比企谷母。 学戦都市の“元”ボッチ

比企氏

比企谷母

とがトレードマークの美少女。 八幡との仲は良く、兄の前でもやなども平気で行う。 捻くれた性格の八幡の良き理解者であり、自分の言うことを聞いてくれる兄をそれなりに立て、ぞんざいに扱いつつも日々の面倒を見ている。 人物像 兄と違いコミュ力は高く周囲の人間とはうまくやっている模様。 その一方で単独行動を好む部分もあり、血は争えない(八幡曰く「次世代型ハイブリッドぼっち」)。 打算家で、振る舞いも多く、良いこと言ったと思った時や照れ隠しの際に「小町的にポイント高い」と言うのが口癖。 だが、学業成績はイマイチで、特に英語はイギリス風を「イギリッシュ」と言い出す程。 そのため、八幡からは「」呼ばわりされ、作者からは「腹黒いが底が浅い」と評されている。 でありながら兄の彼女候補探しに対して非常に積極的で、・・など見込みのある人物には一通りチェックを入れている。 中でもとは筆頭候補として見ており、機会がある毎に八幡と二人っきりになるようマッチメイクしている。 一方で、とは似た者同士ゆえか時に同調し、時に反発している。 ちなみに彼女自身は当面彼氏を作る気は無いらしく、自分に好意を寄せているらしき川崎の弟・大志からのフラグを盛大にへし折っている。 曰く 「霊長類ヒト科オトモダチ」。 さすがのシスコン八幡も、この発言には男として同情せざるを得なかったレベルである。 ちなみに志望校はと同じ総武高校。 総武高は偏差値が高いため、受験勉強には結構苦労していたが、何とか合格した。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 23:58:36• 2020-07-17 23:58:21• 2020-07-17 23:57:43• 2020-07-17 23:57:40• 2020-07-17 23:57:23 新しく作成された記事• 2020-07-17 23:33:22• 2020-07-17 23:46:24• 2020-07-17 22:58:52• 2020-07-17 22:55:22• 2020-07-17 23:45:55•

