欠勤 控除 と は。 給与計算の結果がマイナスになる場合

欠勤控除の計算方法は会社ごとに違うので就業規則を要チェック

欠勤 控除 と は

「欠勤控除」という言葉を英語に直す場合、基本的には「absenteeism deduction」という熟語で表記されます。 他にも「欠勤」や「控除」について、いろいろな単語で示されます。 ・The calculation method of absenteeism deduction is "maternal real-time work" as a base for that criterion. 「欠勤控除の算出法は、その基準として「毎月の実時間労働」が母体となります。 」 ・Since the subject of absenteeism deduction and income tax is different, the amount of deduction for that case will be calculated separately. 「欠勤控除と所得税の対象は別であるため、その場合の控除分の金額は個別の算出方法となります。 」 「欠勤控除」の英語表現と意味(2) 先述しました「欠勤控除」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「欠勤控除」の用例についてご紹介します。 ・Calculation of "absenteeism deduction" and "allowance" is done individually, so each allowance assigned to an employee is included in the individual calculation method. 「「欠勤控除」と「手当金」の算出は個別でなされるため、社員に割り当てられるそれぞれの諸手当は個別の算定方式に含まれます。 」 ・"Absenteeism deduction" is different according to the way of late prescribed by each company. 「「欠勤控除」はそれぞれの会社で規定された遅刻の扱い方で違います。 」 「欠勤控除」の正確な意味を理解しましょう いかがでしたか。 今回は「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合・仕訳」と題して、「欠勤控除の計算方法・手当はつくのか・有給を使った場合」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「欠勤控除」の用例をご紹介しました。 欠勤控除という言葉は基本的にビジネス用語として見られるため、多くの人にとっては「あまり聞き慣れない言葉」として認められるでしょう。 しかし、一度社会に出て会社で働く場合には、この控除額の推定・算出の仕方はすべての社員に関係するため、しっかり把握しておくことが大切です。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

給与計算のミニ知識

欠勤 控除 と は

割増賃金とは・・ 「時間外勤務手当」 「休日勤務手当」 「深夜勤務手当」 の3つを指します。 基本的な計算式は以下のようになります。 この場合の「月給」には、基本給や諸手当が含まれますが、以下の手当は含めなくてもよいとされています。 ・ 家族手当 ・ 通勤交通費 ・ 住宅手当 ・ 別居手当 ・ 子女教育手当 ・ 臨時に支払われる賃金 ・ 1カ月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など) 注意したいのは、家族手当・通勤交通費・住宅手当に関しては、 全員に 「一律に支給している場合」は月給に含める必要があることです。 時間外勤務手当:2割5分増し以上 休日勤務手当 :3割5分増し以上 深夜勤務手当 :2割5分増し以上 深夜勤務は、午後10時から翌午前5時までの勤務がこれに当たります。 残業が長引いて深夜にまで至った場合は、午後10時以降の時間については「時間外」と「深夜」が両方該当しますので、合計で 「5割増し以上」で支給しなくてはなりません。 注意したいのは、深夜が5割増しではなく、「時間外と深夜をあわせて5割増し」だということです。 単純に深夜を5割増しと考えると、さらに時間外割増しまで払うことになり、結果的に払い過ぎになってしまいます。 休日勤務は、これが週40時間を超える勤務であっても、さらに時間外割増しは、不要です。 休日割増しには時間外割増しも含まれていると考えてください。 ただし、休日勤務が深夜にまで及んだ場合には、 「休日」と「深夜」が両方該当するため、合計で 「6割増し以上」で支給することになります。 割増賃金の計算などを行うと端数が出ることがあります。 残業時間などの集計については、1カ月分を合計して、1時間未満の端数が出た場合には、 「30分未満を切り捨て、30分以上を切り上げ」として計算します。 たとえば、1カ月の残業時間の合計が「10時間20分」であれば「10時間」として計算してかまいません。 ただし、1日ごとにこの端数処理を行うことは許されません。 あくまでも1カ月分を合計した時間に対してのみ切り上げ、切り捨てができます。 ただし、欠勤控除の場合の端数処理は注意が必要です。 原則として1時間あたりの賃金額は、切り上げではなく、切り捨てで対応しましょう。 例えば、1時間あたりの賃金が、1,000. 6円となった場合に1,001円で、控除しないように注意が必要です。 25=1,442. 470・・・円 1,176円 この場合の端数処理は、切り上げてしまわないよう注意が必要です。 控除額が実際の欠勤した時間分より多くなってしまうことは、労働基準法の賃金全額払いに違反するおそれがあります。 上記の場合は、1,177円ではなく、1,176円になります。 通達…基発第150号 ・1ヶ月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ以上を1時間に切り上げること ・1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切捨て、それ以上を1円に切り上げること。 ・1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切捨て、それ以上を1円に切り上げること。

次の

欠勤控除とは? 制度の概要と計算方法

欠勤 控除 と は

欠勤控除する場合に基礎となる賃金について いつもお世話になります。 欠勤控除を行う場合において基礎とするべき賃金について質問させて頂きます。 当社の給与規程上では明記されていないのですが、給与計算で欠勤控除する場合には、基本給部分のみを基礎として控除額を計算しています。 このたび、長期欠勤で給与計算期間に1日も出勤しなかった従業員がおり、その従業員はや住宅手当の支給対象者となっております。 今回の給与計算期間は1日も出勤が無かったので、家族手当、住宅手当、通勤手当も0円で処理する予定ですが、1日でも出勤した日があれば家族手当、住宅手当のような賃金は全額支給するべきものでしょうか。 それとも一定日数以上出勤した場合のみ支給するべきものでしょうか。 もしくは家族手当、住宅手当も欠勤控除の基礎賃金に含めて日割支給する方が良いのでしょうか。 何卒宜しくお願いいたします。 欠勤控除の扱いに関しましては、法令上に規定がございませんので、上の取り決めに従うことになります。 規定がない部分につきましては、労働者が自分に有利な解釈を行い、通常通りの手当支給があると考え要求しても何ら不思議ではありません。 従いまして、少なくとも1日でも出勤があれば、日割り計算を行えるのは実費弁償的な通勤手当のみで、他の諸手当は満額支給を行うことが妥当というのが私共の見解になります。 これは会社のコスト面からしましても非常に無駄といえますので、早急に賃金規程を見直し、欠勤控除につき手当も含める形で明確なルールを定められることをお勧めいたします。 御社の賃金項目ごとにご検証下さい。 この家族手当について、規程上、例えばある一定の年齢を迎えた者については、適用しないという定めをすることは可能なものでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。 いつもお世話になります。 弊社の家族手当についてご相談させていただきます。 現在、配偶者がいる場合所得の有無に関わらず、家族手当を支給しております。 将来的に、年間103万円を超える所得がある配偶者については、家族手当対象外にした場合、不利益変更が発生するのでしょうか。 他に気をつける点がありまし... 固定給の者が、私傷病で1ヶ月間全ての出勤日を欠勤した場合、日数で欠勤控除し給与を支払うべきなのか、全くの無給で良いのかを教えていただけないでしょうか? あわせて読みたいキーワード 配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。 会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。 欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。 日本独特のシステムと言えそうです。 従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。 しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。 一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。 給与額を公開する狙いは、不公平... 「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。 労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現... 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ... 有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43. 7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。 いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。

次の