納豆 冷凍 できる。 冷凍保存した納豆の解凍に、電子レンジを使っていい?

納豆って冷凍できるもの?正しい解凍方法とは

納豆 冷凍 できる

納豆が安かったからまとめ買いしたけど、食べきれない。 納豆って冷凍できるんだったかな?冷凍したらいつまで食べられる?解凍はどうしたら美味しくたべられるのかしら。 健康的でおいしい納豆は、そのまま白ご飯にのせて食べるのはもちろん、いろいろなメニューにも活用できる万能アイテムです。 ただ、意外と冷蔵だと保存期間が短いものでもあります。 パックで売られていることが多いので食べきれずに余ってしまった…そんなときは冷凍保存がおすすめです。 この記事では納豆の冷凍方法、そしておいしく食べる解凍方法、また、冷凍した場合いつまで美味しく食べられるかの保存期間や冷凍納豆ならではの食べ方やメニューについてお伝えします。 納豆が余ったら冷凍しよう!保存期間はいつまで?栄養は? 納豆の賞味期限や冷凍した場合の保存期間は? 日持ちがしそうな納豆ですが、賞味期限は意外と短く、冷蔵保存だと 1週間ほどのものが多いです。 賞味期限を過ぎても食べられないわけではないとはいえ、品質も風味も落ちてしまいます。 納豆のおいしさと品質を保ち、長く保存するには 冷凍保存がおすすめです。 納豆は冷凍保存すると、 1ヶ月程度は美味しく食べることができるのです! 冷凍した納豆は、三か月~半年は食べられるようですが、ご家庭の冷凍庫の場合、開け閉めがある分温度が上がったり下がったり、安定していません。 なので、たとえ冷凍したとしてもできるだけ早めに食べきったほうが安心ですよ。 ちなみに、傷んでいる納豆の特徴はこちらです。 ・水っぽい 納豆は発酵食品ですし、もともとにおいや粘り気もあるので、見分けるのが難しそうですが、通常の納豆と違うなと思ったら、食べないほうがよさそうです。 納豆を冷凍した場合の栄養素は壊れない? 冷凍するとなると気になるのが納豆菌ですが、 納豆菌は冷凍しても死なず、休眠状態に入って生き続けてくれます。 納豆の主な成分であるたんぱく質などの栄養素はかわりません。 ただし、 水溶性ビタミンは流れ出てしまうようです。 冷凍や解凍を上手にしないと、口当たりが悪い納豆になってしまいます。 美味しい納豆の冷凍方法とは? 一番手軽な冷凍方法は、 買ってきた納豆のパックのまま冷凍庫にそのまま放り込むことですが、ひと手間かけて冷凍すると断然おいしく食べることができます。 その工夫とは、とにかく 空気に触れないように密封することです。 例えば、冷凍前にパックから出して、密閉できるタッパーに移して冷凍するのもひとつです。 もし移し替えるのが面倒な場合は、 パックごとラップに包みフリーザーバックに入れるのでも大丈夫です! このひと手間で冷凍焼けやにおい移りを防ぎ、1か月たってもばっちり美味しく食べることのできる冷凍納豆になりますよ。 また、 付属のたれやからしは、冷凍前に取り出して別途冷蔵保存しておくことをおすすめします。 スポンサーリンク 冷凍した納豆の美味しい解凍方法とは? 冷凍した納豆の美味しい解凍方法は冷蔵庫での自然解凍! ひと手間かけて、きちんと密閉して冷凍しておいた納豆も、美味しく食べるには適切に解凍することが必要です。 一番簡単においしく食べられるのは、 食べる前日に冷蔵庫に移して解凍する方法です。 朝御飯に食べよう、と思うときは前日の夜に、晩御飯に食べよう、と思うときは当日の朝に冷蔵庫に冷凍納豆を入れておくだけなのでお手軽ですね。 常温での解凍の際の注意点とは? 常温での自然解凍でも大丈夫ですが、温度に注意が必要です。 暖房のきいた部屋や夏場の常温解凍はあまりおすすめできません・・・。 害があるわけではなくとも、美味しく味わえなくなる可能性があるので注意が必要です。 電子レンジでの解凍の注意点とは? また、すぐに食べたいときには電子レンジでの解凍を思いつきますが、こちらも注意が必要です。 電子レンジで納豆を解凍すると、 ナットウキナーゼという栄養成分が死滅してしまうなど品質に影響があるといわれているからです。 また、温めすぎで食感が変わってしまう恐れもあります。 そしてなんといっても問題なのが、 におい!です。 レンジで温めすぎると、部屋中が納豆のすさまじい臭いになってしまいますので、本当に注意したほうがいいですよ! どうしても急いでいるときは、 加熱しすぎないように20~30秒ほどで様子を見てみてください。 足りないようなら5秒単位で追加温めをして様子をみます。 多少ムラがあっても、プラスで加熱しすぎるよりそのままたれなどを加えてかき混ぜてしまったほうがおいしく食べられますよ! 冷凍保存した納豆の美味しい食べ方をご紹介! 冷凍納豆も解凍すればもちろん普通の納豆のレシピに活用できます。 でも、冷凍納豆をそのまま活用できる食べ方、冷凍納豆だからこそ愉しみやすい食べ方をご紹介します。 まずは冷凍納豆をそのまま活用できる食べ方のひとつは、「 納豆汁」です。 作り方はいたって簡単です。 粘りがあって冷めにくいので寒い日にもぴったりな一品です。 大豆からも出汁がでるので旨味もたっぷり、 解凍の必要もないのですぐ調理できるのがうれしいですね。 続いては冷凍納豆だからこそ簡単にできる納豆の揚げ物レシピです。 まずは磯部揚げ。 海苔の風味との相性ばっちりです。 そしてこちらも一度ぜひ試してほしい納豆の天ぷら。 掲載レシピのようにパックの丸ままあげるのもよいですし、磯辺揚げ同様冷凍納豆を4等分に切り分けて一口サイズにするのもよいですね。 普通の納豆だとなかなか衣をつけるのも一苦労ですが、冷凍することで簡単に好きなサイズで揚げ物にすることができます。 ちょっとした箸休めや副菜にも、おつまみにもぴったりな一品ですね。 最後に 大豆の発酵食品というどう考えても健康的でしかもおいしい納豆。 冷凍保存で活用できるなら、安い時にまとめ買いすることもできますし、いろいろなメニューにも活用できますね。 おいしく健康な食卓に冷凍納豆をぜひ活用してみてください。

