ランクル 70 2020。 【車好き必見】日本ではまず見かけないオーストラリア仕様、逆輸入車のトヨタ ランクル70(ディーゼルモデル)とは?

ランクル70の次期モデル!?東京オートサロンで見つけた「The New GTG Land Cruiser Concept」

ランクル 70 2020

ガソリン仕様のみのラインナップだったが、バンとピックアップを販売するなどランクルファンは胸が熱くなった。 ここにきてネット上で「2020年にランクル70が再販されそう」との情報が流れていた。 いったいどういうことなのだろうか。 まずはトヨタ広報部に確認の電話をしてみた。 すると 「ランクル70が再販するという情報はこちらからご案内したことはございません」とのこと。 もちろん出るか、出ないかについてもコメントはもらえなかったのだが、どうやら情報元はトヨタではないようだ。 現在も海外向けに生産が続くランクル70。 日本市場では新車が手に入らないこともあり、10万km以上走った個体でも中古車相場はかなり高め 次に各地方のトヨタ販売店へも電話取材を実施した。 ある地方のディーラーマンはこう答えてくれた。 「トヨタ本社から販売店へはそのような情報は来ておりません。 完全に私の憶測ですがランクル70の再販はちょっと考えにくいと思います。 たしかに2014年当時は多くのお客様にご支持いただきましたが、それは10年ぶりの再販だからであって……。 そこまで引き合いがあるとも思えません」。 また他のすべてのディーラーでもランクル70再販についての動きはないと断言する店舗が多かった。 さらにディーゼル仕様の投入を求める声も多いが、こちらについてはある販売店スタッフは否定的だった。 「イメージとしてはランクル70のような4WDにはディーゼルというのはわかりますが、2014年の再販モデルはガソリンエンジンでも充分な低速トルクでした。 それよりもATの設定があればな、と販売店としては思います」。 ディーゼルエンジンの分厚い低速トルクは魅力だが、ガソリンエンジンを搭載した復刻ランクル70は同型式のエンジンを搭載するFJクルーザーなどとは特性を変更して、低速トルクを充実させている。 2ドアのピックアップやトゥルーピーと呼ばれるサイドシートを備えたモデルなど、ランクル70の仕様は多岐にわたる。 たしかにかっこいいのだが日本市場での導入となると?? そこをあえて日本の排ガス基準に適合させたディーゼル仕様を用意して、販売するとは考えにくいのも事実。 またエンジンに詳しい関係者はこう語る。 「トヨタがランドクルーザーに搭載を考えていたディーゼルエンジンが、オーストラリアでのエミッション対応に苦戦しているとの情報があります。 2014年の時は南アフリカ仕様を日本向けに改修しましたが、ディーゼルエンジンとなれば環境性能の高いオーストラリア仕様が濃厚です。 現状でエミッション対応に苦戦しているということもあり、やはりディーゼルエンジンのラインナップは厳しいかと思います」。 衝突安全性についてもやや不安の残る部分があるという。 フレームからの更新が必要になる可能性もあり、日本市場での販売については多くの障壁があるはずだと前出の関係者は言う。 ややネガティブにな話になってしまったが、現在でも南アフリカやオーストラリアに向けてランクル70は製造を続けており、再販の可能性はもちろん皆無ではない。 最新情報が入り次第お届けしよう。 ランクル70はちょっと微妙なところだが、ランクル300の開発は順調に進んでいるようだ。 ランクル200の後継車種としてグローバル展開されるはずのランクル300。 ルックスはほぼそのままにフルモデルチェンジしたベンツGクラスのように、もちろんキープコンセプトでの登場となるはず。 ランクル300はキープコンセプトで登場。 サイドウィンドウの形状などエクステリアでは小変更にも思えるが、パワートレーンは大きく更新される(写真はベストカー予想CG) 当然ながらラダーフレームを継続採用しており、これまでと同様に高級感と走破性の両立を図っているという。 パワートレーンはV6の3. 5Lガソリンツインターボに加えて、マルチステージハイブリッドのラインナップも予想されている。 世界中のラフロードを走ってきたランクルだけに、この300の開発についても気になるところだ。 世界中のオフロードを確実に走り抜ける必要があるランドクルーザー。 これまで積み上げてきた歴史に傷をつけないためにも開発は続く 販売時期は2020年秋頃を予定しているとのことだが、2019年11月の東京モーターショーでその姿を見ることができるかもしれない。 またトヨタが2018年のデトロイトショーで発表した、のようなクーペスタイルの4WDへの進化を検討しているという情報もある。 もちろんタフなランドクルーザーの雰囲気とは異なるものの、「陸の王者」にも変革の時が来ているのかもしれない。 についても情報がもうすぐ入りそうだ。 こちらも追って情報をお届けしよう!!

次の

ランクル70 PZ入荷

ランクル 70 2020

新世代プラットフォームを採用してボディはさらにビッグに! 「ランクル」の愛称でも親しまれる「トヨタ・ランドクルーザー」の最新情報をキャッチした。 ランクルといえば耐久性と走破性を重視した「70系」やミドル級プレミアムSUVの「プラド」、さらにはそのレクサス版など豊富なバリエーションが存在するが、今回は旗艦となる現行「200系」の次期型に関する情報だ。 現行の200系がデビューしたのは2007年。 途中、アップデートされているとはいえすでに今年で13年が経過している。 それだけに、ハードウェアは現行型に対して大幅にアップデートされる。 パワーユニットは4. 5L V6ガソリン+電気モーターのプラグインハイブリッドとなる模様。 当然、駆動方式は4WDがスタンダードとなるが、ディーゼルエンジン仕様は廃止される可能性が高い。 一方、ボディ回りは新世代プラットフォームを採用。 ホイールベースを延長すると同時にボディサイズも拡大することで、2列目シート以降の居住性が向上している。 なお、一部の市場向けには5人乗りのシートレイアウトが採用されるが3列8人乗りのパッケージを基本とする点が現行型と変わらない。 そのワールドデビューは、いまのところ2020年8月。 もしくは9月との説が有力だ。

