確定申告 レシート 提出。 医療費控除で領収書(レシート)なくても申請する方法

確定申告・年末調整をやる側になって初めて知ったこと

確定申告 レシート 提出

「 フリーランスの確定申告は レシートでも申請できる」 この事実を知っていますか? 現在は確定申告でも レシートを領収書の代わりとして提出することが可能です。 レシートの管理は非常に重要であると言うことができるでしょう。 一方、必要不可欠でありながら、処理の煩雑さに頭を悩まされるのが レシートの整理です。 現在、 フリーランスの方の中には、 「 レシートの処理にこんなにも手間がかからなければ、もっと業務を効率化できるのに」と考える方も多いのではないでしょうか? この記事で紹介する便利な管理術や新しいテクニックを実践してみてください。 具体的には• 確定申告は レシートでok• 領収書も レシートもない!そんな時の対処法• レシート管理おすすめの方法とツール をご紹介します。 この記事を参考に、効率よく簡単にレシート管理を行って、効率的にに業務を行いましょう。 フリーランスは領収書ではなく レシートでも確定申告できる! ? フリーランスになって経費で落とすため「 レシートでなく領収書貰わないと!」と思っていませんか? 実は領収書ではなく、 レシートでも十分に確定申告できます。。 フリーランスの レシートと領収書は何が違う? レシートと領収書、似ているようで違うものです。 何が違うのでしょうか。 以下はそれぞれに記載されている事項です。 レシート 領収書• 品物の内容• 宛名 大きな違いとしては レシートには品物の詳細な記載がありますが、領収書にはありません また、領収書には宛名を書く必要がありますが、 レシートには宛名を書く欄がありません。 フリーランスのレシートは確定申告でも使える! 「 レシートより領収書のほうが良い」ということはありません。 「 レシートではなく領収書」という慣習は日本の会社の古い伝統と言えます。 かつては、レジが現在ほど浸透していなかったため、経費として落とすためには手書きの領収書が必須でした。 しかし、 今ではむしろ レシートの方が信頼があるとみなされるケースもあります。 レシートには店名や、日時、金額、内容が詳細に記載されている一方、領収書には但し書きなどしか書かれておらず、不明瞭であるからです。 税務署を所管する国税庁のHPでも領収書だけでなく、預かり所、伝票、レシートなど全てが金銭の受取書になると書かれています。 フリーランスの レシートに必要な記載 従来であれば確定申告の際は レシートではなく領収書が必須とされていました。 しかし、現在では レシートでも確定申告に申請できるようになりました。 ただ、どんなレシートでも良いというわけではありません。 また、 レシートを画像データとして、確定申告で提出する方法はこの先で紹介しています。 少し手続きが必要なので、是非参考にしてみてください。 項目ごとのレシート管理は必須! レシートは、事業の収支を管理する上で欠かすことのできないアイテムです。 また、税務署に収支を証明する確定申告をする上では、業務に使用した費用であることを伝証明する必要があり、項目ごとの分類も必須となります。 レシートは一定期間の保管が必要 収支を証明する書類として レシートを使用するためには、保存の義務があります。 一般の家庭の家計簿に使用するように短期間で破棄できれば、 フリーランスの レシート処理も一気に楽になるでしょう。 しかし、 税法で法人・青色申告を行う個人事業主は7年間、白色申告を行う個人事業主は5年間の保存が必要と定められています。 1ヶ月に数十枚、1年間であれば数百枚にも及ぶ レシートがあっという間に溜まっていくでしょう。 フリーランスが レシートを無くしてしまった!そんな時の対処法 どんどん溜まっていく レシート、時にはなくしてしまうこともあるかもしれません。 なくした時の対応策についてまとめました。 店舗で再発行してもらう 原則として、 レシートや領収書は売買成立時に発行されるものです。 店側は商品購入時に レシートの発行義務はあっても後日、再発行する義務はありません。 そもそもレシートの端に「再発行は致しません」と書いてあることも多く、再発行してくれることは稀です。 証明書をもらう レシートの再発行を断られても、証明書で対応することができます。 