ヘブンズ ロージア。 真・龍覇 ヘブンズロージア

ロージアの歴史と殿堂残留について

ヘブンズ ロージア

ミラダンテの盟友。 こっちにもお世話になりました。 しかし、またしても活躍したのは「天門ループ」。 《真・龍覇 ヘブンズロージア》は目立った活躍は出来ていませんでした。 そんな 《真・龍覇 ヘブンズロージア》にも転機が訪れます。 ブラックアウト!! ここでドラゴンであることが意味を持ち、 《真・龍覇 ヘブンズロージア》に白羽の矢が立ちます。 「ロージアミラダンテ」の成立です。 2年の時を経てついに活躍の機会を得た 《真・龍覇 ヘブンズロージア》は当時4枚の 《スクランブル・チェンジ》と《爆熱天守 バトライ閣》を有していた 《超戦龍覇 モルトNEXT》相手に堂々と環境トップの座を争いました。 大方の予想と同じく筆者も《龍魂城閣 レッッドゥル》の殿堂入りで様子を見ると思っていました。 白青にスピードアタッカーを与えロージアダンテを環境トップへ押し上げた立役者。 しかし殿堂入りしたのはまさかの 《真・龍覇 ヘブンズロージア》。 《爆熱天守 バトライ閣》とのコンビ殿堂で本体の殿堂入りを免れた 《超戦龍覇 モルトNEXT》とは対称的な措置でした。 少なくとも次の殿堂発表までは 《真・龍覇 ヘブンズロージア》がデッキのメインとして活躍することはなさそうです。 筆者が思うこと ここからは 《真・龍覇 ヘブンズロージア》と殿堂レギュレーションに対する筆者の主観的な意見になります。 多くのドラグハートが巻き添えを受ける性質上ドラグナーは殿堂入りさせづらいこともあり、 《超戦龍覇 モルトNEXT》は主役として見られて、基本的には「発売直後同士にしか使わない苦肉の策」であるコンビ殿堂を適用してまで本体の殿堂入りを避けたのに対して、 《真・龍覇 ヘブンズロージア》はロージアダンテの周辺パーツとしてあまりにもあっさりと殿堂入りしてしまいました。 しかし今回の殿堂発表で解除されることはありませんでした。 おそらくビートデッキのお手軽封殺手段だった《「本日のラッキーナンバー!」》と 《音精 ラフルル》が規制されたことでSトリガーでの防御が強くなる、というのが理由での様子見なのでしょう。 しかし、大きな魅力を持った切り札級のカードたちには必ず、性能のみではないカードそのもののファンが存在します。 もし開発部の方でこれを見てくださっている方がいたら、そこだけはくれぐれも注意を払ってカードデザイン・殿堂改定をしてほしいと思うかぎりです。 まとめ 今回の記事では 《真・龍覇 ヘブンズロージア》の歴史と筆者殿堂レギュレーションに関する持論を書いてきました。 特に後半はかなり賛否両論がある部分だとは思うので、こういう意見もあるんだな、程度に思ってもらえると嬉しいです。 ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました! 最後に、下の「いいね」押してもらえるとめっちゃ喜びます!.

