ギター 楽譜 読み方。 【初心者向け】これだけは最低限覚えたい!楽譜の読み方

簡単!ギター初心者がコードを弾く時の楽譜の見方【基本の基本】

ギター 楽譜 読み方

この記事のもくじ• ギターの楽譜の種類 ギターの楽譜といっても、コード譜やタブ譜など様々な種類があります。 それぞれに特徴があり、 表記の方法や読み方も全く違います。 まずは、楽譜の種類やそれぞれの特徴を紹介します。 ライブUtaTenの関連記事! コード譜 「コード譜」はその名の通り、 曲のコード(和音)を記載した譜面のことです。 曲の歌詞の上にコード名が記されているものもありますが、 一般的に「コードダイアグラム」と「リズム譜」を組み合わせて記されることが多いです。 コードダイアグラム 弦とフレットの簡易図、 左手で押さえるべき場所が記されている譜面です。 楽譜の黒い点と同じ場所を、楽譜で見たままに押さえればいいだけのため、コードを覚えていない人でもその場ですぐに音がわかります。 リズム譜 ピックを動かすタイミングを表したものです。 「コ」の字を縦にしたような記号がタッピング、「V」の記号はアップピッキングを示しており、右手の動きとリズムがわかります。 TAB譜 TAB譜(タブ譜)とは、ギターの楽譜をわかりやすく簡略化したものです。 タブ譜には6本の横線と数字が書かれています。 横線はギターの弦、数字がフレット数を表しています。 タブ譜は誰でも簡単に見ることができるため、 初心者はタブ譜から入るのがおすすめです。 ただし、初心者でもわかりやすい一方、簡易的なため細かいニュアンスやリズムなどを楽譜から読み取りづらいという難点もあります。 五線譜 五線譜は、その名の通り 5本の線の上に音符や休符が書かれている楽譜のことです。 一般的に「楽譜」というとこれをイメージする人が多く、ピアノや合唱曲など、様々な場面で目にしているのではないでしょうか。 全ての楽器を統一して表記する バンドスコア(総譜)やセッション譜では、五線譜が使われることが多いです。 初心者にとっては少し難しいですが、音程やリズムを意識しやすい楽譜ですよ。 楽譜の読み方 楽譜には様々な種類がありますが、それぞれ読み方が違います。 慣れないうちは楽譜を読むのに時間がかかるかもしれませんが、 基本をしっかり理解すればすらすらと読めるようになりますよ。 ここでは、 基本的な楽譜の読み方を紹介します。 五線譜の読み方 五線譜には平行な5本線の上に、音程を表す音符が記されています。 学校の音楽の授業で習いましたよね。 線の下から上にいくにつれて音程も高くなります。 図の最も左側にある記号は「ト音記号」といい、ほとんどの楽譜についています。 「ヘ音記号」「ハ音記号」などもあり、五線譜内で表現できる音程がそれぞれ異なります。 その右横の数字は拍子、リズムを表し、 図の楽譜が4分の4拍子であることを示しています。 これは「一小節の中に4分音符が4つ入る」ことを意味します。 TAB譜の読み方 TAB譜は6本の線があり、 上の線から順にギターの1弦~6弦を表しています。 線上に書かれている数字は、その弦の押さえるべきフレット数です。 上部に書かれている 「コ」のような記号がダウンストローク、「V」のような記号はアップストロークを表しています。 また、6弦はピッキングせず、1弦と3弦は開放弦を鳴らします。 ダウンストローク、アップストロークのついては以下の記事で詳しく解説しています。 ライブUtaTenの関連記事! コード譜の読み方 「コード譜」とは、 曲のコード進行が記された譜面のことを表します。 歌詞とコードのみが記された非常に簡易的な楽譜もありますが、初心者におすすめなのは「コードダイアグラム」がついているコード譜です。 上述したように、コードダイアグラムにはギターの弦とフレットが描かれています。 上から1弦、左から1フレットを表し、黒い点は押さえるフレットを表しています。 例えば上記のコード譜の場合、2弦1フレットと4弦2フレット、5弦3フレットを押さえ、1弦と3弦は開放弦を鳴らします。 TAB譜の記号・テクニック タブ譜はギターやベース用の楽譜で、 曲によっては楽器特有のテクニックがタブ譜に記されている場合があります。 他の楽器経験があって楽譜が読める人も、ギターやベースに用いられるテクニックとその記号を知っておきましょう。 