | 今!読みましょう

飯塚幸三 自宅の場所は板橋区弥生町?子供(息子)や妻などの家族構成は?

飯塚幸三 住所

スポンサーリンク 飯塚幸三の自宅マンションが特定された件 池袋の路上で事故を起こし、親子2人の命を奪った飯塚幸三さんですがネット上では自宅マンションが特定されています。 どうやら、日本計量新報社が2005年に発行した「計量史通信」に飯塚さんの自宅住所が掲載されていたようです。 東京都板橋区弥生町61-6 ライフピア中板橋503 Googleストリートビューでは自宅マンションの駐車場が写っており構造から車の出し入れに手こずっていたという証言と一致。 引用:Googleストリートビュー ちなみに計量史通信に住所が掲載されたのは14年前の2005年ですが、事故当初に住所が板橋区弥生町と報じられている事から引っ越していないとの情報も。 自宅の固定電話は事故が起きてすぐ、解約されているとの事でしたが計量史通信の記事までは消せなかったのでしょうか。 スポンサーリンク 息子説のデマが流れる! まあ飯塚さん違いは気の毒だと思う。 しかし殺人犯飯塚幸三に未だにさん付けするマスゴミは問題 「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」(ITmedia NEWS) — Yahoo! ニュース — 無銭家 am4xqNDuTa4pxXL 飯塚幸三さんの事故を受けてネット上では息子に注目が集まり、クボタアグリサービス株式会社の社長、飯塚智浩さんが息子ではないかと憶測が流れる自体に。 しかし、名字の一致や会社が同じという理由だけで息子だと拡散されていましたがクボタが正式に「親戚関係はない」と否定。 息子説が浮上した当初から「名字が一緒だが読み方が違う」という指摘もありましたが拡散は止まらず、飯塚智浩さんが息子だと拡散され続けてしまったのです。 名字と会社の一致だけで息子と決めつけるのは無理がありすぎますし、息子の職業が検事という噂もありますが真相は不明です。 スポンサーリンク 飯塚幸三のプロフィール 池袋の87歳の犯人、飯塚幸三。 顔判明 — 木村 カリスマ kimurabengoshi 名前:飯塚幸三 (いいずか こうぞう) 生年月日:1931年 年齢:87歳 住所:東京都板橋区弥生町 出身大学:東京大学 職業:無職 飯塚幸三さんは東京大学出身で工学博士を取得しており旧通産省の元工業技術院長や農業機械大手会社のクボタの副社長を務めていた事が判明しました。 また、経歴から様々な役職が。 旧通産省工業技術院長 国際度量衡委員 国際度量衡委員会副委員長 計量研究所長 国際計測連合(IMEKO)会長 日本計量振興協会会長 計測自動制御学会会長 機械振興協会副会長 日本規格協会理事 凄い方だった事は確かですし2015年秋の叙勲では「 瑞宝重光章」を受賞されています。 公共的な職務の複雑度、困難、責任度などが評価され内閣総理大臣から勲章を受け取り凄い勲章を貰っていたようです。 ちなみに「 瑞宝重光章」を受賞された際の記事も事故後に削除されており、電話を受けた息子が手を回したと言われています。

次の

飯塚幸三の闇が深い!息子に指示してfacebook削除!?自宅も特定!(画像)

飯塚幸三 住所

目次はこちら• 中野区が出身という飯塚幸三ですが、現在の住まいは 板橋区弥生町ということまで特定されています。 住所がここまで特定された理由につきましては、 どうやら 日本計量新報社が情報源になっているようです。 2005年に発行した「計量史通信」に飯塚さんの自宅住所が掲載されていたようです。 ちなみに計量史通信に住所が掲載されたのは14年前の2005年ですが、事故当初に住所が板橋区弥生町と報じられている事から引っ越していないとの情報も。 引用元: また、朝日新聞の記事では、 飯塚幸三氏についてインタビューに答えた方は、同じマンションの住人であると分かっています。 これらの情報から噂されているマンションで確定ではないものの、 可能性はかなり高いと言えます。 インタビューに答えたマンションの住人によりますと、飯塚幸三氏は車の駐車によく手こずっていたのをよく目にしたそう。 奥さんの誘導により駐車をしていたと供述しています。 