購入した店舗で購入証明書、領収証明書、支払証明書などを発行して貰うことは可能です。 一方、 300円から400円ほどの費用がかかってしまいます。 出金伝票を使う 電車代、結婚祝い、ジュース代などレシートなどが発行されないものを買った時のためのものですが、 レシートをなくした時にも使用することができます。 日付、支払先、金額、商品の内容の4点を記入します。 出金伝票は一般的な文房具屋にも売っています。 クレジットカードの利用明細を使う カードの伝票は日付、振込先、金額などが記載されているため代用することができます。 ただし、 請求明細では内容が細かくわからないので確定申告のことを考えると利用明細が望ましいです。 フリーランスのあなたに朗報!カメラで撮影した レシートでも確定申告可能! 紙の レシートはなくしてしまう危険性があります。 紙での管理が面倒だと感じているあなたに朗報があります。 カメラ等で撮影してデータ化した レシートも申請可能となったのです。 少しでも事務処理の時間を短縮したいという フリーランスの方は、撮影した レシートが申請できるようになった経緯と申請に必要な手続きをしっかりとチェックしておきましょう。 きっかけは2017年の電子帳簿保存法改正 1998年から電子帳簿保存法として レシートをデータする動きがあったものの、改ざんの危険性などの観点から普及しにくい状況でした。 そして約10年の期間を経て、2017年の電子帳簿保存法の改正によって、適切な申請の体制が進められ、撮影した レシートを公的な書面として使用することが認められました。 データを申請するための手続き スマホなどの写真データも電子帳簿保存法の改正によって申請の認可が下りましたが、 3ヵ月前までに事前に税務署への申請が必須となります。 国税庁に用意されている正しい申告書を使用する、3ヵ月前までの事前申請という要点さえ守っていれば複雑な手続きで はありません。 税務署から許可がおりたのちに、スマホなどで レシートを撮影していきましょう。 カメラの解像度にも指定があり、500万画素以上のスペックが必要となるため、事前に確認しておきましょう。 そして、 フリーランスの場合は撮影後、3日以内にタイムスタンプをつける必要があります。 法人のように認定されているタイムスタンプ事業者を経由する必要はありませんが、 経理担当者・タイムスタンプを押す人員・定期確認する人員の相互チェックが求められており、申請時に税務署に知らせておく必要があります。 レシートをデータ保存するメリット レシートをデータ保存することによって フリーランスの業務効率が改善することは間違いないと言えるでしょう。 紙での処理に必要としていた1人の時間だけでなく、経理担当者の時間短縮にもつながります。 データ化しておくことで紛失してしまう危険性もなくなるので、すぐに税務署へ申請を行うことをおすすめします。 フリーランスにおすすめな レシート管理ツール フリーランスが レシートのデータ化をするには、MFクラウド経費とfreeeの2つのツールを活用することをおすすめします。 スマホと連動できる「MFクラウド経費」 フリーランスにおすすめする1つめのツールがMFクラウド経費です。 マネーフォワードは家計簿アプリとして知っている方も多いかもしれませんがこちらは経費専用のツールです。 レシートの読み取りに加え、それをスマホで手軽に確認でき、また スイカやパスモなどと連動して経費の精算を行うことができます。 取引明細を自動で取り込んでくれる「freee」 MFクラウド経費よりも「経費管理」に特化したツールです。 特に取引明細の自動取り込みという機能は非常に強力で 、口座間やクレジットカードのやり取りがほとんどの人にとってはほとんど自動で帳簿が付けられていきます。 まとめ: フリーランスは効率的に レシート管理をしよう! 2017年の電子帳簿保存法改正により、 フリーランスは レシート管理にかける時間を本来の業務に充てられるようになったと言えそうです。 レシートを電子化する条件は3ヶ月前の申請、一定以上のスペックのカメラなど、規定こそあるものの、満たすこと難しい条件ではありません。 今回紹介した レシートをデータ化した場合のメリットやおすすめのツールを含め、最も業務効率を向上させられる方法を探してみてはいかがでしょうか?.