ここでは、タブ譜での記号や演奏テクニックを紹介します。 チョーキング 「チョーキング」とは、 弦を指で押さえたまま上に押し上げ、音を少しだけ高くする奏法です。 図のように、音符の上にスラーが記され、その上に 「C」もしくは「Cho」と書かれます。 海外では、「ベンド」と呼ばれています。 五線譜では記号のスラーの終点の音程まで音を上げ、タブ譜では「C」であれば1音、「H. C(ハーフ・チョーキング)」であれば1音半、音程を上げます。 図のタブ譜であれば、4弦7フレットを押さえ、4弦8フレットの音程までチョーキングしましょう。 スライド 「スライド」は、 弦を押さえたまま指を横に滑らせ、なめらかに音を繋ぐテクニックです。 図のように、 スラーの上下に「S」と書いて表されます。 図のタブ譜であれば、4弦5フレットを鳴らした状態で、7フレットに指を素早くスライドさせ、音を高くしましょう。 ビブラート 「ビブラート」は チョーキングの繰り返しです。 弦を押さえたまま、左手の指で弦を押し上げたり押し下げたりして、 音程を細かく揺らすテクニックです。 タブ譜や楽譜には音符の横に波線が引かれ、「Vib」と書かれます。 図の楽譜であれば、3弦5フレットを鳴らしたまま指を上下させて音程を揺らしましょう。 ハンマリング・オン 「ハンマリング・オン」は、 右手でピッキングをせず、フレットを指で叩いて音を鳴らす奏法です。 スラーの上下に「H」または「H. 」と書かれており、スラーで記された範囲の音符をハンマリング・オンで鳴らします。 図のタブ譜であれば、4弦5フレットをハンマリングし、次に4弦7フレットをハンマリングして音を出しましょう。 プリング・オフ 「プリング・オフ」も、 右手でピッキングせずに左手で押さえた弦に指を引っ掛けて弾くようにして音を出す奏法です。 「P」や「P. 」と表記され、ハンマリング・オンと組み合わせて用いられることも多いです。 図のタブ譜であれば、3弦7フレットでプリングし、次に3弦5フレットをプリングして音を出しましょう。 トリル 「トリル」は ハンマリングとプリングを素早く交互に繰り返し、音を途切れないように左手のみで弾く奏法です。 「tr」と表記され、その後に波線が引かれます。 図のタブ譜であれば、3弦5フレットをハンマリング、3弦7フレットをプリングし、それを高速で繰り返しましょう。 ハーモニクス 「ハーモニクス」は主に5フレットや7フレット、12フレットに指を軽く当て、 ピッキングと同時に指を離すことで、弦の倍音を出すテクニックです。 楽譜では、 音符がひし形で表され、該当する範囲には「Harm. 」と表記されます。 図のタブ譜なら3弦5フレットでハーモニクスの音を出しましょう。 ブラッシング 「ブラッシング」とは、 弦を押さえず、手のひらで軽く弦に触れた状態で複数の弦を同時に弾くことです。 図のタブ譜であれば、3弦と4弦の5フレットを通常通り弾いた後、左手を弦に軽く当てて2回ブラッシングしましょう。 ミュート ブラッシングと同じように弦に軽く触れた状態で、単音を弾く場合は「ミュート」といいます。 図のように「M」や「mute」と表記されている場合は、右手の小指側の側面をブリッジ部分に当て、軽くミュートする 「ブリッジミュート」を表しています。 図のタブ譜であれば、4弦2フレットと5弦開放弦を通常通り弾き、3回ミュートして弾きましょう。 楽譜やタブ譜には 「RH」と表記されます。 基本的に、ハンマリングやプリングと組み合わせて使われるため、「H」や「P」といった記号と併用されます。 図のタブ譜であれば、左手で3弦5フレットと3弦7フレットをハンマリングで弾いた後、右手で3弦9フレットをタッピングしましょう。 ギター初心者はまずTAB譜を読めるようになろう!音符が苦手な人は曲を聴きながら学ぶのもおすすめ 「曲をコピーしてみよう!」と意気込むギター・ベース初心者は、まず簡単に読めるタブ譜から挑戦するのがおすすめです。 タブ譜は直感的でわかりやすいので、 五線譜に苦手意識がある人でも楽に練習することができますよ。 曲によっては難しいテクニックや記号が出てくるため、 わからない記号があればその都度調べてみましょう。 練習を重ねるうちにタブ譜をすらすらと読めるようになり、五線譜にも挑戦できるはずですよ。

