便秘解消 サプリ。 便秘解消サプリメントランキング!口コミはどう?

便秘の解消に効果的な食品や運動とは

便秘解消 サプリ

便秘に効く食べ物といえばたくさんのものがありますが、有名なものとしてヨーグルトが挙げられます。 ヨーグルトが乳酸菌の力でおなかの調子を整えてくれるという話はよく知られていますよね? 実際、便秘解消のために、日常的にヨーグルトを食べるようにしている人も多いです。 今回は同じヨーグルトでも、特に便秘解消に効果が見込めるビヒダスヨーグルトについて紹介していきます。 あなたは普通のヨーグルトは試したけれど、ビヒダスヨーグルトを試したことはないのではないですか? 中には違いが分からないという人もいるのでしょう。 今回は、ビヒダスヨーグルトのはたらきが他のヨーグルトとはどう違うのかを中心に紹介していきます。 飲むヨーグルトタイプ• 食べるヨーグルトタイプ• サプリメントタイプ はじめに、ビヒダスヨーグルトには食べるタイプ以外にも、様々なタイプがあるということを皆さんは知っていますか? ビヒダスヨーグルトには主に3つのタイプがあります。 それは飲むタイプ、食べるタイプ、サプリメントの3タイプです。 特に食べるタイプは無糖、加糖、フルーツヨーグルトと様々な種類があります。 種類が豊富なので自分の好みに合わせたものがきっと見つかると思います。 ビヒダスヨーグルトのすごいところは、種類が豊富という特徴だけではありません。 今回最も紹介したい他のヨーグルトとの違いは、ビヒダスヨーグルトに含まれている成分のはたらきです。 ビヒダスヨーグルトにはスプーン1杯(30グラム)で善玉菌の1種であるビフィズス菌BB536が20億個分、低脂肪タイプのものには乳由来のミルクオリゴ糖が含まれています。 特にビフィズス菌BB536は長い研究の成果によって発見されたもので、世界からもその便秘解消の効果について認められています。 実際にビヒダスヨーグルトの飲むタイプを試した人のうち、81%の人が「習慣にしたい」、70%の人が「誰かにお勧めしたい」、89%の人が「おいしい」と実感しているというアンケート結果もあります。 ビヒダスヨーグルトは薬ではなく食品なので、なにか薬を飲んでいる人も、小さい子どもも誰でも食べること、飲むことができます。 おいしくて、誰でも食べたり飲んだりできる上に便秘解消の効果が世界から認められているビヒダスヨーグルトなら安心して続けられるのではないでしょうか。 ビヒダスヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌BB536」とは? ビヒダスヨーグルトに多く含まれているビフィズス菌BB536は便秘に対してどのようなはたらきがあるのかを見てみましょう。 そもそもビフィズス菌は腸内環境を整えてくれる善玉菌の1種です。 ビフィズス菌BB536とは健康な赤ちゃんのお腹で発見されたもので生きたまま腸まで届く特別なビフィズス菌です。 よく、どのヨーグルトにも乳酸菌と同じように、ビフィズス菌も含まれていると思っている人がいますが、実は必ずしも入っている成分ではありません。 生きたままの状態でビフィズス菌を入れるのはとても難しいことだからです。 そのビフィズス菌が腸まで生きて届くのはとてもすごいことなのです。 そのため生きたままビフィズス菌をヨーグルトに入れることに成功したビヒダスヨーグルトの難しい技術は特許を取得し国からも認められています。 この技術によって、ビヒダスヨーグルトにはスプーン1杯分(30グラム)にビフィズス菌BB536が20億個も含まれています。 「ビフィズス菌BB536」の殺菌作用 ビフィズス菌BB536は乳酸菌より優れたはたらきがあります。 1つ目は殺菌作用です。 ビフィズス菌BB536は乳酸菌よりも強い殺菌作用のある成分を作り出すことができます。 つまり、腸内で便秘の原因となる悪玉菌の繁殖を強い殺菌作用によって乳酸菌以上のパワーで抑えることができるのです。 強い殺菌作用のあるビフィズス菌BB536が生きたまま入っているビヒダスヨーグルトは、乳酸菌のはたらきで便秘を解消する普通のヨーグルトに比べて、より強い整腸作用を発揮してくれるのです。 