鶏 もも肉 ダイエット。 鶏もも肉でもダイエットはできる!簡単で美味しい鶏もも肉のダイエットレシピ

【体験談】鶏胸肉のダイエット活用法を解説!量やタイミングは?レシピ3選

鶏 もも肉 ダイエット

2018年6月7日• どんな栄養素があるの? やせやすい体質作りに「たんぱく質」 鶏もも肉には豊富なたんぱく質が含まれています。 たんぱく質は三大栄養素の一つで、主に筋肉や内臓、皮膚、髪の毛、爪など、私たちのカラダを作る栄養成分です。 たんぱく質の摂取は筋肉量の増加に役立ち、脂肪の燃焼効率をより高めることでやせやすく太りにくい体質作りを手助けします。 代謝アップに「ビタミンB2」 ビタミンB2は、ビタミンB群に属している水溶性ビタミンです。 三大栄養の代謝に関わっており、特に糖質や脂質などの代謝には欠かせません。 ほかにも、子供の成長から皮膚や粘膜、髪の毛や爪に至るまでの再生、アンチエイジングにも効果があるとされています。 美肌を保つ「ナイアシン」 ナイアシンは、代謝をサポートするビタミンB群の一種で、体内で最も多く存在すると言われる栄養成分です。 このため、糖質や脂質、たんぱく質の代謝を活発にするほか、新陳代謝を促すことでキレイで健康的な美肌を保つことに役立ちます。 少しの工夫で、ダイエット中にも安心して食べられるようになります。 例えばフライパンで炒め物などをしたら、余分に出た脂をキッチンペーパーなどでふき取るだけでもカロリーカットに繋がります。 また、網焼きや茹でるなどの調理方法では、余分な脂が出るのでダイエット中にはおすすめの方法です。 揚げ物の場合は、揚げ焼きにして油の量を工夫するように意識しましょう。 鶏肉の洋風味噌煮込み 煮込み料理にすれば、ふっくら柔らかな仕上がりになります。 トマトの酸味と味噌のコクが、より美味しさを引き立ててくれますよ。 最後に 鶏もも肉というと脂質が多く、ダイエットには不向きかなと思いがちですが、とても栄養価の高い食材です。 皮を取り除くなどの工夫で脂質を抑えることができるので、ダイエットにもぜひ取り入れてみてくださいね。

次の

【食べてやせる!】「鶏もも肉」でダイエット成功を目指す秘策とは?

