阿蘇 黄土。 褐鉄鉱

ブラタモリは阿蘇!再放送予定・全ルート紹介 2019.6.29放送分

阿蘇 黄土

映 像 資 料 【スライド動画】 私の阿蘇谷 「阿蘇黄土」を訪ねる 古代の製鉄原料??? 阿蘇谷にベンガラの原料・「阿蘇黄土」を訪ねました また、帰りに日本一美しい姿ダム 豊後竹田 白水ダムへも オープンに少し時間がかかります firefoxでは画面が白くなりますが、その上でクリックすると画面が現れます 2012. 2012. 1212aso00htm by Mutsu Nakanishi 阿蘇谷の中央にどっしり座す阿蘇五岳 仏の姿にみえる 阿蘇北の外輪山 大観望より 2012. 阿蘇谷の北側の壁近く狩尾地区を覆いつくす阿蘇黄土(渇鉄鉱) 卑弥呼の赤とも??? 阿蘇谷に大量に埋蔵されている渇鉄鉱ベンガラ原料の「阿蘇黄土」 これが日本での製鉄の開始と関係していないか??? 阿蘇谷に出現した大量の鉄を保有する村の出現は証拠こそないが、それを示すのでは??? 是非 一度阿蘇谷に行って 「阿蘇黄土」に出会いたいと・・・・・. 【映像資料・スライド動画】私の阿蘇谷 「阿蘇黄土」を訪ねる 2012. 阿蘇谷にベンガラの原料・古代の製鉄原料?? 「阿蘇黄土」を訪ねました また、帰りに日本一美しい姿ダム 豊後竹田 白水ダムへも. 動画再生中 再生に少し時間がかかります [画面が白くなる時は その上でクリックしてください 画面が現れます] 動画が再生しない時 私の阿蘇谷 阿蘇黄土を訪ねる 〔100MB〕 〔52MB〕. スライド PDF 写真ファイル 1. 参考1 「和鉄の道」10Iron11. pdf 2010. 11月 参考2 弥生時代後期卑弥呼の時代の前夜 先進材料であった鉄器を大量に集積した集落が山深い阿蘇谷に 出現し、古墳時代が始まると忽然と消えていった。 鍛冶工房を含む数多くの住居・鉄器・鉄滓が出土し、住居の床敷きやあちこちに大量にベンガラが あったと。 同時期 淡路島にも大鍛冶工房集落五斗長垣内遺跡が出現し、同じように古墳時代が始まると忽然と 消えてゆく。 謎の鍛冶工房村の盛衰?? 実用鉄器が広く使われ始める幕開の時代である。 この弥生時代の末から古墳前期 日本の幕開けの時代に「日本でも小規模ながら製鉄が始まったので はないか?? 」と 推察する研究者もいる 是非とも一度 現物を見て 弥生の鉄に思いをはせたいと・・・・・ 阿蘇の帰りに道がわからず不安でしたが、 立寄った本当に美しい豊後竹田の山中にある「白水溜池堰堤」も紹介したい 日本一美しいといわれる白水溜池堰堤 参 考資料 1. 日本リモナイト home page 3. 【和鉄の道・Iron Road】. 第6回アジア歴史講演会を聞いてより 「阿蘇谷 大量に鉄を集積した集落 下扇原遺跡」 2010. 九州の縄文・古代文化を訪ねて 1. 熊本県菊池川流域の装飾古墳群 2004. 九州 古代の豊の国から阿蘇へ 鉄の国「豊(豊前・豊 後)」臼杵石仏を作らせたのは炭焼き長者??? 【参考1】 「和鉄の道」10Iron11. pdf 2010. 11月 阿蘇黄土と弥生後期鉄を集積した下扇原遺 参考資料 1. 日本リモナイト home page 3. 【和鉄の道・Iron Road】. 第6回アジア歴史講演会を聞いてより 「阿蘇谷 大量に鉄を集積した集落 下扇原遺跡」 2010. 九州の縄文・古代文化を訪ねて 1. 熊本県菊池川流域の装飾古墳群 2004. 九州 古代の豊の国から阿蘇へ 鉄の国「豊(豊前・豊 後)」臼杵石仏を作らせたのは炭焼き長者??? 1212asodani00. htm 2012. by Mutsu Nakanishi.