高齢ということもあり、足も悪い中、このような状態でなぜ運転をしてしまったのでしょうか…。 そして2019年4月24日、亡くなった松永真菜さんの夫が会見を行い、苦しい胸のうちを語りました。 悲痛すぎて心が痛む。 真菜さんと莉子ちゃんへの想いとこの決意の会見。 これで飯塚幸三には示談交渉の余地は無くなった。 とことん追い込むべき。 もう有罪しかない。 というか10人死傷させたら確実に有罪でしょ。 逮捕しない=無罪ではないけど老害が悪巧みする前に有罪にする流れへと動いて欲しい。 私も2人を尊重し、本来ならばそうしたいです。 ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。 」 と呼びかけています。 これにより多数の方が同意し、多くの署名活動が行われています。 また、デモなども行われようとされているため、早めの事件解決が必死であると言えます。 飯塚幸三の自宅マンションの家賃相場や間取りが気になる 池袋で自動車を暴走させ10人以上を死傷させたこの飯塚ってやつは東大博士号で通産省を、クボタ副社長で瑞宝重光章を受賞した上級国民なのか何故か逮捕もされない始末。 このような加害者実名と惨事の詳細を積極的に拡散することで未来を担う子供たちの命を守ってほしいもんだよ。 — ましろ huwahuwamashiro 飯塚幸三氏は若い頃からものすごい経歴のある先生だと言われています。 旧制浦和高校、東京大学工学部を卒業後、飯塚幸三さんは1953年に通産省に入省。 傘下に13の研究所と約3000人の研究者を抱える工業技術院長に上り詰めました。 引用元: また、農機メーカーの大手であるクボタの副社長も務めていました。 有名大学を出た後、エリートへの道を歩み、多くの部下を取り揃える長になりました。 2015年には勲章まで受け取っており、とても権威の高い方であると言えます。 退職した後は、 71歳で 板橋区の新築分譲マンション(約4500万円)を購入したと言われています。 これだけのお金が支払えたのも、 通産省やクボタ時代の退職金などを元手のキャッシュが潤沢だったからでしょう。 マンションの間取りについては詳しくは明らかになっていませんが、これらの素晴らしい経歴からすると、 一般の方が住む部屋よりも広いところに住んでいることは想像するに難しくありません。 このような経歴と財力、権力のため、ネットでは飯塚幸三氏を 「上級国民」と揶揄されており、 元官僚である国の代表者が人を殺めたとなっては国に対する信頼性に対する責任は重大です。 飯塚幸三は現在入院中の病院名や住所は?入院理由や逮捕されない理由が謎 事故後、Twitterのトレンドに飯塚氏に対し「上級国民」がランクインする事態となった。 彼は胸を強打しており、骨折し入院治療中。 逮捕とは、逃亡する危険性があるから身柄を拘束するのであって、他にも逮捕しない(任意聴取で捜査を進める)案件はいくらでもあり、逮捕と刑務所行きは別の話です。 — ぽい使徒 spxr5pe9 現在、飯塚幸三氏は入院中とのことですが、 入院先までは詳しくは明らかになっていません。 しかし、入院先となれば 都内であるとの噂も中にはありますが、只今弁護士との繋がりもあるため、情報漏洩から逃れるため人目の付きにくい病院にいることもまた、予想されます。 また、入院をしている理由についてですが、 事故による「骨折」 だそうです。 飯塚幸三の場合、おそらくですが胸骨か肋骨にひびが入ったという「骨折」だと考えられます。 ですので、事故直後に座っていられるし、警察への取り調べを受ける事も出来るのです。 しかし、この入院には疑問ばかりが残ります。 一般的に考えると、可能であるはずの事情聴取が十分に行われていないということはすなわち、今回の事件について隠したい情報がある可能性が高いです。 さらに、今回の事件では尊い命が失われています。 それにも関わらず事故の事情をとらないというのは社会的責任に欠けていると言わざるを得ません。 ましては元院長を務めていた方であるため、国民の疑問は深まるばかりです。 さらに同じ時期、神戸市で似た事件が起きました。 それにより事故を起こしたバス運転手である容疑者は警察により逮捕されています。 