ハクビシン とは。 ハクビシンとは?その生態、被害、対策は?

ハクビシンとはどんな動物?生態を理解して被害の対策方法を知ろう|生活110番ニュース

ハクビシン とは

ハクビシンの特徴 ハクビシンは哺乳類でジャコウネコ科のハクビシン属に分類されます。 日本では唯一のジャコウネコ科で、外来種ではないかとされていますが、はっきりしたことはまだ分かっていません。 一番の特徴としては、額から鼻先まで真っ直ぐに伸びた白い線が印象的です。 ハクビシンという名前は漢字で書くと「白鼻芯」となっており、その姿を表しています。 体長は50㎝程度で体重は2~3㎏で、尾まで合わせると約1m程度になり、かなり大きいことが分かります。 夜行性の動物で、主に夜間に行動をします。 昼の間は家の屋根裏や岩穴、タヌキが使いふるした木の巣穴などに、じっと潜んでいるようです。 食性は雑食で基本的にはなんでも食べますが、とくに果物などを好みます。 熟した甘い果物や野菜などを見つけると毎夜、それを食べるために通いつめます。 繫殖期は主には春から秋ですが、とくに決まってはいないようです。 木や壁など、登るのが得意です。 バランス感覚も非常に長けており、電線の伝い歩きをしている姿もたびたび見られることがあります。 鼻筋に白い斑紋がある 夜行性である 食性は雑食性で、糖度の高い果実を好んで食べる 運動能力が高く、木登りやが得意 物を掴む力が強い 同じ場所で糞尿をする 次にハクビシンの習性ついて説明します。 ハクビシンは自分の寝床を探すため活発に動きます。 そして、寝床が確保できたら休息を取り、 夜に本格的に活動する習性があります。 ハクビシンに先手を取らさないためには、ハクビシンの行動を理解する必要があります! ハクビシンの行動 ハクビシンは夜行性の動物です。 基本的に昼間は樹洞などで休んでいるため、日中目にすることはほとんどありません。 しかし、自分の棲みかだけは必ず確保します。 相手に気づかれないためです。 そして 夜になると本格的に活動するのです。 ハクビシンはねぐらを複数持ち、それを転々として移動するので誰にも気づかれることはありません。 また、ハクビシンの行動範囲は平均で30~70haで、オスの方がメスよりも広く行動します。 ハクビシンは 里山のような環境を好むため、人家や耕作地に出没します。 ハクビシンの食性は雑食性ですが、糖度が高い果実を好みます。 そのため、農作物の中でも果物が実る畑は特に狙われやすくなります。 1つハクビシンの面白い習性は、同じ場所に糞尿をすることです。 どういう意図があるのかはっきり分かっていませんが、とにかく同じ場所で繰り返し糞尿をするわけです。 おまけに糞尿がかなり臭いです。 掃除するにも一苦労します。 ハクビシンによる一番の被害は、やはり農作物の食害でしょう。 甘く熟した果物などをとくに好みますので、果樹園が狙われやすいようです。 カキ、ビワ、ミカン、モモ、ナシなど食べ散らかしてしまいます。 またトマトなどの野菜もよく狙われ、食べ荒らされてしまいます。 これは現在かなり深刻な問題となっています。 防護ネットなどで防ぐ対応を行っていても、わずかな隙間を見つけては入り込んでしまいます。 そして美味しい獲物を発見すると毎夜同じルートを辿って通いつめます。 同じルートでやってくるので、そこに獣道ができると言われています。 民家に住みついてしまうこともあり、屋根裏で大きな物音をたてて騒音被害を引き起こします。 また生ゴミをあさることもあり、どちらにしても衛生面としての問題も孕んでいます。 ハクビシンの駆除方法ですが、ハクビシンは鳥獣保護法に指定されており、被害がどれだけ甚大であっても、都道府県等の許可なく勝手に捕獲したり、傷つけたりする行為は許されていません。 まずは人間の近くで生活させないようにすることが大事です。 巣や寝どこを作らせないようにします。 家屋だと屋根裏に居着いてしまうことが多いので、ハクビシンが入ることのできないように、隙間を全て塞いでしまいましょう。 頭さえ入ればどんなわずかなすきまでも入り込んでしまうので、慎重に確認をして、すっかり塞ぐことをオススメします。 また ハクビシンは見通しのいい場所は嫌います。 ですから前もって木の枝を剪定し、見通しをよくしておくことも大事です。 しかもハクビシンは木登りがとても得意ですから、木をつたって、家の中に侵入してしまうので、その経路を絶つ意味でも剪定は行っておくべきでしょう。 習慣的な餌場をなくしてしまうことも駆除の対策としては重要です。 美味しい果樹園と認識されてしまうと、毎日通ってきますから、そこに美味しいものがあることを知らせないように、シートやネットなどで隠してしまうようにします。 ただわずかな隙間でもハクビシンは侵入します。 隙間を作らずしっかりと閉じておくことを億劫がらずに行いましょう。 荒らされてしまう果樹園などの周辺にフェンスを立てます。 フェンスには電気柵を併用することをオススメします。 なにしろ、ハクビシンは壁を登るのは得意ですから、フェンスのみを立てただけでは、簡単に乗り越えてしまいます。 またわずかにすきまがあったりすると、それをすぐに見つけてすり抜けてしまいます。 そのためにも 電気柵を併用させておけば、ハクビシンもビックリして逃げ出してしまうでしょう。 ストロボを利用した駆除方法もあります。 最近は夜行性の害獣の駆除には、 青色LEDストロボが効果的だという研究の結果があるとのことで話題となっています。 またハクビシンの苦手な匂い(ニンニクや石油系の匂い)をスプレーで吹きかけたり侵入経路に置いておくのも効果的です。 赤外線センサーで認識し、ハクビシンが侵入しそうになったら、 水を強力に噴射して撃退するという駆除の方法も、最近は人気を集めています。

