ケン ちゃん ラーメン 八戸。 ケンちゃんラーメン八戸店@青森県にて中華そば「こい口、油ぽく」をオーダー♪

サンヨー食品

ケン ちゃん ラーメン 八戸

今回行ってきたのが山形の大人気店のあの店ですよ。 何度もメディアにも取り上げられ、山形県人なら知らない人はいないんじゃないんじゃないかっていうぐらい、有名なあの店です。 ケンチャンラーメン山形 ケンちゃんラーメンは酒田市に本店があり山形県内に数店舗(7店舗ぐらい?)と宮城県にもあります。 僕は酒田本店と三川店に行ったことがありますが、やっぱり山形店が一押しかなって勝手に思っているんです。 そんなケンチャンラーメン山形に向かって我が家を出発して1時間20分、到着しました。 着いたのは11:40頃でした。 平日でしたが、店内はほぼ満員。 今日はなんとかスムーズに座れましたが、僕たちのちょっと後に来た人たちは並んで待っているような状態でした。 さすがケンチャンです。 店内の様子 店内は25人ぐらい座れると思います。 座敷は比較的ゆったりとしてますが、大きめのテーブル席とカウンター席はちょっと狭く感じる方もいるかもしれません。 そしてこちらがメニュー そうなんです。 中華そばしかありません。 選べるのが、こちら。 中華そば 注文してから待つこと10分、いよいよ来ました。 僕が注文した全て普通の中華そばがこちらです。 どうですか? 一度でも食べたことがある人が見ると唾液が止まらなくなるかもしれませんね。 妻が注文した小盛・油抜き・薄口がこちら。 あれっ! 僕には入っていない卵と海苔と小さめチャーシューがのっているじゃないですか!! なんと全部入りってヤツです。 でも決して間違って運ばれてきたわけではないんです。 店員さんが運んできた時に放った言葉に答えがありました。 「50番目なので、全部入ってます」 そうなんです。 ここの店は1番、50番、100番・・・と50番ごとの切りが良い食券番号で全部入りにしてくれるんです。 しっかり 050と書かれています。 妻の注文ですが、「今日はついてるなー」なんて思いながら食べる前からテンション上がりまくりです。 いただきます スープは煮干しでしょうか、魚介系中心の出汁が強く効いています。 それなのに臭みもなく、あるのは旨味のみ。 すごく丁寧にスープを作っているんでしょうね。 何も文句のつけようがありません。 続いて麺です。 太めの縮れ麺でとてもコシがあります。 更にモチモチ縮れていてとても食べ応えがあります。 ラーメンをすするというよりも、お料理をもぐもぐ頂くといった感じに近いかもしれません。 麺とスープはとっても相性が良く、いくら食べても飽きがこないでしょう。 チューシューは薄味ですが、それが必要以上に主張せずに麺とスープと一体になっています。 味玉も半熟でとってもいい味を出していました。 あ~美味しかったぁ。 まとめ ケンチャンラーメンは人気通り期待を裏切らない味で、まさしく完成された味と言っても過言じゃないかもしれません。 一度食べたらまた食べたくなるラーメンです。 それだけじゃなく、店主の遊び心も満載です。 切りがいい番号で全部入りにしてくれるのもそうですが、その他にもこんなのがありました。 食券を1番から100番まで集めたら千葉県にある、あの「夢の国」のチケットが、ペアで貰えるんです。 しかも運賃まで貰えるんです。 番号は仲間で譲り合ってもいいんですよ。 こんな楽しいラーメン屋さんなかなか無いですよね。 ケンチャンラーメンは、まさに美味しさと夢と希望を与えてくれる、そんなお店かもしれません。 また、お邪魔るする時を楽しみにしてます。 ごちそうさまでした。

次の

ケンちゃんラーメンが八戸に!

ケン ちゃん ラーメン 八戸

ケンちゃんラーメンとは、 永遠の新発売である。 概要 でおなじみのサンヨー食品が展開していた向け「」で、それまで売られていた「おもしろ」(発売)の後継としてから発売を開始。 当供の高かったをに起用した、レート商品の先駆けとも言えるものだった。 味は味・味と、に追加されたの「」で全3種。 前身である「おもしろ」はの標準添付をセールスにしていたが、本品はくじ付きの入りに変更し、を削って当たりが出たら品と取り替えてもらえるを採用。 かなりクセが強めである。 される品は定期的に入れ替わっていて、・・スライドなどが用意されていた。 ではションでりの値段が付く場合も散見され、もっと凄いと ではなく(特に当たりのもの)が高額取引される例もあった。 この他にも の最後で常に 「新発売」という旨を説明するというがあり、も自身の内で「 8年経ってまだ新発売だもんなぁ…」とにしていた。 ごろに販売を終了。 しかし今でもケンちゃんラーメンは新発売のまま、(一部)の心の中に生きているのだ。 関連動画 関連項目•

次の

【全店制覇の道】山形県の有名ラーメン「ケンちゃんラーメン」を全部食う!|庄内らぶ「山形県庄内地方における観光スポット・グルメのまとめと雑記ブログ」

ケン ちゃん ラーメン 八戸

しかも定休日が月曜日な上に、電話番号はおろか住所も分からない状態でしたが、イチかバチかで青森県八戸市へ。 山形が誇るソウルラーメン「ケンちゃんラーメン」の八戸店。 青森県では初の出店でケンちゃんラーメンとしては11店舗目。。 店内に入って左側にある券売機で食券を購入。 ケンちゃんラーメンの基本カスタマイズである味の「こい口」「うす口」や油の「油ぽく」「油ぬき」は、券売機に「こい口」のボタンだけないので、その場合は食券を渡す際に店員さんに伝えるシステム。 店員さんに食券を渡すと座る席の番号を聞かれるので、カウンター1~18番かテーブル席かを伝える。 子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。 ケンちゃんラーメン 八戸店のメニューなど ケンちゃんラーメン 八戸店の中華そば 中華そば 小盛 650円 スープは豚などの動物系+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこにモモ肉チャーシュー、細切りメンマ、ネギ、海苔がトッピングされた、ケンちゃんラーメンの王道な具材&スープがヒタヒタな丼顔の一杯。 今まで食べた他のケンちゃんラーメンで、何処が雰囲気的に近いか思いを巡らせても、なかなか浮かばない味のバランスで、敢えて例えるなら山形店と真逆な感じと言えばしっくり来るかも。 そう言った意味では万人向けなケンちゃんラーメンとも表現できると思うので、最初は八戸市民に合うようなケンちゃんテイストにしつつ、様子を見て落とし所を探っているのかもしれません。 まずはデフォルトが無難かもしれませんが、ケンちゃんフリークなら「こい口」「油ぽく」が必須かも! 麺は自家製の平打ち太縮れ麺で程よいコシがありツル・ピロな食感。 モモ肉チャーシューはミシッとした歯応えがありながらも、薄切りにして食べやすくしている感じ。 新着記事一覧.

次の