この事で飯塚幸三氏が逮捕されないことについて国民の不満はさらに高まっています。 飯塚幸三が逮捕されない本当の理由は、警視庁が元通産省の役人を忖度したのではないかという説がネット上で浮上しています。 こういった指摘がされる理由は、 実名報道されるまでに時間がかかった 事故が起きてから数日間、テレビで顔画像の報道がなかった一部報道機関で「容疑者」ではなく、敬称の「さん」をつけて報道していた ということに違和感を感じる人が多かったためです。 偉い人間であれば許されるのか、こういった意見が後を絶えません。 お金と権力で確立された社会では罪も免れることができるのでしょうか。 飯塚幸三の処置に対しては逮捕令状を示されていない場合全て「任意」のものですので,捜査や事情聴取を拒否することも可能です。 その他、逮捕されない理由として在宅起訴の可能性の他に、刑事訴訟規則の第百四十三条の三において年齢によって明らかに逮捕の必要性がない場合には、逮捕しないということが考えられると言います。 また、警視庁が「逃亡や証拠隠滅の恐れはない」と判断したことが身柄を拘束していない理由とも言われています。 全ての供述が飯塚幸三氏にとって都合のいいように運ばれているように思わざるを得ません。 逃亡や証拠隠滅の恐れがなければ疑いは全て晴れるのでしょうか。 供述の理由は浅はかであることは明らかです。 警視庁が関与するとなっては国の機能も疑わしいです。 警察の役目は悪い人を捕まえる、これは誰でも分かり、かつ明らかな決まりです。 今 回の事件は事故を起こし、犠牲者を産んでしまった容疑者が容疑者と呼ばれず、法に乗っ取らない形式で今も尚責任から逃れようとしています。 法律は全員が守るべきルールであり、これを守られない者にはそれに対する処罰が下される必要があります。 今回の処置は国政機関に対する国民の大いなる怒りに相当します。 今回の事件は国民が権力の高い人間に対する信頼度に関わる重要な問題です。 このような数多くの事実は国民に対して大きなダメージを与えていますし、この問題が解決しない限り「人権の保障」も疑わしくなります。 警視庁は任意での捜査を継続し、飯塚幸三氏の回復を待って事情聴取する方針 とのこと。 飯塚幸三氏への正しい処置を国民は望みます。

次の

飯塚幸三とは (イイヅカコウゾウとは) [単語記事]

飯塚幸三 住所

プライバシーに関する記述は、「」や「」を参照の上、でを取ってから加筆するようにして下さい。 また、方針「」についてもご留意願います。 飯塚 幸三 ( いいづか こうぞう ) 人物情報 生誕 1931-06-01 (89歳) 居住 出身校 学問 研究分野 、 研究機関 (中央計量検定所、) 技術研究所 技術開発本部 指導教員 日置隆一 学位 (東京大学) 主な業績 の研究 における測定器誤差と形状誤差の分離(精度分離真円度測定器 、マルチステップ法 ) 計量計測の国際標準活動 の提案 影響を 受けた人物 山本健太郎 、吉澤武雄 、佐藤豪 影響を 与えた人物 、後藤充夫 学会 、、、、日本計量史学会 主な受賞歴 精機学会「青木記念論文賞」 、計測自動制御学会「功績賞」 飯塚 幸三(いいづか こうぞう、〈6年〉 - )は、を専門とするの、。 測定器誤差と形状誤差を分離して測定ができるの開発者。 15年間委員を務めたでは日本人初の副委員長にも就任し 、を提唱。 ()(IMEKO)では会長を務めた。 において硬さ測定 や形状誤差 など測定・軽量の研究に取り組み、所長、長、(常務、専務、副社長)を歴任。 計測の国際標準化活動にも貢献し、やでは会長を、やでは副会長を務めた。 秋にを受勲した。 来歴・人物 生い立ち・学生時代 、内 (現・ )で生まれる。 末期はで、により自宅を焼失している。 好きな科目はで、(現・都立戸山高校)、(の前身)を経て、新制のに進学。 東京大学ではに在籍し、を担当。 の計測工学専修に進み、卒業研究は日置隆一の元でに関するテーマに取り組んだ。 計量研究所時代 に東京大学を卒業し、に就職し、後のであるに配属される (のちに 、現在のに移転するが 、当時はにあった )。 計量研究所では各種標準の研究を手掛けることになり、の研究に従事(にはが取り組んだ)。 