次の

俺ガイルのダークヒーロー比企谷八幡のあだ名12選・名言9選 │ どくだみ

比企谷母

比企谷八幡のプロフィール・魅力 誕生日:8月8日 血液型:A型 家族構成:父(会社員)、母(会社員)、妹(小町。 ラノベが好きだが一般小説も読む)、人間観察、アニメ・ゲームなどのサブカルチャー 特技:クイズ、なぞなぞ、独り言、千葉に関する知識 好物:マックスコーヒー、ハニートースト、ピーナッツ、ドライみそピー、ラーメン、甘いもの 休日の過ごし方:だらだらと読書orテレビを見るor寝る 座右の銘:「押してだめなら諦めろ」 あだ名:ヒッキー、ヒキタニくん CV(声優):江口拓也 穿った見方をしまくる、ぼっち 比企谷八幡は、 スクールカースト最下層のぼっち。 目と性格が腐っていて、 青春や群れることを忌み嫌い、他人の言葉はすぐ裏を読もうとする。 「ぼっちが誇るべきはその深き思索。 本来、対人関係に割かれるべきリソースをただ自分一人に向け、内省と反省と後悔と妄想と想像と空想とを繰り返し、やがて思想と哲学とに行きつくほどに、無駄な思考力。 」 「青春とは嘘であり、悪である。 」 などの名言(迷言)からも分かるように、 ぼっち特有の思考能力によって、 世の中に対して穿った見方をしたり、 リア充の言葉にツッコミを入れたり、 依頼を斜め下の方法で解決したりします。 小中学校でやらかし続け、 数々のぼっちエピソードや黒歴史を持ちます。 例えば、小学校の頃は 「ヒキガエル」と嘲笑まじりに呼ばれ、 クラスには 比企谷菌が蔓延し、バリアさえも貫通するほど猛威を振るいます。 中学の頃はちょっと優しくされた女子に、衝動的に 「好きな人って……俺のこと?」と聞いてクラス中に 「ナルが谷」と広まったり……。 お情けで話しかけてもらっていた女子、折本かおりに告白しては、 フラれた上でクラス中にその噂が広まっているなど、若さ故の過ちで数々の傷を負っています。 その結果、 見事に他人を信じることができない性格に(特に女子には警戒レベルが高まります)。 今では 「ぼっち」として友達を作らないことに誇りさえ持つレベル。 依頼などでも自己犠牲に見える解決方法をよくやりますが、それはむしろ 「他人がやることを信じられず、自分でやったほうが確実だから」という、彼なりの一番納得の行く方法なんです。 比企谷八幡と各ヒロインの恋愛・関係 さて、そんな彼ですが、奉仕部として活動する中でいろんな生徒と交流。 妹の小町を溺愛しているせいか、 実はけっこう世話焼きで、その結果好意を持たれる事が多いです。 そんな 八幡と各ヒロインの恋愛関係について、それぞれまとめていきます。 比企谷八幡と雪ノ下雪乃との恋愛・関係 最初は雪ノ下が見下し、八幡がそれに対抗する……みたいな、 お互いに反発し合うような関係でした。 が、奉仕部の活動をする中で、 八幡は雪ノ下を助けていく。 幼い頃の雪ノ下と重なるハブられた小学生を助けたことで、 雪ノ下も救われた。 雪ノ下に文化祭実行委員の仕事を押し付けた相模を皮肉ったことで、 彼女の心は軽くなった。 そして、だんだんと 雪ノ下に認められ、おずおずと手を振られたり、口調・罵倒も柔らかくなっていくなど、距離が縮まっていきます。 八幡の方も、彼女の強さ、真摯さには憧れを覚えています。 そんな感じで、 表向きはお互い口撃し合うけれど、 内心お互いのことを悪からず思っている、という関係。 比企谷八幡と由比ヶ浜結衣との恋愛・関係 由比ヶ浜からは、彼女の犬のサブレを助けたときから 恋愛感情を持たれています。 積極的に話しかけられているも、 そのことを覚えていなかった八幡は、騙されるんじゃないかと、当然のように警戒。 助けたのが彼女の犬だと気付いた後も、 「お情けで仲良くしようとしなくていい」と彼女のことを遠ざけます。 が、そうじゃないと分かってからは、普通に接するように。 彼女の距離感の近さにドキドキしながらも、勘違いしないように自分を戒めていきます。 比企谷八幡と一色いろはとの恋愛・関係 いろはすとは、 彼女の依頼を解決してから、よく頼られるように。 彼女が素の表情を見せるのは、全部知っている八幡にだけ。 いろはすは恋愛の本命を葉山だと公言していますが、 八幡をデートに誘ったり…… 八幡の何気ない発言を「口説かれている」と勘違いしてはお断りするなど、かなり 特別視しています。 八幡の方も、彼女の計算高さには好感をもっていて、 「あのクズなところもダメなところもクセになる」と進んで面倒を見ている節があります。 比企谷八幡と川崎沙希との恋愛・関係 川崎と八幡は、彼女の弟の依頼を解決してから多少交流を持つように。 そして、八幡が文化祭のとき、彼女にお礼として 「サンキュー!愛してるぜ、川崎!」と勢いで言ったことで意識され始めます。 妹の京華が八幡を好いていることから、 彼の知らないところで好感度が上がっています。 お化け屋敷では彼にしがみついたりするほど。 ……が、八幡の方は彼女のことを特に意識していない状態。 何なら 「川なんとかさん」と名前すら覚えてないレベル。 (番外)比企谷八幡と戸塚彩加との恋愛・関係 ちなみに八幡が一番惚れてるのは戸塚。 戸塚を天使と崇め、名前を呼ばれる度にニヤけるなど、ベタ惚れである。 だが男だ。 戸塚の方は溺愛されるあまり、 八幡から「頼られない」ことが不満。 ですが、だんだんと 八幡が友達として彼のことを頼るようになっていくと、嬉しそうな表情を見せます。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)やツッコミまとめ それでは次に、八幡の面白いぼっち名言やツッコミをまとめていきます。 