次の

青白ロージアダンテ【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】【デュエルマスターズ】

ヘブンズ ロージア

は一見色が合って相性が良いようであるが、《コアクアンのおつかい》のヒット率を下げるので採用されないことが殆どである。 ロージアミラダンテの強いところは《コアクアンのおつかい》でほぼ確実に3枚の手札補充ができるところであり、不純物を入れるとその旨味が失われてしまう。 強いて光が含まれないカードが入るとすれば、や程度である。 カードパワー優先の構築が基本であり、色の合うブロッカー付きのコスト踏み倒しメタであるですら、がを獲得するまで敬遠されているきらいがあった。 デッキの動き [ ] メインの動き 、等でドローを行い、パーツを集める。 でを出し、でSAに。 で、を出す。 更にここから、 手札に二枚目のサインがあれば、ミラダンテXIIで唱え、手札に戻ったロージアを出す。 ロージアで、ドラグハートを出す という鬼のような展開も可能。 既存のミラダンテXIIアーキタイプとの差異 [ ] との差異 [ ] 利点 盤面の展開力、防御力の上がりやすさが、シリンダ型とは比べものにならない。 の全体に対する対策は、ミラダンテXIIのロックで事足りる事が多い。 また、のとミラダンテXIIの相性が凄まじく良く、シリンダ型では対処し辛い盤面の処理とロックを同時に行える。 ミラダンテXIIのファイナル革命発動したターンの終わりに、で、を出す動きも盤面の処理という点で強く、中盤から終盤に、フォートレスの展開を許されれば、粘り強い動きで相手を制圧できる。 不利点 4ターン目 を挟んで4ターン目にを出す動き からミラダンテXIIを展開できるが、必要パーツの多さから、3,4ターン目にドローを挟まなければ事故率が高い。 故に、5ターン目からの展開が定石であり、故に ファイナル革命環境では 展開が遅い。 4ターン目までは手札を溜め込むデッキなので、5ターン目に動き出す前にやなどの大量を食らってピタリと止まる危険性も無視できない。 のといった至高の隠し玉も、シリンダ型特有の機能で、ロージア型では、こういった動きは成しえないだろう。 との差異 [ ] 利点 先述したロージア型の防御性能、シリンダ型のリーサルウェポンであるのといった戦術が乏しく、ミラダンテの最速召喚や、のサーチ能力の高さによる状況対応に重きを置いているデッキのため、些細な手札事故や、相手の妨害によって動きが止まりやすいため、ドラグハートといったサブウェポンでもバトルゾーンで牽制できるロージア型の強さは光っている。 バルキリールピアが、「山札から必要パーツを確定サーチ」だが、 ロージアは、「超次元ゾーンから必要パーツを確定サーチ」とでも解釈してしまえばよいだろう。 また、NEX型の速度を補っていたがしたため、安定度はこちらに軍配があがるか。 不利点 の確定サーチという安定感は、NEX型特有のアドバンテージであり、さらに、バルキリールピアは火・光のコスト5ドラゴンであるため、革命チェンジ先が、ミラダンテXIIに留まらず、、といった除去カードにもつながる。 ロージアの展開と防御か、バルキリールピアの柔軟性か、二択といったところ。 尚、バルキリールピアの進化条件の厳しさから、合体は難しいだろう。 タッチ闇型(通称:ドロマーミラダンテ) [ ] の、汎用などをした。 コスト踏み倒しメタに対する除去やの速度に合わせたハンデスなどで妨害性能を増したタイプである。 通常のロージアミラダンテに闇をタッチしたもののほかに、にロージアミラダンテのパーツを出張させたデッキもある。 やはりというか、以外は極力かが含まれるように構築するのが鉄則である。 自分のに使って《ミラクルスター》の墓地回収範囲を広げるためにも 疑似ランデス、革命チェンジ元 このデッキでは単なるのとして使用 定番の持ち タッチ自然型(通称:トリーヴァミラダンテ) [ ] の、汎用などをした。 などの対象を取らない大型除去やコスト踏み倒しにあまり頼らないマナ加速による速度を追求したタイプである。 で拾えるように光の比率をなるべく高めたタイプ、《コアクアンのおつかい》とのシナジーを犠牲にした代わりにの機構を加えたタイプ、水のドラグナーを折衷したタイプなどがある。 通常のロージアミラダンテと比べるとややを圧迫するのが難点。 革命編環境で偶に見られたを主軸としたデッキもこの名前だが、普通はまずこちらを指す。 詳しくはを参照されたい。 言わずと知れたマナ加速 、マナ加速、起動 色基盤、でを補充できる 中継ぎ サブフィニッシャー 相手のフィニッシャーをウィニーに変換 強力な足止め 条件付きだが強力なマナ加速。 マナが伸びるデッキなので最悪素出しも 《M・A・S》でのリクルート候補 環境において [ ] 終期のメタゲームに進出し、「デュエル・マスターズ全国大会2016革命ファイナルカップ 日本一決定戦」のベスト8の内1人が使用していた。 環境でも期にはの存在が重かったが、《蒼き団長 ドギラゴン剣》系統のデッキを相手にする場合は《ドギラゴン剣》を抜き取れば相手の勝ち筋が狭まるため、踏み倒しを封じられても1ターンずつゆったりとクリーチャーを並べることで何とかなった。 採用率はそれほど高くなかったものの、《学校男》でも《オニカマス》は対処可能であった。 期にはが登場し、《オニカマス》に加えてやなどの長所をいいとこ取りにしたがメタゲームの一角を支配したことで、による守りを前提とする中低速であるこのデッキタイプは環境から一歩下がった。 期になると優勝に輝くなど再び結果を残している。 がベスト8進出者8人中3人に使用されるなど、この大会は「超CS in 熊本」と比べると【速攻】に寄せた環境になっていたため、【速攻】に強いこのデッキタイプは活躍の機会を得たのだと思われる。 ではリペアとしてを3枚、を2枚投入したタッチ闇型が3位に入賞しており、環境に居座ることが難しいと見られていた中でリペアに成功したことを示した。 以降はを通すためにフィニッシュ枠を最小化し、デッキの枠を10枚強程度 従来より5,6枚程度減 に抑えた分だけ手札補充や除去、に寄せた構築もまま見られるように。 2019年3月1日に本体であるがし、今度こそとして成立しなくなったかと思われたが、による、5コスト主流による戦術によって回せることが判明し、新殿堂施行直後のでの準優勝という結果が出された。 2019年8月ごろからは環境で多く見られたに刺さるを無理なく組み込めること、同様に増えた系のに対して持ち前の防御力の高さが生きることなどからそれまで途切れていた4位以内入賞報告がポツポツとされるようになった。 それでもやはりに加えをで失ったことは大きく、に進出するには至っていない。 その他 [ ] 光のとを全て詰め込んだの集大成と言える。 実際、アニメVSRF第48話ではが戦にて使用し勝利を収めている。 2018年3月1日より妨害手段の1つである、のを呼び出す戦術の要であるが共に殿堂入り。 前者に関しては枠の都合それまで中々入れられなかった呪文でリペアすれば良いが、後者のドラグナー戦術に関しては壊滅的な被害を受けたため諦めてに寄せた構築にするかの枚数を増やすなどの対応が望ましいと見られるようになった。 幸いとも同日の改定によって規制されたため、などによる受けを重視する構築には追い風となった。 2019年3月1日に前述の通り本体であるが。 それによってとを活かしたコントロールとして回されるようになった。 また、根本的な勝利ルートがによるを用いないに寄せられるようになった。 でを獲得。 手札を減らさずに最速で4ターン目にはやを使用できるようになった。 参考 [ ]•