次の

【アルペジオ弾き方講座】タブ譜の読み方

ギター 楽譜 読み方

CONTENTS• 楽譜の正しい読み方を覚えよう こんにちは。 さわの Guitar Labのさわのです。 みなさんは楽譜をきちんと読めますでしょうか。 レッスンをしていると僕の生徒さんの中にもなんとなく苦手意識があって避けてきたという方も多くいらっしゃいます。 しかし、 読譜は1度できるなれば一生使えるスキルですし、身の回りにあふれる音楽をより楽しむことができるようになります。 ということで今回は• 五線譜とは• 基本的な楽譜の読み方• 音楽記号の意味 について解説していきたいと思います。 ここで少しでも覚えて今後の音楽活動に活かしていただければ幸いです。 目次 1. 五線譜について 本来楽譜がどういったものかというと「 音を可視化し、誰もが同じように演奏できるようにするためのツール」です。 これがなければ、作られた音楽は作曲者本人の口からしか伝わらず、正しい形で現代に残ることもありません。 これを音符や指示記号でというもので記録することで、何百年も前の音楽ですら楽しむことができるというのは本当にすごいことです。 太古の楽譜は数字や文字で書かれているなど非常にわかりにくいものでしたが、時代の流れとともにそれらも進化し、現代ではその集大成として「 五線譜」が用いられるようになりました。 これは5本の線からなる楽譜で、あらゆる音楽を記録することができる非常に優れた記譜法です。 学校の音楽の授業とかで1度は見たことありますよね。 今回は五線譜のなかで書かれているそれぞれの音符や記号の意味について1つずつ見ていきたいと思います。 音名 音名というのはドレミのことであり、音の高さを表します。 まずはこれを楽譜から読み取れるようにしていきましょう。 五線譜にドレミを並べてみました。 これをよく見ると、線の上と線の間に1つずつ音符が配置されていますね。 上にいくほど音が高くなり、下にいくほど音が低くなっています。 今回は8音 1オクターブ のみですが、実際は上下に音が続き、はみ出た部分に対しては最初のドのように 加線をつけます。 ト音記号 また一番左に書いて書いてある記号のことを ト音記号と言います。 ここでいうトというのはドレミで言うソのことであり、音階を日本語で変換したものです。 MEMO ドレミファソラシドは実は イタリア語で、英語と日本語でも言いかえることができます。 これに関しては 楽典と呼ばれる知識に含まれるので詳しくは今後別の記事で解説したいと思います。 つまりこの記号の書き始めとなる第2線の上がト ソ の音であることを示しています。 また、ト音記号以外にもヘ音記号というのもあるのですがギターやウクレレではあまり使いませんのでここでは省略させていただきます。 その他のポイント• 5本の線は下から第1線・第2線・第3線・第4線・第5線と呼ぶ• 各線の間は下から第1間、第2間、第3間、第4間と呼ぶ• 五線の上下には加線が順次つく ex:最初のド あたりはぜひ覚えておきましょう。 小節 つぎに小節についてお話したいと思います。 小節とは楽譜におけるこまかい区切りのことで、それぞれ 小節線で区切られています。 また小節線にも種類があり、 複縦線は場面の切り替え、 終止線は曲の終わりに使われます。 小節の長さは後述の拍子記号によって変化します。 音符の種類 次は音符の種類についてみてみましょう。 先程書いたように楽譜では五線上のどこに音符があるのかということにより音の高さを表しています。 そしてその音の高さと同じぐらい重要なのが音符の長さです。 音符に種類があり、それぞれが保持する拍数のことを 音価と呼びます。 楽譜上ではその他にもいろんな記号が書いてはありますが、ひとまず音符の高さと長さ、この2つが読み取れることが最も重要です。 代表的な音符の種類と音価をまとめました。 さらに細かくなると32分音符や64分音符がありますがここでは割愛しています。 付点音符 そして次は付点音符です。 このように横に点がついた音符のことを 付点音符といいます。 こちらは4分音符に付点がついているので付点4分音符と呼びます。 付点がついた音符は元の音符の1. 5倍の長さになります。 5=1. 5=0. 5=0. 375拍… 少しややこしいですが長さが1. 5倍になるとだけ覚えておけば大丈夫です。 拍子 続いて 拍子についてです。 みなさんはいかがでしょうか。 これは簡単に言うと、この曲が1小節あたりに4分音符が4つ入る音楽だということです。 分母が1小節に入る音符の種類、分子が音符の数を表しています。 とはいえもちろん4分音符しか入らないわけではなく、8分音符や16分音符、休符などあらゆる音符が入りますので気をつけてください。 この数字のことを BPM Beats Per Minute といって1 分間に何拍入るテンポの曲なのかということを表しています。 メトロノームに書いてある数字が示しているのもこのBPMです。 また、数字でなくイタリア語で書いていることもあります。 代表的なものは以下の通り。 こちらは感覚的な表現で幅があるため曲のイメージをつかむのによく使われます。 リピート記号 同じ部分を繰り返し弾く場合には繰り返しの記号が使われます。 これにより楽譜の枚数が少なくて済みますが、いくつか種類があり併用もさせるため、理解できていないと演奏中にどこを弾いているのかわからなくなってしまう可能性があります。 しっかり覚えておきましょう。 またこのようにこのリピート記号で特定の小節が囲われているときにはその中だけを繰り返します。 1度1カッコの終わりまで弾いたあと、繰り返しに従って最初に戻り2度目は1カッコの手前で2カッコへ進みます。 はダ・カーポと読み、曲の最初に戻るという意味です。 戻った後は Fine フィーネ まで演奏して終わります。 ダルセーニョ はセーニョに戻るという意味です。 2小節目の頭についている風車のようなマークが セーニョです。 そしてD. の時と同様に繰り返したあとはFineまで演奏して終わります。 To Coda トゥ・コーダ は特定の場所からコーダへジャンプするという意味です。 2段目最初の小節の上についているのが コーダです。 で1度最初に戻ったあと2小節目まで進んだら、To Codaによって下段1小節目のCodaへとジャンプします。 以上がよく使われるリピート記号です。 最初はややこしく感じるかと思いますが、指などでなぞりながら順々に追っていけばきっと理解できると思います。 慣れるまで楽譜を眺めながら曲を聴いたりするのがおすすめです。 終わりに 楽譜を読む上で必要な基本知識について触れてみました。 まだこれを読んだ段階ではピンと来ない方もいるかもしれませんが、楽譜を読む力というのは意味を頭で覚えるのではなく、たくさん楽譜を眺めて慣れてしまうことのほうが大切です。 なぜなら音楽は時間ともに流れていく芸術であり、演奏中に音符を数えたりしている暇はないからです。 僕も楽譜が苦手だった頃はいつでもバッグに曲集を1冊いれておき、通学中などに音符を見てすばやく音名を思い浮かべる練習をすることで克服しました。 また、もう一点付け加えるなら練習中の楽譜にカタカナで音名を書くのはおすすめしません。 初めて書くときはいいとしても2回目以降はカタカナを見てしまい音符を読み解く力が身につかないからです。 音符1つ1つを読む習慣を地道につけるしかありません。 つまりは気合です、一緒に頑張りましょう。