次の

納豆の保存方法と保存期間|冷凍は可能?

納豆 冷凍 できる

納豆は冷凍できる? 納豆は冷凍保存することができます。 納豆を冷凍した場合、美味しく食べられる保存期間は1ヶ月程度です。 風味など多少落ちても大丈夫という場合は、3ヶ月~6ヶ月ほど納豆は冷凍保存が可能だと言っている専門家もおりますが、心配な場合はなるべく早く食べたほうがいいですね。 納豆の冷凍保存の注意点 納豆を冷凍するときは、パックのまま冷凍することができます。 しかし、パックのまま冷凍した場合は、水分が抜けて乾燥したり、冷凍焼けや冷凍庫の臭いがついてしまうことがあります。 冷凍した納豆を美味しく食べたい場合は、納豆を密閉することが大事です。 できれば、買ってきた納豆をパックから出してラップでつつみ、密閉容器にいれて冷凍するとよいでしょう。 大量にある場合は、パックを外すことでかさばらず、冷凍庫の中の場所をとらないのでおすすめです。 パックから納豆を出すのが面倒な場合は、パックをラップで包んでフリーザーバッグに入れると良いですよ。 このひと手間が、冷凍した納豆を美味しく食べる秘訣なんです。 納豆を冷凍すると納豆菌は死なない? 体に良いと言われている 納豆菌は、納豆を冷凍しても死んでしまうことはありません。 納豆菌は、低温になると活動できないと判断して休眠状態に入りますが、納豆を解凍して温度が20度前後になると納豆菌の活動が再開されて再発酵がすすみます。 納豆菌は生命力が強く、冷凍しても活動が止まるだけで死んでしまうわけではありません。 スポンサーリンク 納豆の解凍時間は常温でどのくらい? 冷凍した納豆を急速に解凍すると納豆の水分が出てしまい、もともとの納豆の食感とは違ってしまいます。 そのため、冷凍した納豆を美味しく食べるためには、じっくり時間をかけて解凍することがおすすめです。 冬場なら常温で解凍することも可能ですが、暖かい季節の場合は納豆を食べる前日に冷凍庫から冷蔵室に移して一晩かけてじっくり解凍するほうが美味しく食べることができます。 6時間~8時間かけて解凍できるとベストです。 また、電子レンジで納豆を解凍するのは、おすすめできません。 高温になると納豆菌が死ぬだけでなく、納豆がきつい臭いを放ちます。 どうしても、急に食べたいときは、20秒ほど電子レンジにかけて後は自然解凍するようにしましょう。 納豆の冷凍 まとめ 納豆は冷凍保存することができます。 納豆に含まれている納豆菌は、冷凍したことで死ぬことはないので、納豆が食べきれない場合は早めに冷凍することがおすすめです。 より美味しく納豆を冷凍したい場合は、納豆を密封して冷凍して、解凍するときは前日に冷蔵庫に移して時間をかけて解凍します。 納豆を買ってもあまり食べないで賞味期限が過ぎてしまうという方は、納豆の冷凍保存に挑戦してみてくださいね。

次の

納豆は冷凍保存がおすすめ!冷凍しても納豆菌は生きています!