「ビフィズス菌BB536」の腸の保護作用 2つ目は腸の保護作用です。 ビフィズス菌BB536には腸の壁を保護して強くしてくれるというはたらきもあります。 腸の壁を強く保護することで悪玉菌と同じように腸内環境を荒らす原因となる病原性大腸菌O157が作る毒素の感染から体を守ってくれるのです。 つまり、ビフィズス菌BB536を摂ることで、便秘の原因となる悪玉菌を抑えて腸内環境を良い状態に整え、安定させることができるので、便秘が解消されるのです。 「ビフィズス菌BB536」の便秘解消への効果 ビフィズス菌BB536の効果を実証するために実際に行われた実験があります。 ビフィズス菌BB536が多く含まれるビヒダスヨーグルト100グラムを、2週間食べ続けたところ「腸内のビフィズス菌の割合が増えた」「排便回数が増加した」「腸内の有害物質が低下した」というように腸内環境を整えて便秘解消に繋がる3つの効果が確認されています。 長年の研究によってビフィズス菌BB536を多く含むビヒダスヨーグルトは、乳酸菌が含まれている普通のヨーグルトに比べて腸内環境を整えるはたらきがより高いと分かったのです。 ビヒダスヨーグルトに含まれているビフィズス菌BB536はとっても効果が高いのでスプーン1杯(約30グラム)だけでも腸内環境を整えるはたらきを得ることができるといわれています。 「ミルクオリゴ糖」も便秘解消に効果的 ビヒダスヨーグルトはビフィズス菌BB536だけが便秘解消に強い効果を発揮しているのではありません。 同じくビヒダスヨーグルトに含まれている乳由来のミルクオリゴ糖という成分も腸内環境を整えて便秘解消を支えるはたらきをしています。 ミルクオリゴ糖にはビフィズス菌の餌になるというはたらきがあります。 そもそも私たちの体には、はじめから多少のビフィズス菌が存在しています。 しかし、便秘に悩む人の腸内にはビフィズス菌をはじめとする善玉菌が少なくなって腸内環境が乱れています。 ビヒダスヨーグルトのビフィズス菌BB536は元々いる量では足りない分を補って腸内環境を整えてくれます。 そしてミルクオリゴ糖は元々体内にいるビフィズス菌と新しく取り入れたビフィズス菌BB536、両方の餌になることでビフィズス菌が腸内で増えることをサポートしてくれるはたらきがあります。 ビヒダスヨーグルトは、ビフィズス菌BB536とミルクオリゴ糖の2つの成分のはたらきによっておなかの調子を整えてくれるのです。 しかし、中にはヨーグルトの便秘解消効果を試してみたいけれど、ヨーグルト独特の酸味や匂いが苦手で食べられないという人がいるかも知れません。 そんな人たちにぜひ試してもらいたいのが、ビヒダスヨーグルトのサプリメントタイプです。 サプリメントタイプは1日1粒にビフィズス菌BB536が50億個と、ビフィズス菌を増やすミルクオリゴ糖が配合された腸内環境を整えてくれるサプリメントです。 食べるタイプや飲むタイプと同じように機能性表示食品として認められています。 サプリメントのタイプならビヒダスヨーグルトの食べるタイプや飲むタイプと同じ効果をヨーグルトが苦手な人でも得ることができます。 実際に試した人の口コミを見てみると、効果を感じている人が圧倒的に多いようです。 また、15日分と30日分の2種類があるのでちょっと試してみたいという人にとってはちょうどいい量だと思います。 値段も他のサプリメントと比べてお手軽なのもうれしいところです。 ただ、気をつけてほしいのは飲んだ次の日に突然効果が表れるような即効性のものではないということです。 ビヒダスに含まれているビフィズス菌BB536は腸内で善玉菌を増やし悪玉菌を抑制することで効果を発揮します。 腸内の環境を整えていくのは1日でできることではないので1週間程度続けて効果が表れます。 効果がすぐに表れない代わりに、きちんと腸内環境を整えることができれば、便秘の原因を根本的に解決することができます。 ビヒダスサプリを飲み続けたら、徐々に排便時間が短くなってきたかも?と思うようになりました。 たぶん、少しずつ栓のような便が減ってきているからじゃないかなと思います。 