健康 経営 優良 法人。 健康経営(近畿経済産業局)

健康経営優良法人認定制度(METI/経済産業省)

健康 経営 優良 法人

健康経営 「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。 企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。 経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設しました。 優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境を整備しています。 なお、健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。 健康経営の顕彰制度 健康経営銘柄 東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む上場企業を「健康経営銘柄」として選定しています。 長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じ、企業による「健康経営」の取組を促進することを目指しています。 6回目となる「健康経営銘柄2020」では30業種40社を選定しました。 健康経営優良法人 「健康経営優良法人認定制度」とは、健康経営に取り組む企業等の「見える化」をさらに進めるため、上場企業に限らず、未上場の企業や、医療法人等の法人を「健康経営優良法人」として認定する制度です。 4回目の認定となる「健康経営優良法人2020」では、大規模法人部門(ホワイト500)に1480法人、中小規模法人部門に4816法人が令和2年3月2日に認定されました。 経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。 近畿地域における健康経営優良法人の紹介• NEW! NEW! 近畿地域における自治体などの取り組みの紹介 自治体• その他• 枚方信用金庫「職域サポート」• 健康宣言事業を行う近畿地域の保険者一覧 全国健康保険協会• 健康保険組合連合会• 滋賀連合会「健康宣言」• 京都連合会「健康宣言」• 兵庫連合会「ひょうご健康企業宣言」• 奈良連合会「健康宣言 なら」• 和歌山連合会「健康づくりチャレンジ運動 その他• 健康経営に関する出版物• このページに関するお問い合わせ先 近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44 電話番号:06-6966-6163 FAX番号:06-6966-6097 メールアドレス:.

次の

「健康経営優良法人2019」に認定

健康 経営 優良 法人

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)は、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2020」(大規模法人部門、通称ホワイト500)に認定されました。 「健康経営優良法人2018」「健康経営優良法人2019」に続き、3年連続の認定です。 「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。 オカムラは、従業員の健康を重要な経営課題と捉え、健康経営を具体的に推進するために2017年9月に「健康経営宣言」を制定しました。 2018年6月から、全社で取り組む働き方改革を「WiL-BE(ウィル・ビー)」と名付け、推進しています。 「WiL-BE」は、オカムラが提唱する「Work in Life(ワークインライフ)」に由来します。 ワークインライフは、「Life(人生)にはさまざまな要素があり、その中のひとつとしてWork(仕事)がある」という考え方です。 代表取締役を推進リーダーに、働く環境を提案する企業として、従業員自らがそれぞれどう生きどうありたいかを自律的に計画し、いきいきと働くことで、思い描く生活の実現を目指しています。 注力すべき重点テーマを設定し、それぞれ活動を展開しています。 働き方改革を含めたさまざまな取り組みを通じて、従業員一人ひとりの心身の健康の維持 ・増進を図るとともに、お客様に健康的な働き方を提案し、社会から信頼される企業を目指します。 健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。 これまで健康経営優良法人(大規模法人部門)全体を通称「ホワイト500」としていましたが、「健康経営優良法人2020」は、健康経営優良法人(大規模法人部門)認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人のみを通称「ホワイト500」として認定するようになりました。

次の

「健康経営優良法人2020」認定法人が認定されました! (METI/経済産業省)

健康 経営 優良 法人

健康経営とは 経緯 経済産業省が推進する「健康経営優良法人認定制度」により、優良な健康経営を実践している企業を顕彰する制度が2017年にスタートしました。 意義 これにより、健康経営に取り組む優良な法人が「見える化」され、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができるようになってきています。 役割 当協会ではその取り組みを支援する立場として、東京商工会議所認定の健康経営アドバイザーが、健康経営の重要性を企業(経営者)に伝え、実践へのきっかけをつくるとともに、健康経営に取り組もうとする企業に対して、行政の施策や、相談窓口など必要な情報提供や実践支援を行います。 健康経営のメリット 必要性 厚生労働省が実施している労働者の健康状況調査によると、仕事に関する強い不安、悩み、ストレス等を感じる労働者の割合は年々増加し、平成9年の62. 8%を最高に、高い割合で推移しています。 職場のストレス対策は大変重要な問題ですが、対応できる余裕がないと考えている企業が未だに多いのが現状です。 業績の向上 米国の国立職業安全保健研究所(NIOSH)が提唱する「健康職場」というモデルでは、労働者の健康と組織の業績は相反するものではなく両立が可能で、相互作用により、むしろ強化できるという見解です。 労働者の健康や満足感への影響を考慮して、日本的経営に欧米の経営をうまく取り入れることが、双方の繁栄に繋がるというのが、健康経営優良法人推進協会の考えです。 健康経営認定マークの使用 健康経営優良法人に認定された法人は、大規模法人部門又は中小規模法人部門のうち、認定された部門のロゴマークを使用して広報活動を展開することができます。 使用に当たっては、年度ごとの更新が必要で、当該年度の記載されたロゴマークのみ使用することが認められます。

次の