コンボしやすいツム。 ツムツム コンボしやすいツム一覧/コンボ数を稼ぐコツ│ツムツム速報

ツムツムでコンボしやすいツムランキングと知るべきテクニックとは?

コンボしやすいツム

この記事の目次• コンボとはなにか? ツムツムコンボとは、連続でツムを消し続けたときに発生します。 1チェーンを1コンボとして計算しているので、たくさん繋いで消し続けるとその数値がアップしていくのです。 ただし、プレイ中にしばらくの間、消すことができなければそこでコンボは切れてしまいます。 切れてしまったコンボは1から積み上げ直しとなるので、なるべく切れないように積み上げていきましょう なお、最大コンボ数は結果の画面には表示されませんが、プレイ中に一番高かった数値が反映されるようになっています。 ビンゴの場合は、指定のコンボ数を一度達成してればクリアとなりますので安心です。 コンボはどのタイミングで切れてしまうの? ツムツムのコンボは、一定のタイミングで切れてしまうようになっています。 具体的には、通常時(フィーバーではないとき)にしばらくの間消せていない場合、コンボが切れてしまうパターンが多いです。 逆に、フィーバー中は、仮に1個も消せなかったとしても、コンボが切れることはありません。 コンボを途切れさせないコツをご紹介します うっかり消すところが見つからず、まごまごしていると切れてしまうコンボは、どのようにしたら途切れなくなるのでしょうか。 いくつかのポイントについてご紹介します。 (1)フィーバー明けに要注意! 個人的な体感になりますが、フィーバータイムが終わった直後に切れやすい傾向が見られます。 そのため、フィーバータイムが終わった直後は特に注意して、コンボをつないでいくようにしましょう。 (2)通常時のロングチェーンの狙いすぎは危険! 通常時のロングチェーンは、つないでいる間に時間が過ぎてしまい、長くつなげようと慎重にプレイしていると切れやすい傾向にあります。 ロングチェーンを狙うなというわけではありませんが、あまり長いものを狙う際には注意が必要です。 あるいは、フィーバー中であればコンボが途切れないという特性を利用して、超ロングチェーンを狙うのであれば、フィーバー中にチャンスを見出すようにしましょう。 (3)ボムを残しておきましょう コンボをつないでいく自信のない人は、発生したボムを通常時に残しておくというのも一つのコツです。 ボムは、爆発させると1チェーンになるうえ、フィーバーゲージを稼ぐこともできますのでお勧めになります。 ただし、ボムはフィーバー中にまとめて爆発させれば高得点にもつながるため、使い道が難しいところです。 (4)すべてを完璧にプレイしないこと ツムツムにはさまざまな要素があります。 得点、コイン、コンボ、フィーバーの回数など…どれかに重きを置くと、どうしても他の要素が弱くなってしまうのです。 コンボを重視する場合は、特に得点を犠牲にしなければなりません。 これは、コンボの切れやすい通常時を短くすることを考えるため、スキルやボムを通常時に爆発させることが多くなるためです。 フィーバー時は次の通常時に向けた準備をして、コンボが切れないようにしていきます。 全てを求めすぎず、焦らずにプレイしていくようにしましょう。 まとめ ツムツムコンボを稼ぐコツは、ひたすらツムを消し続け、かつ通常時を短くするところにあります。 得点は稼ぎづらくなりますが、すべてを追い求める必要はありません。 しっかりとコンスタントにツムを消し続けることだけ考えて、コンボ数を稼いでいきましょう。