便の状態も、コロコロ便だったのが、ちょっとずつバナナ状のものになってきました。 ビフィズス菌が腸まで届きやすいのはビヒダスのサプリBB536 ビフィズス菌BB536は乳酸菌よりも腸内環境を整える効果が高いと証明されています。 つまりビフィズス菌BB536を多く含むビヒダスヨーグルトは普通のヨーグルトよりも善玉菌の量が圧倒的に多く含まれているので腸内環境を整えるのにより効果的なのです。 とはいえ、ヨーグルトを毎日摂取するとなるとカロリーや脂肪分が多く含まれている食品なので太ってしまうのでは?と不安になってしまう人もいますよね。 実際ヨーグルトは100グラムで乳製品なのでダイエットに励んでいる人にとっては気になるところです。 また、乳製品が体に合わないという人もいると思います。 そういった人たちにお勧めしたいのがビヒダスの中でもサプリメントのものです。 サプリメントのものは食べたり飲んだりするタイプに比べてカロリーは10分の1程度なのにビフィズス菌BB536は一粒に50億個もつまっています。 もちろんビフィズス菌を増やしてくれるミルクオリゴ糖も含まれています。 また、飲むタイプを試したけど、あまり効果が感じられなかったという人もサプリメントを試してみてください。 飲むタイプの場合飲む量によっては必要なだけのビフィズス菌BB536を取り切れていないという可能性が考えられます。 その点サプリメントなら1日2粒と決まっているので確実に必要なぶんのビフィズス菌BB536を取り切れます。 便秘解消にビヒダスヨーグルトがおすすめのまとめ.

次の

出た!「便秘」新対策で劇的改善SP

便秘解消 サプリ

便秘サプリメントの考え方 便秘対策にはサプリメントなどの健康食品からだけではなく、食事からもバランスよく栄養素を摂るようにしましょう。 例えば、体にいいからと言われ一種類の食品だけを取ることは間違っていますよね。 便秘対策もこれと同じで良いものだけを摂るのではなく、バランスの良さと継続が重要です。 乳酸菌で腸の動きを良くし、 オリゴ糖で環境を整え、 食物繊維で適切なうんちの量にし、腸の状態を良い状態に保つことが便秘解消への近道です。 腸の動きの改善と、適切なうんちの量は最低限必要なので、乳酸菌と食物繊維は常に摂っておきたい栄養素です。 不足している栄養素を考えていただき、不足分の食事の改善と、難しいようならサプリなどの健康食品で補うなどの対策を考えてみましょう。 おすすめの便秘サプリはなに? 人それぞれで食生活や便秘の状態が違うので一概におすすめを決めつけることはできませんが、 そんな中でもおすすめしたいのは 「乳酸菌サプリ」です。 その理由は、乳酸菌サプリの中に 排便回数増加の便通改善効果が特定されているものがあるからです。 便通改善の実験データまで出しているサプリは少なく、消費者庁に届け出をした機能性表示の「乳酸菌サプリ」は他のサプリよりも信頼できます。 普段の食事で明らかに野菜不足の方には、食物繊維サプリや青汁で食物繊維の方が解決には必要です。 しかし、便秘に苦しんでいる方の多くは、食事に注意し、対策をそれなりにしているにもかかわらず便秘悪化に悩む方の話を良く聞きます。 そして苦しくなり、便秘薬を利用し、便秘薬を手放せなくなり対策が八方ふさがりになってしまうことも多いでしょう。 乳酸菌サプリはこのような便秘薬が手放せない方に一番最初に利用してほしいサプリメントです。 乳酸菌サプリの中でも「ビフィズス菌ロンガム種」という種類の菌が排便回数の増加データが特定されています。 1〜2週間ほどサプリを続けて飲んでいただければ、多くの方に便通改善の効果を体感できるでしょう。 詳しくは以下のページで紹介します。 なぜ、私は便秘サプリをおすすめしたいのか... 私は薬剤師として10年間調剤薬局で勤めていただきました。 薬剤師として現場にいた時に便秘の治療について勉強させてもらい、 勘違いをしていたことに気が付きました。 もともと 自分がひどい便秘症だった経験もあり、便通改善の薬や腸の薬などにとても興味がありました。 