どれも秀逸。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:「青春とは嘘であり、悪である」 より。 青春とは嘘であり、悪である。 青春を謳歌せし者たちは、常に自己と周囲を欺き、自らを取り巻く環境のすべてを肯定的にとらえる。 彼らは青春の二文字の前ならば、どんな一般的な解釈も社会通念も捻じ曲げてみせる。 彼らにかかれば、嘘も秘密も罪咎も失敗さえも青春のスパイスでしかないのだ。 仮に失敗することが青春の証であるならば、友達作りに失敗した人間もまた、青春のど真ん中でなければ、おかしいではないか。 しかし、彼らはそれを認めないだろう。 すべては彼らのご都合主義でしかない。 結論を言おう。 青春を楽しむおろか者ども砕け散れ。 つまり:リア充爆発しろ 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:人に好かれるくせに…… 「人に好かれるくせにぼっちを名乗るとかぼっちの風上にも置けねぇな」 より。 今や、 鏡を見ろって感じである。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:内輪ノリは嫌い。 でも…… 「内輪ノリとか内輪ウケとか嫌いに決まってんだろ。 あ、内輪もめは好きだ。 なぜなら俺は内輪にいないからなっ」 より。 ボクも内輪もめは大好きです。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:ぼっちはガンジー。 ぼっちは平和主義者なのだ。 無抵抗以前に 無接触。 世界史的に考えて超ガンジー。 ガンジーは人と接触してたと思うよ。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:非モテ三原則 非モテ三原則 【(希望を)持たず、(心の隙を)作らず、(甘い話を)持ち込ませず】を心に刻んで生きているのだ。 陽乃さんの外面を強化外骨格と見破った際の言葉。 上手いこといってんじゃないよ。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:デートで映画……? いろはすとのデート中の会話。 「……とりあえず、映画でいいか? 二時間は潰せるぞ」 「わたし、これ観たいです」 「じゃあ俺こっち見るわ。 あとで待ち合わせな」 より。 二時間潰すという発想もすごいし、 一瞬でいろはすと別の映画を指差すあたり、プロのぼっち。 このいろはすとのデート回は、 マジでおすすめ。 八幡のぼっち力とツッコミが冴えわたります。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:今は幸せ 「過去を思い出せば後悔で死にたくなるし、未来を考えれば不安で鬱になるから、消去法で今は幸福って言えるな」 より。 幸せってそういうんじゃないと思うよ。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:プリキュアは義務 プリキュアもアイカツも卒業できないことを突っ込まれて。 「ばっかお前、あれは卒業とかねぇんだよ、生涯学習だ。 視聴やめた奴は卒業したんじゃねぇ、中退だ中退」 より。 至言である。 比企谷八幡の面白い名言(迷言)・ツッコミ:日本語が苦手 「悪い、どうも日本語が苦手でな。 日本人とうまく話せる気がしない」 より。 多分日本語喋れようが、外国人相手だろうが、うまくは話せない。 比企谷八幡のかっこいいシーン・名言まとめ さて、そんなロクでもないことばかり言ってる八幡ですが、 彼だからこそのかっこいい名言もあるのでご紹介していきます。 比企谷八幡のかっこいいシーン・名言:「人~よく見たら片方楽してる文化祭~」 より。 文化祭実行委員長の相模は、雪ノ下に仕事を押し付け働かない。 ……そんな中で彼女が文化祭のテーマとして提示した 「絆~ともに助け合う文化祭~」を、八幡は鼻で笑って「うわぁ……」とドン引き。 こいつ、脳内花畑牧場かよ、生キャラメルでも作ってんの?と思わずにはいられない。 八幡の嘲笑を聞いて「嫌なら何か案だしてね?」と対抗した相模に、彼はこういった。 「『人 ~よく見たら片方楽してる文化祭~』とか」 「人という字は人と人とが支え合って、とか言ってますけど、片方寄りかかってんじゃないっすか。 誰か犠牲になることを容認してるのが『人』って概念だと思うんですよね。 だから、この文化祭にふさわしいんじゃないかと」 と、 相模の行いをひたすらに皮肉ります。 こんな普通言えないですけど、臆することなく言っちゃうのがかっこいい。 比企谷八幡のかっこいいシーン・名言:「本物が欲しい」 より。 八幡がとった行動、自己犠牲。 それを嫌う雪ノ下と由比ヶ浜に対して、それしかできない 八幡は彼女たちを遠ざけていた。 ……でも、一人でこなせると思っていた依頼をこなせず、二人に助けを求めます。 しかし、雪ノ下は拒絶。 上辺を取り繕って、形だけ維持してきた奉仕部が、崩壊しようとしていた。 彼は、本心をさらけ出す。 言葉がほしいんじゃない。 分かり合いたいわけじゃない。 仲良くしたいとか、話したいとか、一緒にいたいとか、そういうことじゃない。 わかってもらいたいんじゃなくて、わかりたい。 知っていたい。 知って安心したい。 ……騙されたり、悪意にさらされ続けた彼にとって、嘘はひどく怖かった。 