戒名 いらない。 戒名なんて意味がない?位牌もいらない場合は!?

【戒名】宗派別に戒名を位の高い順に並べてみると?戒名の基本ルールや使わない方がいい文字など

戒名 いらない

戒名は必要か? 世間の戒名に対する意識調査の結果、戒名が必要ないと答える人は 56%、戒名が必要と答えた人 43%を上回ったそうです。 ( 2012年読売新聞調べ)近年、戒名についての考え方が昔と比べて変わってきています。 そこで、自分の近い人の戒名、又は自分の戒名をつけるかどうかで悩んだときに知ってほしい3つのことをまとめてみました。 仏教を信仰している人、菩提寺をもつ(寺院の檀家になっている)家の人は戒名を寺院の住職から授かることができます。 自分には信仰している宗教がない、という方にそもそも戒名は不要といえます。 現代では、「仏教を信仰している」と胸を張って言える人は少ないのではないでしょうか。 「日本の無宗教化が進んでいる」と言われていますが、日本で行われている葬儀の約8割は仏式で行われていますし、過半数の人が墓参りへ行き、墓前で手を合わせます。 日本の仏教は意識しなくとも生活になじんだものと言えるのかもしれません。 亡くなった方に戒名を付けることが仏教の教えからきているのだとしたら、お釈迦さまは、戒名なしでは成仏できないと言っているのでしょうか?ここでは、仏教の戒名に対する考え方を見てみましょう。 したがって、戒名が無くても故人は成仏することもできますし、天国へも行ける(人によっては地獄・・)ということになります。 親族にはなぜ戒名を付けなかったのか、説明する必要があるでしょう。 僧侶にも「戒名を付けないのが希望です」と事前に話し合っておくのが良いでしょう。 戒名は今を生きる人に生き方を教えてくれることも・・ 昔は家に仏壇が在るのが普通でした。 仏壇には先祖の戒名が彫られた位牌があり、日常生活で戒名を目にすることも多々ありました。 しかし、現代では仏壇を持っている家が 39. 2%( 2013年株式会社インブルームス調べ)にとどまっており、戒名を目にする機会も減りました。 それも、戒名に対する意識の変化につながっているのかもしれません。 戒名は故人の生前の生き方を表します。 先祖の戒名を見れば、遺族の間で「おじいちゃん(おばあちゃん)はこうだった」など故人を想い、今を生きる人にも生き方を教えてくれる機会となるかもしれません。 戒名は必要か?を考えるとき、上記3つのことも踏まえてご家族でも話し合い、それぞれの答えを出していただきたいです。

次の

戒名なんて意味がない?位牌もいらない場合は!?

戒名 いらない

例えば「東京太郎」という名前の場合、そのまま 「東京太郎」またはお位牌であることを表す意味の「霊位」という文字をつけて 「東京太郎之霊位」とします。 普段目にするものだから、いつもの身近な名前で… 「お葬式の際に葬儀社さんが手配してくれた知らないお坊さんから戒名をもらったけれど、ふだんは無宗教なので突然戒名をもらっても、ぜんぜん馴染みがなくて・・・」という声もあり、今後お坊さんを呼んで法要などを特にしない場合には、家族で親しみやすいという理由からお名前でお位牌を作る方もおられます。 赤ちゃんやお子さんの場合などでは、「戒名を見るのが辛い」「せめて名前で呼んであげたい」というお父さんお母さんの気持ちから、お寺さんに十分相談した上であえて俗名のままお位牌にするケースもあります。 また大切な人だからこそ、「何十年も共に過ごした馴染みのある名前で呼んで、最後まで手を合わせたいんです。 」という声もあるようです。 お寺さんとお付き合いがある場合には、もちろん頂いた戒名をお位牌に刻みます。 その一方で、こうしたお名前位牌も年々増えてきており、供養と祈りについても多様な価値観が認められたオープンな時代になってきていると感じます。 手を合わせる場所として、お位牌の役目 無宗教でもお位牌をつくる方が増えていますが、「手を合わせる対象として何もないのは淋しい」といった気持ちからお位牌を持つ方がほとんどです。 お位牌というと仏教のイメージがあります。 ところがその始まりは儒教にあるといい、日本固有の文化・仏教との融合から現在の姿になったとも言われています。 そして今では宗教の枠を超えて、供養の共通イメージとしてお位牌やお仏壇が日常の文化の一部として定着しています。 手を合わせたり想いを馳せる場所として、お位牌はそうしたひとつのシンボルともなっています。 大切な方を思い出し、手を合わせたくなるような、供養のためのシンボル。 その意味で、すべての人にとってお位牌が必須という訳でもありません。 ある人にとってはそれが1枚の写真であったり、お墓であったり、故人が愛用していた形見の品であったり、きっと人それぞれです。 入る文字が「戒名」でも「名前」でも、お位牌の役目は同じだといえます。 現代ならではのライフスタイル・死生観の多様化、「供養の表現」の変化はお位牌の文字にも表れているようです。 - -,.

