吉野家 qrコード。 吉野家のクーポン最新情報!【2020年7月版】

牛丼屋(松屋・吉野家)のQR/バーコード決済対応状況と現在の還元率

吉野家 qrコード

吉野家の電子決済 吉野家の公式HPでは、取扱可能な電子マネーを掲載していました。 松屋で扱っている電子決済と少し違い「電子マネー・ICサービス一覧」と表記されQRコード決済はOrigamipayだけ扱っているようでした。 なぜ「電子マネー」が多いのか?その理由を考えてみると、 松屋は先に券売機でお金を支払いしくみなので、現金を入れる変わりにpaypayなどのQRコード決済をお客様自身で行えるという運用です。 それに対し、吉野家では出口付近にレジを設置している店舗がまだまだ少なく、食後に「お会計」と言ってカウンター内の店員が近くのミニレジでお会計するスタイルです。 「Tポイントカードお持ちですか?」と聞かれるのも少し迷惑?ですし、レシート入りますか?と言われてもいらないと答えています。 そんな瞬時の会計時間に、QR決済を加えたらお客様がスマホでアプリを開いている時間数秒でも待たされてしまってよろしくない!というようなことを考えたのかもしれません。 電子マネー決済は瞬時! Suicaなどの交通系電子マネーは、すばやく自動改札機で処理できるようTYPE-Cと呼ばれるセキュリティーレベルの高いSony製Felicaチップが搭載されており、タッチしてすぐに決済されるカードです。 (ApplePAYはNFCという技術でちょっと違いますが、瞬時に決済されるのは同じです。 ) EDYがFelicaカードの本家でWAONもnanacoも同じFelicaカードで、IDとQUICPayは後払いというだけでほぼ同じ。 とにかく電子マネーは会計処理する速度が速いのが特徴です。 そこで1つ疑問が生じました。 昨年来巷で勢いを増しているQRコード決済(中国のAlipay,WeChatPayを始めPAYPAY,LINE、d払い等々)は会計に時間がかかるので扱わない。 ということならわかるのですが、何故かOrigamipayが使えるのです。 何故、吉野家ではOrigamipayが使えるようになったのでしょうか? そういえば、2018年12月に吉野家でOrigamipayで半額キャンペーンを行っていました。 実際に吉野家でOrigamipayを、Origamiアプリで支払う時、その場で割引になりアプリ上の電子レシートで割引後の価格がすぐに確認できたそうです。 まとめ どうして吉野家でpaypayやLINEpayが使えないのか?は謎です。 何か扱わないという根拠があるのでしょうか? ただ、食事後にスムーズに会計するには「電子マネー」が良いというのは確かではないかと思います。 実際に吉野家で電子マネー決済したのはモバイルSuicaしかありませんが、キャンペーンが終わって2%割引となるOrigamipay利用者は増えていくのでしょうか? コード決済の勢いとしては、7pay当たりに対応して欲しいですが難しいのでしょうか????.

次の

「吉野家」のクーポン一覧!【2020年7月最新版】

吉野家 qrコード

もくじ• 吉野家が9月10日に『LINE Pay』(ラインペイ)を導入!200円割引に! 吉野家での決済方法に新たに「LINE Pay」が追加されました! 今までは「オリガミペイ」を利用していましたが、選択肢が増えて嬉しいですね。 それを記念し、 200円割引クーポンが登場しましたのでぜひ利用しましょう。 キャンペーン期間:2019年9月10日(火) 0:00 ~ 2019年9月23日(月)23:59 LINE Payコード支払いで、 200円割引になるクーポンです。 なんと 201円以上の決済で利用できます。 LINE Payのクーポンはこの様に利用下限のハードルが低いのが嬉しいですね。 クーポンのダウンロードはこちら アクセスすると以下の画面となり取得ができます。 公式キャンペーンサイトはこちら。 【さらに割引を】「グノシー」アプリ・「吉野家公式アプリ」を併用しましょう。 LINEでの支払時の割引だけではなく、割引サービスも利用しましょう。 吉野家での利用の際に使える方法として、 アプリから発行される割引クーポンがあります。 これらを利用する事でクーポンの種類にもよりますが 30円~50円等さらに割引になります。 クーポンの種類はその都度変わります。 「グノシーアプリ」は吉野家以外にも多々クーポンが出現。 グノシーアプリは「吉野家」以外の店舗も含め多々クーポンが登場し非常に便利です。 利用可能な決済サービス• WAON• Origami Pay(オリガミペイ)• Edy(エディ)• nanaco• Quic Pay• Kitaca• Suica(スイカ)• PASOM(パスモ)• toica• manaca• ICOCA• SUGOCA• nimoca• 今回のLINE Payを利用した後はJCBカードでQuic Pay払いによる20%還元キャンペーンを利用するのも手かと思いますので、 その時々に応じたキャンペーンをうまく生活に取り込みおトクに決済しましょう。 「吉野家」関連記事はこちら.