そんな願いを持つ自分すら気持ち悪い。 ……でも、 お互いが自己満足を押し付け合って、受け入れ合うことができる関係があるなら、欲しい。 ありえないと分かった上で、それを求めたわけですが……。 これは、 奉仕部の2人となら、本物と呼べるような、嘘のない関係が築けるんじゃないかと思ったということ。 その本心を聞いて、雪ノ下と由比ヶ浜は再び彼と一緒にいることを選ぶのでした。 3期での 八幡の恋愛関係について。 に彼が付き合うのは誰になるのか? そして、最終回の後、 各ヒロインとの関係はどうなっていくのか?ということについてまとめていきます。 しかし、 由比ヶ浜もいろはすも、彼のことを狙っているようで……!? 比企谷八幡の恋愛・最終回の結末:雪ノ下と付き合う 最終的に八幡が理屈抜きに感じたのは、 「ずっと関わっていたい」というものでした。 たしかに、雪ノ下を依存させ、彼女の人生を歪めてしまったかもしれない。 ……でも、 それでも一緒にいたいと思った。 だから、遠ざかっていく彼女を引き止めて、言うのです。 「お前は望んでないかもしれないけど……、俺は関わり続けたいと、思ってる。 義務じゃなくて、意志の問題だ。 ……だから、 お前の人生を歪める権利を俺にくれ」 「これからはもっと歪む。 けど、人の人生歪める以上、対価はちゃんと払うつもりだ。 ……まぁ、財産はほぼゼロだから、 渡せるものは時間とか感情とか将来とか人生とか、そういう曖昧なものしかないんだけど」 「諸々全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ」 そう、告白する。 雪ノ下は 「面倒な女で、迷惑かけてばかりで、可愛げもない」と答えるけれど、それを受け入れてくれる八幡の答えに、 「あなたの人生を、わたしにください」と返答し、もうこっからは イチャコラしまくりです。 態度は今までどおりに戻って、文化祭のときのように、仕事をガンガン押し付ける。 ……でも、そのついでのように愛を囁く雪ノ下がもう、スゴイ。 デートしたり、おめかししたり、ボディタッチがめっちゃ増えたりと、 14巻分のデレが一気に押し寄せてきます。 絶対は読むべき。 雪ノ下のデレはこちらにもまとめています。 比企谷八幡の恋愛・最終回の結末:由比ヶ浜も諦めない……! 雪ノ下を選んだ八幡に、由比ヶ浜は告白できませんでした。 ……しかし。 いろはすの 「彼女がいる人好きになっちゃいけないなんて法律ありましたっけ?」「諦めないでいいのは女の子の特権です!」という言葉に、彼女は決意を固めます。 奉仕部は生徒会の承認と、小町が部長になることによって存続。 そしてそこに、初めての依頼人としてやってきます。 「や、やっはろー……。 えへへ……。 来ちゃった」 そして。 「えっと……依頼っていうか、相談なんだけどね? あたしの好きな人にね、彼女みたいな感じの人がいるんだけど、それがあたしの一番大事な友達で……。 ……でも、これからもずっと仲良くしたいの。 どうしたらいいかな?」 と、 言葉を尽くして、これからの3人の関係を相談するのです。 はっきりと八幡のことを「好き」と明言したうえで、3人でいられるような関係を探していく。 …… まだまだ八幡は由比ヶ浜に迫られそうです。 由比ヶ浜についてはこちらにもまとめています。 比企谷八幡の恋愛・最終回の結末:いろはすも実は狙ってる!? 「クズ同士」という 小町お墨付きのカップリング。 表向き好意は露わにしませんが、 したたかに八幡のことを狙っているなーという描写があります。 由比ヶ浜への 「彼女がいる人好きになっちゃいけないなんて法律ありましたっけ?」「諦めないでいいのは女の子の特権です!」というアドバイスの後に、 「いろはちゃんもそうなの?」と言われて、 「まだ葉山先輩狙ってる。 けど、八幡が告ってきたらまんざらでもない。 自分からアプローチするほどじゃないにしても」(意訳)と答えるくらいには。 それに、由比ヶ浜に 「あと3年もしたら酒が飲めるようになりますね?酔った勢いで致して責任取らせればOK」というトンデモアドバイスもするんですが……。 由比ヶ浜は2年後。 3年後酒を飲めるようになるのは、いろは自身。 つまり 自分で八幡を襲う想定してるんですよ。 実は一番八幡のことを狙っているのは、いろはすかもしれません。 いろはすとの恋愛や、「ごめんなさい」シーンをまとめた記事もあるのでよければ。 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を楽しむなら やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (俺ガイル)の原作を読むなら、ebookjapanというサイトがおすすめ。 恋愛的な意味だと、やっぱり最後のがおすすめ。 八幡の告白が、彼らしく捻くれてて、でも成長が感じられてエモい。 雪ノ下のデレもやばいし、由比ヶ浜も報われるし、いろはすも八幡狙ってるのがわかるし……。 これ以上ないラストです。 ちなみに、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、買った本の値段に応じて、たくさんポイントが返ってきます。 -盲言録-が、 無料アプリので配信中! プロム編まで読めるので、いち早く3期の内容をイラスト付きで見たい!って方は、こちらがおすすめです。 漫画なので、 みんなの細かい仕草や表情なども見れるので、原作派もぜひ読んでみてください。