勤務した調剤薬局も肛門科、内科など腸にかかわる現場にいたため、多くの患者さんと毎日お話をさせていただき、専門医の処方を見る機会がたくさんありました。 その中で、一般的に言う 「下剤」には根本的な便秘を治す効果があるわけでなく、一時的な便秘症状を緩和するだけの作用しかないことに気が付きました。 そこで、自分ならどんな方法で便秘を治すのか考え、自身のやり方で便秘を完全に治すことに成功しました。 22歳まではひどい便秘だった私が、 10年以上便秘知らずの体質に変わったのです。 もちろん必ず毎日が快調なわけではなく、お通じが調子が悪いという日もあります。 そんな時でも、一度よい排便習慣が付いてしまうと、便秘薬を利用しなくても少し食事の改善をすればすぐに快便状態にもどることができます。 みなさんにもこのような快便体質に代わってほしいのでこのサイトを運営しています。 そんな事言ったって、いろいろ便秘対策してきたけど治らなかったよ? 世の中には便秘対策のサプリや健康食品、体操や方法などがたくさんあり、何度か挑戦したこともある人が多いのではないでしょうか? しかし、その結果として決定的に便秘解消効果的あるわけでなく、結局不調時に便秘薬を使い、元の生活習慣に戻ってしまうというケースが少なくはありません。 また「そもそも最初から便秘対策をして、もちっとも良くならない」 と、あきらめてしまっている人も多いかもしれませんね。 効果に即効性がなく、不調時の便秘薬の利用方法まで指南している情報がないことに問題があると思います。 一言で言うとネットの情報サイトの多くは 「対策商品を売るだけ」「情報が書いてあるだけ」で終わっていると思います。 そもそも慢性的な便秘症の方は、薬を利用しない方法に切り替えた途端、 症状が悪化するケースが多いでしょう。 この不調時の対応方法についてサポートしつつ「便秘サプリ」を利用しながらお通じ改善ができるようになると、継続しやすい対策になると思います。 前置きが長くなってしまったのですが以下にその方法ついて書いていきます。 サプリを利用しながら、便秘がひどい時に対応する方法は? お腹が苦しい時の対応方法をひとことで言うと 「いまご利用になっている便秘薬を飲んでください。 」 3〜5日以上便が出ない状態が続くと、腸の中では便が 渋滞を起こし始めています。 こんな時に食物繊維を取るなどの、便秘対策食材を大量に摂ってしまうと渋滞の最後尾にさらに渋滞原因を作ることになります。 お腹の張りや気分が悪くなるなど便秘の自覚症状が悪化し、多くの人はココで耐えられなくなるでしょう。 初期の対策としては、いつもの便秘薬を利用して便秘を解消し、もう一度便秘サプリや便秘解消の対策を続けていただければよいのです。 サプリに慣れてきたら、便秘薬のランクを下げてみよう! 便秘サプリなどを利用しながら、腸の中の状態を良くしておき、不調時には便秘薬を利用するという事ができるようになりましたね。 それでは 次に便秘薬のランクを下げたり、便秘薬の量を減らしてみるということにチャレンジしてみましょう。 便秘サプリを利用しながら普段使いの便秘薬のランクを下げていくことで、 だんだん 便秘薬の使用頻度が減り、最後は便秘薬を利用しなくても サプリだけで排便がスムーズになります。 さらに、排便習慣がしっかりと付けば、便秘サプリも利用せずに 食事の対策だけでお通じスッキリ生活にすることができますよ。 すこし時間がかりますが、このような段階を経て、快便体質を作っていきましょう。 次に乳酸菌サプリをおすすめしてきましたが、人によってはオリゴ糖サプリや食物繊維サプリをお勧めしたい人もいます。 どんな人にお勧めなのかを以下で紹介していきます。 腸の動きが悪い弛緩性便秘を解決するサプリの解説 女性の便秘に多い弛緩性便秘。 弛緩性便秘は腸の動きが鈍くなり、便を運ぶ能力が落ちたことにより起こる便秘の事です。 この対策としては、腸の動きがよくなる環境づくりに、 と オリゴ糖サプリのダブル利用が有効です。 便秘症だという自覚のある女性はとくに食物繊維を積極的に摂る傾向があり、繊維は摂っているのにもかかわらず便秘症が改善しないとお悩みの方も多いでしょう。 乳酸菌とオリゴ等が腸の中の環境を整え、 弱くなった腸の動きを元に戻してくれる作用が期待できます。 