次の

iD決済・コード払いのどっち?吉野家でメルペイの支払い方法・Tポイント付与など使い方まとめ

吉野家 qrコード

楽天ポイントアプリ、モバイルTポイントカードも利用可能。 現金いらず得点 4. 0点(5点満点中) WAONしか使えない時期が続いていましたが、2018年からようやく交通系電子マネー等に対応、2019年には各種QRコード決済にも対応した。 公式HP 概要• 吉野家で使える電子マネー 吉野家で使える電子マネーはWAON、nanaco、楽天Edy、iD、QUICPay、Tマネー(Tポイント非対応店は対象外)とSuicaやPASMO、manaca、SUGOCA、TOICA、nimoca、Kitaca、ICOCA、はやかけんの各種交通系電子マネーです。 吉野家と提携したWAONカードも発行されていますのでお好みで(発行手数料が300円かかります)。 そして牛丼のマークがかなり尖っています。 もちろん通常のWAONカード、モバイルWAON(Google Pay含む)も使えますのでご安心ください。 iDは未対応です。 ただし、一部フードコート内の店舗や空港内の店舗などでは各種電子マネーなどが使えるところもあります。 独自の電子マネー、吉野家プリカも開始 2018年12月3日からは独自のプリペイドカードとして 吉野家プリカも開始。 店頭で無料で発行可能です(ただし初回に1,000円以上のチャージが必要)。 チャージ方法は店頭での現金払いのみ。 1,000円単位で1回あたりの上限は49,000円、チャージの上限は140,000円です。 併用できるのは現金のみです。 吉野家でクレジットカードは使える? 吉野家はクレジットカードは基本的に使えません。 VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersなど種類を問わず基本的に使えません。 当然デビッドカードもダメ。 一部クレジットカードが使えるところもありますが、数は少ないのでほとんど期待できません。 現在はすき家などクレジットカードが使えるところも増えてきたので、吉野家にもぜひ頑張っていただきたいところです。 もしも吉野家でクレジットカードを使いたければ、 電子マネーにチャージをして間接的なクレジットカード払いをしましょう。 WAONへのチャージはイオンカードをお持ちなら可能、交通系電子マネー、モバイルSuica、SMART ICOCAは幅広いクレジットカードからチャージが可能です。 au PAY プリペイドカードやLINE Pay、ソフトバンクカード、dカードプリペイドなども直接支払いには使えませんが、スマートフォン経由で交通系電子マネーにチャージをすれば間接的に利用可能です。 吉野家で使えるQRコード決済 吉野家ではQRコード決済のPayPay、メルペイ、LINE Pay、d払い、楽天ペイ、QUOカード Pay、Alipay、WeChat Payが使えます。 2019年9月10日に他のQRコード決済も導入して順次対応を拡大しています。 店頭でバーコードを提示して支払います。 吉野家で使えるギフトカード・商品券 吉野家ではクレジットカード会社が発行するVISAのギフトカード、JCBギフトカードなどは使えません。 その代わり、 全国の飲食店で使えるジェフグルメカードが使えます。 おつりも出る商品券になっています。 吉野家で貯まる・使えるポイント 吉野家では 楽天ポイント、もしくは、Tポイントが200円につき1ポイント貯まります(還元率0. 5%)。 楽天ポイントは2020年4月15日から開始されました。 貯まった楽天ポイントは1ポイント=1円、Tポイントは10ポイント=10円で吉野家での支払いに利用することも可能です。 支払い方法に関わらず提示可能なので、決済手段との2重取りができます 楽天ポイントカードアプリ、モバイルTカードも利用可能です。 吉野家のモバイルオーダーについて 吉野家は2020年2月14日からお持ち帰り商品の事前注文サービスのモバイルオーダー「」を開始しました。 ただし、すき家のモバイルオーダーのように、WEB内で支払いまで完了できるわけではなく、あくまで注文専用のサービスとなります。 支払いは従来通り、レジで行いましょう。 以前はWAONしか使えなかった吉野家ですが、2018年には全店舗で交通系電子マネーのSuica、さらに2019年からはnanacoとQUICPay、次いで楽天EdyとiDも使えるようになりました。 2018年以前のWAONだけだった状態からかなり改善、拡大した形です。 クレジットカードが使えたらなお安心ですが、とりあえずモバイルSuicaやQUICPayなど間接的なカード払いで対応しましょう。

次の