次の

簡単!ギター初心者がコードを弾く時の楽譜の見方【基本の基本】

ギター 楽譜 読み方

まず、 縦に並んでいる6本の線がギターの弦を表し、上から1弦~6弦になっています。 数字はフレットを表しています。 上のサンプルで言うと、最初の5は6弦5フレットで、次の縦に並んだ5はコードの表記になります。 のマークはスライドの記号です。 タブ譜に直接テクニックが記述してあるので、コピーの際などにはとても便利です。 このように、基本的にはタブ譜の数字を追っていけばそのまま演奏を再現できるように作られています。 タブ譜に出てくる記号 cho. チョーキング 指で弦を持ち上げ音程を1音上げる。 チョークダウン チョーキングした弦を元に戻す。 ブルース御用達。 U チョークアップ チョーキングした状態から音を出す。 C ダブルチョーキング 2本の弦を同時にチョーキング。 スライド 指定の弦間で指を滑らせ音をつなげる。 グリッサンド やりかたはスライドと一緒だが音の指定がないため始まりもしくは終わりの音をふわっとさせるために使う。 ハンマリング ピッキングはせず左手の指を振り下ろすことで音を出す。 プリング ピッキングはせず左手の指で弦をはじきながら離すことで音を出す。 トリル ハンマリングとプリングをすばやく交互に繰り返す。 M ミュート 右手をブリッジに当てながらピッキングしサスティーンを押さえた音を出す。 ブリッジミュートと同義。 ph ピッキング ハーモニクス ピッキングと同時に右手の親指側面で弦に触れることで、ハーモニクス音がでる。 ダウンピッキング 下方向のピッキング。 アップピッキング 上方向のピッキング。 ブラッシング 左手を若干浮かしジャッという音程のない効果音を出す。 ビブラート 弦を上下にゆらす。 タブ譜は信用しすぎない タブ譜を書いているのは誰だかご存知でしょうか。 実際に演奏しているミュージシャンが当然書いているのかと思いきや、実はほとんどの場合書いていません。 実際に書いているのはアルバイトの方で、演奏を聴きながら採譜していきます。 採譜のプロみたいな方もいるのかもしれませんが、要はほとんどの場合演奏家と採譜者が違うため、タブ譜は完ぺきではないということです。 これらは必然的に難易度の高い曲に多いことですが、簡単な曲でも自分の耳で音を探し、ポジショニングによる音色の変化や合理的な指板の動き方を考える癖をつけていくといいと思います。 たまに完全に間違ってるタブ譜を見ますが、チェックとかないのかなと思ったりします。。

次の