次の

阿蘇の草原ハンドブック

阿蘇 黄土

阿蘇黄土ジオサイト 文化、環境への多大な火山の恵み 火山によって形成された鉱床が、古くから人々によって活用されてきたことを知ることができるジオサイト。 「阿蘇黄土」は別名を「リモナイト」といい、現代社会においても多くの製品に加工されて、私達の生活の一部となっています。 「褐鉄鉱」や「湖沼鉄」と呼ばれることもあり、その成分の約7割が鉄成分の黄土色の土です。 周辺の古墳から大量のベンガラが出土したことから、古代の人々が阿蘇黄土を焼いたベンガラを利用していたと考えられています。 また、古い時代にはベンガラを「丹」と呼び、中国では「不老不死の秘薬」として珍重していたといわれています。 魏志倭人伝の中には、邪馬台国の女王卑弥呼から魏へ贈られた献上品に、呪術の儀式や日常の装飾などに幅広く用いられていた「丹」が名を連ねている記録が、今も残っています。 阿蘇黄土 阿蘇谷の中央部付近から西側にかけての地区(沖積地)に、"阿蘇黄土"と呼ばれる鉄分が集積した湖成層が分布しています。 鉄鉱石やベンガラの原料として、また、脱硫剤や家畜のエサとしても利用されています。 阿蘇ジオパーク推進協議会 会員• 熊本県阿蘇地域振興局• 阿蘇市• 南小国町• 小国町• 産山村• 高森町• 南阿蘇村• 西原村• 山都町• 阿蘇エコツーリズム協会• 国立阿蘇青少年交流の家• ASO田園空間博物館• 阿蘇ミュージアム• なみの高原やすらぎ交流館• 阿蘇たにびと博物館• 阿蘇地区パークボランティアの会• 阿蘇市観光協会• 南小国町観光協会• ASOおぐに観光協会• 産山村観光協会• 高森町観光協会• みなみあそ観光局• 西原村観光協会• 山都町観光協会• 阿蘇火山博物館• 熊本大学• 京都大学火山研究センター• 熊本地学会• 熊本県地質調査業協会• 阿蘇の自然を愛護する会• 自然公園財団阿蘇支部• 阿蘇グリーンストック• 阿蘇地域振興デザインセンター• 阿蘇青年会議所• くまもと21の会• 日本リモナイト• 阿蘇温泉観光旅館協同組合• 阿蘇ネイチャーランド• SMO南小国• REASO• ECO九州ツーリスト 阿蘇ジオパーク推進室 〒869-2232 熊本県阿蘇市赤水1930-1 阿蘇火山博物館1F TEL: 0967-34-2089 FAX: 0967-34-2090.

次の

褐鉄鉱

阿蘇 黄土

阿蘇海は, 日本海若狭湾の一部の宮津湾西側にある天橋立で囲まれた面積が約5km 2, 平均水深8. 4mの閉鎖性水域である。 1970年頃から表層のCODが3mg・ l -1を超え, 透明度も2m以下となり, 水質汚濁が進行してきた。 このため, COD, N, Pについて現存量とそれを決定する諸要因の解明を目的に本研究を行った。 閉鎖性水域の水質汚濁機構において水域外への汚濁成分の流出は重要な検討事項の一つである。 そこで, 本報ではこの事項の解析に必要な阿蘇海と外海である宮津湾の海水の交換率について検討した。 その結果, 1980年10月の調査で, 上げ潮の交換率は約0. 84, 下げ潮時は約0. 55, また, 阿蘇海水と宮津湾水が1潮汐当たりに直接交換する交換率 r G は約0. 49であった。 さらに, 交換率は季節変動することが推察され, l Gについて推定したところ, 各月の中央値は0. 29~0. 61の範囲にあり, 概ね冬季から春季は高く, 夏季, 秋季は低くなることが推察された。 カルシウムが共存する排水中のオルトリン酸の三次処理を目的として活性アルミナによる吸着除去を検討した。 リン酸濃度5. 0mg・ l -1, 全アルカリ度100mg・ l -1, カルシウム濃度23. 2mg・ l -1, pH7の溶液100m lに0. 除去されるリン酸の量は液のpHに大きく影響され, 酸性側では増加し, アルカリ側では減少し, カルシウムが存在すると, pHの影響が緩和される。 0gの活性アルミナを充填したカラムにリン酸濃度5. 0mg・ l -1, 全アルカリ度100mg・ l -1, カルシウム濃度23. 2mg・ l -1, pH7. 5mg・ l -1に到達するまでの液量をカルシウムが共存しない場合に比べると, 約12倍であった。 上記操作条件下で除去されたカルシウムとリン酸のモル比は流出液量が28 l付近で2. 1であった。 クロレラの増殖は培地や培養に関する諸因子によって影響を受けることが知られている。 M1N培地の組成を改変して沈殿物を生成しない種々の培地を作成し, 操作の簡便な振とう培養法を用いても, 通常の通気培養時のクロレラの増殖特性と変わらなかった。 クロレラの増殖に対するカドミウムの毒性は培地強度が低いほど, より強く発現した。 6種類の重金属はクロレラの増殖および細胞容積に対し, それぞれ特徴的な影響を及ぼした。 重金属濃度と増殖阻害率との関係にプロビットモデルおよびワイブルモデルを適用した結果, 各々のモデル式中の係数によって重金属に特徴的な反応が示された。 本報では, 下水処理場の運転管理 特に活性汚泥プロセス に対して知識工学的手法の適用を行い, 処理場への知的支援の導入を試みた。 まず, 知的支援を行うシステムがもつべき機能を挙げ, それらを実現するための適切と思われる支援システムの構成および具体的な構築手順を提案した。 システム構成は, オペレータの日常業務の分類に対応させたモジュールという単位を基本とした。 また, 構築手順はオペレータの思考パターンを模擬させるための作業を中心とした。 これに基づき, 知的支援システムを構築し, 同システムのデモンストレーションを処理場にて行った。 その結果, 支援システムが, 期待される知的支援能力を有していることを確認した。 これより, 本研究で提案した知識工学的手法が, 知的支援の実現に対して有効であるとの見通しを得た。

次の