次の

会社員の副業収入の確定申告、必要経費の書き方と提出方法は? [確定申告] All About

確定申告 レシート 提出

副業収入のあるサラリーマンの経費についての注意点 会社員の給与は「5」の給与所得に該当します。 所得税や個人住民税を計算する際の所得は、10種類に区分されるので、自分の副業で得られる所得がどれなのかは把握しておきましょう。 利子所得 普通預金などの利息をイメージしで下さい。 超低金利時代なので、ほとんど利子収入は期待できません。 利子をもらう際に、予め税金が差し引かれています。 配当所得 上場株式等の配当金をイメージしで下さい。 利子所得と同様に、配当金をもらう際にあらかじめ税金が差し引かれています。 不動産所得 サブリースなどでいろいろと話題の多い、アパートや駐車場などの貸し付けによるビジネスをイメージして下さい。 事業所得 これは、個人商店や個人の建設業者などのいわゆる事業をおこなっている人をイメージして下さい。 給与所得 これは、会社員の給与などです。 退職所得 これは、会社員の退職金などです。 山林所得 いわゆる林業によるビジネスをイメージして下さい。 譲渡所得 土地や建物、自動車などを売った 譲渡した 場合をイメージして下さい。 一時所得 生命保険契約などの解約返戻金などをイメージして下さい。 雑所得 これだけは特殊です。 上記の9つに該当しないものはすべてこの雑所得となります。 以下の副業の場合に、該当する所得は? ・お店などでのアルバイトの場合 給与所得となり、会社員の給与と合算されて給与所得が計算されます。 ・株式投資の場合 売って儲けると譲渡所得。 配当金を受け取ると配当所得。 ・アパートオーナーの場合 家賃収入等は不動産所得。 ・フリマやオークションの場合 ビジネスの規模により、事業所得か雑所得。 副業収入のポイント1 損益通算できるかどうか? 損益通算とは、かんたんに言うと、各所得において、赤字 損失 が生じた場合、 その赤字を他の所得から控除することができるという制度です。 これは、下記 1 ~ 4 の所得について認められています。 1 不動産所得 2 事業所得 3 譲渡所得 4 山林所得 参考 ・利子所得及び退職所得は、所得金額の計算上損失が生じることはありません。 ・配当所得、給与所得、一時所得及び雑所得の金額の計算上損失が生じることはありますが、その損失の金額は他の各種所得の金額から控除することはできません。 ・不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、次に掲げるような損失の金額は、その損失が生じなかったものとみなされ、他の各種所得の金額から控除することはできません。 ・別荘等の生活に通常必要でない資産の貸付けに係るもの ・土地 土地の上に存する権利を含みます。 を取得するために要した負債の利子に相当する部分の金額など。 国税庁HPより つまり、 副業で不動産所得か事業所得が赤字になった場合には、損益通算ができる可能性があるということになります。 副業収入のポイント2 必要経費が重要! では、損益通算ができる可能性のある赤字はどのように計算されるのでしょうか?簡単にいうと、 売上から必要経費を引いた金額がマイナスになってしまうようなケースです。 必要経費は、 売上を得るために必要となった経費とイメージして下さい。 例えば、商品を売るために購入した商品代や、その商品を納品するための発送代、帳簿書類を作成するための事務用品代など、いろいろな費用が含まれます。 必要経費のイメージは、「」 に記載しています。 副業の規模にもよりますが、もれなく必要経費を控除するためには、 日頃からレシートや領収書をこまめに保存・整理しておくことがとても重要となります。 確定申告直前にあわてないようにしましょう。 最近では、簡単に記帳ができるクラウド会計ソフトもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。 収支内訳書 又は青色決算書 の提出も! 事業所得や不動産所得、雑所得の申告をする場合には、 収支内訳書 又は青色決算書 を確定申告書と一緒に提出しなければなりません。 書類の様式は、税務署等で入手できますが、国税庁のホームページからダウンロードすることも可能となっています。 すると手間も省けます。 また、記入については、手書き 鉛筆や消せるボールペンなど、消せるものは不可 してもOKですし、国税庁のホームページを利用して印字させてもOKです。 レシートや領収書などは、確定申告書に添付する必要なし! 確定申告をする際には、収入を証明するレシートなどの書類の添付は必要ありません。 ただし、支払いを受ける際に源泉徴収されている場合には、支払先から源泉徴収された金額がわかる 支払調書を発行してもらって下さい。 納付又は還付される税額に影響しますのでとても大切な書類です。 また、必要経費とした領収書やレシートなどの添付は必要ありません。 ただし、保存義務がありますので、きちんと整理をした上で保存して下さい。 確定申告は、事前の準備がとても重要です。 日々の書類集めがポイントとなりますので、日頃から心がけてみてははいかがでしょうか。 【関連記事をチェック!】.

