御仏前 お札 向き。 御仏前のお金の入れ方。

御香典・御仏前の書き方とは?金額はいくらが相場なの?

御仏前 お札 向き

葬儀で香典を持参する際、お札を入れる向きというのはぜひとも気を付けておきたいポイントです。 ここでは お札を入れる際の正しい向きについて、詳しく解説していきます。 お札の表裏・上下 お札には表裏と上下がありますが、香典袋に入れるお札の向きを正しく知るには、お札の上下や表裏についてきちんと知っておくことが大切です。 お札にはいろいろなデザインが印字されていますが、デザインの中でもとりわけ特徴的なのが、1万円札の福沢諭吉といった肖像です。 そして表裏を判断する際には、肖像がどちらに印字されているのかが見分けるポイントとなります。 肖像が印字されている方が表、印字されていないのが裏です。 次にお札の上下については、お札の文字を読みやすい方向に置いた時に左側の「千円」といった金額が上側、右側の肖像が下側となります。 お札の表裏と上下については、この後見ていくお札を入れる向きを見ていくうえで重要ですので、覚えたうえで次の項目に進むようにしてください。 お札を入れる向き さてお札の表裏と上下について見てきたうえで、ここからは お札を香典袋に入れる際の正しい向きについて見ていきましょう。 実際のところ、お札を入れる向きは宗教的な慣習などで厳密に決まっているわけではありません。 ただし社会人として守るべき一般的なマナーとみなされているため、きちんと覚えておくことが大切です。 中袋ありの場合 最近コンビニなどで販売されている香典袋には、中袋と呼ばれるお札を入れる専用の袋が付いています。 このため香典袋に中袋がついている場合は、中袋にお札を入れるようにしましょう。 中袋にお札を入れる際には、中袋の表面に対してお札の肖像が印字されていない裏側が向くようにします。 言い換えれば、 肖像が印字されている側を伏せた状態で入れるという意味です。 肖像が印字されている側を伏せる理由としては、香典が故人のご不幸に対するお悔やみの意味でお渡しするということが挙げられます。 つまり故人のご不幸を悼み、ご遺族に対してお悔やみの意味でお渡しするために、顔を伏せるということです。 なお上下については、肖像が中袋の底側にくるように入れましょう。 ただし地域によっては、肖像が袋の口に近い側に来るように入れるのが作法という場合もあります。 中袋なしの場合 世の中に出回っている香典袋の中には、コンビニで市販されているものと異なり中袋がついていない場合があります。 中袋がない場合は、 直接香典袋にお札を入れるのが作法です。 つまりこの時の向きも、中袋に入れる場合と同じように香典袋の表側から見て、お札の裏面が見えるように入れます。 上下の向きについても、中袋に入れる場合と同じように香典袋の底側に肖像が来るように入れましょう。 四十九日などの追善法要や新盆なども同じ? 香典を持参するタイミングは葬儀の場合だけではなく、四十九日法要や新盆法要など法事の場合も挙げられます。 法事の場合についても、葬儀と同じように弔事であることから 香典のお札を入れる向きも同じです。 言い換えれば、葬儀で知ったお札の入れ方や向きも法事で引き続き使うことができるということですので、きちんと覚えておきましょう。 香典のお札にまつわるその他のマナー 葬儀などで持参する香典については、香典袋や中袋に入れる際の向き以外にも知っておくべきマナーがあります。 ここでは 香典にまつわるマナーでも特に知っておくべき、金額相場やお札の枚数、お札の種類について見ておきましょう。 金額相場 香典で多くの方が頭を悩ませることといえば、金額をいくら包めば良いのかという点です。 たしかに 香典の金額相場は、仏教の教えで決まっているわけでも、ましてや法律で決まっているわけでもありません。 ただし香典の金額相場は、故人との関係性によってある程度は決まっています。 特に故人と血縁関係にある場合は、多く包むのが一般的です。 たとえば故人が両親の場合で5万円から10万円で、祖父母の場合で1万円から5万円、知人や友人の場合で3千円から1万円というように、ご自身から見た故人の立場によりさまざまです。 また生前の故人との付き合いの度合いによっても、包むべき金額は多少変化するといって良いでしょう。 香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、「終活ねっと」の以下の記事をご覧ください。 お札の枚数 実は香典として包むお札の枚数についても、それなりの作法があるので、覚えておくと良いでしょう。 一般的には 1枚か3枚、10枚のいずれかで包むのが望ましいとされています。 逆に避けるべき枚数は、「死」を連想させる4枚や「苦」を連想させる9枚、故人とのつながりが切れることを連想させる偶数枚です。 特に年配の方の中にはこの点を気にする方もいますので、以上のような枚数は避けるようにします。 なお2枚以上のお札を包むときは、向きをきちんと揃えて入れるようにしましょう。 