次の

学戦都市の“元”ボッチ

比企谷母

とがトレードマークの美少女。 八幡との仲は良く、兄の前でもやなども平気で行う。 捻くれた性格の八幡の良き理解者であり、自分の言うことを聞いてくれる兄をそれなりに立て、ぞんざいに扱いつつも日々の面倒を見ている。 人物像 兄と違いコミュ力は高く周囲の人間とはうまくやっている模様。 その一方で単独行動を好む部分もあり、血は争えない(八幡曰く「次世代型ハイブリッドぼっち」)。 打算家で、振る舞いも多く、良いこと言ったと思った時や照れ隠しの際に「小町的にポイント高い」と言うのが口癖。 だが、学業成績はイマイチで、特に英語はイギリス風を「イギリッシュ」と言い出す程。 そのため、八幡からは「」呼ばわりされ、作者からは「腹黒いが底が浅い」と評されている。 でありながら兄の彼女候補探しに対して非常に積極的で、・・など見込みのある人物には一通りチェックを入れている。 中でもとは筆頭候補として見ており、機会がある毎に八幡と二人っきりになるようマッチメイクしている。 一方で、とは似た者同士ゆえか時に同調し、時に反発している。 ちなみに彼女自身は当面彼氏を作る気は無いらしく、自分に好意を寄せているらしき川崎の弟・大志からのフラグを盛大にへし折っている。 曰く 「霊長類ヒト科オトモダチ」。 さすがのシスコン八幡も、この発言には男として同情せざるを得なかったレベルである。 ちなみに志望校はと同じ総武高校。 総武高は偏差値が高いため、受験勉強には結構苦労していたが、何とか合格した。 関連イラスト pixivision• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 23:58:36• 2020-07-17 23:58:21• 2020-07-17 23:57:43• 2020-07-17 23:57:40• 2020-07-17 23:57:23 新しく作成された記事• 2020-07-17 23:33:22• 2020-07-17 23:46:24• 2020-07-17 22:58:52• 2020-07-17 22:55:22• 2020-07-17 23:45:55•

次の