振り子型の試験機を試作し 、ハンマーや圧子の変形が影響すること など、ショア硬さの諸条件を実験的に解明した。 なお3月から6月まで、政府在外研究員として(NPL)に滞在した。 1967年7月開催の第4回から ()(IMEKO)の総会に参加するようになり 、技術委員会のTC5「硬さ測定」やTC8「測定学」で代表委員を務めるようになる。 さらに同連合に対する日本の加盟団体であったの「IMEKO委員会」でも委員長を務めた (2011年からが加盟団体 )。 後に会長を務め、その影響で日本人のIMEKO総会参加が増えたと言われている。 とは微小球面の曲率半径を求める手法を開発し 、英語論文は論文賞も受賞。 1972年には『ショアかたさ目盛の精度向上に関する研究』のテーマにより、としてでのを取得。 さらに形状誤差()の研究にも取り組んでいき 、後藤充夫とは真円度測定や円筒形状測定に取り組み、測定器誤差と形状誤差を分離することに成功した。 ( の節も参照。 ) また、部下や学生とともに物性計測の研究にも従事。 この間、3年ほど研究企画官も務める。 さらに計量研究所力学部の部長を3年ほど務めた後、所長に就任。 2月からはの委員を務めることになり 、以後15年間委員を務め、名誉員も含めると17年間関与した。 行政・経営・国際事業における貢献 1986年、の院長に着任。 基礎研究の重要性を強調し 、新しいNEDOの発足(「」への改組)や新規事業導入(研究基盤整備事業、研究開発事業、国際研究協力事業)を推進。 「脳機能の解明のための基礎研究」や「生体機能のための分子論的アプローチのための基礎研究」を支援する () の設立を推進した。 1989年に工業技術院を退官し、の副会長に着任。 同年8月から1991年5月まで、同協会の技術研究所長も務めた。 その後の 、 、副社長 を歴任。 クボタでは技術開発本部を組織し 、同本部長を務めた。 この間、学術用語集「計測工学編」における増補改訂のための調査研究にも関与し 、では1992年度に会長を務めた。 1995年度から4年間、国際ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム機構の会長を担当し 、では副委員長に就任。 からには()ので国外顧問も務めた。 さらに、では日本人初の副委員長に選出され 、の委員会ではを提案した。 また、日本初開催であった2000年のIMEKO世界大会において大会委員長を務めている。 2000年、クボタ副社長を退き、顧問に就任。 その後はで会長を務めており (少なくとも2003年 から)、の教育や計量・の普及・教育を推進する事業を展開した。 また、がのに実施する行事において、計量記念日組織委員長を務めていた。 が特別講演を務めた2003年の「計量標準100周年記念講演会・記念式典」では「計量の一世紀を振り返って」と題して招待講演を務めている。 計量史の語り部 その後はの会長も退き、顧問に就任(2011年までは会長 で、遅くとも2013年には顧問 )。 理事を務める日本計量史学会では、2014-2015年のメートル原器調査研究委員会で委員長を務める。 秋にはを受章。 同年12月には日本計量史学会と力学量計測部会の合同で祝賀会が催された。 2016年3月には1時間半に及ぶ特別講演で、日本の計量技術や ()(IMEKO)の歴史を語った。 2016年にらが2021年IMEKO世界大会の日本招致を勝ち取った際には関係者と喜びを共にするとともに、招致の経緯を寄稿した。 2017年(85歳)には、日本のの歴史についても講演し 、この年以降も日本計量振興協会 顧問 、日本計量史学会 理事 、計測自動制御学会力学量計測部会 顧問 、 顧問 、三豊科学技術振興協会 理事 、光科学技術研究振興財団 評議員 などを務めていた。 研究開発 マルチステップ法 後藤充夫ともにの計測手法に取り組み、を用いて測定器の誤差と形状の誤差を分離することに成功した。 円筒度に関する論文は1975年にの第9回青木記念論文賞を受賞し 、「精度分離可能な真円度測定器」はから製品化された。 この手法は「マルチステップ法」と呼ばれ、7451「真円度測定機」の中で規格化されている。 精度の基準となる回転精度検査用標準器の真円度を検査・する真円度校正器にも、この技術は用いられている。 