乳酸菌の腸の中でのパワー 腸の中では、常に 善玉菌と 悪玉菌の勢力争いが起こり、どちらかの菌が優位に立つための生存競争が起こっています。 便秘の症状が悪化している時の多くは、 悪玉菌が優勢の状況です。 悪玉菌優位の状況は、腸の動きがさらに悪くなり、便が腐敗し有毒ガスが発生させ、免疫力の低下、血行不良などがあります。 一方、善玉菌優位の状況は、 腸の動きが良くなり、便通が改善し、悪玉菌を抑え、免疫力が上がり、全身の血行が良くなります。 ここで悪玉菌を抑えるため必要になってくるのが、善玉菌を応援する 乳酸菌サプリなのです。 オリゴ糖も便秘解消に有効 オリゴ糖は糖類の一種で、小腸で吸収されず大腸に届き 善玉菌のエサになり、善玉菌が増えるのを助けます。 乳酸菌、オリゴ糖は食品からも摂取することは可能ですが、常に善玉菌が腸の中で勝利している状況を作るためには、これらを 毎日摂ることが必要です。 便秘がひどい人は、悪玉菌が優勢のことが多いので、便秘薬を利用しながらも続けて摂りたい成分です。 サプリを利用すればどちらも 一日100円以下のコストで摂取することができます。 食事と比べると、便秘対策サプリは簡単に毎日摂ることができるため、おすすめしたい商品です。 「 」についてはこちら を詳しく知りたい方はこちらから 次に便の量が少なく、便の水分量も十分でない状態を改善するサプリ 便の量や便の硬さ、水分量に関わるのが「 食物繊維」です。 特にダイエット中に便秘になりやすい方は、水分と食物繊維不足が原因で便秘が悪化するケースがよくあります。 食事制限をすることで、全体的に食べる量が減るのとともに、穀物を食べることを制限する人が多いのが原因です。 できれば食事から毎日食物繊維を取ってほしいのですが、食物繊維は2種類があり、それらをバランスよく摂ることが便秘対策には必要になってきます。 具体的には、それらの2種類の食物繊維、 水溶性食物繊維、不溶性食物繊維を1:2で取ることが理想です。 また、国民健康栄養調査(H24年版)によると、日本人成人における食物繊維の平均摂取量は約12グラム〜17グラムと出ています。 () 対して、日本人の一日の食物繊維摂取目標量は18歳以上の 男性19グラム以上、女17グラム以上です。 年齢層によっても差はありますが、およそ 3〜5グラムほど足りていないこととなります。 言い換えれば、目標量を達成するためには 今の1. 3〜1. 5倍くらいの食物繊維を摂らないとならないのです。 これは大変です・・・ 若い人にほど食物繊維が不足しているのは、ダイエット文化が根づいており、痩せるために食事制限が日常的に行われていることが一つ。 加えて、洋食やファストフードの浸透で穀類や野菜を摂る機会が減っていることが原因として挙げられます。 ダイエット自体を否定はしませんが、食物繊維不足で便秘が悪化すると太り体質になるため、これでは逆効果となりかねません。 繊維をしっかりと摂るためは、日々の食事に十分注意し、雑穀ご飯を少量食べるなど、ご自身の体質やライフスタイルにあった献立を考えるとよいでしょう。 食事から食物繊維を摂る工夫は大切ですが、なにせ毎日のこと。 カロリーなどのことも考えるとなかなか大変かと思いますので、 食物繊維サプリを利用することも検討してみてください。 食物繊維サプリは「 難消化性デキストリン」という成分を含むものを利用すると良いので、以下のページで難消化性デキストリンの効果とおすすめの商品などを紹介していきます。 そんな方には「 」こちらがおすすめです。 について詳しく知りたい方はこちらから 急ぎでどうしても効果のある便秘サプリを教えてほしい 「効果が高く今すぐ便秘解消ができるサプリメントはないのか?」という質問の回答として私が言えるのは、「サプリ単体での解決は難しい」ということになります。 というのも、サプリはお薬と違いすぐに効果がでるような商品は少ないですし、逆に即効性があるようなものはやはり危険性についても考えないとなりません。 今すぐにでも便秘解消効果がほしい人は、便秘薬を利用しながら便秘サプリを合わせて利用するというのが良いでしょう。 