向きがそろっているかどうかは意外と見落とすことが多いですので、事前にチェックしておくことがおすすめです。 新札は避ける 香典に包むお札については、実際に包む種類も新札であるかどうかも気を付けるべきといえます。 というのは、香典に新札を使うことは、故人が亡くなることを予想して用意したとみなされるためです。 このため、 ある程度使ったお札を包むのが良いでしょう。 手元に新札しかない場合は、包む前に折り目を入れてから包むようにすると良いです。 香典袋の書き方 香典にまつわるマナーは、香典袋への表書きなどの書き方もまた覚えておくと良いでしょう。 ここでは 香典袋の書き方について、宗教形式ごとの表書きや名前、金額などで触れていきます。 表書き 表書きとは、香典の目的について記したもののことで、香典を持参するということであればぜひとも記しておくべきものといえるでしょう。 ただし 表書きは、宗教や宗派によって適しているものがいろいろとありますので、正確に知っておくことが大切です。 仏式の場合 仏式の場合は、多くの宗派で 「御霊前」が多く使われます。 もし相手方の宗派がわからない場合は、「御香典」を用いると無難です。 このほか、お供え物を持参した場合は「御供物」や「御供」、「御供物料」も使われます。 浄土真宗の場合 もし葬儀の形式が浄土真宗の場合は、 「御仏前」が一般的です。 浄土真宗では亡くなった方は、霊の状態を経ることなく極楽浄土で仏様として生まれ変わるという考え方があることによります。 なお浄土真宗以外に葬儀で「御仏前」を使うことが作法とされている宗派として、曹洞宗も挙げられますので、覚えておくと良いでしょう。 神式の場合 日本の伝統的な民族宗教である神道に基づいた神式葬儀では、使うことのできる表書きは多いです。 最も多く使われるのが「御霊前」ですが、ほかにも 「御榊料」や「御玉串料」、「玉串料」など独特のものも挙げられます。 なお神式独特の表書きには、ほかにも「御神前」がありますが、こちらは四十九日法要に当たる五十日祭以後に使われるため、葬儀では用いないようにしましょう。 キリスト教の場合 キリスト教の場合は、宗派に関係なく使うことのできる表書きとして、 「御花代」や「御花料」が挙げられます。 他にもカトリックであれば「御霊前」と「御ミサ料」、プロテスタントであれば「弔慰金」も使って差し支えありません。 名前 どの宗教・宗派の形式で葬儀が行われるにせよ、表書きの下には必ず名前を書きます。 基本的に名前は、実際に 香典を包んだ方個人の名前をフルネームで書きましょう。 もし夫婦で一緒に包んだ場合は、夫のフルネームを書いた左下に、妻の下の名前を記します。 もし横書きの場合は、算用数字を使って大丈夫です。 書く場所については香典袋であるか、あるいは中袋であるかによって異なります。 香典袋に書く場合は裏面の左下に、中袋の場合は表面の真ん中に書きましょう。 注意点 葬儀の香典を書くときは、まず 薄墨を使いましょう。 これは故人のご不幸を聞いて墨をすっている間もなく駆け付けたこと、あるいは悲しみの涙で墨が薄くなったことから、故人への弔意を示すためです。 また表書きなどを書くときは、筆ペンや毛筆などを使うのが正式な作法とされています。 ボールペンは略式とされているため、避けるようにしましょう。 香典の書き方についてさらに詳しく知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。 お札の向きは、肖像がある方が表側で、ない方が裏側となる。 またお札の表側で、額面が書かれている方が上側、肖像が印字されている側が下側となる。 お札を入れる際の向きは、中袋に入れる場合も香典袋に入れる場合も、袋の表側から見て裏面を向くようにし、肖像が底側に来るように入れる。 なお今回紹介した入れ方の向きは、法事でも使うことができる。 香典の金額は、故人との関係性によって決まり、特に血縁関係にある場合は多く包む傾向にある。 実際に包むお札の枚数は、1枚や3枚、10枚が好ましいとされている。 お札を包む際には新札は避けるようにする。 香典袋の表書きは、宗派により適しているものがいろいろとあるため、事前の確認が必要である。 名前を書くときは表書きの下に包んだ個人のフルネームを記す。 金額の書き方については、縦書きで書く場合は正式な漢数字で、横書きの場合は算用数字を使って書く。 葬儀での香典の書き方で注意すべき点として、薄墨を使う点とボールペンを使わない点が挙げられる。 香典の包み方は、袱紗をひし形に広げて香典袋を置いたうえで、右、下、上、左の順に包んでいく。 香典にお札を入れる際の向きは、お札を裏向きにしたうえで、肖像が袋の下側に来るように入れます。 なおこのやり方は、普通の法事にでかける際にも役立ちますので、ぜひとも覚えておくと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では終活に関する様々な情報を紹介しています。 以下の記事では香典辞退に関して解説をしていますのでぜひこちらもご活用ください。