次の

コンボについて

コンボしやすいツム

コンボの特性・メリット• コンボの受付時間は、コンボ数が増えるにつれて短くなる 最初のコンボ受付時間は3秒ほどありますが、徐々に少なくなり、100コンボ以上では1秒満たない数値に減ります。 コンボ数 受付時間 1〜50コンボ 3秒 51〜100コンボ 2秒 100コンボ以上 1秒 500コンボ以上 0. チェーンが消える時間も、時間が止まらないツムのスキル演出時間も受付時間に含まれる ロングチェーンを作るとチェーンが消える時間も長くコンボが続かなくなります。 また、スキル発動で時間が経過するツムはその時間も受付時間に含まれるのでコンボ数を稼ぐのには向きません• コンボ数を稼ぐと獲得スコアにボーナスがつく! コンボ中は獲得スコアに対してボーナスがつきます。 コンボ数が高くなればなるほどボーナスも上がっていくので、1プレイの間で出来るだけコンボを途切らせないようにすることが、高得点に繋がります。 コンボを稼ぐコツ ツムツムのイベントやビンゴでは「〇〇コンボしよう」というミッションが頻繁に出題されます。 いつものつもりでプレイすると、意外にクリアできないこともあります。 まずは基本的なコツを身につけましょう。 また、 指を素早く動かしてツムを消していくようにします。 ツムを消してるときには、もう次にどこのツムを消すか考え終わってるくらいが理想です。 なので、コンボが切れそうな時の保険として使えるボムやスキルは、なるべく通常時にとっておき、コンボが途切れそうになった時に使用しましょう。 ミッションの難易度が高いときはアイテムの併用も検討しましょう。 クリスマスドナルドやパッチはコンボミッションの定番ツムですね。 しかし、コンボ稼ぎにおいては時に指を総動員することも重要です。 特に ドナルドや ジェダイルークのように素早くタップして消す必要があるスキルの場合、 複数の指でタップすることでコンボを稼げます。 ミッション攻略におすすめ!コンボしやすいツム一覧 以下に紹介するのは、スキルの効果でコンボ数を稼ぎやすいツムです。 (表に記載された「おすすめ度」は、コンボ数の期待値と使いやすさを基準に採点しています) おすすめ度: 初心者向 初心者向 おすすめ度: 初心者向 おすすめ度: クリスマスドナルド(おすすめ度: ) テクニック不要で簡単に・しかも大量にコンボ数を稼げるため、もっともおすすめできるツム。 スキル中、タップしたツムが1個単位で消せるスキルですが、タップしなくても 画面をくるくるとなぞるようにするだけでツムがどんどん消えていきコンボ数を伸ばせます。 その際なるべくクリスマスドナルドのツムを消すよう意識すると次回スキル発動までの時間を短縮できます。 パッチ(おすすめ度: ) パッチも簡単にたくさんコンボ数を稼げるツム。 横ライン消去スキルですが、ツムを1個ずつ消すのでその分コンボ数を伸ばせます。 スキル中に画面を3回タップするだけの簡単操作。 1回のスキルにつき、スキルレベル1で25コンボ以上、スキルレベルマックスで55コンボほど稼げちゃいます。 シンデレラ(おすすめ度: ) 違う種類のツム同士でも繋げて消せるスキルのシンデレラは、理論上999コンボすら可能なツム。 ただし、素早くツムを消していくテクニックは必須で、タイムボムが出るかどうかも運次第。 プレイ時間が長くなるのもマイナスポイントと言えます。 ドナルド(おすすめ度: ) 「ハピネスツム縛りのコンボミッションならドナルド1択」というほど定番のツム。 ただ、クリスマスドナルドとは違い1個1個画面をタップしなければ消せないので、素早くタップするテクニックが必要。 3~4本の指でピアノをたたくようにして画面を連打するとやりやすいです。 ラビット(おすすめ度: ) ラビットはスキルでにんじんを沢山出します。 この にんじんをさーっとなぞるようにして消してくだけで、コンボ数を伸ばせます。 ラビットも実はハピネスツムなので、ハピネスツム縛りのコンボミッションでドナルドが苦手な場合はこっちがおすすめ! バットハットミニー(おすすめ度: ) バットハットミニーは でてきたコウモリをタップで消していくだけで、コンボ数を伸ばせます。 スキルループしやすく、150コンボ越えも余裕!コイン稼ぎも得意で、幅広いミッションに向いています。 ビンゴなどの同時攻略ができるミッションにおすすめ! アリ王子、 アイアンマン(おすすめ度: ) 上記のツムはスキル発動時にツムを1つずつ消してコンビ数を稼いでくれます。 アリ王子、アイアンマンは1つずつ消去した後に大きな消去もあるのでボムも出せ、フィーバーにも入りやすいので特におすすめです。 パイレーツクラリス・ホイップ・三銃士ドナルド(おすすめ度: ) 上記3種類のツムはスキル発動時にツムを1つずつ消してコンビをを稼いでくれます。 パイレーツクラリス・ホイップ・三銃士ドナルドは、スキルで消すツムは全て1つずつカウントされます。 フィーバー中はスキルを使わないのがコンボ数稼ぎの定石ですが、パイレーツクラリス、ホイップ、三銃士ドナルドは、 あえてフィーバー中にもガンガンスキルを使うことでよりたくさんコンボできます。 ジェダイルーク・ダースベイダー(おすすめ度: ) ダースベイダー・ジェダイルークは、本来は画面をなぞって斬るようにしてツムを消していくスキルです。 コンボ数を稼ぐ目的で使うときは、 画面を連打タップするようにしてツムを消していきます。 これにより、ドナルドでコンボ稼ぎをするときのような感覚でプレイできます。 ホリデーマリー(おすすめ度: ) ホリデーマリーはスキル中、ホリデーマリーのツムをボムに変換するスキルを持っています。 コンボ数を伸ばすためには、スキルで出した ボムを1個1個タップして割るのではなく、指でなぞるようにして消していくことです。 ジャック(おすすめ度: ) ドナルドの上位互換ともいえるツム。 ドナルドとの違いは、同種のツムを1度のタップでまとめて消せること。 ただ、クリスマスドナルドとは違い1個1個画面をタップしなければ消せないので、素早くタップするテクニックが必う要。 そしてスキル発動が22と重たいのがネックになります。 ドナルド同様、 3~4本の指でピアノをたたくようにして画面を連打するとやりやすいです。 サプライズエルサ(おすすめ度: ) プライズエルサは雪だるまを(1個1個)タップすることで、コンボ数がを稼ぐことができます。 しかもスキル使用後にはマジカルボムが残るので、これをコンボが切れそうになった時にタップすることでコンボ切れを回避できます。 その他のおすすめツム 上で紹介しているツムと比べるとコンボ性能は劣ります。 マイツムを増やすスキルのツム エンジェル・オズワルド・ジェットパックエイリアンはスキル効果で一時的にマイツムと互換ツムの2種類にして、マイツム割合を増やしてくれます。 また、ヤングオイスター、ジェットパックエイリアン、ストームトルーパーはマイツムを増やすことができるスキルです。 これらのツムをショートチェーンでツムを消しまくることでコンボ数を伸ばせます。 ボム生成スキルのツム コンボが途切れそうになってしまったときにボムがあるとコンボ切れを回避できます。 ボム生成スキルでどんどんボムを作ることでコンボを繋ぎやすくしましょう。 ミスバニーとティモシーはタイムボムを出す可能性もあるので、プレイ時間を引き延ばしてコンボ数を伸ばせます。 一気にボムを増やすことはできませんが、スキルの軽さ+タイムボム含む特殊ボム生成ができるもおすすめです。 数か所でまとめてランダム消去スキルのツム ン 数か所にまとまってランダム消去をする際、スキルが当たった分だけコンボ数に換算してくれるタイプのスキルです。 1つ1つをコンボにカウントしてくれるスキルには劣りますが、スキル使用の度にコンボ数を稼いでくれます。 ビンゴ・イベントのコンボミッション スコアボムを消すミッションは、ビンゴやイベントにおいても頻出しています。 以下は実際にビンゴ・イベントで出題されたスコアボム関連のミッションの一覧です。