この方法だと、ご自身の食生活で足りない栄養素を便秘サプリの中から探し、便秘薬とともに摂ることで、すぐに効果を出しながら腸の中の状態を改善することができるので、即効性と安全性の両方をサポートできます。 今の辛さを無理に我慢することなしに、いずれは便秘薬なしの体になるための第一歩です。 便秘サプリと合わせて行ってほしい対策 便秘対策サプリだけ飲んでいれば便秘が治る、というわけではありません。 サプリはあくまでも補助として利用していただくのが重要で、基本的な食生活や運動は便通改善を意識したものにしなくてはなりません。 とても基本的なことですが、重要な事です。 面倒くさがらずにもう一度復習しましょう。 適度な有酸素運動• 腹筋運動• ヨガ・ストレッチ• 腸のマッサージ• 食物繊維の多い野菜• 朝食をしっかり食べる• 朝食前にコップ一杯の水を飲む• 発酵食品を摂る• 乳酸菌食品を摂る これらの総合得点が高ければ高いほど、便秘を根本的に治すことに近づきます。 だまされたと思って、少し便秘対策を続けてみませんか? 自然排便ができる良い習慣をゆっくりと身につけていきましょう。 便秘に効果的なサプリメントまとめ 便秘解消し、便秘になりづらい体になるために最も重要なことは「 定期的なケア」です。 言葉で言うとすごく簡単なのですが、今までの生活リズムや習慣を変更し、それを継続していくのは難しいことですよね。 急がば回れではないですが、コツコツと続けていくことで ゆっくりと体は変わっていきますので、焦らず便秘体質の改善に取り組んでいきましょう。 今回お伝えした、日常生活で不足しがちな成分を補う便秘ケアサプリは3つです。 「乳酸菌サプリ」• 「オリゴ糖」• 「食物繊維サプリ」 本当は不足しがちな3つすべてを補うのが望ましいですが、まずは乳酸菌サプリから始めて、後にご自身に不足しているその他のサプリも試す、というように、体質との相性を見ながら徐々に進めていってみましょう。 2週間ほど継続して使用してみて、 体質の変化を実感してみてください。 乳酸菌サプリにも種類がたくさんあるのをご存知ですか?.

次の

便秘に悩み続けた松本明子さん、宿便4キロ解消の道のり:朝日新聞デジタル

便秘解消 サプリ

妊婦が便秘になりやすい原因 妊娠初期の原因 妊娠しはじめの頃は、いつもの体から妊婦さんの体へと急激に変わるので、便秘になりやすい時期です。 特に、妊娠することで多く分泌されるようになる黄体ホルモンが妊娠初期の便秘に大きくかかわっています。 黄体ホルモンは妊娠を継続するために必要なホルモンですが、このホルモンによって大腸での水分の吸収量が増えます。 これは羊水として水分を多く必要とするためです。 水分を多く吸われた便は当然硬くなってしまい、便が出にくい便秘状態になってしまうのです。 また、黄体ホルモンは支給が収縮してしまわない様に子宮周りの臓器の活動を抑制する働きがあります。 腸の動きが抑制されることによっても便秘になりやすくなってしまうのです。 妊娠中期の原因 妊婦さん期は初期と同じ黄体ホルモンの影響に加え、子宮が大きくなったことによる腸の圧迫も原因の一つとなります。 こぶし大だった子宮も赤ちゃんの成長とあわせてどんどん大きくなります。 お腹が大きくなっていくことは命をお腹の中で育んでいる実感となりとても幸せを感じることですが、内臓からするととんでもない!圧迫され、狭くなり、便は通りにくく詰まりやすくなってしまうのです。 また、妊婦さん期ごろにはつわりが始まり、食生活が乱れやすくなってしまうのも便秘の原因となります。 特定のものしか食べられない、水分を取れないなど、食べる物が変わることで便秘につながってしまうことがあります。 妊娠後期の便秘 妊娠後期となるとお腹も大きくなり、体を動かすのが大変になります。 子宮からの圧迫に加え、 運動量が減り、体を動かす範囲も狭まることで、腸の運動も鈍くなってしまうのです。 動きの鈍くなった腸では便が溜まりやすくなり、長期間腸にとどまることで水分がどんどん吸収され、硬い便となって出すのもつらい便秘になってしまうのです。 即効!