次の

ご仏前の向き お札の入れ方・香典の包み方、お供えする向きは?

御仏前 お札 向き

御霊前へお金の入れ方。 お札の向きは? 御霊前に入れるお札の向きはどっちなのでしょうか。 裏表、上下、どっち向きにいれればいいのか迷いますよね。 御霊前に入れるお札の向きは諸説ありますが、正式な決まりはないと言われています。 今回は一般的な入れ方についてご紹介します。 お札の表と裏はどっち? お札には表と裏があります。 人物が描かれている方が表、書かれていない方が裏となります。 上下はどっち? 御霊前の場合は袋に入れる時のお札の上下が上側が金額で下側に顔という向きになります。 中袋に入れるお札の向きは? 御霊前の中袋を裏にして開けたときに下記のようにお札が見えるように入れます。 2枚以上お札を入れるときは全てのお札の表裏と上下の向きを揃えて入れます。 スポンサードリンク 御霊前へお金の入れ方。 新札はダメ? 御霊前に入れるお札は新札を使わないのが通例です。 新札をつかわない理由は? 新札を使わない理由は、新札はあらかじめ用意しなけらばならないお札だからです。 つまり御霊前に新札を入れるというのは不幸を予定していたと思われかねないからです。 慶事であれば新札を入れるのが一般的ですが、弔事の場合は新札を使わないようにしましょう。 新札しかない場合はどうすればいい? こんなときに限って新札の用意しかないということありますよね。 そんなときは新札を一度二つに折り折り目をつけてから使います。 汚れたり破けたお札をいれてもいい? 新札はダメといっても汚れていたり破れていたりするお札を入れるのは失礼にあたります。 またシワシワのお札ももちろんダメです。 御霊前へお金の入れ方。 中袋なしは? 御霊前を準備するときに中袋がない場合もあります。 その場合のお金の入れ方についてご紹介します。 中袋なしとは? 中袋なしというのは御霊前の上包みに直接入れる場合です。 地域によっては不祝儀袋には中袋を使わない場合があります。 その理由は中袋と上包みと袋の二つが二重になるため、不幸が重なるといわれ縁起が良くないからです。 お札の入れ方は? 中袋がない不祝儀袋や中袋を使わない場合はお札を直接上包みに入れます。 その場合のお札の向きは中袋に入れる場合と同様になります。

次の

一周忌の香典の書き方は?中袋と表書き・お札の入れ方まとめ!

