ロシア語 勉強。 ロシア語は結局、何から勉強を始めればよいのか。よくいただく質問です。

初心者がロシア語を独学するためのおすすめ参考書【単語集・文法書など】

ロシア語 勉強

2020年七夕の日 皆さん、願い事はしましたか。 私はしてません、考えるのに悩んでしまうからです。 駄目ですね。 願いが叶うというのも、あながち嘘ではなく、 そのような脳であれば、 自然とそれに繋がる思考と行動を起こしやすいということですね。 一方、七夕は短冊に願い事を書き、笹?に括り付ける風習があります。 流れ星と異なり、時間制限はありません。 私が考えるに、 七夕の役割は、短冊に願いを書くことで、 言語化する機会であることだと思います。 玄関とかいいんじゃないでしょうか。 お正月の書初めも、同様、新年の目標を、言語化します。 (フォントは、太字かつ達筆で、よりパワーがありそう) そして、 願い事は、 できるだけ自分の言葉で、書きましょう。 自分の願望であることを認識しましょう。 ロシアで生活できるレベルの言語能力が目標なので、イージーでしょう。 (最悪、スマホの翻訳機もありますしね) ならば、どのように勉強をすれば、 私は私自身の脳をやる気にさせることができるのか? 習得するには、ロシア語を浴びる環境にぶち込むのが 一番手っ取り早いと思いますが、 その前に基本は押さえておかなければ、ただただ迷惑な人になってしまいます。 そこで私は、基本を押さえる準備として、 自分の生活が困窮しないような会話文を軸に学ぶ サバイバル勉強法を考えました。 (最小限の勉強法) 単語や文法は、 必要な会話文を吸収していく中で、 できるだけ自分で類推します。 答えを見るのは、その後というスタンスです。 これなら、 知的好奇心を掻き立てつつ、すぐに使える生きたロシア語が身につくでしょう。 これで、ロシア語がより快適に身につけられたならば、他の言語にも当てはめることは容易いでしょう。 (似ているのは韓国語くらい?)。 義務教育で親しんだ英語は、文法とロシア語を比べることで、より理解が深まりやすいはずです。 生きた会話文の習得なので、早速使える(アウトプットしやすい)というのもメリット! 以上のように、 このサバイバル勉強法で学んでいきたいと思います。 これは、私の実験でもあります。 細かい文法では、男性語、女性語、中性語などがロシア語にありますが、 生きるのに不可欠でないため、無視します。 それは、話せるようになってからでいいでしょう~意図が大事! 1. 本日何が言いたかったというと、自分の言葉をもつことの重要性です。

次の

ロシア人の英語学習の四苦八苦:どこがそんなに難しいか

ロシア語 勉強

ロシア文学の世界の虜に ロシアの偉大な作家たちの作品を原文で読むことは、最初は良い考えに思える。 しかし一冊また一冊と読み進めるうち、だんだんと自分がロシア古典文学の深みにはまり込んでいくのに気付くだろう。 トルストイやドストエフスキーといった作家の哲学の旅にまで踏み入り、しだいに彼らと同じ生や死の問いに没頭し、ロシアの作家たちの思想で友人や家族を苛立たせることになる。 この奈落を避けることは不可能だ! 2. ロシア語の単語の同義語を見つけるのは悪夢 が何を意味するのか知ろうとすれば、気が狂ってしまう。 ロシア語の単語のいくつかは他の言語でぴったり一致する訳語がさっぱりないのだ。 存在しない訳語を求めて絶望的な探索をするだけで頭がこんがらがってしまう。 かなりの額の月給や順風満帆のキャリアと引き換えに、途方もない責任を負うことになる。 あなたでなければ誰が? 4. ロシアが主な旅行先に 画像:ナタリア・ノソワ それまでは同じ国に何度も行くことが休暇のプランとして退屈に思えていたとしても、ロシア語を学んだあとは、世界最大の国を繰り返し訪れることになるだろう。 そしてどうやら一度の旅行では足りなさそうだ。 まずモスクワとサンクトペテルブルク、それからバイカル湖、ウラジオストク、カムチャッカ。 ロシアへ行く度に違う旅が待っているように感じられるだろう。 機会や行き先は目白押し! 5. 必然的にフォロワーや友人の疑問を呼ぶことになる。 ロシア語学習仲間やロシアの友人しかあなたの投稿を気に入ってくれない。 ロシア料理がお気に入りに.

次の

ロシア人の英語学習の四苦八苦:どこがそんなに難しいか

ロシア語 勉強

あなたの母国語で何かしゃべろうと苦労している外国人を見ると、正直言って、いつも滑稽かもしれない。 ただし、あなた自身が外国語を話そうとして、嘲笑の的になるまでの話だが。 2014年の「」の世論調査によると、英語を話すロシア人の割合はたったの11%だった。 こんなに少なくても、それでもロシア国内では最も人気のある外国語で、多数のロシア人が学校や大学で学んでいる。 とはいえ、英語を頻繁に使う人は少ない。 発音しにくい母音が混じっているので、舌がもつれてしまう。 ロシア語と英語のバイリンガルのマリア・スタンブラーさんは、以前、英語を教えていたが、こう説明する。 音の長さもやっかいだと、英語教師のタマーラ・グリゴリエワさんは言う。 これを聞き取り、発音できるようになるまでに、けっこう時間がかかることがある」 「生徒のなかには、物や場所を意味する英語の名詞を覚えるのをサボり、ロシア語の名詞を英語っぽく発音する子もいる。 スタンブラーさんはこんな例を挙げる。 英語のイントネーションも、ロシア語のそれとは違う。 「ロシア人が自分の通常のイントネーションで英語を話そうとすると、外国人はそのロシア人が怒っていると誤解して、失礼だと思うことがある」とグリゴリエワさんは付け加えた。 時制と冠詞 Getty Images 多くのロシア人にとって、英語の文法は非常な恐怖だ。 例えば、英語では、何らかの時制の文が、特定のコンテキストを含んでいるのに、その説明が必要でないことがあるが、これはロシア人には分かりにくい(例えば、英語では、現在形がスケジュールを意味する場合がある)。 また、ロシア人はしばしば英語の冠詞を忘れたり、ごっちゃにしたりする。 ロシア語には冠詞なんてものがないので、その必要が理解できないのだ。 最大の難物が聞き取りであることに、広告代理店のディレクター、セルゲイ・マスロフさんも賛成する。 しかも、規則よりも例外の数のほうが多いことがあるのだから、と。 「基本的な意味を学んでも、他にもたくさんの意味があるのを知るだけだから」 ロシアの学生にとって、もう一つの試練は、相手にとっても英語が外国語であるときだ。 相手は、例えば、フランスなまり、ドイツなまりでしゃべる。 おまけにたぶん、ロシアなまりまで入っているとすると、その英語は、フランケンシュタインみたいな、奇々怪々なものになるだろう。 もちろん、こういう場合も含めて、多くのロシア人はまだ次のルールに従っている。 外国人の話し相手が理解してくれないときは、単に大声で話すか、叫ぶべし。 なるほど、確かにそれはいつでも効き目がある。

次の