次の

CSダイアリーblog ドロマーロージアダンテ【デュエルマスターズ】

ヘブンズ ロージア

参加された皆様お疲れ様でした。 またのご参加をお待ちしてます。 — カードボックスアリオン塩冶店 fknjun1 引用元 クロニクルデッキが発売され、環境がガラリと変わった今、特に「アナカラーデッドダムド」が猛威を振るっているこの環境。 このCSでも決勝戦で「アナカラーデッドダムド」を打ち破り優勝を決めているこのデッキのポテンシャルなどを説明出来たらなと思います。 受けが厚いことがこのデッキの魅力で、「赤白サンマックス」のような速いデッキに対しても受けきることが出来、「ジョーカーズミッツァイル」などのデッキに対しても《》と《》によって呪文メタを複数回使いつつ《》を牽制し、盤面を作っていく動きができることが強みとなっています。 なによりこのデッキは自由度が高く、環境に合わせて採用するブロッカーなどを決められることが楽しいデッキだなと僕自身は思っています。 このカードの能力は環境にいる「ジョーカーズミッツァイル」や「アナカラーデッドダムド」のような1ターンで複数クリーチャーを場に出すデッキには良く刺さり、そのようなデッキはこの能力によって除去性能も乏しくなるため場持ちも良さそうに見えます。 素出しがしやすい6コストな点も良いですし、ブロッカーなので「ヘブンズ・ゲート」からもキャスト出来ます。 いざと言うときは《》の能力で下の呪文側を唱えることも出来、噛み合いが良いですね。 種族が「メタリカ」なので《》では場に出ないことだけ気をつけましょう。 煌龍サッヴァーク 最近はあまり採用されていない印象があったのですが、「アナカラーデッドダムド」が増えたため除去耐性にまた注目が集まったと考えています。 自身の能力がカード単位除去なので色々な盤面で役に立ってくれます。 上記で説明した《》と一緒に立ってしまうとなかなか突破することは難しいですね。 ミラクルストップ このデッキが環境で立ち回れる所以とも言えるカードかなと思います。 やはり呪文メタは環境への通りが良く、このデッキには《》が4枚採用されているので、複数回使いまわすことが出来ます。 自身の能力でコスト無しで唱えることが出来ることがもの凄く噛み合っており、このデッキ以上にこのカードを上手く使えるデッキは無いでしょう。 最近ちょこちょこ復権してきているなと思っているのですが、環境に合わせてメタを寄せやすい良いデッキですね。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の