次の

ボムを出すツムの一覧 高得点・コンボ・コイン稼ぎが得意なボムを出すツムは?

コンボしやすいツム

コンボを続けるには ツムを連続して消すことで コンボ数が増えていきます。 次のチェインで迷ったり 消すツムが見つけられなくなって 間隔が開くとコンボが途切れてしまします。 とりあえずツムを消すというのが 絶対条件になります。 コンボを続けようとするときは 長いチェインができそうでも あえて短いチェインでコンボを 積み重ねていきます。 最初は慣れるまで時間がかかりますが 繰り返し練習していけば できるようになります。 また、ボムができてもすぐ爆破させずに とっておきましょう。 消すツムが見つからない時に ボムで時間稼ぎします。 フィーバー時はコンボが途切れないので フィーバーを多く出すことを目指しましょう。 タップでツムを消すスキル• 長いチェインを作りやすいスキル• ボムを生成するもしくは 出しやすいスキル それをふまえてのおすすめツムは こちらになります。 ドナルド スキル能力:しばらくの間 ツムが1個だけでも消せる。 発動に必要な消しツム数: 13 ドナルドのスキルを発動して 画面中をひたすらタップして ツムを消していきます。 1回のスキルで30コンボはいきます。 しかも 次のスキルまで13ツムなので すぐスキルだせるので このミッションに最適なツムです。 デイジー スキル能力: デイジーと一緒に消せる 高得点ドナルドが出現します。 発動に必要な消しツム数: 12 恋人or友達を呼ぶスキルがあれば どのツムでもいいですが デイジーは中央に固めてドナルドを だすので長いチェインが作りやすいです。 といっても長いチェインを作るのが 目的ではなく、ひたすら短いチェインを つくれるのでコンボを切らさずツムを 消すには最適なツムです。 デイジーでは無くても、他のツムを 固めて呼ぶツムでも同じように つかえます。 マリー スキル効果:ランダムにボムが発生する。 発動に必要な消しツム数: 13 マリーのスキルでボムを貯めて、 コンボが切れそうなときにボムを 爆破していくという戦略です。 次のスキルまで消すツムが13と少ないので ストックボムを程よく作れると思います。 ——————————————— この他にもマレフィセントやベイマックス のような強力なツムがいれば コンボを続けるのは難しく無いと思います。 1プレイで130コンボを出す 攻略のまとめ コンボを続けやすいスキルは• タップでツムを消すスキル• 長いチェインを作りやすいスキル• ボムを生成するもしくは 出しやすいスキル このスキルが使える例として ドナルド・デイジー・マリーを 紹介しました。 他にもコンボを続けやすい スキルを持ったツムもいるので いろいろ試してこのミッションを クリアーしてみてください。

次の