妊娠中の便秘を解消する方法 食べ物で便秘解消! 食事による便秘解消は、最も安全、安心して行える便秘の解消法です。 便秘が辛いときは意識的に摂取するようにしましょう! オリゴ糖 オリゴ糖は腸内環境を整えてくれる、善玉菌のエサとなります。 善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることで、お通じを良くすることが出来ます。 オリゴ糖ははちみつのような液体タイプと粉タイプがあります。 普段使っているガムシロップや上白糖をオリゴ糖に替えるだけでOKなので、摂取も簡単です。 \体に優しく自然にスッキリできるオリゴ糖/ 食物繊維 食物繊維は便秘にいいということは多くの方がご存知ですが、食物繊維の仲にも水溶性と不溶性があるのを知っていますか? 水溶性は水に溶ける食物繊維、不溶性は水に溶けない食物繊維です。 どちらも便秘解消に効果がありますが、便を柔らかくして出してくれるのは水に溶ける水溶性の食物繊維です。 水に溶けない不溶性の食物繊維は自ら水分を吸ってかさを増やし、腸の動きを活性化させる役割を持っています。 腸の動きは良くしてくれますが、取りすぎると便に必要な水分まで吸ってしまう上、便と混ざりにくいので滑りにくく、逆に便秘の原因になってしまう場合もあるのです。 便を出しやすくするためには水溶性の食物繊維を多く摂取するようにしましょう。 水溶性の食物繊維を含む食べ物は、バナナ、キウイ、オクラ、山芋、ごぼう、納豆、こんにゃく、海藻類などです。 不溶性の食物繊維を含む食べ物は、玄米、そば、エリンギ、えのき、インゲン豆、おから、ゆで小豆などです。 一言に食物繊維と言っても、その性質に注意して摂取しましょう。 乳酸菌 乳酸菌はヨーグルトやチーズなど、発酵乳製品に多く含まれています。 乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸の動きを活性化してくれるので便秘対策におすすめです。 ポイントは、毎日摂取するという事。 腸内環境は1日では改善できません。 毎日乳酸菌を摂取することで、徐々に整っていきます。 また、熱や酸に弱いので、加熱はせず、食後に食べるようにしましょう。 飲み物で便秘解消! 水・白湯 硬くなった便を柔らかくするには、とにかく水分が必要です。 冷たい水は胃腸を刺激し、動きを良くしますし、白湯で胃腸を温め血行を良くすることも便通を良くします。 ただし、冷たい水の場合には体が冷えてしまうこともあるので、取りすぎには注意しながら飲むようにしましょう。 飲み方のポイントとして、朝起きたらまずコップ1杯の水を飲むと水分補給だけでなく胃腸を動かすきっかけになりますので、是非習慣にしてください。 牛乳 牛乳は適度な脂肪分を含み、便をまとめ滑りを良くして出しやすくしてくれます。 飲みすぎはカロリーオーバーになりますので、一日コップ1杯程度の摂取がおすすめです。 りんごジュース 水溶性食物繊維を多く含み、便を柔らかくしてくれます。 糖分の摂りすぎに注意しながら飲むようにしましょう。 ルイボスティー ミネラルを多く含み、利尿作用のあるルイボスティーは便秘解消だけでなくむくみを防ぐ役割としてもおすすめです。 ノンカフェインですので、妊婦さんも安心して飲むことが出来ます。 排泄しやすい姿勢をとる 排便をするとき、ただ便座に座っているだけよりも、足元に台を置き、少し前かがみになることで排便しやすい姿勢になります。 和式便座を利用するときの姿勢によく似ています。 お腹が大きくなってくるとかがむのが辛くなってきますが、脚を少し高くするだけでも便が出やすくなりますので、是非試してみてくださいね。 ツボ 胃腸の動きを活発にするツボを押すことで、便通を促し便秘を解消する方法もあります。 代表的なツボは、土踏まずにある反射区と呼ばれるツボ、そして人差し指と中指の間からかかとの方へむかっていく途中にある湧泉(ゆうせん)と呼ばれるツボです。 あまり強く押してしまうと便が緩くなってしまうので、心地いいと感じる強さでやさしく押すようにしましょう。 また、ツボは押すだけでなく温めることでも効果があるので、足湯などで刺激することもおすすめです。 