鶏 もも肉 ダイエット

生活習慣病を防ぐのに大切なことは、メタボ体型にならないことである。 近年の健康志向の高まりから、男女関係なく、肥満にならないようにダイエットを試みる人が増えている。 規則的な食生活や適度な運動を心がけることは良いことであるが、食事においてはヘルシーなものを選びつつも、必要最低限の栄養を摂る必要がある。 痩せたい願望が強すぎると、極端にカロリーや糖質を減らそうとしてしまう。 しかし無理な食事制限は体に害となることを知っておくべきだ。 ダイエット中は高カロリーである肉類が敬遠されがちだが、肉類が食べたいけれどカロリーが気になるという場合は鶏肉を選ぶと良い。 積極的に鶏もも肉やむね肉などを摂るようにしよう。 鶏肉は一般に牛肉や豚肉よりもカロリーが少ないと言われており、鶏もも肉、むね肉の100g当たりのカロリーはそれぞれ253kcal、244kcalである。 しかも鶏肉の脂肪は肉に混じっておらず、皮と肉の間に独立して存在するので、簡単に取り除くことができるのが嬉しい。 カロリーを抑えたい場合は、カロリーが少ない鶏むね肉や、脂質をほとんど含まないささみを選ぶと良いだろう。 鶏もも肉やむね肉がダイエット向きである理由は他にもある。 それは良質なタンパク質を多く含むことだ。 ダイエット中でもタンパク質は体の筋肉量の維持、増量のために必須の栄養素であり、必要不可欠な栄養素である。 最近の研究では、体の健康は筋肉量と深い関係があるとされている。 筋肉が減ると体力が落ちて病気を起こしやすくなり、脳機能までに影響するそうだ。 人間は30歳を過ぎるあたりから、自然と筋肉量が減っていくので気をつけるべきだろう。 筋肉を保持するためには、少し辛い運動で筋肉を鍛えるのと同時に、筋肉のもととなるタンパク質を十分に摂取することが欠かせないのだ。 鶏肉にはイミダゾールペプチドという成分が含まれている。 イミダゾールペプチドは鶏むね肉に多く含まれ、強い抗酸化作用がある。 渡り鳥が休みなく、長距離を飛び続けられるのは、イミダゾールペプチドの働きによるものとされている。 イミダゾールペプチドは乳酸などの疲労物質を取り除くため、疲労を軽減するのである。 また体をサビらせる活性酸素を抑えるため、老化を防ぎ、生活習慣病を予防し改善する効果も期待できる。 「鶏もも肉とむね肉のどちらが好きか?」と聞かれたら意見が分かれるところだろう。 鶏もも肉はほどよく脂がのり、旨味たっぷりなジューシーさが持ち味である。 一方、鶏むね肉は淡白な味で硬めの食感を持つ。 鶏むね肉は調理をすると水分が逃げやすいため、パサパサとした食感になりがちで、敬遠されることも少なくない。 余談となるが、多くの日本人は鶏もも肉を好み、海外で鶏むね肉が好まれるそうだ。 それは、もともと日本人は和牛やトロなど、脂のとろけるような食感を好むためだろう。 鶏むね肉をパサパサにせずジューシーに調理するためには、調理法を工夫すると良い。 いろいろな方法が知られているが、調理前にフォークで肉に数カ所穴を開けておき、器やビニール袋に水100ccを入れ、砂糖と塩を5gずつ溶かす。 その中で鶏むね肉を揉み込むと、肉の水分を保持させる効果がある。

次の

【ささみ・むね・もも】とり肉レシピで5日間ダイエット!レシピ満載でお届け!

鶏 もも肉 ダイエット

鶏もも肉100g• なす80g• オクラ4本• A牛乳大さじ1• Aしょうゆ少々• 青じそ2枚• 塩少々• 酒大さじ1• 鶏もも肉の皮を取り耐熱容器に入れて、塩と酒をかけます。 ふんわりをラップをかけて電子レンジで600wで2分かけます。 温かいうちにラップの上に折りたたんだペーパータオルをのせて、その上からこぶしで押しつぶし、粗熱が取れるまでラップをしたままにしておきます。 なすはヘタを取って、縦半分に切ってから1cm厚さの斜め切りにします。 水にくぐらせて耐熱容器に入れて、ラップをかけて電子レンジ600Wで2分かけます。 オクラはヘタを取り除いて斜めに3等分に切り、ラップで包んで電子レンジ600Wで1分かけます。 1を食べやすい大きさにさきます。 さいたら、2と合わせましょう。 Aの材料を混ぜ合わせて3にかけて和えます。 青じそを器に敷いてその上に盛り付けたら完成です。 生姜1片• 鶏もも肉200g• Aキムチ70g• Aコチュジャン大さじ2• A酒大さじ2• 玉ねぎは薄切りに、キャベツはざく切りにします。 さつまいもは厚さ5mmの半月切りにしてみずにさらし、生姜はすりおろしにします。 鶏もも肉は一口大に切りましょう。 ボウルに Aの材料と鶏もも肉を入れて和えたら10分置きます。 フライパンにごま油をひいて中火で熱し、玉ねぎ、さつまいもを入れて透き通るまで炒めたら、キャベツと鶏もも肉を加えて蓋をして、中火で5分蒸します。 上下をひっくり返すように混ぜて、再び蓋をして中火で5分蒸します。 蓋をはずして強火で30秒ほど炒めたら完成です。

次の