納豆 冷凍 できる

納豆は菌を殺さずに冷凍できるということを知っていましたか? 大豆を発酵させて作っているのに、消費期限があるのは何故だろうと感じたことがある人もいるかもしれません。 「元々腐らせているのだから」と思っても、消費期限が1週間位だからやはり期限内に食べなくてはと思ってしまいます。 安くて栄養満点の納豆は、好き嫌いもありますが、毎日でも食べたい食材です。 スーパーの安売りの時には、たくさん買いだめしてしまう方も多いかと思います。 しかし、家族の気分次第で残ってしまうということもあるのではないでしょうか。 そんなときにおすすめなのが、冷凍保存です。 安い時に沢山買って、食べきれないようなら冷凍保存することで、納豆を無駄にすることがなくなりますね。 納豆の冷凍保存方法と、冷凍納豆で作るおすすめレシピ・離乳食レシピをご紹介します。 納豆の解凍方法 冷凍納豆は、食べる 半日前位から冷蔵室に移して解凍します。 天ぷらなどの加熱調理に使う場合には、凍ったままの方がネバネバせずに扱いやすいです。 どうしてもすぐに食べたい場合には、レンジで20秒ほど加熱して半解凍状態にします。 その後付属のたれをかけてよく混ぜ合わせることで、簡単に解凍できます。 ただし、納豆に含まれている栄養成分ナットウキナーゼは加熱に弱いので、注意して下さい。 ナットウキナーゼの血栓予防効果などを期待している場合には、 ゆっくりと解凍して加熱せずに頂きましょう。 天ぷらや味噌汁・チャーハンなど美味しい料理も沢山あり、加熱調理をしてもタンパク補給にはなりますね。 納豆の保存期間(賞味期限) 冷凍納豆の保存期間は、 3ヶ月から半年です。 ずいぶんと幅がありますが、冷蔵庫の開け閉めの回数や部屋の温度など保存状態によるということです。 発酵食品なので、どうなったら腐っているのかという判断が難しいかもしれません。 本来は納豆菌がほとんどを占めており、その他の雑菌をやっつけてくれています。 保存状態が悪く、納豆菌よりも雑菌が増えてしまっている状態を腐っていると言います。 また、水分が乾燥してカピカピになっているもの・糸を引かないもの・明らかにカビが生えているもの・異臭がするものなどは、食べない方が良いです。 反対に、白い点のようなざらざらとした食感のものはアミノ酸の結晶である可能性が高く、食感が気にならなければ食べても問題ありません。 より美味しい状態で食べたい方や保存状態が心配な方は、早めに食べきるようにして下さいね。 すぐに作りたい時には、水の中で洗いながら解凍しても大丈夫です。 2)納豆を水洗いして、粘りを落とします。 3)レタスを手でちぎって、食べやすい大きさにします。 4)ウインナーを2~3ミリ位の厚さに切ります。 5)油を引いたフライパンでウインナーを炒め、卵を割り入れてからご飯を入れて切るように炒めます。 7)最後にレタスを入れて、軽く炒めたら出来上がりです。 具材はお好みで、ネギやキムチなどでも美味しいです。 すぐに使いたい場合には、600Wのレンジで20秒ほど加熱して半解凍しておきます。 2)オクラを洗ってヘタを取ったら、ラップに包んで600Wのレンジで30~40秒程加熱して5ミリ幅に切ります。 3)ネギは小口切り、大葉は千切りにし、海苔はちぎっておきます。 4)すべての材料を器に入れて、よく混ぜ合わせます。 5)付属のタレを1つ分だけ入れて、お好みでお酢を垂らせば出来上がりです。 味見をしてみて薄ければ、残りのタレを少しずつ加えて調節して下さい。 ご飯のお供にも、冷奴に乗せても、うどんやパスタと和えても美味しく頂けます。 冷凍納豆でさっぱり!トマトとシソの冷製パスタ.

次の