なお、この手法は厳密には誤差を分離できていないという課題があったが、で改良が進められた。 光計測応用 東京大学では光学の研究室に在籍 、は光波干渉技術を強みとしていた。 とともに薄板を計測の検証にを利用し 、微小球面の形状測定ではを応用した。 後者の測定では、半径1mmの微小半球面(凸型)に対しレプリカ(凹型)を作成し、透過型顕微干渉法を用いてニュートンリングから ()で球面の曲率半径や断面の真円度を高精度に求めた。 また、レーザー干渉計で材料の や を導出する研究にも取り組んだ。 クボタ技術開発本部 は農機のみならずなど計測機器を開発しており 、久保田鉄工の時代から技術開発研究所を持っていた。 同研究所は動的な質量計測などの技術を開発するとともに 、の質量・力計測部会でも活動していた。 飯塚はクボタの時代に研究開発本部を設立。 研究開発本部長を務め、『クボタ技報』で計測制御特集が組まれた際には、計測技術の論文が多かった。 後年組織はなくなったが、「在任中指導した社員たちが今も社内外で活躍しているので、それなりの役割は果たせた」と述懐している。 受賞・栄典• 1970年度 - 第4回青木記念論文賞• 1975年度 - 精機学会 第9回青木記念論文賞• 2003年度 - 功績賞• 2015年秋 - (通産行政事務功労による) 社会的活動 (学術団体)• (旧 日本計測学会 ) - (1988年認定) 、会長(1992年度) 、IMEKO委員会委員長 、力学量計測部会顧問• (旧 精機学会) - 名誉会員(1997年推薦)• - 正員• - 正員• 日本計量史学会 - 理事 、メートル原器調査研究委員会 委員長 (国際団体)• ()(IMEKO) - 理事、会長(1997年-1999年) 、諮問委員会名誉委員• () - 会長(1995-1999年度) 、HFSP制度中間評価検討会 座長 、名誉会員• - 委員(1986-2001年) 、副会長 (1995年選出) 、名誉員(-2003年) (国家関係)• - 「標準研究連絡委員会」委員長• - 副会長• - 副会長 、顧問 、「国立試験研究機関等小委員会」委員 、など• 政策委員会 - 研究評価小委員会委員(1998-1999年度) 、知的基盤整備小委員会委員(1998-2000年度)• - 国外顧問(1996年 -1999年 ) (その他、協会など)• - 会長 、顧問• 三豊科学技術振興協会 - 理事長 、理事• 光科学技術研究振興財団 - 評議員• 日本淘道会 - 理事長 、常務理事 主な著作 学位論文• 『ショアかたさ目盛の精度向上に関する研究』 東京大学博士学位論文(乙第2820号)、1972年7月7日。 著書 (共著・分担執筆)• 『単位の辞典』 ラテイス、1965年、押田勇雄 編。 『硬さ』 〈計量管理技術双書〉、1974年、計量管理協会 編、山本健太郎との共著。 『JISとSIに基づく量記号・単位記号の使い方』 、1976年。 (編集・監修)• 『ISO国際文書「計測における不確かさの表現のガイド」統一される信頼性表現の国際ルール』 、1996年、監修、 編、今井秀孝 翻訳。 『世界の規格便覧(第1巻、第2巻、第3巻、第4巻)』、日本規格協会、2005年、監修、日本規格協会編、 解説記事 (硬さ試験・標準)• 「」『計測』第10巻第9号、1960年、559-564頁。 「」『計測』第10巻第10号、1960年、622-630頁。 「」『計測』第10巻第12号、1960年、781-786頁。 「」『計測』第11巻第11号、1961年、656-663頁。 樋田並照、との共著。 「」『精密機械』第33巻第395号、1967年、765-773頁。 (物性計測・精密測定)• 「」『計測と制御』第12巻第1号、1973年、70-75頁。 「」『精密機械』第44巻第526号、1978年、1265-1267頁。 後藤充夫との共著。 「」『日本機械学会誌』第82巻第731号、1979年、1083-1086頁。 「」『精密機械』第51巻第2号、1985年、264-267頁。 「」『精密機械』第49巻第6号、1983年、796-800頁。 (測定・計量標準)• 「」『精密機械』第30巻第354号、1964年、589-593頁。 「」『計測と制御』第3巻第11号、1964年、807-818頁。 森村正直、山本弘、との共著。 「」『精密機械』第35巻第418号、1969年、752-757頁。 「」『精密機械』第39巻第462号、1973年、704-709頁。 「」『計測と制御』第15巻第1号、1976年、43-47頁。 「」『精密機械』第44巻第526号、1978年、1242-1248頁。 「」『品質』第10巻第4号、1980年、18-24頁。 「」『精密機械』第49巻第3号、1983年、301-305頁。 「」『標準化ジャーナル』第21巻第3号、1991年、88-91頁。 「」『計測と制御』第32巻第8号、1993年、623-627頁。 「」『計測と制御』第41巻第1号、2002年、43-47頁。 「」『計量史研究』第24巻第2号、2002年、85-90頁。 「」『計量史研究』第25巻第1号、2003年、9-24頁。 (その他)• 「」『精密機械』第26巻第303号、1960年、193-198頁。 「」『計測』第10巻第5号、1960年、310-315頁。 「」『計測と制御』第12巻第11号、1973年、916-922頁。 「」『精密機械』第45巻第534号、1979年、676-679頁。 「」『計測と制御』第21巻第9号、1982年、906-907頁。 「」『日本機械学会誌』第93巻第859号、1990年、466-469頁。 「」『研究 技術 計画』第14巻第3号、1999年、148-151頁。 (回想)• 「」『精密工学会誌』第73巻第10号、2007年、1131頁。 「」『精密工学会誌』第73巻第11号、2007年、1208頁。 「」『精密工学会誌』第73巻第12号、2007年、1312頁。 (対談・座談会)• 「」『精密機械』第50巻第1号、1984年、203-210頁、飯塚司会による、との鼎談。 「」『通産ジャーナル』第20巻192号、1987年4月、13-17頁。 飯塚司会による、植之原道行との座談会。 「」『工業技術』第30巻第1号、1989年1月、19-27頁。 奏者のとの対談。 脚注 [] 注釈• 応用物理学科は後に物理工学科と計数工学科に再編される。 応用物理学科で日置は計測専修であったが、学科再編では物理工学科に所属していた。 により応力を測定する技術 や、レーザー干渉計で材料の や を計測する技術などを開発した。 受賞論文 - Iizuka, K. and Imai, H. 1970. Bullutten of JSPE. 4 1. 今井秀孝との共著。 受賞論文 - 後藤充夫、飯塚幸三「」、『精密機械』第41巻第5号、1973年、477-482頁。 「ものづくりヒューマンルネサンス」作業部会委員。 第1巻 - 、第2巻 - 、第3巻 - 、第4巻 -。 627. 2019年4月27日閲覧。 2019年5月4日閲覧。 2019年4月27日閲覧。 計測自動制御学会 2018年10月9日 2019年4月27日閲覧。 計量計測データバンク. 2019年5月4日閲覧。 2019年4月28日閲覧。 76、2016年2月、 、9頁、2019年4月27日閲覧。 2008年2月18日時点のアーカイブ. 2019年4月27日閲覧。 「」『時評』第28巻第287号、1986年、70-74頁。 日置隆一「」『光学ニュース』第79号、1965年、1-3頁。 , p. 637. 山本健太郎、飯塚幸三「」『計測』第7巻第2号、1957年、81-86頁。 松田健次、藤榮淳「」『日本機械学会論文集 A編』第70巻第700号、2004年、1741-1746頁。 内藤正「」『計測と制御』第7巻第2号、1968年、126-130頁。 山崎敬則「」『精密工学会誌』第77巻第4号、2011年、438頁。 (「」『光学ニュース』第113号、1971年、29-40頁。 参照)• 衆議院会議録情報. 2019年5月4日閲覧。 今井秀孝「」『計測と制御』第37巻第5号、1998年、300-305頁。 衆議院会議録情報. 2019年5月4日閲覧。 「」、『日本工学アカデミーニュース』No. 4、1988年7月30日、4-5頁、2019年4月27日閲覧。 