次の

せどり(転売)の領収書はどうする?レシートでもOK?確定申告に必要な知識を解説

確定申告 レシート 提出

確定申告で提出しないもの 領収書、納品書、請求書、銀行通帳、作成した帳簿類など 領収書や納品書、銀行通帳などの書類、作成した帳簿は提出しません。 これらは、後に税務調査などが入る場合に備えて保存しておきます。 確定申告の時に提出するわけではありませんが、確定申告が終わった後も保管しておく必要があります。 白色申告の場合、確定申告の際には「確定申告書B」「収支内訳書」を作成して提出します。 青色申告の場合には「確定申告書B」と「青色申告決算書」を提出します。 で提出する書類 で提出する書類• + 必要に応じてを提出する 申告書を提出する際、マイナンバーが確認できる書類(番号確認書類)と本人確認できる書類(身元確認書類)を添付する必要があります。 その他、を受ける場合には、その証明書を添付します。 白色申告の場合と青色申告の場合で、この保存期間は異なります。 白色申告での保存期間 白色申告の場合、収入や経費を明記した帳簿は7年間、その他に任意で作った帳簿と領収書などは5年間、 捨てずに保管しておく義務があります。 帳簿・書類 保存期間 法定帳簿(収入金額や必要経費を記載した帳簿) 7年 その他に任意で作った帳簿 5年 書類(領収書や請求書、納品書、送り状、棚卸表など) 青色申告での保存期間 青色申告の場合は、帳簿、決算関係書類、取引関係書類は7年間、その他の見積書、注文書などは5年間、 保存しておく義務があります。 帳簿・書類 保存期間 帳簿(仕訳帳や総勘定元帳など) 7年 決算関係書類(貸借対照表、損益計算書、棚卸表など) 現金預金取引等の関係書類(領収書、請求書、預金通帳など) (前々年分の所得が300万円以下の場合は5年) その他の書類(見積書、注文書、納品書など) 5年 いずれにしても、個人事業に関係した書類は7年間保存しておけば間違いありません。 対象の事業者に、税務署などから事前連絡がきた上で調査が実施されます。 この税務調査については、個人事業主が提出した確定申告書類を税務署員がチェックし、 事業の売上高や必要経費のバランスなどを見て、疑義がある場合などに連絡がきます。 基本的には、儲かっている事業主が優先的に税務調査の対象となります。 個人の場合は年商(売上)1,000万円以上、この辺りがひとつのボーダーラインと言われています。 ただし、これはあくまでも噂程度の話であって、当然ながら売上高1,000万円以下の事業主にも税務調査が入ることはあります。

次の