御仏前 お札 向き

大切な友人や、親族などいつかはやってくる、最後のお別れ。 そんな亡くなった方への供養の気持ちを表すのがお香典です。 主に現金などを不祝儀袋に入れて、通夜や葬儀の時に持参します。 大切な人との最後の別れだからこそ、しっかりマナーを守ってお見送りしたいものですね。 マナーを知ることは、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも役に立ちます。 中には、マナーなど細かいことは気にしないという方もいるでしょう。 ですが、マナーは人を不快にさせないためのものです。 ご自身が気にしなくても、やはりご遺族の気持ちなどを考えて、 マナーを知っておくことは大切なことだと思います。 ここでは、少し細かいことかもしれませんが、お札な向きなど、 御霊前のマナーについて調べてみました。 Sponsored Link お香典、御霊前、どちらが正しいの? 一般的に葬儀の際に使う不祝儀袋を、香典袋と呼ぶことが多いですね。 ですので、不祝儀袋の表書きにも「お香典」「御香典」と印刷されたものもありますね。 ですが、不祝儀袋の表書きは故人や喪家の宗教に合わせて選ぶ必要があります。 実はお香典は、仏式での葬儀に使う表書きとなります。 ですので、神前式のお葬式に参列する場合や、キリスト教の葬儀に参列する場合は、 お香典の表書きはマナー違反となってしまいます。 神式の表書きは、「御神前」「御玉串料」、キリスト教では「お花料」「御花料」が表書きとなります。 そして仏式、神式、キリスト教やそれ以外の宗教でも共通して使える表書きが「御霊前」です。 日本では、仏式での葬儀が多く、神式やキリスト教や他の宗教の 葬儀に参加する機会は少ないかもしれません。 ですが、最近、有名な方の葬儀が神式だったことでも話題になったように、 仏式以外での葬儀に参列する機会もあるかもしれません。 故人や喪家の宗教の確認が取れない場合は「御霊前」の表書きを使いましょう。 他にも不祝儀袋には「御仏前」と表書きがされているものがあります。 こちらは四十九日以降に使う表書きとなります。 不祝儀袋売り場には、いろいろな表書きが書かれたものが並んでいますから、 しっかり確認してから購入するようにしましょう。 Sponsored Link 不祝儀袋のお札の向きは? それでは、不祝儀袋に入れる現金の入れ方にはマナーをおさらいしましょう。 有名なのが、不祝儀には新札を用いないことです。 これは新札を用意することは、故人が亡くなるのを 待っていたという意味になり、失礼にあたります。 シワが多く汚れているお札も使うのも失礼に当たります。 なるべくシワや汚れの少ないお札を用意しましょう。 そしてお札の向きを揃えて入れることです。 これはご祝儀、不祝儀に関わらず共通するマナーですね。 ここで気を付けなればいけないのがお札の向きです。 お札は人物があるほうが表、人物のないほうが裏となります。 ご祝儀の場合は表を向けて中袋に入れます。 そして不祝儀袋の場合は裏を向けて中袋に入れます。 最近はお札の向きまで気にする必要はないとも言われていますが、 やはり年配の方にはマナーやしきたりを重んじる人もいます。 ですので、不祝儀の場合はお札の向きを裏向きにして入れるようにしましょう。 御霊前のお返しは何を選べばいいの? ここでは、少し目線を変えて御霊前のお返しについて調べてみました。 一般的に四十九日の法要が終わったあとに、お香典をいただいた人に 忌明け法要が無事に終わった報告とお礼をかねて贈るものです。 神式の場合も、納骨が行われる五十日際のあとに、返礼品としてお礼を贈ります。 金額としては、頂いた御霊前の3分の1程度の金額のものを贈ります。 品物としては、現在、やはりカタログギフトが人気のようです。 ついで、コーヒーやお茶のセットが人気となっているようです。 相手の好物でも、肉や魚など殺生を連想させるものは選んではいけません。 まとめ あらためてみると、不祝儀一つにもいろいろなマナーがあることがわかりました。 もしかしたら、細かいことかもしれません。 葬儀への参列は親族や親しい友人ばかりではありません。 ビジネスシーンでも葬儀への参列することもあります。 しっかりマナーを知っておくことは、周りの人を不快にさせないためではなく、 最終的には自身のためになることだと思います。 Sponsored Link•

次の