飯塚幸三「」『日本の科学と技術]』第31巻第259号、2019年、18-22頁。 計測自動制御学会. 2019年4月27日閲覧。 データベース. 1993年3月16日公開、2016年4月21日更新 2019年4月27日閲覧。 HFSP. 2019年4月28日閲覧。 HFSP. 2019年4月28日閲覧。 BOST 行政院科技會報. 2019年5月4日閲覧。 (中国語)• 2007年・関係団体の行動の基本. 計量計測データバンク. 2019年4月27日閲覧。 2011年・関係団体の行動の基本. 計量計測データバンク. 2019年4月27日閲覧。 計量標準総合センター. 2019年5月4日閲覧。 競輪とオートレースの補助事業. 2019年5月4日閲覧。 『日本計量新報』第2797号、2009年11月8日、2019年5月4日閲覧。 日本計量振興協会 2013年5月29日 2019年4月27日閲覧。 飯塚幸三「」『計量史通信』第78号、2017年2月28日、7頁、2019年5月18日閲覧。 日本計量史学会. 2019年5月7日閲覧。 公益財団法人光科学技術研究財団. 2019年5月4日閲覧。 、2017年7月31日、2019年5月7日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 法人概要. 日本工学アカデミー 2019年4月11日 2019年4月27日閲覧。 三豊科学技術振興協会 2018年6月9日 2019年4月27日閲覧。 高偉「」『精密工学会誌』第67巻第7号、2001年、1067-1071頁。 渡部司、直井一也、藤本弘之「」『精密工学会誌』第73巻第1号、2007年、145-149頁。 佐藤浩志、渡部司、藤本弘之「」『計測自動制御学会論文集】第49巻第3号、2013年、386-393頁。 今井秀孝、飯塚幸三「」『精密機械』第38巻第455号、1972年、1058-1061頁。 技術の系譜. 2019年5月9日閲覧。 沿革・組織. 計測自動制御学会. 2019年4月27日閲覧。 会員・役員. 計測自動制御学会 2018年11月7日 2019年4月27日閲覧。 精密工学会 2018年4月1日 2019年4月27日閲覧。 , p. 466. 「」『計測と制御』第36巻第11号、1997年829-830頁。 日本医療研究開発機構. 2019年4月28日閲覧。 研究振興局 研究振興戦略官付 2013年3月. 科学技術・学術分野における国際活動の戦略的推進. 文部科学省. 2019年4月28日閲覧。 産業構造審議会産業技術分科会評価小委員会 2005年7月. 経済産業省. 2020年6月19日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 2019年5月27日閲覧。 2019年5月27日閲覧。 岩田一明「」、『EAJ News』No. 129、2009年8月、5-6頁、2019年4月27日閲覧。 2019年5月5日閲覧。 文部科学省. 2019年5月5日閲覧。 科学技術会議政策委員会 研究評価小委員会『』2000年3月、2019年5月5日閲覧。 政策委員会 知的基盤整備小委員会『』、2000年12月、2019年5月5日閲覧。 BOST 行政院科技會報. 行政院科学技術部. 2019年5月25日閲覧。 BOST 行政院科技會報. 行政院科学技術部. 2019年5月25日閲覧。 名古屋機工新聞. 2020年6月19日閲覧。 日本物流新聞. 2020年6月19日閲覧。 「」『弓削商船高専 校報』第70号(平成20年8月2日-平成20年12月1日)、2008年、8頁(PDFで9頁)。 2019年4月8日 16:39:58 GMT 時点のアーカイブ. 2019年5月18日閲覧。 2011年7月22日時点のアーカイブ. 2019年5月18日閲覧。 関連文献• 飯塚幸三「私の出会い 63 内外の研究所と共に立ち上げた新しい組織」『時評』第45巻第7号、2003年7月、122-127頁、。 松本栄寿「オーラルヒストリー・インタビュー報告「計量標準の日本における確立と進展」飯塚幸三 氏」『計測と制御』第47巻第12号、2008年、1061-1062頁、。

次の