次の

ランクル 歴史とモデル(種類)一覧 flexdream|フレックス・ドリーム

ランクル 70 2020

日本最大級のカスタム&チューニングの祭典「東京オートサロン」。 2020年も1月10日から12日まで開催されました。 そのなかで、群馬トヨタが運営する「RVパーク」にトヨタ「ランクル70」の再販を予感させるコンセプトモデルが展示されていました。 いまなお、根強いファンの多いランクル70は、再販される可能性はあるのでしょうか。 ファン待望の「ランクル70」が復活か? 毎年、1月に開催されるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」ですが、その会場の一角に非常にミステリアスなコンセプトモデルが展示されました。 クルマの名前は「The New GTG Land Cruiser Concept」。 トヨタ「ランドクルーザー(70系)」のワゴン・ショートボディです。 どのようなモデルなのでしょうか。 展示されていたのは、群馬トヨタが運営する「RVパーク」。 オフロード4WDのカスタムを積極的におこなっているトヨタ系列の販売店です。 過去には、トヨタ系列でありながら、ランドクルーザー(40系)の見た目にカスタムされたスズキ「ジムニー」を展示して、来場者の注目を集めました。 なぜRVパークは、いまランドクルーザー(70系)のコンセプトモデルを出展したのでしょうか。 RVパークのスタッフは次のように語ります。 「ランドクルーザー70系は2014年から2015年の一年間だけ再販されましたが、こうした歴史と実績のあるクルマは忘れられてはいけないと思います。 左ハンドルなので、海外向けモデルであることが分かります。 ドアミラーにアラビア語が書かれていたので、どうやら中東向けのようです。 外観デザインで目に付くのが、「丸目ヘッドライト」。 再販された70系が角目だったことで、一部のファンから不興を買ったことを踏まえてのカスタムなのでしょうか。 丸目のなかには、縁を彩るリング形のLEDデイライトと、LEDヘッドライトバルブが見えます。 さらにフロントグリルには、アースマークではなく、昔ながらのTOYOTAレターマークのバッジが取り付けられています。 そこには往年の70系の顔があり、ファンはこれだけでも感涙ものです。 バンパーやボンネット形状は、基本的に再販バージョンと同じようです。 後ろも同様で、6:4分割のリアゲートは健在でランドクルーザー70系としてのアイデンティティを失っていません。 内装においては、気になるのが、シートトリムです。 再販モデルの76系や79系のように、素っ気ないトリムではなく、中央部分に迷彩柄をあしらった2トーンになっています。 ヘッドレストにはランドクルーザー70のロゴが欧文で刺繍されており、1980年代の70系を彷彿とさせます。 インパネの一部はボディ同色に塗られ、いかにも現代的なアプローチでリメイクされています。 また、スピードメーターは、海外モデルも含めて現在販売されている70系のメーターはいかにも実用車然とした素っ気ないものが取り付けられていますが、このコンセプトモデルには艶消しシルバーの加飾プレートが奢られていました。 このプレートは、ランドクルーザーファンならすぐに分かりますが、40系のメーターパネルから雰囲気を受け継いだものです。 なお、過去に販売されていた「FJクルーザー」のインパネにどこか似ていなくもありませんが、スライドレバー式のヒーターパネルなどは、やはりランクルはこうあるべきだという意匠です。 予想外な足回り&再販の可能性は? コンセプトモデルのボンネットを開けてみると、積まれていたのは再販モデルと同じ4リッターV型6気筒ガソリンエンジン(1GR-FE型)。 スタッフが「サスペンションをぜひ見てみてください。 面白いですから」というので、車両の下を覗き込んでみると、そこには驚くべき光景がありました。 車体後部に、本来ないはずのトレーリングアームが取り付けられているのです。 つまりこの70系は、リアがリーフリジッドサスペンションではなく、3リンク式コイルリジッドサスペンションに変更されているのです。 なぜ、ここまで大がかりな改造を施しているのでしょうか。 これについてもスタッフは「現代的なアプローチで70系をリファインするとしたら、リーフスプリングではなくコイルスプリングもありでは…という考え方です」と説明します。 この70系は、再販のスタディモデルなのではないか、という想像が膨らみます。 スタッフは「今回のコンセプトモデルに協力していただいた会社名がボディサイドに貼ってありますので、そちらも見てください」と、何とも謎かけみたいなことをいいます。 そこには、トヨタ車体をはじめとするトヨタ系列のサプライヤーや協力企業の名前がずらり。 つまり、このコンセプトカーは相当な本気モードで作られているわけです。 再販の可能性について聞いてみると、「正直申し上げて、この70系の未来はまだ決まっていないというのが実情です。 しかし、ユーザーの皆さんの期待感が盛り上がれば、将来、ディーラーで見る可能性がないわけではないかもしれません。 ぜひ皆さんで盛り上げていただければと思います」(前出スタッフ)と、やはり謎めいた答えが返ってきました。 70系再販については賛否両論ありますが、もし四輪コイルリジッド式サスペンション、しかもディーゼルエンジンになるとすれば、かつての再販時よりも人気が高まることでしょう。 しかも丸目顔ともなれば、大ブレイク必至です。 ジムニーを初めとする主要なオフロード4WDが現代的なリメイクで生まれ変わった昨今、王者ランドクルーザー70系が理想の形で戻ってくることこそ、四駆ファンにとって最高の福音なのではないでしょうか。 関連記事.

次の