マッサージやエクササイズ お臍の下あたりを「の」の字に優しくマッサージをするもの、直接腸に刺激を与え腸の動きを活性化してくれます。 しかし、お腹が大きくなってくるとこの方法は難しくなってきます。 お腹が大きくなって来たらお腹の下あたり、骨盤の上を添わせるように優しくなでましょう。 また、大股で歩いたり、体をねじる、腰を回すなどのエクササイズも、腸を動かし、便通を良くしてくれます。 もちろん、体に負担のない程度に押さえながら腸を中心に体を動かすようにしてみましょう。 サプリ オリゴ糖や抹茶が配合されたサプリなど、妊婦さんの便秘解消のお手伝いをするサプリを利用するのも良いでしょう。 無添加、自然由来のサプリなら妊婦 さん でも安心して利用できます。 便秘薬 妊娠中に便秘薬を使うのは不安という方も多いのではないでしょうか? 確かに便秘薬を使ってお腹が緩くなってしまい、下痢が続いてしまうと流産などのリスクが高まるといわれています。 しかし、便秘をそのままにしておくのも妊娠中のお母さんはもちろん、おなかにいる赤ちゃんにもよくありません。 妊娠中は便秘薬が使えないわけではありません。 辛い便秘が続くときはかかりつけ医に相談しましょう。 便秘薬を使ってもいいといっても、万が一のことを考え市販の便秘薬は使用を控えてくださいね。 ストレス解消 ストレスも便秘の原因となります。 出産の不安、体調の変化によるストレスなど、妊婦さんは多くのストレスにさらされます。 出来るだけ自分の時間を作り、 ご主人や家族の協力を得ながら好きなことをしてストレスを溜めない様に心がけましょう。 普段の生活から便秘にならないように気をつけよう! 湯船に浸かる 体を温めると血流が良くなります。 もちろん、胃や腸も血流が良くなり、その働きも活性化されます。 あまり長く熱いお湯につかることはよくありませんが、毎日入浴をして体を温め、胃や腸の動きを少しでもよくしましょう! 水分をこまめに取る 妊娠中はホルモンの影響で便からも水分が取られるほど水分を必要とします。 こまめな水分補給をして、便が硬くならないようにしましょう。 ただし、甘い飲み物、カフェインの入っている飲み物、もちろんアルコールなど、妊娠中に避けるべき飲み物は飲まず、ノンカフェインの飲み物や水、麦茶などを中心に飲むようにしてください。 日頃から運動する 妊婦さんは思うように体が動かず、運動量がぐっと減ってしまいます。 体を動かすのが辛くなりますが、体を動かさないと体重の増えすぎや産後の体型の戻りにも影響しますので、妊娠中も積極的に体を動かしましょう。 ただし、妊娠中ですので無理は禁物です。 体が辛いと感じたらすぐに中止しましょう。 また、胎盤が形成される15週まで、安静が必要な場合、妊娠に異常がある場合には医師の指示に従って運動を控える必要があります。 お腹を冷やさない お腹が冷えてしまうと胃腸の活動が弱まるだけでなく、体が冷え代謝も落ちてしまいます。 体全体はもちろんですが、特にお腹は冷えない様に腹帯や腹巻を使って冷やさないようにしましょう。 バランスの良い食事を摂る 食事の偏りは便秘の原因となります。 つわり時期などなかなか思うように食べられない場合もありますが、できるだけバランスの良い食事をとるようにしましょう! ただし、食事のバランスにとらわれ過ぎてストレスを溜めてしまっては本末転倒!好きなものを食べる機会もつくり上手に息抜きしながら妊娠ライフを楽しみましょう。 さいごに 妊娠中の便秘は、お母さんも赤ちゃんもつらい症状です。 腸に溜まった便に赤ちゃんが圧迫されてしまったり、お腹の張りにつながったりと不安も尽きません。 といっても、気軽に便秘薬を使えないので苦労している方も多いのではないでしょうか。 しかし、食事や運動などで安全に便秘を改善することはできます!赤ちゃんに負担がかからない様、便を出しやすくする生活習慣を意識することもお母さんの大事な役目です。 もちろん、ひどい症状の場合には医師に相談することが一番ですが、まずはご自身で便秘対策を始めてみましょう! \体に優しく自然にスッキリできるおすすめオリゴ糖/•

次の