次の

【戒名】宗派別に戒名を位の高い順に並べてみると?戒名の基本ルールや使わない方がいい文字など

戒名 いらない

戒名は必要?いらない場合つけなくても大丈夫? 「俺が死んでも戒名はいらない、位牌もいらない」、最近はこのような遺言を残す方も多くなりました。 戒名は死んだ人につける名前として習慣化されており、位牌や墓石に刻まれる文字でもあります。 「じゃあ戒名は必要なの?」と思うかもしれませんが、 必要なければ戒名をつけなくても構いません。 お金がなくてお坊さんを呼べず戒名もつけられなかったと言う人でも、供養の気持ちさえあれば別に戒名は必要ないのです。 ですので、 戒名をつける・つけないは気持ちの問題ですが、つけないことで困ることもあります。 また、戒名をつけないとお葬式はどうなる?お坊さんは呼べないの?位牌は作れない?など、気になる疑問もあると思うので、その点を詳しくご説明いたします。 戒名がないとどうなる?困ることは? 戒名をつけない場合の疑問や注意点について、以下3つをご説明いたします。 【疑問】戒名がないと葬儀にお坊さんは呼べない?• 【疑問】戒名をつけない場合の位牌について• 【注意】お寺によってはお墓に入れない 1. 戒名がないと葬儀にお坊さんは呼べない? ほとんどのお葬式でお坊さんを手配し供養をお願いしますが、戒名がないとお坊さんが呼べないのか?気になるかもしれません。 結論から言うと 戒名をつけなくても葬式にお坊さんは呼べます。 菩提寺(お付き合いしてるお寺)の場合は除きますが、お坊さんは葬儀社や僧侶派遣サービスから手配することができ、戒名なしで供養してもらえます。 読経のお金と戒名のお金は分かれているので、通常より少し安いお布施で供養が可能です。 戒名をつけない場合の位牌について 位牌には戒名の文字が刻まれるのが一般的ですが、 戒名がない場合は故人の名前を入れることができます。 お寺によってはお墓に入れない 入るお墓(菩提寺)がある場合、戒名をつけないと納骨を拒否されます。 相談すれば入れるかもしれませんが、菩提寺ですとほぼ入れないでしょう。 ただ、宗派を問わない霊園や永代供養・散骨などなら戒名は必要ありません。 死後に入るお墓(菩提寺)がある場合のみ戒名は必要になってきます。 戒名は自分で作ることもできる 戒名は必ずしも僧侶につけてもらう決まりなどなく、ご自身で作ることもできます。 戒名を作るにはルールがあるので、それらを調べながら作成してください。 また、入るお墓(菩提寺)がある場合は勝手に作った戒名ではダメです。 そのお寺の僧侶に作ってもらった戒名でないと納骨は拒否されるので、霊園など宗派や戒名を問わない納骨ならご自身で作成しても問題ありません。 戒名をつけたいが高いお布施が払えない場合 戒名をつけたいが高いお布施は支払えない場合、インターネットで戒名だけ作ると安く抑えれらます。 一般的な戒名の価格は最低ランクで5万くらいしますが、インターネットなら2万くらいで戒名の作成が可能です。 戒名が作れるサイトは色々ありますが、一番利用者が多い「 」を利用するのが良いでしょう。 支払い方法にはクレジットカードも利用できるので、すぐに現金が用意できない方でも利用できます。 戒名はなぜつけるの? 「仏の世界に行くには、俗名 生きてた時の名前 では行けない」ため、戒名が必要と言われています。 本来なら出家して仏門に入ることで戒名が授けられますが、現在は亡くなってからつけられるのが一般的です。 戒名は仏教の世界のもので、必要性を感じないなら戒名はいりません。 ようは気持ちの問題で、戒名がないと供養した気がしない、故人に申し訳ない、と思うならあった方がいいでしょう。 亡くなってから忌明けとなる四十九日の法要や1年後の一周忌法要など「節目に故人の供養をする」だけでも構わないのです。 まとめ 戒名は必ずしも必要なわけではありません。 菩提寺がある場合はお墓に入れてもらえないことが多いので戒名をつけなければなりませんが、霊園や永代供養・散骨など、宗教を問わない納骨なら戒名はなくても大丈夫です。 後で戒名をつけたくなったら、近所のお寺さんでも葬儀社でもいいのでお坊さんを紹介してもらったり、インターネットで作成することもできます。 インターネットで戒名を作るなら「 」が良いでしょう。 一番低いランクなら2万円で授与できます。

次の