韓国反応総合。 「また韓国を冷遇した」日本の防衛白書に韓国メディアが不満示す、ネットの反応は?

韓国 総合【^KS11】:掲示板

韓国反応総合

興味深いアンケート調査がある。 日経リサーチが昨年10〜11月に1673人を対象に調査した、日本人の「各国・地域への友好意識」に関するアンケート結果だ。 同調査によれば、日本人が最も好きな国はオーストラリアとイギリス。 いずれも「好き」「どちらかといえば好き」という肯定的な評価が72%に達した。 3位はフランス(肯定71%)、4位はイタリア(肯定69%)で、アメリカは5位(肯定67%)だった。 そして意外な結果かもしれない。 日本人が嫌いな国トップ1〜3位は? というのも最近、両国間の葛藤が激しい韓国が嫌いな国の1位でも2位でもなかったからだ。 日本人が最も嫌いな国1位となったのは、北朝鮮だ。 「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は82%にも上った。 アンケート結果を報じた『日本経済新聞』は、その理由を「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と説明している。 北朝鮮に次いで否定的な評価が多かったのは、中国(否定76%)だ。 南シナ海や尖閣諸島などの外交問題が、否定的な印象につながった可能性が高いという。 そして嫌いな国3位となったのが、お隣・韓国である。 韓国に否定的な印象を持つ人は、61%。 北朝鮮や中国に比べれば大きく否定派が落ちており、4位のロシア(否定57%)とも僅差という結果になっている。 ただ嫌いな国5位のフィリピンへの否定的評価は21%しかないため、上位4カ国が圧倒的に嫌われていることが証明されたともいえるかもしれない。 年齢が高い人ほど、嫌韓傾向があるという結果だ。 韓国の反応は? 日本人が嫌う国3位という結果に、韓国はどんな反応を示したのか。 今回のアンケート調査については、韓国メディアでも「日本人が最も嫌う国は北朝鮮…韓国は3番目」(『朝鮮日報』)などと報じられているのだが、韓国ネットユーザーのコメントには以下のようなものがあった。 (写真提供=SPORTS KOREA) いずれにしても日本人が嫌いな国ランキングで1〜3位となった北朝鮮、中国、韓国。 今後も同じ傾向が続くのか、また上位のランキングに変動はあるのか、注目してみたい。 (文=S-KOREA編集部) 外部サイト.

次の

新型コロナ再陽性反応、韓国で計263人 2次感染の可能性を確認へ

韓国反応総合

記事は、河野防衛相が14日の閣議で報告した2020年版防衛白書について「韓国の重要性が相対的に低く評価されている」と指摘。 「日米同盟をテーマに日本と米国の協力関係に関する説明が42ページにわたってあり、その後に日本と安全保障・防衛分野で協力するその他の国についての説明があるが、韓国は豪州、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)に続いて4番目に登場する」「ASEANとの名でひとくくりにしているが、10の加盟国の事例がそれぞれ紹介されているため、国の順序では米国を除いても韓国は13番目に扱われている」と紹介した上で「2018年までは豪州、韓国、インドの順に記述されていたが昨年に韓国は後回しにされ、今年もその順序が維持されたものだ」と説明している。 さらに「内容の面でも韓国を冷遇する雰囲気だ」とし、「昨年は『防衛省・自衛隊としては韓国との幅広い分野での防衛協力の推進とともに、連帯の基盤を確立するために努力する方針』として関係改善の意思を強調していたが、今年はこうした記述を削除し、北朝鮮の核・ミサイル問題などに関する共同課題を説明するにとどまった」と指摘している。 また、「韓国との防衛協力・交流の意義など」の項目では、18年10月の海上自衛隊護衛艦の旭日旗掲揚問題により日本が韓国開催の観艦式への出席を見送った問題や、同年12月に日本海上で発生した韓国海軍レーダー照射問題、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結・韓国政府による破棄宣告・破棄取りやめ問題に言及している。 これに関しては「GSOMIAが日韓協力の成果として記述されているが、日韓対立の種だったことを考慮すると、日韓防衛交流で扱われた内容は大部分が対立事項だったことになる」と指摘している。 ただ、記事は最後に「日韓防衛協力に影響を及ぼす原因として、昨年は『韓国の否定的対応など』となっていたが、今年は『日韓防衛当局間にある課題』と純化された」とも伝えている。 何を期待しているのか」「日本の厚遇を期待せず、自主国防計画を迅速に推進してほしい。 日本に韓国の領土を奪われないように」「こんな扱いを受けているのにGSOMIA延長という選択が正しいのか疑問」などと指摘する声が上がっている。 その他「韓国政府が反日で敵対視しているのに協力してくれるわけがない」「韓国の態度を考えたら当然。 日本は強い隣国なのだから、いくら憎くても関係を改善し、日韓関係を国内の政治に利用するべきじゃない」などの意見も見られた。

次の

「また韓国を冷遇した」日本の防衛白書に韓国メディアが不満示す、ネットの反応は?(レコードチャイナ)2020年7月14日、韓国・聯合ニュースは「日本…|dメニューニュース(NTTドコモ)

韓国反応総合

記事内容: 次世代大型ディスプレイをめぐる競争で、韓国企業が最も恐れるのは「人材流出」である。 中国はLCD(液晶表示装置)に続き、韓国が技術をリードするOLED(有機発光ダイオード)の分野でも重要な人材の引き抜きを露骨化している。 関連業界によると、最近、国内の有名採用サイトで、海外のディスプレイメーカーが「OLED関連の専門家」を採用するという求人が上がった。 勤務地は「中国」で採用条件は65インチ以上の大型OLEDパネルの分野で10年以上の経験を積んだ経歴」だ。 給与は「1億ウォン以上」として提示された。 業界では、中国パネルメーカーが国内のヘッドハンティング会社を介して、LGディスプレーの技術者のスカウトに乗り出したものとみなしている。 ある業界関係者は「以前は1対1で個別接触したり、知人を介して推薦する方法で人材を抜いて行ってたが、今や遠慮なく求人を出している」とし「技術流出の懸念が大きい状況だ」と指摘した。 韓国ディスプレイメーカーの人材流出の現状は、正確な統計はないが、LCDから始まり中・小型OLEDを経て、最近は大型OLEDまで全方位的に行われている。 中国企業は、韓国の優秀な人材に3倍以上の年俸を提示し迎え入れている。 人材を確保することが新技術を習得する近道だからだ。 OLED技術は、LCDより工程が複雑で難しく、世界的に成功事例が少ない。 中国が韓国企業の設備をそのまま買い入れても、韓国レベルのOLED技術を確保できなかった理由は、微細なノウハウの違いを克服していなかったからである。 以下、韓国人の反応を翻訳しました。

次の