次の

ハクビシンの生態・性格・行動の特徴!大きさや天敵は?

ハクビシン とは

ハクビシンが生活に及ぼしてる影響 大きく分けて「農業被害」と「生活被害」の2つに分かれ、それぞれ影響を及ぼしています。 農業被害では、ハクビシンは特に甘いものが好きなため 果樹園に忍び込み食べ物を食い荒らす被害が多いようです。 果樹園だけではなく、農作物やウズラやコイなどなんでも食べてしまうため、敷地を電気柵で囲むなど対策をしているようです。 生活被害では、冒頭でも言ったように 屋根裏に住みつき糞尿などをすることで異臭がしたり、騒音、害虫被害などで困っている人も多いようです。 では、対策として今回はハクビシンにとって「天敵」はいるのか調査しました。 天敵はズバリ「鳥類」と「ほ乳類」 天敵がいなくて自由気ままに過ごしているかと思いきや、調べるとなかなかの天敵がいるようです。 例えば鳥類・ほ乳類の他にもフクロウやタカなどの猛禽類も天敵だそうです。 ほ乳類なのでもちろん人間も天敵に入るのですが、それ以上に彼らが恐れているのが 「アライグマ」です。 アライグマもハクビシン同様、見た目の可愛さからは想像できないほど気性の荒い性格をしています。 このアライグマとハクビシンは移住地域がほぼ被っており、力では圧倒的にアライグマに負けてしまいます。 よって、森へ帰らざるを得ない状況もあるようです。 スポンサードリンク 天敵である人間ができる効果的な方法 住宅被害で困っている人も増えつつある今日、どうしたらハクビシンを退治できるか調べました。 まずは 「嫌な臭いを侵入口などハクビシンがいるところに置く」。 ハクビシンはニンニクや木酸酢、石油の臭いが苦手なようです。 なので、入り口付近にその臭いを置くことで入れなくなり自然と住みつかなくなります。 2つめは 「外には基本的に食べ物を置かない」。 生ゴミを出す時間をずらしてみたり、外でペットを飼っている場合残ったエサをそのままにせず、すぐに処理するなど小さなことから対策をすることで結果ハクビシンの駆除につながります。 まとめ 近年住宅の害虫被害で最も困っているのがこのハクビシンです。 ハクビシンは臆病な性格のためすぐ人を襲ったりはしませんが、こちらがあまりに攻撃的な態度をいきなりすると、ハクビシンはびっくりして噛んだり、引っ掻いたりもするそうです。 より効率的に駆除するには、食べ物を安易に外に置いたりしないことです。 スポンサードリンク.

次の

ハクビシンとは

ハクビシン とは

ネズミがハクビシンを呼び寄せる ハクビシンは野ネズミを食べるほか、人家に入り込んで屋根裏に棲むネズミを捕食する。 エサを求めてネズミのいる屋根裏に入り込んだりする。 ネズミの糞尿によってハクビシンが呼び寄せられることもある。 ネズミもハクビシンと同様に、基本的には夜行性なので、ハクビシンに動きを見つかり、食べられることになる。 屋根裏に入り込んで、親子のネズミを食べてしまうという例もある。 スポンサードリンク ハクビシンはネズミの天敵である。 ネズミにとって、ハクビシンは天敵であり、天敵のハクビシンがネズミの巣に入ってきたり、エサがなくなったりすると、ネズミは他の場所へと逃げ出し、今度はそこで巣を作り、繁殖する。 ネズミは、天敵のハクビシンの出現やエサ不足のたびに周囲に分散していくことになる。 そうなると、ネズミの被害が広がってしまう。 ハクビシンによる被害を防ぐためには、 ハクビシン対策の他にネズミ対策を講じる必要がある。 chtr36 ウチもネズミうるさいなあ思ってたら、ハクビシンでした・・・。 — る・ん・ぱ rovoeye まとめ ハクビシンは、まさに雑食で、果樹が好きであるというが、動物類も自分より小さなものに食いつく。 ネズミは手頃な大きさであり、手軽に入手できるので、よく食べるようである。 ネズミ退治のためにハクビシンを飼うという手がないわけでもないだろうが、ハクビシン対策をしなければならないからよい方法とはいえない。 スポンサードリンク.

次の